個別指導は、多くの受講者を対象として教えるスクール形式とは異なり、一人一人の属性にあわせて個別に指導するスタイル形式です。生徒と教師の完全に二人きりの教室で行われる形式もあれば、教室内に、複数の生徒(場合により教師が複数いることも)がいる中、個々の生徒にあわせて指導をするタイプもあります。

スクール形式の場合、同一の場所、同一の時間割で同一のカリキュラムを実施するのが基本ですが、個別指導の場合、受講者の習得進行や理解にあわせて進行されるため、どのようなお子さんでもしっかりと学ぶ機会が持てます。

これまで個別指導と言えば、家庭教師やピアノ教室など、実際に面と向かって行うオフライン形式が中心でしたが、最近では、パソコンに装備されているカメラやマイク、スピーカーを使ったオンラインにおける個別指導も増えており、講師と直接会わなくても、パソコンの画面上で学ぶことができるものもあります。

友だちや仲間と一緒に楽しく学びたいのであればスクール形式という選択肢もありますが、はじめてプログラミングにふれる場合には、一斉に大勢と一緒に同じことをするよりも、自分のペースでゆっくりとスキルを身につけることのできる個別指導のほうが、結果的には、効率よく学べるかもしれません。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.