長年、現代国語の受験指導をしてきた出口先生が考え出した、論理的に思考する“論理力”を鍛える「論理エンジン」。出口先生は現代の子どもにこそ論理力が必要だと言います。それはなぜなのでしょうか。

「国語」から「論理国語」へ

画像: 「国語」から「論理国語」へ

2022年、高校の学習指導要領が全面的に改定されます。文科省が言う、改革の本丸。そこで、「論理国語」という新科目が、選択科目ではありますが登場します。その内容はともかく、「論理」という文言が「国語」に付けられたことは画期的です。

四十年近く前、私は予備校の教壇で、国語は論理の教科だと断言しました。当時、そのようなばかげたことを言う人間は、高校の教師にも予備校の講師にもまったくといっていいほどいなかったです。そして、案の定、私は至るところでバッシングを受け続けました。国語は文学的なものであって、それと真逆な論理などけしからんというのです。

その後、私の参考書などは発行累計1300万部を超え、最近は国語が論理であるという考えは主流になりつつあります。そして今回、国語が論理の教科であると、国の方針として決められました。ゴールが明確になった今、幼児童期から国語を論理的に教えることが急務ですが、大方の塾、幼児教室は旧態依然の詰め込み教育をしています。しかし、それも当然のこと。今まで国語は読書をして、問題練習を数多くこなせばそれでいいとしてきた指導者が、明日から突然論理的に国語を教えよと言われても、おそらく途方に暮れるばかりではないでしょうか。

今だからこそ大事な幼児期の教育

画像: 今だからこそ大事な幼児期の教育

私は今幼児童教育に力を注いでいます。なぜなら、子どもたちが社会で活躍するころには、今とはまったく異なる社会が実現しているからです。すでに記憶と計算はコンピューターの仕事、漢字はスマホが自動変換、近い将来、英語は自動翻訳機が格段に進歩して、30カ国語がほぼ完璧に翻訳できるようになると言います。AI時代に必要なのは論理的な読解力であり、旧態依然の詰め込み教育では子どもたちの創造的な脳を破壊してしまうだけなのです。

脳科学の発達により、子どもの脳は6歳までで大人の脳の機能が80%、12歳までで100%完成することがわかってきました。言わば、中学生以上はすでに完成された脳の教育、小学生までは脳を育てる教育なのです。

小学生までは脳を自在にデザインできます。そのような大切な時期に、ただ答えを疑うことなく記憶させ、言われるがまま機械のように計算させるだけの教育は、新しい時代に適さない脳を作り上げてしまうのです。

子どもたちの教育を決めるのは親の責任。大きく時代が変わるこのときに、親は自分の子どもを守るために、何よりも学ぶことが必要なのです。

私は人生の残りの時間をかけて、幼児童教育を変革しようと決意しました。子どもたちの未来のために、そして、日本の将来のためにも。日本中に新しい学びの場を広げていくつもりです。まずは、ひとりでも多くの人たちにAI時代にふさわしい新しい教育を理解してもらうために、「2歳から12歳の脳がグングン育つ! 論理の力(水王舎刊)」を刊行しました。本来あるべき未来型の教育は既存のものとはあらゆる場面で真逆であり、本書を一読すればおそらく納得していただけると思います。

また実践の場として、「出口式みらい学習教室」を今春立ち上げました。東京の西新宿と白山に直営教室を、さらにフランチャイズの全国展開を開始。今では70ほどの教室が全国各地で立ち上がっています。

「教育」とは先生が答えをもっていて、子どもたちがそれを疑うことなく模倣する、古い時代のやり方です。「出口式」での主役は教材とマニュアルであり、子どもたちが自ら発見し、自ら学ぶために、先生はファシリテーターの役割に徹します。また保護者同伴であり、子どもを通して、古い教育を受けてきた親も新しい時代に備えるために親も学びます。

国語と算数、国語と英語を同時に学ぶ

画像: 国語と算数、国語と英語を同時に学ぶ

また幼児期に国語と算数、あるいは、英語を別個のものとして学ぶことも適切ではありません。論理を土台にして、国語と算数、あるいは、国語と英語を同時に学ぶのです。

今、子どもたちの読解力、語彙力、思考力の著しい低下が深刻な問題となっていますが、これは漢字教育の失敗です。書き取り中心の漢字教育が子どもたちから言葉を奪っていったのです。「出口式みらい学習教室」では、漢字は書き取り中心ではなく、意味をもった言語として、その論理的な使い方を徹底的に習得していきます。

多くの塾や幼児教室は古い時代に適応していたから成長したのであり、またそれ故、新しい時代には適応しなくなる可能性が高い。だから、実績や知名度で学びの場を選択することは非常に危険なのです。

私は本気で今、この国の教育を変革していくつもりなのです。

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.