この連載では、無料のビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」を使って、ゲームをつくりながら、プログラミング言語に親しんでもらうことを目指しています。保護者の方も一緒に学んでみてください! 第3回ではついに簡単なゲームをつくってみます。

インタラクティブとは?

みなさん、「インタラクティブ」という言葉を知っていますか?「双方向」とか「対話的」といった意味で、ユーザーがコンピューターの画面を見ながら、対話するように操作するような形態を言います。

前回、「始めの10歩」で作成した「キャット・アニメ」は、ただ見せるだけの一方通行のアニメーションでした。しかしゲームは、インタラクティブでなくてはいけません。

今回は、「マウスが押されたとき」のイベントを利用して、もぐらたたきのようなゲームをつくります。

新しい作品をつくる

Scratchを立ち上げたら、画面上のメニューの「ファイル」をクリックし「新規」をクリック。

画像1: 新しい作品をつくる

作品名のところに「猫にタッチ!」と入力します。

画像2: 新しい作品をつくる

Scratchキャットをランダムに動かす

乱数で得られるx座標、y座標を利用して、猫を動かします。乱数とはサイコロのようになにが出るかわからない数のことです。乱数を使うことで、予測できない動きになります。

まずはカテゴリーの「演算」をクリックし、「1から10までの乱数」をスクリプトエリアにドラッグ。

画像1: Scratchキャットをランダムに動かす

「1」と「10」の数字を、それぞれ「-193」と「193」に書き換えます。

画像2: Scratchキャットをランダムに動かす

もう1個「1から10までの乱数」をもってきて、同様に「-125」と「125」に変更します。

画像3: Scratchキャットをランダムに動かす

カテゴリーの「動き」をクリックし、「x座標を0にする」をスクリプトエリアにドラッグ。

画像4: Scratchキャットをランダムに動かす

「-193から193までの乱数」をドラッグして、「0」のところにはめ込みます。

画像5: Scratchキャットをランダムに動かす

「y座標を0にする」を「x座標を…にする」の下にドラッグし、「-125から125までの乱数」をドラッグして、「0」のところにはめ込みます。

画像6: Scratchキャットをランダムに動かす

※ステージは、x座標が-240〜240でy座標が-180〜180です。その数値で乱数を発生させると、スプライトがはみ出してしまうので、スプライトの幅と高さの半分をそれぞれ足したり引いたりして調整した数値を使っています。ちなみに、x座標は右方向がプラス、y座標は上方向がプラスです。

画像: 簡単なゲームをつくってみよう【親子で楽しもう!Scratchプログラミング】

決めた回数だけ繰り返す

ランダムな場所に猫を動かす処理を、30回繰り返すようにします。まずはカテゴリーの「制御」をクリックし、「10回繰り返す」をドラッグして「x座標を…にする」と「y座標を…にする」のブロックにはめ込みます。

画像1: 決めた回数だけ繰り返す

「10」を「30」に変更します。

画像2: 決めた回数だけ繰り返す

カテゴリーの「イベント」をクリックし、「(緑の旗のマーク)がクリックされたとき」をドラッグして、「30回繰り返す」の上にはめ込みます。

画像3: 決めた回数だけ繰り返す

緑の旗のマークをクリックすると、Scratchキャットがステージ内をあちこち動き回り出して、30回動くと止まります。それにしても、ものすごい勢いです。

画像4: 決めた回数だけ繰り返す

Scratchキャットをゆっくり動かす

Scratchキャットが動く間隔を少しゆっくりにしましょう。カテゴリーの「制御」をクリックし、「1秒待つ」をドラッグして、「y座標を…にする」の下にはめ込みます。

画像1: Scratchキャットをゆっくり動かす

緑の旗のマークをクリックして確認すると、Scratchキャットの動きが少しゆっくりになります。

画像2: Scratchキャットをゆっくり動かす

Scratchキャットをクリックすると鳴くようにしよう

カテゴリーの「音」をクリックし、「ニャーの音を鳴らす」をスクリプトエリアにドラッグ。

画像1: Scratchキャットをクリックすると鳴くようにしよう

※「ニャーの音を鳴らす」ではなく、「meowの音を鳴らす」と表示されることもあります。

カテゴリーの「イベント」をクリックし、「このスプライトがクリックされたとき」を「ニャーの音を鳴らす」の上にはめ込みます。

画像2: Scratchキャットをクリックすると鳴くようにしよう

緑の旗のマークをクリックするとScratchキャットが動き出すので、追いかけてクリックしてみましょう。うまくクリックできると「ニャー」と鳴きます。

画像3: Scratchキャットをクリックすると鳴くようにしよう

ここまでで、インタラクティブなゲームをつくることができました。次回は点数が出るようにしていきましょう。

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.