2017年3月、小学校の授業で「プログラミング」を「必修」とする、という内容が、文部科学省の新学習指導要領として公示されました。しかも2020年から実施されるということで、世間は大騒ぎになりました。

しかしこれは、「国語」や「算数」と同じような「科目」として新しく「プログラミング」が加わるという意味ではありません。また小学生のうちから、プログラミングができるようになることを目的としているのでもありません。

もちろん全体的には、将来職業としてプログラマーを選ぶ人が増えたり、より高度なレベルでプログラムが作れる人材が育ったりするように、早いうちからプログラミングを学校教育に採り入れたい、という目論見であることは確かです。
とはいえ小学生に対しては、プログラムを書く技術を直ちに養成するということではなく、コンピュータやプログラムになじむことと、その背景にあるデジタル情報社会特有のものの考え方の基礎を養うことにあります。

ではプログラミングを学ぶ意味、それはどこにあるのでしょうか。簡潔にまとめてしまえば、コンピュータ(機械)とコミュニケーションがとれるようになること、と言えるでしょう。

人間どうしであれば、相手とのコミュニケーションに、まず相手が理解できる言葉を使わなければなりませんし、そうした発言を聞き入れてくれるためのマナーや社会ルールなどを踏まえる必要があります。こうしたことは、すでに初等教育において行われています。人間に加えて、コンピュータとのコミュニケーションもしっかりとやろう、というのが、プログラミング教育の肝と言えるでしょう。

コンピュータの場合、どうやったら自分の求めていることが実行されるようになるのかを伝えること、それが「プログラミング」にあたります。
そしてその具体的な個々の記述方法やルールなどの話に行く手前に、どのようなプログラミングにも共通する「論理的」な考え方というものがあります。そうした「論理的思考力」を身につけること、これこそが、プログラミングの「必修化」の最大の目的です。

したがって国語や算数、理科など、さまざまな教科のなかで「論理的思考力」についてトレーニングすることになるでしょう。論理的に矛盾のない文章を書くことを国語の時間に学び、数字以外でも式(や命令文)をたてるようなやり方を算数で学び、そうした式(や命令文)が電気的に情報処理される仕組みを理科で学んだりします。

またごく簡単なプログラミングができるようにする授業も登場すると思いますが、いきなり、一般的なプログラミング言語を学ぶのではなく、手軽に扱えるようにした教材が用いられます。
そのようにして開発されたプログラミング言語は、数字と記号だけで作られたものではなく、いろいろな機能や基本回線が組み込まれた「かたまり」(ブロック)を組み合わせるもので、とくにスクラッチが有名です。
また一方では、ロボットを動かせるようになる「ロボットプログラミング」もあります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.