インターネットや無線通信などのデータの流れのことを意味します。

道路の混雑状況と同じような意味あいで「トラヒックが増えた」と言えば、通信量が増えたことを意味します。トラフィックが増えすぎた場合、反応が鈍くなったり、回線がパンクしたりすることもあります。通信回線には、一定時間内に転送できるデータ量や一度に接続できるユーザー数など物理的な制約があります。

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.