新型コロナウイルスの影響で、休校が続く学校教育ですが、海外はどのような状況なのでしょうか。日本も含め、現状の学校教育がどうなっているかがわかる記事を紹介します。

9月入学・新学期案も

新型コロナウイルスの拡散防止対策として出された緊急事態宣言ですが、一部ですでに5月までの休校を決めた場所もあり、自治体によっては9月入学・新学期案も出るなど、混乱を極めている学校教育。

そして学校教育に混乱が生じているのはもちろん日本だけではありません。それでは海外ではどのような状況で、どのような対策をとっているのでしょうか。日本も含め、現状の学校教育がわかる4つの記事を紹介します。

スイス・アメリカ・フィンランド・フィリピンの学校事情【世界を旅しながらその土地の教室に飛び込んでみた】

画像: スイス・アメリカ・フィンランド・フィリピンの学校事情【世界を旅しながらその土地の教室に飛び込んでみた】

筆者が過去に訪れたスイス・アメリカ・フィンランド・フィリピンの小学校の先生や、現地に住む知人など、さまざまな人から集めた情報です。現地の生の声が聞ける貴重な記事です。

フィンランドの小学校がオンライン授業に移行したわけ【フィンランド教育はなぜ子どもを幸せにするのか】

画像: フィンランドの小学校がオンライン授業に移行したわけ【フィンランド教育はなぜ子どもを幸せにするのか】

フィンランドの小学校でも3月中旬から一斉休校になり、その様子を伝えています。現地の記事によると、“完璧な授業でなくてもいい、子どもたちが決まった時間に先生や友だちと顔を合わせること。それが子どもの情緒面の健康を保つために重要”と考え、日々試行錯誤しながら、子どもたちと学びを継続しているそうです。その他にも職業訓練の場である“Me &My City”についても紹介しています。

緊急事態宣言に慣れたタイ・バンコクの新型コロナウイルス事情【海外×教育移住】

画像: 緊急事態宣言に慣れたタイ・バンコクの新型コロナウイルス事情【海外×教育移住】

こちらはタイ・バンコクの新型コロナウイルスに関する情報です。タイでは治安維持のために過去に何度か緊急事態宣言や外出禁止令が出されており、国民もある程度この状態には慣れているようです。

withコロナ時代だからこそ子どもの在宅学習にプログラミングが最適な理由【プログラミング教育のホントのところ】

画像: withコロナ時代だからこそ子どもの在宅学習にプログラミングが最適な理由【プログラミング教育のホントのところ】

学校教育が停滞しているのはもちろん海外だけではありません。日本も今後、学校教育をどうすればよいのか、そのヒントとなる記事です。

日本も世界も、手を取り合って新型コロナに立ち向かおう

こうして見ると、世界どこの国でも、やはり子どもの教育は緊急課題で、先生や子どもたちが、いろいろと工夫を凝らしながら、この新型コロナ立ち向かっています。なのでこんなときこそ、世界が手と手を取り合い、ともにこの事態を乗り越える工夫が大事になってくるのではないでしょうか。どんな国であろうと、その子どもたちが何よりの財産であることは間違いないのですから。

この記事が気に入ったら「フォロー」&「いいね!」をクリック!バレッドプレス(VALED PRESS)の最新情報をお届けします!

毎週最新情報が届くメールマガジンの登録はこちらから!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.