本連載では「パンにあうお味噌汁」を紹介しています。今回は「ビッグマック」を食卓に並べても罪悪感を覚えない「野菜がしっかりとれる」お味噌汁のレシピです。

これまでの【パンにあうお味噌汁レシピ】はこちら

簡単につくれて、見た目にも楽しい「ビッグマックと、なめこ・絹さや・プチトマトの赤だし」

画像: 簡単につくれて、見た目にも楽しい「ビッグマックと、なめこ・絹さや・プチトマトの赤だし」

ビッグマックを野菜たっぷりの赤だしといただきます。まずは、ビッグマックをお店でテイクアウトするのですが、このときにポイントがあります。「野菜多めでお願いします」というと、ビックマックの野菜(オニオン・ピクルスなど)を多くしてもらえるのです。逆にピクルスや玉ねぎが苦手なお子様なら「オニオン・ピクルス抜きで」とお願いすることもできます。減らした分以上の野菜を「お味噌汁」で補充しましょう。

仕込み必要なし!

包丁もまな板もいりません。必要なのは、ビッグマックと赤だしの材料を買っておくことだけ。忙しい朝でも、ちょっと疲れた夜でも、お気楽高速にできちゃいます。

お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

【材料】

  • だし入り赤だし
  • プチトマト
  • なめこ
  • 絹さや
  • アオサ

なめこは、凍らせておいたものを使っても平気ですので、気がついたときに購入しておけば楽チンです。

画像1: お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

1. 絹さやは水洗いしたら、ヘタの部分を指でパキッと折って、スジもそのままスーッと取ります。反対側の先の部分もまたパキッと折って、スジが取れるようなら取ります。多少スジが残っても茹でてしまえば食感に影響はありません。1本あたり、「パキッ+スーッ+パキッ(3秒)」で完了です。

画像2: お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

2.なめこはいったんザルにあけて、サッと水洗い。5秒で十分です。独特のぬめりがなくなってしまうので、洗いすぎないようにしてください。

3.プチトマトは、ヘタをとってこちらもサッと水洗いしてください。(今回は「へたなし」のプチトマトを使いました)

画像3: お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

4.お鍋にお水を入れて火にかけ、沸騰したらプチトマトを入れます。再度沸騰したら、今度は絹さやとなめこを入れ、もう一度沸騰させます。火を止めたら「赤だしのもと」を入れます。(今回は、マルコメ「赤だし」を使いました)

画像1: ビッグマックが罪悪感ゼロに!?野菜たっぷり「赤だし味噌汁」と食べるハンバーガー【パンにあうお味噌汁レシピ】

5.再度火を入れ、ひと煮立ちしたら、火をとめます。

6. アオサは食べる直前に入れましょう。パリパリの食感が、香り高くも儚く、モロモロとくずれてゆく、諸行無常が味わえます。

ビッグマック

冷めているようでしたら、電子レンジで温めてどうぞ。温めるときにケースのふたを開けるかどうかは、お好みで。

いただきます!

ここはやはり、まずはビッグマックをガブリといってから、赤だしで流し込んでいくのがよろしいかと。絹さやはサクサク、なめこはつるり、これにプチトマトがはじけるときの酸味が口の中に広がったところに、さらにビッグマックで追い打ちをかけます。

「ガブリ→サクサク→つるり→さわぁ」のループが、家族の食卓を笑顔にします。

【コラム】筆者的には「ビックマック」はジャンクフードではない!

インターネットで検索して気づいてもらったり、こうしたコラムに辿りついてもらうには、いろいろな「思わぬ」労力や「精神力」がいります。タイトルで「おっ!?」と気づいてもらうためには、やや刺激的な表現や、流行っている言葉づかいなどを交えることが重要だからです。

今回「ビックマック」を食べることに対して、「そもそも罪悪感」があるような書き出しとなっていますが、筆者的には「美味しく食べること」「楽しく食べること」が、まずは大切だと考えています。そこには「幸福感」こそが大切で「罪悪感」という言葉にことさら踊らされる必要があるのだろうか?と考えてしまいます。

とくに、子育てなどをしながら「キャラ弁をつくらなければ」「三食見た目を美しく、美味しい食卓を並べなければ」という「罪悪感」からは解放されてほしいと思っています。何より「生命」をいただく上で、その行為を「ジャンク」や「罪悪」という言葉で括りたくないと、食を愛する者としては熱く思うのです。

この記事が気に入ったら「フォロー」&「いいね!」をクリック!バレッドプレス(VALED PRESS)の最新情報をお届けします!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.