保育園に行くとき、または預けるときに、ぐずったり泣きわめいたりして困る。そんな経験をしているママも多いのではないでしょうか。もう保育園まで来ているのに……。また、仕事に遅れてしまいそうで、苛立つこともあるでしょう。このようなとき、どう考え対応したらよいのでしょうか。子育てアドバイザーの高祖常子さんにその対処法について聞いてみます。

なぜ保育園に行くときに泣くの?

「子どもが保育園に行くときに泣く」状況は、大きく2パターンに分けられます。

  1. 保育園に着いて離れるときに泣く
  2. 家を出る前に泣く

年齢にもよりますが、0歳、1歳などの預けはじめの時期には、1.の「保育園に着いて離れるときに泣く」が多いです。ママやパパに抱っこされていて、保育士さんにゆだねられるときに大泣きする。

子どもとしては、やはりママやパパと一緒にいることは、「安心で安全」が確保された状態です。よくわからない保育園という「場所」で、まだよく知らない「人」である保育士さんにゆだねられ、不安でいっぱい。親は、保育園が安心で安全な場所と知っていますが、子どもにはわかりません。泣くというのは、「不安や心配」のメッセージです。

2.の「家を出る前に泣く」は、「園に行く」「親と離れる」と先の状況がわかっているということ。これは2歳、3歳くらいの子どもに多いと思います。「今日も保育園に連れていかれる」と感じ、それに対して抵抗している行動です。泣いたりぐずったりして、そもそも出かける支度をしなかったり。

理由としては「家で遊びたい」「もっとママやパパと一緒にいたい」ということもあります。「先生に叱られた」「友だちがいじめてくる」「給食が苦手」などの園生活の困りごとが原因であることも考えられます。

泣く子どもに、どう対応する?

画像1: 泣く子どもに、どう対応する?

泣いたりぐずったりしたとき、やってしまいがちなNG行動は、以下です。

  • 「いい加減にしなさい!」などと怒鳴りつける。
  • 「保育園行かないなら、家に置いていくよ!」などと脅す。
  • 「まだ小さいから、言ってもわからないし……」と、保育士に託して黙って去ってしまう。

泣いたりぐずったりは「不安や心配」の表現です。上記の行動は、子どもの不安や心配を助長させてしまいます。

もし時間があれば、少し落ち着くまで抱っこして、話しかけるのがオススメです。子どもに「大丈夫だよ」「保育園楽しいよ」「今日は何で遊ぶのかな」など、ゆったりした気持ちでポジティブな声がけをしましょう。

また、子どもは「このまま置いていかれて、ママやパパと会えなくなるのでは?」と心配になっています。低年齢であっても「これからお仕事、頑張ってくるね。夕方迎えに来るね」などと、しっかり声をかけていきましょう。わからないなりに、毎日の繰り返しによって「何か用事があるんだな。でも夕方になったら迎えに来てくれる」ということを、少しずつ理解していきます。離れ際は親自身、罪悪感をもったりしないで、笑顔で別れることも大事です。

画像2: 泣く子どもに、どう対応する?

日中、保育園で楽しく過ごせれば、保育園が安心で楽しい場所だとわかります。そうすれば預けるときに、次第に泣かなくなるでしょう。子どもの泣き方はさまざまです。何週間も離れ際に泣く子もいますが、数日で泣かなくなる子もいます。また、離れ際に泣くけれど、しばらくするとけろっとして楽しく遊ぶ子も少なくありません。

親が安心して保育士さんに任せている様子を感じれば、子どもも徐々に安心して保育園での生活を楽しめるでしょう。

保育園の生活で困っているときは?

家を出かける前に泣く場合、子どもが保育園での生活で困りごとがある可能性もあります。「保育園に行く時間になると、泣きたくなっちゃうね。どうしてかな?」と子どもに聞いてみましょう。言語発達にもよりますが、3歳前後になれば、自分の気持ちを話してくれるかもしれません。

「先生が怖い」「友だちがいじめてくる」など、もし子どもから情報を聞けたら、保育士さんにも伝えておくとよいでしょう。大きな困りごとではなくても、配慮してくれるかもしれません。保育士さんともコミュニケーションをとり、保育園での様子を教えてもらいましょう。「保育園では、〇〇くんと楽しく遊んでいますよ」など、知らせてもらえると、安心できますね。

画像: 保育園の生活で困っているときは?

言葉でうまく伝えられない「気持ち」を表現している

子どももママやパパを困らせようとして、ぐずっている訳ではありません。言葉でうまく伝えられない「気持ち」を表現しているのです。まずは、その気持ちに寄り添うことを大切にしましょう。

慣れてくれば、朝起きてからの生活リズムの中に、保育園に行く時間が組み込まれてルーティーンになります。そうすれば、子どもも安心し、泣くことが少なくなっていきますよ。

画像: 保育園に行きたくない! 子どもがぐずったり泣きわめいたりしたときは?

著者紹介
高祖常子(こうそ・ときこ)

子育てアドバイザー、キャリアコンサルタント

資格は保育士、幼稚園教諭2種、心理学検定1級ほか。NPO法人ファザーリング・ジャパン理事ほか各NPOの理事や行政の委員も務める。子育て支援を中心とした編集・執筆ほか、全国で講演を行っている。著書は『男の子に厳しいしつけは必要ありません』(KADOKAWA)、『感情的にならない子育て』(かんき出版)ほか。3児の母。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.