企業のSDGsに関する取り組みやサービス、商品などを紹介します。SDGsの達成に向け、生活の中でSDGsを意識するきっかけや材料にしてみてください。

国内初!外食事業者5社共同での飼料化による「食品リサイクル・ループ」認定

トリドールホールディングスは、外食事業者4社(セブン&アイ・フードシステムズ、松屋フーズ、リンガーハットジャパン、ワタミ)と共同で飼料化による「食品リサイクル・ループ」を構築し、2020年7月20日に、農林水産大臣、環境大臣ならびに厚生労働大臣による食品リサイクル法にもとづく「食品リサイクル・ループ(再生利用事業計画)」の認定を取得しました。

食品リサイクル・ループとは

食品リサイクル・ループとは、食品廃棄物を資源として循環させるため、食品事業者から排出される食品廃棄物を、再生利用事業者、農林漁業者と連携して構築する体制。認定を受けた「食品リサイクル・ループ」は、調理くずなどを飼料化し、その飼料を餌として与えて育てた鶏の卵や、加工食品の一部を外食事業者が買い戻し、商品の一部として使用する、というものです。

外食事業者が連携した食品リサイクルループ(飼料化)の認定は、日本国内で初。連携する外食事業者5社が運営する名古屋市内の飲食店、合計38店舗でこの取り組みを実施しています。

画像: 食品リサイクル・ループとは

食品リサイクル・ループ以外にもSDGsに取り組む

これまでにもトリドールホールディングスでは、廃食油のリサイクルや生ごみ処理機の導入を拡大しており、食品リサイクル・ループも、地球環境への配慮という観点で価値があるという点で、積極的に拡大していきたいと言います。

現在は愛知県名古屋市内の丸亀製麺2店舗で実施しており、今後は群馬や埼玉などの地域にも導入することも検討しているとのこと。

環境対策については1社で行うことは限界があるため、今回認定を受けた「食品リサイクル・ループ」のように、共通の目的、理念を持っている企業とは積極的な連携をしていきたいという思いがあるようです。

また、食品リサイクル・ループ以外に、SDGsへの取り組みにも積極的に挑戦しているとのことでした。

【トリドールホールディングス株式会社】

讃岐うどん専門店「丸亀製麺」、ハワイアンパンケーキカフェ「コナズ珈琲」、切り立て牛肉専門店「肉のヤマキ商店」、米粉麺のヌードルチェーン「譚仔雲南米線」「譚仔三哥米線」をはじめ、20以上の外食ブランドを世界1700店舗以上で展開。

設立:平成2年6月11日

代表取締役社長 兼 CEO:粟田 貴也

トリドールホールディングスからのメッセージ

当社では、SDGs活動の一環として、今後も「食品リサイクル・ループ」の参加店舗の拡大と、新たな地域での構築を進めることで、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

環境にやさしい工場で、環境にやさしい商品を作る

手袋や靴下の製造、販売を行うフクシンでは、2020年12月1日より、再生可能エネルギー100%電力の使用を開始しました。

再生可能エネルギー100%稼働の工場へ

環境にやさしい工場を目指すにあたり、フクシンは当初、太陽光発電を利用し、自社で使用する電気を自社でまかなうという構想をしていました。

しかし、社屋に設置可能な太陽光発電では使用量の25%の電力しかまかなえないことがわかり、足りない75%分の再生可能エネルギーを購入することで、再生可能エネルギー100%の工場を目指す計画に変更。

太陽光発電の費用はクラウドファンディングで募り、2021年2月に発電設置工事を完了させました。現在は四国電力から接続許可を待っている状況で、許可がおり次第、太陽光発電と購入した再生可能エネルギーを合わせて、再生可能エネルギー100%稼働の工場を目指しているとのことです。

環境にやさしい商品を作るなら、使用する電力も環境にやさしくしよう

フクシンは2020年3月に「自分たちから積極的にやさしい取り組みをしていこう」と、サステナブルな新ブランド「ecuvo,」を立ち上げました。

【ecuvo,のサステナブルな取り組み】

  1. 環境にやさしい素材
    素材は、再生素材や天然素材を利用し、包装資材も環境に配慮したものを使用。
  2. 永久修理保証
    モノを長く使っていただくために、永久修理を保証。
  3. 片手片足販売
    片方だけなくした、という理由で捨ててしまうのはもったいない、という思いから片手片足で販売。
  4. 永久定番
    新作デザインを発表するたび、旧デザインは廃棄されてしまうことを踏まえて、シンプルなデザインの永久定番を作ることで、廃棄問題解消を目指す。
  5. ゼロゴミ編み立て法
    独自開発により、捨て糸や捨て編が出ない編立製法を確立。

ecuvo,は「たくさんの笑顔を紡ぐ」をコンセプトに、人に、動物に、植物に、街に、大地に、空に、海に、そして地球にやさしくなることで、地球上のすべての笑顔を紡ぐことを目指しています。そこで、地球環境にやさしい商品を作るだけでなく、商品を作る工場でも地球にやさしいことができないだろうかと考え、「再生可能エネルギー100%稼働の工場」を実現させました。

また、フクシンでは上記取り組み以外にもSDGsに関するさまざまな取り組みを行っています。

【株式会社フクシン】

「たくさんの笑顔を紡ぐ」を企業スローガンとして、どうすればすべての人が笑顔になれるか。山に、川に、海に、動物に、人にすべてに優しくなればいい、ということで笑顔の象徴である「ecuvo,」というブランドを立ち上げ。

設立:1977年4月

代表取締役社長:福崎 二郎

フクシンからのメッセージ

これからもフクシンは、人や環境にやさしいことを小さいことからでも取り組み、すべてにやさしい会社であり続けるため、活動してまいります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.