子どもたちが科学、技術、エンジニアリング、数学(STEM)を学ぶための唯一の方法はありません。過去には、教科書を使っての講義が一般的な方法でしたが、最近の研究は、実践的学習が子どもたちにSTEMトピックをカバーするための方法であることを示唆しています。
画像1: 教科書や授業計画は子どもの勉強に効果的ではありません【先生たちがSTEMに気合いを入れる理由】

Summary

ワークシートやテストは、子どもたちが何を学んだかを確認することはできますが、それだけでは授業のテーマを積極的に教えることはできません。テストを共通化し、学習到達度だけで測定すると、子どもたちがどのように学習して、その内容をキープしているかということを無視する結果となります。このように指導方法や評価方法が一本化された状態で、どうして子どもたちがユニークなアイディアを思いつくことができるでしょうか?

ワークシートがあまり効果的ではないと証明できる理由はいくつかあります。littleBitsの最近のリサーチによると、(ワークブックなどを使った)テキストベースの学習は、STEMの概念を教えるためには約40%しか効果しかありませんでした。逆に実践的な学習では、ほぼ70%まで到達します。

画像2: 教科書や授業計画は子どもの勉強に効果的ではありません【先生たちがSTEMに気合いを入れる理由】

先生や保護者が子どもたちと協力してモノを作ったり組み立てるとき、情報量ははるかに深いレベルにまで達する傾向があります。新しい情報を吸収する時間とスペースを与えると、子どもたちはさらに学習経験を「所有する」ことができ、やる気を引き出すことが可能になります。一枚のプリントはあまり人間的ではありませんが、「経験すること」は子どもたちが忘れにくい体験を残すのです。

初等教育におけるSTEMの現状に興味はありませんか?こちらをクリックしてlittleBitsからの新しいレポートをダウンロードしてください。

By admin, at littleBits

この記事が気に入ったら「いいね!」をクリック!プログラミング教育・STEM教育などの情報をお届けします!

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.