英会話スクールがそうであるように、プログラミングに関する講座も、競って開かれており、多種多彩です。まず無料のものと有料のものがあり、次に、オンラインで行うものとオフラインで行うものに大別できます。

無料と有料の違いは、大雑把に言えば、無料の場合は内容やそれによって得られた成果に対して提供側が責任を負わずサポートなども行われず、有料の場合はその逆です。オンラインでは無料のコンテンツも多く見受けられます。

オンラインとは、Webを通じて行うものですが、テキストに簡単な図解やイラストがつけられた記事を読み進めるだけのものもあれば、ライブ動画チャットや進捗状況の管理といったものまで含まれたものもあります。

一方オフラインは、教室や自宅に教える人がいて直接その人から教わるもので、複数の受講者と一緒に受ける場合と、マンツーマンで教わる個別指導の場合があります(ただしオンラインにも個別指導はあります)。

一般的には、オンライン講座の受講料はオフライン講座よりも低く設定されています。パソコンとネット環境があれば、いつでもどこでも学ぶことができ、しかも決まった時間や範囲を気にすることなく、自分のペースに合わせて進められる点がメリットとなるでしょう。しかし同時に、お子さんのやる気がなかったり、あまり興味が持てなかったりした場合は、まったくやらなくなってしまうおそれも出てきます。

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.