グローバルキャストは、新型コロナウイルスの感染拡大により、消毒・除菌用の消毒剤や除菌水が不足していることから、愛知県が設置した特別支援学校の全校に対して、同社の取り扱い製品である次亜塩素酸除菌水「キセキクリーン」を合計600リットル寄付した。

愛知県では、保護者の対応が難しい家庭において自主登校ができる環境の整備や、感染終息後の学校再開に向けた対応を進めている中で、生徒だけでなく監督する教員や職員にも感染防止対策に必要な製品が不足している状況だった。

特別支援学校においては慢性的な疾患を抱える生徒や、罹患することで生活上の支障が多い生徒もいるため、より一層の感染防止への配慮が必要となる。そのため、同社が取り扱っている次亜塩素酸水を愛知県立の特別支援学校全校へ寄付するに至った。

画像: グローバルキャスト、愛知県立特別支援学校の全校へ次亜塩素酸除菌水を寄付

弱酸性の次亜塩素酸水は、高い安全性の一方で、高い除菌効果を有しており、過去多くの医療・福祉施設、飲食店、民間施設、学校、オフィスへの導入実績がある。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.