【小学生の英語教育】メリットやデメリット、親ができることは何がある?

2020年から3・4年生で外国語活動として、5・6年生では教科として英語の授業が開始されています。授業で困らないようにすることはもちろん、中高生になっても子どもが英語で苦労しないよう、何をすべきか迷っているお父さんやお母さんも多いのではないでしょうか。

本記事では、小学生から英語を学ぶメリットやデメリット、また子どもの英語力向上を後押しするための親の関わり方や家庭学習について紹介します。お子様に英語を学習させる際の参考になれば幸いです。

小学校の英語教育

小学生の英語教育は、2011年から5・6年生を対象に行われていましたが、2020年から対象学年が引き下げられ、3・4年生から「外国語活動」として英語の授業が始まりました。また、5・6年生は教科として「外国語」が設けられています。さらに近年では、1・2年生を対象に、年に数時間程度の英語学習を行う学校も増えています。

3・4年生では週に1回の授業が設けられ、聞くこと・話すことを目的とした体験型学習が行われています。英語に触れる機会を増やして、子どもが英語に対して親しみを持てるようにと、「楽しみながら学ぶ」ことが重視されています。

5・6年生では、読むこと・書くことが追加され、週に2回の授業時間が設けられています。コミュニケーションの時間が減り、簡単な単語の書き取りや英文の音読が行われます。テストはありませんが、成績が付けられるようになりました。

小学生から英語を学習するメリット・デメリット

英語を身に付けやすくするために、早期教育が効果的なことは広く知られています。

しかし、英語の早期教育が「母国語である日本語の発達を遅らせるのではないか」という懸念もあり、日本では英語の早期教育についてあまり前向きではない考え方があることも確かです。

ここでは、小学生から英語を学習するメリットやデメリットについてご紹介します。

小学生から英語を学習するメリット

英語に対する抵抗が少ない時期から学習することで、英語になじみやすくなることは大きなメリットです。また、小学生は吸収能力も高いため、英語脳が身に付きやすくなるとされています。このように、言語学習は開始時期が早ければ早いほど効果があるとされています。


さらに、英語を学んでいる子どもは、日本語の語彙力も高まることが分かっています。英語を学んでいる子どもは、耳から入る言葉を真似して発声する行動を繰り返します。英語に限らず、保護者や大人が使う難しい日本語も真似て繰り返すことで、語彙力が向上するとされています。

小学生から英語を学習するデメリット

よく言われるデメリットは「日本語学習が十分にできていないうちに英語を学ぶことで、日本語の学習に支障をきたすのではないか」という点です。確かに日本人にとって、外国語である英語を学習するには多くの時間や労働力を必要とします。

日常生活に必要な漢字や文法、さまざまな語句を吸収していかねばならない時期に英語を学習することは、日本語学習の時間が削られてしまうという考え方もあるでしょう。

さらに、小学生のころは周囲の大人の考え方に強く影響を受けます。周りの大人が英語に苦手意識がある場合、子どもに影響してしまうことも考えられます。

デメリットはこうして補う!

小学生の子どもに英語を学習させる上で大切にしなければならないポイントは、母国語である日本語の学習に影響を及ぼさないようにすることです。そのためにも、日本語に触れる時間は減らさないように心がけましょう。

また、子どもに負担を強いるような学習は逆効果です。小学生の英語学習は、中学生になってから本格的に英語学習が始まる際に、抵抗感を持たないための準備段階と心得ましょう。

さらに、周囲の大人が英語に対して否定的な考え方や苦手意識を持たないようにすることも重要です。「英語を学習することは楽しい」と子どもに働きかけることにより、前向きに学習する意識が生まれるでしょう。

小学生が英語を苦手と感じる理由

英語学習に苦手意識を持つ、または英語学習を嫌だと感じる理由として、「授業が理解できない」「英語を話すことが恥ずかしい」ということが考えられます。

文部科学省が行ったアンケート調査では、小学生が英語学習を嫌いと感じる理由には、以下が挙げられています。

  • 英語で文章を読むことや友達とのやり取りがうまくできない
  • 外国の人との会話がうまくできない
  • うまく英語の歌を歌えず、英語を使ったゲームができない

このような調査結果を見ると、小学生が英語学習を嫌いだと感じる理由は、英語そのものが嫌いな訳ではなく「授業についていけないから」ということが分かります。

「英語学習が嫌い」と感じさせないためには、うまくできないと子どもに思わせないこと、そして、たとえうまくできなくても楽しいと感じられる教育環境を整えることが大切です。

英語を得意にするために小学生の親ができること

英語が得意な子どもにさせるためには、子どもに対する関わり方が大切です。日常的に英語に触れさせ、英語に対する苦手意識や抵抗感を持たないようにしてあげましょう。ここでは小学生の親が心がけるべきポイントや、子どもとの関わり方について紹介します。

英語嫌いにしない

小学生の英語教育でもっとも大切なことは「英語嫌いにしないこと」です。小学生の時点で英語が嫌いになってしまうと、中学生以降も英語に対する苦手意識が継続してしまいます。

子どもに英語学習を無理強いしたり、できないことを責めてはいけません。子どもが英語に対して拒絶反応を示す要因になってしまいます。楽しみながら自然に英語を身に付けられるよう、サポートしてあげましょう。

英語に触れる機会を増やす

英語に触れる機会を増やしてあげることも大切です。日常の会話のなかで、子どもの好きな物に関連させて英語を教えることで、興味を持ちやすくなります。

また、普段から手に取ることができる場所に辞書を置いておくことも効果的です。会話のなかで「英語では何と言うのだろう」と一緒に辞書で調べる習慣を付けると、自分から辞書を使って調べる習慣が自然と身に付きます。

日常のなかでも英語を使う

日常生活で英語を使うことも効果的です。家庭内の会話に英語を取り入れることで、英語に対する抵抗感がなくなり、英語になじみやすくなります。

さらに、会話でよく使う言葉や好きな言葉を自然に覚えられるというメリットもあります。とくに、普段の生活でよく使う言葉は、英語の日常会話としても必要な言葉です。社会に出てからは、日常会話レベルの英語力を求められるシーンも多いため、将来的にも役立つでしょう。

子どもと一緒に英語を勉強する

子どもの英語学習をきっかけに、一緒に英語を勉強し直してみてはいかがでしょうか。親が英語を勉強していると、子どもにも「一緒に勉強しよう」という意欲が生まれ、英語を勉強することに対する抵抗がなくなります。

また、「どちらが早くできるか競争する」といったゲーム性を持たせるのも有効です。ゲーム感覚で楽しく勉強させることで、飽きることなく勉強を続けることができます。

予習・復習は一緒に

小学生では、一人学習が苦手な子どももいます。子どもの年齢や成長度合いに合わせて、親が学習を手伝ってあげることが大切です。「学校の授業についていけない」と子ども自身が感じてしまうと、英語学習を拒絶するようになってしまいます。英語に苦手意識を持つ前に予習・復習を手伝ってあげることで、学習のハードルを下げることができます。

成績にこだわらない

5・6年生になると、英語は科目として成績が付くようになります。親としてはどうしても成績表の結果が気になってしまいますが、小学生の間は学校の成績にはこだわらないようにしてあげましょう。

たとえ学校の成績が悪かったとしても、英語を楽しく勉強することができていれば、中学生から本格的に英語学習がはじまった時に得意科目となることもあります。

家庭でできる英語教育

小学生の子どもには、楽しく英語を学ばせることが何よりも大切です。家庭で英語教育をする時は、「楽しむこと」にフォーカスしましょう。

そのうえで、リスニング力が身に付く英語教育を心がけるのがポイントです。子どもは脳が柔軟なため、リスニング力が身に付きやすく、聞いた音をそのまま口に出すことも上手です。リスニング力を身に付ける学習法により、「話す力」を身に付けることにもつながります。

英語のアニメを観る

家庭でできる英語教育として、英語のアニメを観ることが挙げられます。簡単な内容のアニメであれば、英語が分からない子どもでも映像や雰囲気からストーリーを楽しむことができます。

とくに好きなキャラクターのアニメは、より関心を持って観ることができるでしょう。トムとジェリーやスポンジ・ボブといった、日本でもなじみのある外国のアニメはたくさんあります。

また、日本のアニメでも英語音声のバージョンがDVDに収録されている作品はたくさんあります。少し英語が理解できるようになったら、好きな作品を英語で観ることもおすすめです。内容が分かっているため、複雑なストーリーでも理解しやすく、複雑な言い回しも覚えやすくなります。

また、英語のアニメを見る際は、英語字幕があるとさらにリスニング力や語彙力が身に付きやすくなります。とくに内容やセリフが複雑な作品を見る時は、英語字幕が表示できる作品を選びましょう。

英語の歌をうたう

英語の歌をうたって、歌詞を覚えることも効果的です。子ども向けの簡単な歌はもちろん、一般向けの楽曲でもよいでしょう。歌は歌詞を音として聞くため、子どもが好きな歌であれば比較的簡単に覚えることができます。簡単な言い回しを覚えれば、語彙力を身に付けられます。

英語の漫画や絵本を読む

英語の漫画や絵本を読む学習法もあります。漫画好きな子どもには、スヌーピーのような英語の漫画や、英語に翻訳された日本の漫画を読ませてあげてください。

また、英語の絵本を読む方法もあります。絵本は絵からストーリーが伝わってくるため、英語が理解できない子どもでも楽しめます。親子のコミュニケーションとして、読み聞かせてあげましょう。

小学生向けの英語教材をつかう

テレビ番組やYouTubeには小学生向けの英語教材がたくさんあります。また、小学生向けのスマートフォンアプリや学習ドリルもおすすめです。子どもに合ったレベルの教材を使うことで、基礎力が身に付きます。

アニメや歌で楽しみながら英語に慣れさせたあと、子どもが楽しく英語を学習できているようであれば、様子を見ながら学習要素を増やしていきましょう。

楽しく学べる通信教材を活用

子どもが英語学習に興味を持っているようであれば、通信教材を活用しましょう。通信教材は、英会話教室へ通うより安く、アプリやドリルより楽しみながら学べる工夫がされています。また、カリキュラムが体系化されているため、順序立てて学習できるメリットがあります。

高学年になったら文法学習も

今後、中学校では英語の授業を英語だけで行われようになることが決まっています。中学生になって英語が苦手にならないよう、無理のない範囲で先取り学習をしておく必要があります。

日本人は、なじみのない英文法でつまずくこともあります。高学年になったら、少しずつ文法学習を始めるとよいでしょう。つまずくポイントを減らしておくことで、本格的に英語学習が始まる中学生以降、英語を得意科目にできるようになります。

小学生の英語教育における親の心構え

小学生の子どもに英語教育を行うときは、子どもが英語嫌いならないようにすることが大切です。小学生のときには英語が得意でも、一度英語が嫌いになってしまうと英語に触れる機会が減り、大人になった時には英語が話せなくなってしまいます。

一方で、小学生のころに英語が苦手だった場合でも、本人が興味を持って楽しく学んでいれば、中学生になってから英語力を伸ばせる子どももたくさんいます。小学生の間は、英語の学力や成績よりも、英語を嫌いにならないことを第一に考えてあげてください。

そして、親も一緒に英語学習を楽しみましょう。親自身が英語嫌いにもかかわらず無理に子どもに勉強させようとすると、子どもが英語に対して拒絶するようになってしまいます。親も一緒に学びに関わることで、子どもの学習意欲が継続しやすくなります。

世界の英語教育

日本人は英語を母国語としない国のなかでも、とくに英語を苦手とする人種です。英語に触れる機会の少ない日本人が英語を習得するには、多くの時間や労力が必要とされています。

とはいえ、世界に目を向けてみると、母国語が英語ではなくても国民の多くが英語を話せる国が数多く存在します。

最後に、英語を母国語としない諸外国の英語教育について紹介します。

中国の英語教育

近年、経済成長が著しい中国ですが、英語教育においても日本より遥かに高い水準を保っています。各国の英語能力を比較した2021年度のEF英語能力指数では、英語を母国語としない世界112か国中49位で、78位の日本と比較してかなり高い水準となっています。

中国では2001年以降、小学3年生からの英語教育を義務化しています。さらに、都市圏では小学1年生から英語教育が義務化されており、6割程度が7歳以下から英語を学び始めています。高い英語水準の理由のひとつに、幼少期からの英語教育があることは間違いないといえるでしょう。

韓国の英語教育

韓国語は日本語と並び、英語との類似性が低く、習得が難しい言語として知られています。

しかし、2021年度のEF英語能力指数では、英語を母国語としない112か国中37位、アジアにおいては5位でした。

韓国より上位のアジアの国々は、イギリスの占領下に長くあった香港特別行政区のほか、英語が公用語になっている国々が連なっています。そのなかで、これほどの高い水準を保っている韓国の英語教育の高さには驚くばかりです。

さらに、2020年のTOEICスコア平均は683点で、世界12位、アジアでは2位でした。日本のTOEICスコア平均は531点となり、その差は歴然としています。

韓国では、中国よりさらに早く、1997年から小学3年生以降を対象に英語教育が義務化されており、小中学生の多くが留学を経験します。早くから実践的な英語教育を受けることで、高い水準の英語力が身に付いていると考えられます。

ベトナムの英語教育

ベトナムは多言語国家で、ベトナム語を公用語としています。日本との関わりも強く、とくに20代の若者は、英語よりも日本語を得意としています。

しかし、2021年度のEF英語能力指数では、英語を母国語としない112か国中66位で日本より高水準です。2011年から小学3年生以降の英語教育を義務化しており、今後さらにベトナムの英語水準は上昇すると考えられています。

子どもの英語力を上げるには親の関わり方が大切

小学3年生から英語の授業がはじまり、小学5年生からは教科として英語が追加されたことにより、子どもの英語力向上が期待できます。しかし、小学生で英語が苦手になってしまうと、今後英語を学ぶ上で大きな障害になることは間違いありません。

楽しく学びながら英語力を上げるためには、親がどのように関わるかがとても大切です。子どもが将来英語で困らないよう、楽しく英語を身に付けられるようサポートしてあげましょう。

モバイルバージョンを終了