何人かでサービスや商品をシェアすることを前提とした経済活動のことです。

経済は長らく(近現代において)、個人の活動を基本とし、その個人の労働力によって商品が生産されるとともに、その個人によって商品が消費され、経済が展開されるものとみなしていました。ところが、21世紀に入って、経済の考え方に少しずつ変化が現れてきました。まず、働き方として「ワークシェアリング」という考え方が注目され、1日8時間、週5日間しっかりと働くというのがこれまでの勤労の大前提だったのが、たとえば子育てその他事情によってそうではない働き方をもっと取り入れていくことで、高齢者や女性、外国人、その他、さまざまな条件をもとっている人たちにも積極的に就労の機会を提供できるという方向性が望まれるようになりました。

こうしたワークシェアリングを筆頭に、世の中は、さまざまな「シェア」が進められ、たとえば、「シェアオフィス」「シェアハウス」「ゲストハウス」「カーシェアリング」などが挙げられます。

また、サイバー空間においても、データの保管については、クラウド上で共有することが増えており、これは、デジタル資源の節約にもなってきています。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.