解決すべき複雑な問題を抱えながら急速に変化する世の中で、教育者と保護者は、学生たちが未来に向けてどのようなものを準備すればよいか考えてみましょう。

子どもが将来成功するためには……

  • 子どもたちにコードを書く理由を与える
  • 大人と子どもが一緒に学ぶ
  • アイデアを共有できるネットワークを探す

これまでの【littleBits編集部】の記事はこちら

子どもが将来成功するためには

子どもが将来成功するためには、問題解決やチームワーク、クリティカルシンキングのスキルを構築しながら、コンピューターサイエンスやテクノロジーなどを実際に体験できる科目に、早い時期で頻繁に触れさせることが不可欠です。そしてこれらのスキルを学校や家庭で育むには、創造性、寛容さ、責任感が必要です。

授業中や放課後、さらには家庭での時間で、クリエイティブなコンピューターサイエンスとテクノロジーの学習を進めるために、教育者と保護者から出たいくつかのヒントを紹介します。

子どもたちにコードを書く理由を与える

子どもたちは、学習したことが実際の生活と関係をもち紐づけされた場合、より楽しくなるものです。自分たちが学習したことを、周りで見たり実行したりするものに応用したいのです。

コーディングを例に挙げてみましょう。コードがないコンピューターは単なる空の箱です。コンピューターには「なにをすべきか」という指示が必要です。コーディングによって、生徒たちは有意義なプロジェクトを作成します。

大人と子どもが一緒に学ぶ

これは明白ですが、ベストな学習環境は大人と子どもが一緒に学べる環境です。大人と子どもがチームになって考え、創造性を育みながら、正解なのか間違いがないかなど、問題解決をオープンに広げていきます。

アイデアを共有できるネットワークを探す

他人とネットワークをもつことは、先生などが教室や放課後の学習スペースで新しいアイデアを出すときに、孤立を感じないためにもとても重要です。学校、地域、コミュニティで似たようなアイデアをもつ大人たちとつながりをもちましょう。また、オンラインでのアイデアの共有は、コンセンサスを確立するためのいいと思います。littleBitsSpheroは、オンラインでコミュニティフォーラムを展開しています。

さらににコーディングやイマジネーションのアイデアを探している人は、littleBitsが提供しているwebinarを受講して、世界を広げてみましょう。もし教室でコーディングやクリエイティビティを取り入れたい場合は、Code Kitがぴったりです。このキットは、100以上のアクティビティと10個のレッスンプランを提供しています。

この記事が気に入ったら「いいね!」をクリック!バレッドプレス(VALED PRESS)の最新情報をお届けします!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.