レノボ・ジャパンは5月19日に、みんなのコードと早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング研究所・鷲崎研と共催で、子どもが自分のプログラム作品を展示できる「Kids Maker Festival」を早稲田大学グリーンコンピューティング・システム研究機構で開催する。
画像: [NEWS]レノボとみんなのコード、子どもが自分のプログラム作品を展示するイベント「Kids Maker Festival」を開催

レノボ・ジャパンは、慈善財団であるLenovo Foundationの活動の一環として、子どもにSTEM教育に興味をもってもらうことを目的としたイベントを企画。子どもたちは、自分たちで作ったプログラムをソフトウェア、ハードウェアに関わらず展示できる。ものづくりの人たちが自分たちが作ったものを展示できる「MakerFaire」の、子ども向けイベントのような位置付け。

お互いの作品を競うことなく、他の展示者の作品を見たりすることで、子どもたちの相互交流を促す。

他者の作品から新たな着想を得たり、自分自身の作品について考えたことを伝え合う経験を通じて、子どもたちが自分の作品を自信をもって発表できるような機会を届けたいとの想いから企画したとのこと。

日時は5月19日の12:00~16:00に、場所は早稲田大学グリーンコンピューティング・システム研究機構の1階で開催される。入場料、参加費用は無料。

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.