この連載では、Scratchを使って、ゲームをつくりながら、プログラミングを楽しんでもらいたい!と考えています。しかも子どもだけでなく、大人も一緒に!第2回は実際になにかつくってみます。

Scratchプログラミングを始めよう

では、さっそくつくってみましょう。

[1]右上に、ユーザー名が表示されていなかったら、「サインイン」をクリックして、登録した自分のユーザー名とパスワードを入力。

画像1: Scratchプログラミングを始めよう

[2]サインインできたら、「作る」をクリックするとScratchの画面が開きます。

画像2: Scratchプログラミングを始めよう

Scratchの画面

Scratchは、

  1. 画面である「ステージ」に部品である「スプライト」を配置
  2. 「スクリプトエリア」で、命令である「ブロック」を組み合わせて「スプライト」に動きをつける

という手順で動かしていきます。

Scratchでは、プログラムのことを「スクリプト」と呼んでいます。

画像: Scratchの画面

Scratchプログラミングを始めよう

作品名作品の名前を入力。最初は「Untitle-数字」という名前がついている。
ステージ実行時に画面になる。ここに「スプライト」という部品を置いていく。
スプライトリスト使用しているスプライトのリスト。最初は、猫のキャラクターのスプライトが1つ用意されている。
ブロックパレットスプライトに動きを与えるための命令である「ブロック」のリスト。
カテゴリーブロックの種類。ブロックパレットに表示されるブロックを切り替える。
スクリプトエリアブロックを組み合わせて、プログラム(「スクリプト」)を作成する場所。

Scratchキャットを動かそう!

Scratchのキャラクターである「Scratchキャット」を動かす簡単なアニメーションをつくりながら、Scratchでのスクリプトづくりの流れを体験してみましょう。

[1]最初に、作品名をつけましょう。「Untitle」を消して、「キャット・アニメ」と入力します。

画像1: Scratchキャットを動かそう!

[2]動きをつけるには、スプライト(Scratchキャット)にブロックで命令を与えます。ブロックパレットから、「10歩動かす」を、スクリプトエリアにドラッグします。

画像2: Scratchキャットを動かそう!

[3]カテゴリーの「イベント」をクリック。ブロックパレットに別の種類のブロックが表示されます。

画像3: Scratchキャットを動かそう!

イベントは、スクリプトを実行するときの「きっかけ」となります。そのきっかけを検知するためのブロックを「イベントブロック」といいます。イベントがなければ、スクリプトを開始することができません。

[4]「(緑の旗のマーク)がクリックされたとき」をスクリプトエリアにドラッグし、「10歩動かす」に、はめ込みます。

画像4: Scratchキャットを動かそう!

[5]作品名の横の緑の旗のマークをクリックすると、Scratchキャットが少し移動します。Scratchキャットの位置(X座標、Y座標)がX方向に10増えています。

画像5: Scratchキャットを動かそう!

[6]緑の旗のマークを繰り返しクリックすると、Scratchキャットがどんどん右に進んでいきます。あらら、ステージからはみ出してしまいました。

画像6: Scratchキャットを動かそう!

動きを変えよう

動きをつけるブロックを組み合わせて、動きに変化を与えることができます。猫の動きを変えて、ステージから、はみ出さないようにしてみましょう。

[1]カテゴリーを「動き」に戻します。「もし端に着いたら、跳ね返る」をドラッグして、「10歩動かす」の下に、はめ込みます。

画像1: 動きを変えよう

※「もし端に着いたら、跳ね返る」のブロックは少し下のほうにあります。見えていなければ、スクロールして、探してください。

[2]緑の旗のマークを繰り返しクリックすると、端にいた猫が反転して、逆方向に移動します。でも、上下がひっくり返ってしまいました。

画像2: 動きを変えよう

スプライトの設定を変える

スプライトは、動きについて最初からいくつかの設定がしてあります。スプライトに関する情報を表示し、その設定を変更してみましょう。

[1]スプライトリストのアイコンの左上にある「i」をクリックします。

画像1: スプライトの設定を変える

[2]スプライトの情報が表示されるので、「回転の種類」の←→をクリックします。

画像2: スプライトの設定を変える

[3]上下がひっくり返っていたScratchキャットが直り、左右の向きが反転するだけになります。reverse button
をクリックして、スプライト情報を閉じます。

画像3: スプライトの設定を変える

スプライトのコスチュームを変えてみよう

スプライトは、絵柄を複数もつことができます。絵柄のことを「コスチューム」と呼んでいます。Scratchキャットは、2種類のコスチュームが用意してあります。移動するたびにコスチュームが切り替わるようにしましょう。

[1]ブロックパレットの上にある「コスチューム」タブをクリック。

画像1: スプライトのコスチュームを変えてみよう

[2]Scratchキャットのスプライトには、2つのコスチュームが用意されています。現在は、上のコスチュームが選ばれています。下のコスチュームをクリックすると、ステージのScratchキャットのコスチュームも切り替わります。

画像2: スプライトのコスチュームを変えてみよう

[3]「スクリプト」タブをクリックして、ブロックパレットを元に戻し、カテゴリーから「見た目」をクリックします。

画像3: スプライトのコスチュームを変えてみよう

[4]「次のコスチュームにする」をドラッグして、「もし端に着いたら、跳ね返る」の下にはめ込みます。

画像4: スプライトのコスチュームを変えてみよう

[5]緑の旗のマークを繰り返しクリックすると、移動するときにScratchキャットの手足が動きます。

画像5: スプライトのコスチュームを変えてみよう

自動的に何度も繰り返す

命令を繰り返すためのブロックを使って、一度緑の旗のマークをクリックすれば、そのまま動き続けるようにしましょう。

[1]「10歩動かす」をドラッグして、「(緑の旗のマーク)がクリックされたとき」から外します。

画像1: 自動的に何度も繰り返す

[2]カテゴリーの「制御」をクリックし、「ずっと」のブロックをドラッグして、「(緑の旗のマーク)がクリックされたとき」の下にはめ込みます。

画像2: 自動的に何度も繰り返す

[3]「10歩動かす」をドラッグして、「ずっと」の中に、はめ込みます。

画像3: 自動的に何度も繰り返す

[4]緑の旗のマークをクリックすると、Scratchキャットが走り出し、端までくると、向きを変えて走り続けます 。

画像4: 自動的に何度も繰り返す

[5]赤い●ボタンをクリックすると、アニメーションが停止します。

画像5: 自動的に何度も繰り返す

作品を保存しよう

作品は、インターネット上に保存されます。自動保存機能で、つくっている途中でも保存されますが、まだ保存されていない場合は、右上に「直ちに保存」と表示されているので「ファイル」をクリックし、「直ちに保存」をクリックします。

画像1: 作品を保存しよう
画像2: 作品を保存しよう

右上の「直ちに保存」の文字をクリックしても、保存できます。

保存した作品を見てみよう

保存した作品はインターネット上の「私の作品」に保存されます。「私の作品」から、先ほど保存した作品を開きましょう。

[1]画面右上の「S」をクリックします。

画像1: 保存した作品を見てみよう

[2]「私の作品」に保存されている作品の一覧が表示されます。「中を見る」をクリックすると、「キャット・アニメ」が開きます。

画像2: 保存した作品を見てみよう

今回は、Scratchキャットを動かすアニメーションをつくってみました。Scratchでのプログラミングがどんなものかなんとなくわかったでしょうか。

次回はゲームづくりに挑戦してみましょう。Scratchキャットをもっとアチコチに動かして、もぐらたたきのようなゲームをつくります。おたのしみに。

記事全文ページのみ
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.