ほとんどの親にとって、子どもが宿題を嫌うことは当然のことです。しかし、子どもが宿題を楽しむか嫌がるかにかかわらず、宿題を終わらせるということは授業で学んだことを理解する上でとても重要なことです。今回は、子どもをもつ親のために、子どもたちの宿題に対する姿勢を改善する方法をガイドします。

子どもと一緒に取り組みましょう

画像: 子どもと一緒に取り組みましょう

これはあなたが子どもの算数の宿題を肩代わりするという意味ではありません。代わりに、あなたが子どもと同じテーブルで仕事をするのです。e-mailに返信することでも、アウトラインをメモすること、税金を計算することでもかまいません。子どもたちは1人で宿題をやるよりもやる気を出して取り組むでしょう。

宿題の時間をもっと管理しやすいように区切りましょう

画像: 宿題の時間をもっと管理しやすいように区切りましょう

多くの大人たちは、仕事を早く終わらせようとしますが、子どもはそこまで長く集中できません。あるセラピストは、子どもが集中できる時間は年齢と同じ程度であると言います。たとえば、7歳の子どもが集中力を持続できる時間は7分程度だそう。子どもたちが宿題に取り組むときは適度に休憩を入れたり、軽食を食べたり、空気を入れ替えたり、運動によって気分転換させるといいでしょう。

学校と宿題の間になにか楽しいことを挟もう

画像: 学校と宿題の間になにか楽しいことを挟もう

大人と同じように、子どもたちも、ずっと行動し続けることはできません。親は子どもに、夕飯の前に宿題を終わらせるように言いますが、ツライ課題をかたづける前には休息が必要です。休息といってもテレビの前で寝そべることではありません。知識にただ圧倒される学習とは違う、自分で考える力を養いSTEAMに触発されるような活動をさせましょう。

たとえば、littleBitsのAvengers Hero Inventor Kit(アベンジャーズをモチーフにした電子工作キット)は、子どもたちが楽しみながらSTEAMのコンセプトに触れることができます。キットに含まれているさまざまなツールは、子どもたちをスーパーヒーローにしてくれるでしょう。彼らはキットを通じて、エネルギーを開放するとともに、宿題に取り掛かる気持ちの準備ができるはずです。

ポジティブなフィードバックをしよう

画像: ポジティブなフィードバックをしよう

宿題は子どもたちの生活の一部になるでしょう。 最終的には、宿題は(大人と同じような)単なる仕事に変わります!これはまた子どもたちが時間とともに前向きな宿題のスキルを伸ばしている証拠でもあります。なので、子どもがもっと上手にすべきであると批判するよりも、物事に上手に取り組めたことを忘れずに褒めてください。褒めることで、たとえば子どもたちは宿題をきちんとフォルダーに入れるようになったり、最後まで集中して取り組めるようになるのです。

子どもに夕方と週末の予定を立ててもらいましょう

算数はさまざまな活動に時間を割り当てるときに役立ちます。子どもが自分で自分の宿題スケジュールを立てられるようにしましょう。子ども火曜日に1時間サッカーの練習をしている場合は、水曜日の宿題を月曜日の夜に終わらせる必要があります。子どもが自分の予定を立てることは、貴重な学習プロセスになります。子どもにカラフルなカレンダーを作らせることで、STEAMの「Art」部分を巻き込むこともできます

あなたはどのようにして子どもの宿題を手助けしますか?Facebook、Twitter、またはInstagramで@littleBits_JPにタグを付けて教えてください!

By Allie VanNest

この記事が気に入ったら「いいね!」をクリック!プログラミング教育・STEM教育などの情報をお届けします!

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.