ハロウィンで使える英語とは?覚えておけば楽しい英語を紹介!

日本でも一大イベントとなっているハロウィンでは、仮装をしてイベントを楽しむ傾向があります。ただそれだけでなく、英語も覚えておけばさらに楽しいイベントになるでしょう。

子供の教育としても、英語を楽しく覚えれば将来役立つ可能性があります。

ハロウィンで使える英語とは、どのようなものなのか詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

ハロウィンの起源に関する英語について

ハロウィンとはそもそもどのようなイベントなのか、起源に関する英語について紹介していきます。子供と一緒に覚えて、今後の参考にしてみてください。

the origin of Halloween(ハロウィンの起源について)

ハロウィンはアイルランドを起源として、2,000年前から行われていたと言われている祭りです。実際には秋の収穫を祝う目的があったとされています。その起源を表す英語は下記の通りです。

It is believed that Halloween began about two thousand years ago in Ireland, as a festival to celebrate the autumn harvest.

また祭りは悪霊を追い払うことを目的に仮面をかぶったお化けに仮装したりしたとされています。元々は縁起が良い祭りとして、ハロウィンが行われていたことがわかるでしょう。

ハロウィンの仮装に関する英語について

またハロウィンの定番仮装といえば、魔女やミイラといった仮装になります。定番の仮装については、下記のように英語で表現可能です。

People usually dress up in Halloween costumes like witches, mummies, zombies, Dracula, Frankenstein and werewolves.

また漫画などのキャラクターにも仮装する人がいるので、その英語としては下記のように表現できます。

Some people dress up in other costumes like manga characters.

ハロウィンの「かぼちゃちょうちん」に関する英語について

ハロウィンでは「かぼちゃちょうちん」を見かけることがあります。このかぼちゃちょうちんとは、どのようなものなのか表現する英語が下記の通りです。

A jack-o’-lantern is a carved pumpkin and means ‘a guy with a lantern’.

かぼちゃちょうちんは、かぼちゃを彫って作ったちょうちんのことを指していて、「ちょうちんを持つ男」という意味があると解説している英語になります。

また何の効果があるのか伝える英語としては、下記の通りです。

People put them in front of their houses to drive away evil spirits.

悪霊を追い払うために、家の玄関に置くという意味がかぼちゃちょうちんには込められています。

かぼちゃちょうちんは元々、アイルランドの物語から来ていると言われているようです。

子供にトリックオアトリートと言われた時の英語について

ハロウィンといえば、子供がトリックオアトリートと言ってお菓子を渡すのが定番となっているイベントです。子供にトリックオアトリートと言われた時は、どのような英語で返すのがベストなのか詳しい内容を紹介していきます。

トリックアトリートと言われた時の英語の返し

近くに住んでいる子供にトリックオアトリートと言われた時の英語の返しについて、どのように返していけば良いのでしょうか。基本的には下記のような英語で問題ありません。

Happy Halloween!

Treat, of course.

Here you are.

楽しんでね。もちろん。はい、どうぞと言ってお菓子を渡してあげましょう。特にHappy Halloween!は大人同士でも伝わる挨拶のようなものなので、ハロウィンの日は積極的に利用してください。

ハロウィンについて詳しく英語で解説しよう

ハロウィンはいつ行われるのか、どのようなことが行われるのか、英語で解説できるようになりましょう。ハロウィンについて英語で解説する場合、どのような英語があるのか紹介していきます。

まずハロウィンは毎年10月31日に行われるということを英語で表現する場合は、下記の通りです。

Halloween is celebrated on the 31st of October every year.

他にも収穫祭であるサウィン祭が起源となっており、キリスト教カトリックに取り入れられたと英語で表現する場合は下記の通りです。

The origin of Halloween comes from a Celtic harvest festival called “Samhin”, which was adopted by the Catholic community.

他にもどのような飾りつけをするのか、ハロウィンのことを解説する英語としては下記のように表現できます。

When it is around the season of Halloween, people decorate their houses with spiders and spider webs.

ハロウィンになると、クモやクモの巣などを家に飾り付けするという意味があり、子供に飾り付けの意味を教える時に役立つ英語です。

ハロウィンのメッセージカード書くと良い英語

ハロウィンではメッセージカードを送ることがあります。その時に、どのような英語が好ましいのか紹介していきましょう。

ハロウィンに送るメッセージカードとして定番なのが、下記のような英語です。

Trick or treat.

Happy Halloween.

トリックオアトリートとハッピーハロウィンは、言葉にしてもハロウィンがより楽しくなるのでおすすめです。

他にも少し変わったメッセージとしては、下記のような英語があります。

Enjoy a spooky night.

Enjoy a lot of candy and have a creepy night.

気味の悪い夜を楽しんで。キャンディーを食べて気味の悪い夜を過ごしてという意味があります。ハロウィンの雰囲気を楽しんでほしいという気持ちが込められるメッセージになるでしょう。

ハロウィンを使って子供に英語を教えるメリット

楽しいハロウィンの時間を使って、子供に英語を教える場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なメリットについて解説していきます。

楽しみながら英語を覚えられる

ハロウィンの雰囲気を感じながら英語を教えていけば、楽しい気持ちのまま英語学習ができるので、勉強しているという感覚がなくなります。また楽しい思い出と一緒に英語学習ができるので、英語の苦手意識を払しょくする効果が期待できるでしょう。

ハロウィンを子供と一緒に楽しみながら覚えていけば、遊びのような感覚で英語が覚えられるのでぜひハロウィンの機会に英語を使うようにしてみてください。

英語への抵抗感が薄れる

ハロウィンの時に英語を織り交ぜて楽しめば、日常的に使う言葉として英語への抵抗感を薄れさせる効果が期待できます。また英語を耳に馴染ませることで、英語に慣れる教育にも繋がるので、ハロウィンを利用して英語を子供の耳に慣れさせてみてください。

楽しい雰囲気の中で英語を導入すれば、勉強する姿勢とは違う形で英語を習得させることができます。英語に抵抗感がある方でも、ハロウィンなどの機会に英語を取り入れれば、自然と受け入れてくれる可能性もあるでしょう。

ゲーム感覚で英語を使うようになる

ハロウィンで英語を使うようにすれば、ゲームのような感覚で英語に親しみを覚えさせることができます。楽しみながら英語学習ができるので、自然と英語を覚えるきっかけにできるでしょう。

英語学習に苦手意識がある方でも、ゲームのような感覚で英語を学んでいけば楽しい気持ちになります。その後の英語学習にも良い影響を与えてくれる可能性があるので、ハロウィンの雰囲気を存分に利用していきましょう。

ハロウィンの時に子供に英語を覚えさせる時のデメリットについて

ハロウィンで英語を取り入れれば、楽しみながら英語学習ができるので、子供が英語に苦手意識を持っていても勉強できるでしょう。

ただハロウィンに英語学習を取り入れる際には、いくつかデメリットがあるので注意が必要です。どのようなデメリットがあるのか、詳しい内容を解説していきます。

強制的に学習させる結果に繋がる

ハロウィンの時に英語を取り入れて英語学習を進めるのは良いですが、強制的になってしまう傾向にあります。普通にハロウィンを楽しみたいのに、英語がわかるまでお菓子をあげないなどしてしまうと、子供が英語に苦手意識を持ってしまう恐れがあるでしょう。

あくまでも英語はおまけとして扱い、ハロウィンのイベントを楽しむことを第一に考えないと子供は楽しくありません。

ハロウィンを利用して英語学習を行うなら、子供が楽しめるようにイベントの仕掛けを施す必要があります。

幼少期に英語を教えると日本語の読み書きに支障が出る恐れがある

ハロウィンをきっかけに英語を覚えさせるのは問題ありませんが、幼少期に英語を覚えさせると、日本語の読み書きに支障が出る可能性があります。日本語と一緒に英語も覚えることになるので、子供は混乱してしまい、正しい読み書きがわからなくなる恐れがあるでしょう。

英語を習わせるなら幼少期の方が吸収率は良いですが、無理をさせると日本語を正しく覚えられない可能性があるので、英語学習の際には十分注意が必要です。

同世代の子供と正しいハロウィンが楽しめない可能性がある

ハロウィンの時に英語を教えるのは問題ありませんが、他の同世代の子供と違う楽しみ方になるため、正しいハロウィンの楽しみ方がわからない可能性があります。

状況によっては仲間外れになってしまう恐れもあるので、子供に英語を教える場合は、皆とハロウィンが楽しめるように教育してあげることも大切です。

世間とかけ離れた英語学習にならないように、十分配慮した上で英語を教えるようにしましょう。

子供に英語を教えるならハロウィン以外の状況でも英語を取り入れる

子供に英語を教える時は、ハロウィンの時以外にも英語学習をさせないと、すぐに忘れてしまいます。ハロウィンをきっかけに英語に興味を持たせた後は、日常生活でも英語を取り入れれば、子供は英語学習が当たり前のものとして認識してくれる可能性があるでしょう。

子供が英語に苦手意識を覚えないように、徐々に英語を取り入れていき、英語学習が始まる前に英語に慣れさせれば、自然と英語が身に付くかもしれません。

あくまでも英語学習は自主的に行わせるようにして、英語学習が強制にならないように配慮していきましょう。

まとめ

ハロウィンで使える英語を紹介してきましたが、実践できそうな英語があれば、ぜひ使ってみてください。子供の時に英語を覚えさせれば、自然と英語学習が楽しいものと認識してくれるので、苦手意識が芽生えない可能性があるでしょう。

大人も一緒に英語を使うことで、子供の英語力は培われていくので、一緒に勉強しながら英語を取り入れるようにしてあげてください。

ハロウィンで英語を取り入れるのをきっかけに、日常的に英語を使っていき、子供の耳に英語を馴染ませていきましょう。そうすれば、英語が自然に身に付くようになっていくはずです。

モバイルバージョンを終了