Go Visionsは、2020年2月11日に、子どもの興味と未来の可能性を広げる体験型エデュテイメントイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』を、池袋サンシャインシティホール(東京・池袋)で開催する。
画像1: 「子どもの興味と未来の可能性」を広げるイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』2020年2月に開催【ニュース】

「Go SOZO」は、未就学から中学生までの子どもたちが自分で作ったプログラミングやロボットを発表できるほか、さまざまなワークショップに参加できる体験型イベント。

2019年9月に開催した「Go SOZO 2019 Tokyo Summer」では約800名の親子が来場し、40名以上の子どもたちが自身の作った作品のプレゼンテーションを行い、プロのゲームクリエイターやエンジニアがその場でフィードバック。また、企業・団体の協力を得て無料のワークショップコーナーでは、VR体験やプロジェクションマッピングの制作、親子ワークショップなどを提供。

画像2: 「子どもの興味と未来の可能性」を広げるイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』2020年2月に開催【ニュース】

2019年2月に開催する「Go SOZO Tokyo 2020 Spring」では来場者5,000~7,000名以上を見込んでおり、それに合わせて体験コーナーやワークショップなどを提供いただける出展企業も募集。出展内容が「子どもが日常では出会えない「体験」を提供する」という出展基準に合致するものであれば、自由度の高い出展が可能。

画像3: 「子どもの興味と未来の可能性」を広げるイベント『Go SOZO Tokyo 2020 Spring』2020年2月に開催【ニュース】

詳細は以下のサイトから。

この記事が気に入ったら「いいね!」をクリック!バレッド(VALED PRESS)の最新情報をお届けします!

記事全文ページのみ

This article is a sponsored article by
''.