たまごサンドのクリーミーな風味に海の香りがぴったり。おなかにやさしい、グルタミン酸とコハク酸のハーモニー♪たまごサンドにあうアサリ・めかぶのお味噌汁のレシピです。

これまでの【パンにあうお味噌汁レシピ】はこちら

まずは、コンビニ3社のたまごサンドを食べ比べ!

まずはファミリーマート、ローソン、セブン-イレブンのたまごサンドを買ってきて、食べ比べてみました。

画像: まずは、コンビニ3社のたまごサンドを食べ比べ!

ファミリーマート「コクのある味わい たまごサンド」198円(税込)

3つの中ではいちばん味がしっかり、はっきりしている印象。旨味があとから口の中に広がる感じ。価格は3社の中で最安値でした。

画像: ファミリーマート「コクのある味わい たまごサンド」198円(税込)

セブン-イレブン「ななたま使用!こだわりのたまごのサンド」237円(税込)

白身の部分のカットが大きく、パンも厚め。ぱっと見の印象ですぐに違いがわかります。いちばん食べ応えがありました。「ななたま」は、セブン-イレブンで売っているパックの卵のことかと思ったら、たまごサンドのためにつくられた専用の卵とのこと。広報によると「乳酸菌やハーブなど専用の資料を食べて育った鶏が生んだ卵」とのことでした。

画像: セブン-イレブン「ななたま使用!こだわりのたまごのサンド」237円(税込)

ローソン「たまごのコク広がる たまご」228円(税込)

クリーミーでコクがありながら、しつこくなくライト。コクが広がったかと思うと、淡雪のようにスッと消えます。サンドイッチの具のたまごサラダは、半熟と完熟とを混ぜ、白身を小さくカットしてあり舌触りがいいようにつくられているそうです。

画像: ローソン「たまごのコク広がる たまご」228円(税込)

旨味のファミリーマート、上品なローソン、力強さのセブン-イレブンといったところでしょうか。たまごサンドは、さすがにサンドイッチの定番です。いずれも甲乙つけがたいおいしさでした。

【コラム】ローソンの商品は「たまごサンド」ではない??

ちなみにローソンの商品は、英語で「LAWSON Sandwich」とロゴっぽく書いてあるけれど、3社のうち唯一商品名「サンド」がパッケージ表に書いてないことを発見しました。「LAWSON Sandwichのたまご」であって「たまごサンド」ではない??でも公式サイトをみると「たまごサンド」とありました。

ローソン広報部に聞いたところ「なぜか、サンドをつかないんです……理由はとくにないと思います……。たまごサンド・たまご、どちらも正解でいいかと思います。紹介してもらうときは、たまご(サンド)のように紹介されることもあります」とのことでした。たしかに、コンビニおにぎりには「いくら」とか具材名しか書いてないですよね。

たまごサンドにあうお味噌汁をつくる

画像1: たまごサンドにあうお味噌汁をつくる

では、このたまごサンドにあうお味噌汁をつくってみましょう。コクのある玉子のペーストには、海の幸、磯の香りがあう気がします。アサリとめかぶでおみおつけをつくってみましょう。

めかぶには、免疫力の向上が期待できるフコイダンやデトックス効果のあるアルギン酸がたっぷり含まれています。また育ち盛りのお子さんの新陳代謝を活発にするヨウ素、そして骨の形成にかかせないカルシウムもたっぷり。もちろん食物繊維もたっぷりです。

画像2: たまごサンドにあうお味噌汁をつくる

また、アサリにはカルシウム、カリウム、鉄、亜鉛などのミネラルがたっぷり。ビタミンB12の含有量は貝類の中でトップクラスです。

お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

1.砂抜きをしたアサリに水を注ぎながらザルで揉むように洗います。砂抜きは手間がかかるので、あらかじめ砂抜きしてあるアサリをオススメします。

画像1: お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

2.お鍋にアサリを入れたら、料理酒を注いで、一旦酒蒸しにします。アサリを両手のひら一杯に対して、日本酒100ccを目安にするといいでしょう。

3.お鍋にフタをして弱火で蒸します。ときどきのぞいてみて、アサリが開くまで加熱します。沸騰しすぎないように気をつけて。3~5分ほどです。

4.アサリが開いたらお鍋のフタをとって、強火で15秒ほどアルコールを飛ばします。

5.一旦火を止めて、お水を入れます。

6.さらにここに、本日の影の主役である梅昆布茶の素を、1人前に対して付属のスプーン1杯入れます。

画像2: お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

7.中火で加熱して、煮立ったら火を止めて、白味噌を入れます。彩りを考えて白味噌にしましたが、他のお味噌でもいいですよ。

画像3: お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

8.再び火を入れて、煮立ったらめかぶを投入。ほどよくめかぶが混ざったら完成です。

画像4: お味噌汁(おみおつけ)のレシピ

いただきます!

画像: いただきます!

まずは、たまごサンドをいただきます。やわらかなパンと、ふわっとしたたまごのコク、これだけでも十分においしいのですが、ここでアサリとめかぶのおみおつけをいただきます。さっきまで、どこか欧風なクリーミーさが広がっていた口の中を磯の風がサーッと通り抜けていきます。ほどなく梅昆布茶のかすかな酸味がやってきて、次なる食欲を呼び覚まします。

季節は晩春、まだ肌寒さの残るころ、ひなびた海辺の旅館の籐椅子に腰掛けて…。それがムリなら、そんなことを想像しながら召し上がっていただきたい組み合わせです。

この記事が気に入ったら「フォロー」&「いいね!」をクリック!バレッドプレス(VALED PRESS)の最新情報をお届けします!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.