「虫」を意味する言葉ですが、プログラミングが適切に書かれていないと、想定外の動作が起こったり、停止してしまったりします。そのようなとき、それを「エラー」と言っても間違いではないのですが、一般的には「バグ」という言葉を用います。

画面上の文字が正しく表記されなかったり、ボタンを押しても反応しなかったりなど、そういった誤りもバグですが、他方では、ゲームソフトのストーリー上、次にバッドエンドに行くはずなのがハッピーエンドに行ってしまうというのも、バグとみなされます。

プログラムにバグはつきものであり、最初から完璧なプログラミングができあがることはまずありません。少なくとも、一度プログラムが完成したと思った時点で、一通りの操作を行ってバグをつぶします。こうした作業を「デバグ」と呼びます。

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.