製品として世に出る前に、プログラムのチェックを行い、誤りやエラーなどを見つけ出すことを「デバグ」と呼びます。また、デバグ作業を行う人のことを「デバッガ―」と呼びます。デバグにもいろいろな次元があり、単純に、表示される文字や数字をまちがえてしまっている場合もあれば、高度に組み立てられた構造の一部に欠陥がある場合もあります。
記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.