英検3級はどうすれば合格できる?勉強法や対策を解説!

英語学習がある程度進むと、資格を取得したい方は増えてきます。最初に取得を目指す資格として「英検」を選択する方も多いでしょう。

その中でも英検3級を取得すれば、英語の基礎は理解できるといえます。

今回は英検3級に合格するためには、どうすれば良いのか勉強法や対策について解説していくので参考にしてみてください。

英検3級のレベルや受験する意味について

英検3級を取得できるレベルは、具体的にどの程度は英語を理解しているのでしょうか。また受験することで、どのような意味があるのか詳しい内容を解説していきます。

英検3級は中学卒業レベル

英検3級の難易度は中学卒業レベルと言われています。身近な英語を理解でき、うまく活用できる程度のレベルを指しているようです。

英語の基礎を理解していれば合格するレベルなので、英検3級以上の資格を取得したい場合はまず英検3級を取得できるかが重要な要素となってきます。主に中学生が英検3級を取得する傾向にあるでしょう。

英検3級を受験する意味とは?

英検3級を受験して取得することができれば、中学卒業レベルの英語理解度を持っていることがわかります。標準的な英語力を持っている証明になるので、日頃の努力を示すことができるでしょう。

中学生の時点で英検3級を取得できれば、高校入試にも良い影響を与えてくれるので、資格を持っていて損はありません。

高校生や社会人が英検3級を受験する場合は、英語の基礎を理解するための試験として有効活用できるでしょう。改めて英語力を身に付けるきっかけになるので、取得を目指してみてください。

英検3級の合格基準は?

英検3級を取得するための合格基準は、正答率60%前後と言われています。それ以下でもそれ以上でも合格する可能性はありますが、基本的には正答率60%程度は必要になるでしょう。

英検の試験問題は昨年の内容を参考にして勉強することができるので、どのような問題が出題されていたのか確認した上で取得を目指してみてください。

英検3級の試験内容について

英検3級の試験は一次試験と二次試験があります。具体的にどのような試験内容となっているのか、受験を検討している方は参考にしてみてください。

一次試験は筆記試験とリスニングテスト

英検3級の一次試験は「筆記試験」と「リスニングテスト」を受験する必要があります。筆記試験の受験時間は50分となっており、リーディングとライティングの技能についての試験問題を解く必要があるでしょう。

リスニングテストについては25分程度で、筆記試験の後に実施されます。回答形式はマーク式となっており、英作文だけは記述式となっているのが特徴です。

筆記試験のリーディングは問題番号1・2・3が該当しており、それぞれ「短文の語句・空所補充」「会話文の文」「長文の内容一致選択」となっています。

短文語句・空所補充については、短文や会話文で空白があるので、文章に合う適切な語句を選択して回答しましょう。会話文の文・空所補充については、会話文の中に空白が用意されているので、適切な文や語句を選択して適切な文章になるように回答します。

長文の内容一致選択については、長文が記述されているので、質問された内容に対して適切な回答を選択します。

ライティングは問題番号4に該当しており、問題形式は「英作文」です。英作文は質問に対して回答を英文で書く内容となっているので、英文の記述に関して基礎を理解しておく必要があります。

リスニングについては、第1部・第2部・第3部があり、それぞれ詳細が異なるので、対策を講じておきましょう。

まず第1部は「会話の応答文選択」となっており、イラストを見ながら会話の内容を判断し、最後の発話に対する応答で適切なものを選択します。

第2部は「会話の内容一致選択」となっており、会話の内容に関する質問に正しく答えましょう。第3部は「文の内容一致選択」です。短い文の内容に関して、質問に正しく答える必要があります。

一次試験はこの筆記試験とリスニングテストの2つを回答すれば終了です。

二次試験はスピーキングテスト

二次試験は「スピーキングテスト」を行います。面接形式となっており、日本人もしくはネイティブスピーカーの面接員とマンツーマンで5分程度会話し、問題なく会話できるか判断されるのが試験内容です。

スピーキングテストでは、「音読」「長文についての質問」「イラストについての質問」「受験者自身の意見などを問う質問」に関する問題が出題されます。

まず音読の場合は、30語程度の文章を読み、長文についての質問では音読した文章の内容について質問されるので、正しいと思う内容で回答しましょう。

イラストについての質問では、イラスト中の人物の行動や物の状況を描写します。受験者自身の意見などを問う質問では、日常生活の身近な事柄について質問されるので、正しいと考える内容で回答しましょう。

英検3級の試験日程は、一次試験が1月・5月・10月になります。二次試験は2月・6月~7月・11月です。毎年試験は開催されているので、英語力を磨いて試験に臨んでみてください。

英検3級で出題される単語の勉強方法

英検3級で出題されやすい単語を学習する場合、どのような勉強方法が有効なのでしょうか。英検受験の対策として必要な勉強方法について解説していくので、参考にしてみてください。

参考書を利用して勉強する

英検3級で出題される単語は、中学2年生から3年生で学ぶ単語が出てきます。英検3級で出題されるのは名詞・動詞・形容詞が中心となっているので、事前に対策を練って試験に臨みましょう。

単語を学習する場合、過去の英検問題を分析できる参考書を活用し、どのような単語が出題されるのか学習を進めてください。単語リストなどがあれば学習しやすいので、一覧で覚えられるような参考書が望ましいでしょう。

単語を覚える時は品詞の違いも理解する

基本的に英検3級で出題されるレベルの単語を覚える際には、教科書や問題集で出てくる単語を覚えれば問題ありません。ただ単語が名詞・動詞・形容詞のどれなのか品詞の違いについて理解しておく必要があります。

また動詞の場合は目的語を必要としない自動詞なのか、目的語を必要とする他動詞なのかも判断しないといけません。

単語だけを覚えるなら、とにかく単語リストが書かれている単語集などを購入して暗記していきましょう。

また単語を覚えるためには、単語の音を聞いたり発音してみたりして、覚えないと量が多くて覚えきれない可能性があります。しっかり単語集などを購入して、英語の単語力を養っていきましょう。

英検3級で出題される熟語の勉強方法

英検3級で出題される熟語は、中学2年生から3年生の教科書に出てくるレベルの内容が出されます。熟語の問題は無視できない程度は出題されるので、念入りに勉強しておいて損はありません。

具体的に、英検3級で出題される熟語の勉強方法はどうすれば良いのか詳しい内容を解説していきます。

過去の英検問題から重要な熟語を覚える

参考書などを購入し、昨年度の英検3級で出題された過去問を分析して出題されると想定される熟語を学習すれば、十分に点数を確保することができるでしょう。

よく出題される熟語があるので、重要な熟語を積極的に学習していき、暗記してみてください。ただ暗記だけでなく、熟語の意味を把握することも重要なので、どういう意味の熟語なのか理解を深めることも大切です。

熟語はひとまとめに覚えた方が理解しやすい

単語と同じように熟語も一つひとつ暗記しておくことが大切です。また熟語を学習する上で大切なことが、熟語をひとまとめに覚えた方が覚えやすいという点になります。

単語で覚えているだけでは、熟語が出た時に混乱してしまう結果に繋がる恐れがあるでしょう。熟語として認識できるように、ひとまとめに暗記してフレーズや短文の用例として覚えておくことをおすすめします。

英検3級で出題される英文法の勉強方法

英検3級では中学で習うレベルの文法や構文が出題されます。主に英検3級では、過去・未来・現在完了形などの時の表し方や疑問文の作り方などが出題される傾向があるでしょう。

また英文法の基礎を理解しておけば、ライティングやスピーキングでも活かせるので、英文法を覚えておいて損はありません。

具体的に、英文法の勉強方法はどのようにすれば良いのか、詳しい内容を解説していきます。

忘れてしまった英文法は中学の教科書を見直して復習する

英検3級で使用される英文法は、「現在完了」「受動態」「現在分詞」「過去分詞」「関係代名詞」などがあります。しかし英語から離れている時期が長いと、英文法を忘れてしまうケースも多いでしょう。

そんな時は、中学の教科書を見直して復習するようにしてください。文法問題などを再度解いてみれば、忘れていた英文法の復習に繋がるでしょう。

英文法の意味を理解した上で、どのような場面で利用できるのか、しっかり英文法への理解を深めることが大切です。

フィーリングではなく文法で覚える

英文法はフィーリングで覚えるのではなく、正しく文法で覚えるように意識することが大切です。文法として理解しておけば、リーディングやリスニングを学習する際の理解が深まります。

英検3級であれば、英文法をフィーリングで覚えていても問題ないシーンは多いですが、それ以降の英検準2級のレベルに到達するまで時間がかかってしまうでしょう。

英検3級の勉強を行っている時点で、文法として覚える意識を付けておき、次のステップに進めるように準備を進めておくことが大切です。

英検3級で出題される長文読解の勉強方法

英検3級の長文読解では、身近な事柄の文章を理解するレベルまで求められる傾向にあります。長文読解は、一次試験の筆記の部分で出題されるので、学習を進めておくことが大切です。

主に長文読解の内容は、学内イベントの案内や手紙、人物の生い立ちといったものが考えられます。長文は覚えにくいと勉強を疎かにしていると、点数が取れなくなってしまうので集中的に覚えておきましょう。

具体的に、英検3級で出題される長文読解の勉強方法はどうすれば良いのか、詳しい内容を解説していきます。

試験時間内に長文を読み切る力が必要

英検3級の長文読解を勉強する上で大切なことが、試験時間内に長文を読み切る必要があるという点です。そのために何度も長文を読む練習を行い、長文を理解する力を培う必要があります。

コツとしては小さなまとまりごとに、文章の頭から順番に読んでいくことが大切です。長文を読むのが苦手という方は、まとまりごとにスラッシュを引いて読み進めれば、比較的理解しやすくなります。

長文読解のタイプによる文章構造の違いを理解しておく

英検3級の長文タイプは「掲示」「手紙文やメール」「説明文」の3つです。この長文タイプの文章構造の違いを把握しておけば、試験対策に活用できます。

例えば掲示であれば、必要な情報が理解できるように箇条書きでまとめられているのが特徴です。手紙文やメールでは、宛名と差出人を把握して登場してくる人物を整理して読み進めていけば、自ずと長文が理解できるようになります。

説明文に関しては、複数の段落で構成されているので、話題の展開について把握しておくことが大切です。

英検3級の長文読解を読み進めるためには、まず日頃から長文を読む習慣を身に付ける必要があります。何度も英文を音読して、長文に慣れる努力を続けていきましょう。

英検3級で出題される英作文の勉強方法

英検3級の英作文では、身近な事柄について記述するレベルまでが求められます。質問が投げかけられるので、その質問に対して自分の考えや理由を2つ程度は英文で回答できる能力が必要になるでしょう。

具体的に、英検3級で出題される英作文の勉強方法はどうすれば良いのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

英作文の構造を理解することから始める

英作文は苦手な人からすると、何を勉強すれば良いのかわからないというケースが多いでしょう。基本は、英作文の構造を理解することから始める必要があるので、「主語」「動詞」「その他の要素」の順番に英作文が構成されていると理解しておくことが大切です。

文章の構成をパターン化すれば、英作文の練習に繋がるので、自分が得意な基本パターンを身に付けていきましょう。

自分が考えを述べる表現方法については、質問の内容に合わせて対応できるように、いくつか手段を覚えておくことも重要になります。

また英作文を作成するにあたって、文章の頭や固有名詞は大文字で書き始めたり複数形は名詞の末尾にSを入れたりするなどのルールを徹底することが肝心です。些細なミスで減点されないように、日頃から習慣づけしておきましょう。

英検3級で出題されるリスニングの勉強方法

英検3級で出題されるリスニングは、身近な事柄に関して内容を聞いて理解できるレベルが求められます。リスニングは第1部・第2部・第3部があり、それぞれの特徴を理解して会話の内容を把握することが大切です。

主に第1部と第2部では、男女2人の会話が読み上げられるのですが、主に日常会話が多い傾向にあります。第3部に関しては、35語程度の文章が読み上げられるので、どのような内容なのか聞き分ける能力が必要になるでしょう。

具体的に、英検3級のリスニングを勉強する方法はどのようなことが考えられるのか、詳しい内容を解説していきます。

リスニングはリズムやイントネーションを覚えるのが重要

リスニング対策として重要なのは、リズムやイントネーションに早めに慣れることが重要です。英検3級で、過去に出題されたリスニング問題を何度も繰り返し聞いていき、反復練習を行っていきましょう。

同じように聞こえる音声であったとしても、自分が発音を真似てみると、音の違いが認識できることがあります。そのためリスニング問題では、聞いた後に自分で発音を真似て覚えることも大切です。

会話表現を理解しておく

リスニング問題の大半は対話形式で進められていくので、会話表現に関する内容はたくさん覚えておいた方が得点を確保するために重要です。会話表現の意味だけでなく、響きを覚えておけば何を会話しているのかわかるようになるでしょう。

英検3級で求められるリスニングレベルは、全ての語句を聞き取る能力ではなく、会話内容から英文の意味を把握する能力です。そのため聞き取れなかったとしても、焦ることなく英会話の意味を理解するように努めましょう。

英検3級で出題されるスピーキングの勉強方法

二次試験であるスピーキングは、身近な事柄に関するやり取りができるレベルが求められます。面接形式で行われるので、英会話スキルが十分ではないと理解できない恐れがあるので注意しましょう。

まずスピーキングでは、問題カードに記載された文章の音読を求められます。それから文章に関して質問をされることになるので、正しく回答しましょう。

次にイラスト内の人物の行動や物に関しての描写について出題されます。最終的には、日常生活について自分の意見を述べる必要があるので、事前に回答する内容を用意しておきましょう。

スピーキングでは早く話す必要がなく、ゆっくり面接官に聞き取れる程度のスピードで話してください。

具体的に、英検3級で出題されるスピーキングはどのように勉強すれば良いのか、詳しい内容を解説していきます。

試験では積極性が評価される

スピーキングでは、積極性が評価される傾向にあるので、自分から面接官にコミュニケーションを取ろうという意欲を示すことが大切です。例えば、入室のあいさつはしっかり行い、できるだけ大きな声でハキハキ話すなどの姿勢は重要になります。

面接で英語を話すためにも、習慣的に英語で会話する意識を持ち、質問された時も落ち着いて会話できるように対応していきましょう。

また長文を音読する際には、見たことがない単語が出てくる可能性もあります。その時には発音を推測してみて、ハッキリと発音するようにしましょう。

参考書の英文を読むだけでもトレーニングになる

スピーキングのポイントとしては、英語をしっかり発音することにあります。普段から英語の発音に慣れていないと、試験の時に会話できなくなるので注意が必要です。

英語の発音に慣れる方法として、参考書の英文を音読するだけでも効果が期待できます。特に音声のついたCDなどを利用して音読すれば、自然と発音を真似るきっかけになるのでおすすめです。

何度も発音を反復して練習すれば、正しい発音で会話できるようになるでしょう。

英検3級の試験対策について

英検3級の試験対策として、どのような対応が必要になるのでしょうか。有効な試験対策について解説していくので、参考にしてみてください。

一次試験:短文の語句空所補充の対策

短文や会話文の空白部分に、適切な語句を選択する問題ですが、4つの選択肢から適切な語句を選ぶ必要があります。15問の中で7問が単語で、5問が熟語、3問が文法といった流れです。

短文の語句空所補充の合格ラインは、15問中9問正解すれば問題ありません。間違いがないように、文章をしっかり読み上げて正しい回答を導き出せるようにしていきましょう。

正しい答えがわからない場合は、選択肢の中から一番回答に近いと考えるものを選択することも重要です。全く問題の回答がわからない時は、後に回して他の問題を先に考えることも大切になります。

一次試験:会話文の空所補充

会話文の中にある空白部分に、適切な文章や語句を4つの選択肢から選ぶ問題です。問題数は5問あるので、慎重に英文を読み取り、正しい回答を導き出しましょう。

会話文の空所補充の合格ラインは5問中3問正解になります。空所部分に何が当てはまるのか意識した上で、会話の状況や話の展開などを考えて回答していきましょう。

定型的な会話表現が多い傾向にあるので、過去問を参考にしながらどのような問題が出題されるのか想定して学習を進めてみてください。

一次試験:長文の内容一致選択

長文の内容に対して質問されるので、その質問に対して適切な回答を行う問題です。長文はA・B・Cの3つ出題されます。

Aは100語程度の掲示で問題数は2問、Bは260語程度の手紙やメールで問題数は3問、Cは260語程度の説明文で問題数は5問です。

合格ラインは10問中6問正解でクリアとなっているので、長文を読んで内容を理解することが重要になります。回答するために必要な情報をしっかり読み解き、どの回答が好ましいのかよく考えて回答しましょう。

一次試験:英作文

問題が与えられるので、その問題に対して自分の考えを英文で回答する問題です。自分の考えと考えた理由を2つ、25語から35語程度で回答しましょう。

英作文は4つの観点から採点されます。4つの観点とは、それぞれ「内容」「構成」「語彙」「文法」となっており、0~4点の配転で合計16点満点です。合格ラインは16点中10点程度でクリアとなります。

まず内容は課題で求められている内容に対して、英作文に考えが含まれているのかが採点基準になるでしょう。次に構成は接続詞を利用して自分の考えと理由がわかりやすい構成になっているのか、判断されます。

語彙については、問題で示されている話題に関して適切な語彙が使用されているのか判断されるのが特徴です。最後に文法は、正しい英文になっているのかが判断基準となっています。

問題の内容に沿った英作文になっていなかったり理由が矛盾していたりすると、減点対象となるので注意しましょう。

リスニング:会話の応答文選択

イラストを参考にして男女2人の対話をリスニングして、最後の発話に対して適切な回答を選ぶ問題です。選択肢は3つから選ぶことができ、10問出題されて会話と選択肢は1度だけしか聞くことができません。

合格ラインの目安は10問中6問です。対策としては、まずイラストから会話の内容を想定し、2人の対話と発話を集中的に聞いていきましょう。

疑問文であった場合は、疑問視を聞き逃すと回答がわからなくなってしまう恐れがあるので、聞き逃さないように注意が必要です。選択肢についても、1度しか発話されないので、聞き逃さないようにしましょう。

リスニング:会話の内容一致選択

男女2人の対話を聞き、最後に質問が投げかけられます。質問に対して4つの選択肢が用意されているので、適切な選択肢を選びましょう。10問出題され、会話と質問は2回ずつ放送してもらうことができます。

合格ラインの目安は10問中6問でクリアです。2回放送されるので、1回目で聞き逃した箇所は2回目で修正するようにしましょう。

リスニング:文の内容一致選択

35語程度の英文が読まれ、その後に質問が放送されます。その質問に対して、4つの選択肢から回答を選びましょう。10問出題され、英文と質問は2回ずつ放送されます。

合格ラインの目安は、10問中6問正解です。2回放送されるので、1回目の放送で聞き逃した部分を修正する意識が重要になります。

二次試験:面接

面接については、長文やイラスト、受験者の考えを質問に対して回答する問題が出てきます。わからない単語や発音があったとしても、ハキハキと大きな声で回答することが重要なので、小さい言葉で回答しないようにしましょう。

また積極性のあるコミュニケーションが高く評価されるので、面接官にしっかりアピールすることも大切です。

まとめ

英検3級は中学卒業レベルの英語スキルを持っていれば合格できると言われています。しかし英語を学ぶ環境から少し離れていた方からすると、基礎的な内容も忘れてしまっている恐れがあるでしょう。

事前に試験対策を講じておき、出題された時に困らないように準備を進めておく必要があります。

過去問や参考書をチェックしておけば、どのような問題が出てくるのか想定できるので、反復練習になるでしょう。

今回紹介した英検3級の試験対策を参考にしながら、合格を目指して学習を進めてください。

モバイルバージョンを終了