2009年にスウェーデンで開発されたゲーム(知育)ソフトで、現在では世界中で用いられています。画面内の世界空間に立方体のブロックを設置したり取り除いたりした結果、建物や生き物、乗り物など、いろいろなモノをつくったり、その空間で冒険をしたり、通信でつながった他の人と対戦をしたり、さまざまな楽しみ方ができるようになっています。

イメージとしては、「スーパーマリオブラザーズ」のようなアクションゲームや「ファイナルファンタジー」のようなロールプレイングゲームを非常に素朴に自分でつくりあげたもの、と言っていいかもしれません。とはいえ、最初から勇者として悪の帝王を倒すといった特定の目的(エンディング)がプログラミングされておらず、自分のやりたいことを自由に作り出せるのが大きな特徴となっています。そのため、単なるブロック遊びで終わることなく、ブロックを動かす仕組み(=プログラム)を自分で作りあげて、ゲームに組み込むことができます。

一般向けのほかに、プログラミング教育用のマインクラフトもあり、遊びながら基礎的なプログラミングを学ぶことができます。Scratchと同じように、さまざまな動作がどういったコマンドの組み合わせによって成立するのかについて、パズル形式で初歩から順番に学ぶことができます。
スマートフォンやタブレット、パソコン、ゲーム機など多様な機器で利用可能です。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.