子供の英語教室はいつから通わせるべき?早期教育のメリットについて

子供が英語に苦手意識を持つ前に、英語教室に通わせて学習して欲しいと考える保護者の方は多いでしょう。しかし英語教室に通わせるのは、いつからが適切なのかわからないと悩んでしまう方も多いはず。

今回は子供を英語教室に通わせるのは、いつからが適切なのか詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

子供を英語教室に通わせるメリットは?

子供を英語教室に通わせるのは、いつからが良いのか悩む方もいるでしょう。そんな方のために、子供を英語教室に通わせた場合、どのようなメリットがあるのか解説していきます。

どのようなメリットがあるのか、参考にしてみてください。

英語教室に通わせるのは早い方が覚えは良い

子供は体の成長と同時に脳も発達するようになっています。そのため早いうちから英語教室に通わせた方が、学習スピードは早い傾向にあるのが特徴です。

中学生になってから英語教室に通うよりも、小学校のうちに通わせた方が英語の苦手意識がつく心配も少ないので、早期に通わせるメリットは大きいでしょう。

また幼い時から英会話に慣れさせておけば、耳に英語が馴染んでくるので英語の理解が深まります。

英語が身近なものに感じられる

英語教室に通わせる時期が早いほど、英語を身近なものとして認識するようになるので、学習に対する抵抗感が少なくなります。

勉強として捉える前に、学習する楽しさを実感していれば、自然と英語を覚えるスピードも早くなるでしょう。

子供が科目の一つとして英語に苦手意識を持つ前に、英語教室に通わせるのもおすすめです。

楽しく学べれば子供が自然に興味を持つ

幼い時に英語教室に通わせておけば、動画を見ながら楽しく英語を学ぶ手段などがあるので、自然と英語に興味を持ってもらう勉強方法が実践できます。

ただ子供によっては習い事自体が嫌という子もいるので、無理強いせずに教室に通わせる必要があるでしょう。

無理に英語教室に足を運ぶように教育すると、反対に英語学習に苦手意識を持つ可能性があるので注意してください。

子供を英語教室に通わせるデメリットは?

早めに英語教室に通わせれば、苦手意識を持つ前に英語学習が楽しいものと考えて学んでもらえる可能性があります。しかし反対にデメリットに感じる部分もあるので、注意が必要です。

子供を英語教室に通わせるデメリットとは、どのようなことが考えられるのか詳しい内容を解説していきます。

英語耳を作れるのは9歳前後まで

小さい頃から英語に慣れていると、英語耳になると言われることがあります。この英語耳は、自然と「L」と「R」の違いを聞き取れるようになるなどのメリットがあるのが特徴です。

しかしこの英語耳を作れるのは、9歳前後と言われているので、それ以降に英語教室に通わせても英語耳にならない可能性があります。

ただ英語学習に興味がある方であれば、英語耳を作ることはできるので、9歳以降からでも英語教室に通わせるメリットはあるでしょう。

継続して学ばせるのが大変

子供を英語教室に通わせる場合、継続して学ばないと英語が身に付かないケースが多いです。そのため英語教室に通わせる頻度は多い方が良いのですが、小さい子供ほど学習に飽きてしまうことがあります。

学習モチベーションを維持させるのが大変であるため、どのようにやる気を出してもらうのか工夫しないといけないでしょう。

教室に通う場合は送り迎えが大変

子供を英語教室に通わせる場合、レッスン日の送り迎えの負担がかかります。共働きの場合は、教室に通わせるのも困難になるので、英語教室に通わせるハードルが高いケースがあるでしょう。

ただ教室に通うのではなく、オンライン英語教室を受講すれば、送り迎えの負担はなくなります。自宅で英語学習を行わせることができるので、送り迎えが大変という方はオンライン英語教室の利用を検討してみてください。

子供を英語教室に通わせる際の注意点

子供を英語教室に通わせる場合、いくつか注意しておきたい点があります。どのような注意点があるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

子供が嫌がる場合は無理やり通わせない

子供を英語教室に通わせる場合、できるだけ子供の意思でレッスンを受けさせる必要があります。理由としては、無理に英語教室に通わせると、英語に対してマイナスイメージを持つきっかけになるので、苦手意識が芽生える恐れがあるのです。

苦手意識を植え付けないためにも、英語学習は楽しいものだと幼い時から教える必要があります。英語教室の中には、子供が英語学習を楽しく行うための工夫が施されている教室があるので、サービス内容を検討した上で受講するか考えてみてください。

成果が出ないとすぐに判断しないこと

子供を英語教室に通わせたからといって、すぐに成果が出るとは限りません。子供によって学習スピードは違うだけでなく、幼い頃は難しい英語学習を行うことは少ないので、過度な期待は禁物です。

子供を英語教室に通わせる目的としては、学習レベルを向上させるよりも、苦手意識がつかないように楽しみながら学習させることが重要になります。

子供が英語教室に通えるのはいつから?

子供が英語教室に通えるようになるのは、いつからなのでしょうか。英語教室で募集している平均年齢を紹介していくので参考にしてみてください。

子供が英語教室に通えるのは3歳頃から

子供向けの英語教室にもよりますが、3歳頃から通わせられるケースが多いです。ただあくまでも通えるようになる年齢なので、英語教室を初めて習う子供の平均年齢はもう少し高いでしょう。

小さいうちに英語を学ばせることで、耳に英語を慣れさせることも大切ですが、本格的に英語学習をさせるなら10歳頃が好ましいでしょう。

英語教室に通い始めるのは小学3年生頃が多い

子供を英語教室に通わせる場合、早ければ3歳頃から習わせる保護者もいるでしょう。しかし基本的には、小学3年生頃から通い始める子供が多い傾向にあります。

理由としては、2020年から英語は小学3年生から必修化と定められたため、学校の勉強に遅れないためにも、早めに英語教室に通いたいと考える子供が増えるためです。

子供が自分の意思で英語教室に通いたいと言い出した際には、できるだけ気持ちを尊重して教室に通えるようにしてあげるようにしましょう。

子供が通う英語教室を選ぶ上で大切なポイント

子供をいつから英語教室に通わせるのか時期は大切ですが、他にも重要なポイントがあります。子供が通う英語教室を選ぶ上で、大切なポイントをいくつか紹介していくので参考にしてみてください。

子供の英語学習レベルに合わせてカリキュラムを組んでもらえる

一緒の英語教室に通っていたとしても、子供の英語学習の進捗状況はそれぞれ違います。そのため子供の英語学習レベルに応じて、カリキュラムを組んでもらえる英語教室を選ぶことが大切です。

子供の英語学習レベルに合わせてレッスンを行ってもらえないと、わからないことを放置してしまい、徐々に英語に苦手意識を持つようになります。

大勢で学習する英語教室では、ひとり一人のカリキュラムを組むのは難しいので、子供のペースに合わせて学習を進めて欲しいなら、オンライン英語教室を選んだ方が良いでしょう。

オンライン英語教室なら、講師と子供のマンツーマンで英語学習を指導してくれるので、わかりやすく解説してもらえます。

英会話力が養える英語教室を選ぶ

子供のうちに英語教室に通わせるなら、リスニング力やスピーキング力を養えるような英語教室を選んだ方が良いでしょう。日本人の耳では、英語を聞き分けることが難しいので、子供のうちに英語を耳に慣れさせることは重要です。

また発音についても、子供のうちに触れておけばネイティブに近いイントネーションが覚えられる可能性があります。

将来を見据えて英語教室に通わせるなら、リスニング力とスピーキング力が鍛えられる英語教室を見つけて子供に通わせてみてください。

継続して学習できる環境が整えられているか?

子供を英語教室に通わせる場合、英語力を身に付けるために継続して教室に通わせる必要があります。そのためにも、子供が英語に興味を持って学習できる工夫が施されている英語教室を選ぶことが大切です。

例えば教材にはイラストや図解が用意されている方が、子供が楽しみながら英語学習を進めることができます。

楽しく学習すれば、子供も飽きずに英語教室に通ってくれるので、様々な工夫が施されている英語教室を選びましょう。

継続的に子供が英語教室に通うためのコツとは?

子供を英語教室に通わせる際、継続的に学習してもらうためには、どのような対応が必要になるのでしょうか。基本的には、子供の学習モチベーションを維持させることが大切です。

遊びやゲーム感覚で英語学習を楽しんでもらえれば、次も学習したいと意欲的になります。また家庭でも、英語を取り入れれば英語を身近なものに感じて、苦手意識がつかないように対策できるでしょう。

他にも英語教室で学んだことを子供が話し始めた時には、どれだけ学習したのか聞いてあげて、褒めてあげるようにしてください。褒められることで、子供は英語学習に意欲的になるケースがあるので、モチベーション維持に効果が期待できます。

まとめ

子供を英語教室に通わせる場合、いつからが適切なのか悩んでいる保護者も多いでしょう。幼児期に通わせる方もいますが、平均的に小学3年生頃から通わせる家庭が多い傾向にあります。

ただ無理に英語教室に通わせると、子供が英語に苦手意識を持つようになってしまう恐れがあるので注意しましょう。

あくまでも子供の意思で通いたいと思えるように促し、楽しく英語学習できる環境を家庭で作り上げることが大切です。