どういたしましての英語は色々ある?返答のバリエーションを増やそう!

英語で「どういたしまして」の意味がある言葉としては、「You’re welcome」を意識する方もいるでしょう。しかしどういたしましてという意味がある言葉は他にもたくさんあり、シーンによって使い分ける必要があります。

具体的に、どういたしましてという意味がある英語は、どのようなものがあるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

丁寧に「どういたしまして」と伝える場合の英語

丁寧に「どういたしまして」と伝えたい場合、英語ではどのような表現が活用されるのでしょうか。シーンや表現の違いについて解説していくので、参考にしてみてください。

You’re welcome

中学生で習う「どういたしまして」の意味がある英語で「You’re welcome」を思い浮かべる方は多いでしょう。基本的に、誰に対して・どんな時でも活用できるお礼の返事として重宝される英語です。

他の表現が思いつかない場合は、You’re welcomeでも問題ないでしょう。

It’s a~my pleasure

あなたの役に立ててよかったなどの意味がある英語で、どういたしましてという気持ちを喜びの声で表現する返答になります。とても丁寧な表現になっているので、気軽に使うと軽い言葉に聞こえてしまうので注意が必要です。

しかし助けになって良かったと、本心で強く思っている場面では、このような表現でも受け入れられるでしょう。

(It’s) No problem

「問題ありませんよ。」という意味が込められている英語で、何らかの便宜を図った相手に対して、「別に大丈夫ですよ」といった具合に返答する際に活用される言葉です。

丁寧でかしこまった表現に聞こえるような言葉ですが、相手にこれ以上心配しなくていいよといった意味合いでも使用されます。

Don’t mention it

日本人のニュアンスでいうところの「お気になさらず」といった表現の言葉です。そのまま訳すと「言わなくてもいいですよ」という英語になります。

前述の(It’s) No problemと同様の表現になりますが、相手に対してこれ以上の気遣いは不要と伝える時に活用できる英語です。

カジュアルな場面で使用する「どういたしまして」

丁寧なシーンではなく、友人に対して「どういたしまして」と伝える場合には、どのような英語が利用できるのでしょうか。表現の違いやシーンの違いについて解説していくので、参考にしてみてください。

That’s OK

「いいよいいよ」といったように、お礼に対して軽く返答する際に使用する「どういたしまして」です。軽口のような表現になるので、丁寧に返答するシーンでは使用しない方が良いでしょう。

ただ友人や同級生に対して話す口調としては問題ないので、軽く返答したい時に活用してみてください。

Sure

通常使用する際には「もちろん」という意味がある英語ですが、返答する場面では「気にしないで」という意味があります。単体でも使用できますが、「Sure thing」と伝えることで、カジュアルな表現になるでしょう。

Anytime

「Sure」と同様の意味がある言葉で、カジュアルに返答する際に活用されます。元々の意味は「いつでも」という英語ですが、以前にも同じようなことをしてお礼を言われた時に「Anytime」と返答するケースが多いです。

You bet

友人同士が会話する際に、カジュアルに返答するシーンで「You bet」と使用します。ある程度関係が築き上げられている相手に対して返答する「どういたしまして」なので、目上の方に使うと失礼に聞こえる恐れがあるでしょう。

「任せといて」といった具合に活用される言葉なので、この言葉を使える相手とは関係が築けていると言えます。

No sweat

「(It’s) No problem」をカジュアルにした表現が「No sweat」です。男性的な響きをしている英語で、品が良い表現とは言えません。そのため女性が使う際には、シーンを限定的にした方が良いでしょう。

英語は「どういたしまして」のように似た表現が多い

英語の暗記が難しい要因となっているのが、「どういたしまして」のように、似た表現の単語が多いという点です。日本語よりも単語数が多いので、少しの違いだけで似たような意味の言葉がたくさんあります。

そのため英語を暗記する際には、似た表現があることを認識した上で、どのような場面で使用される言葉なのか理解しておくことが大切です。

具体的に、似たような表現の英単語を覚えるためにはどうすれば良いのか解説していきます。

聞き取りを行う

英単語を覚えるために、まず音から暗記する方法があります。耳と目で英単語を記憶すれば、自然とどのような意味がある英単語なのか、理解しやすくなるでしょう。

一度聞いただけでは簡単に暗記できないので、何度も反復して覚えていく意識が肝心です。

音読する

新しく記憶する英単語は、口に出して音読すれば発音で覚えるケースもあります。音読する場合は、英単語の正しい発音と意味を理解した上で、何度も音読していきましょう。

例文などがあれば、どういったシーンで利用される言葉なのか理解できるので、使い方まで把握することができます。

リスニングやスピーキング力を養うきっかけにもなるので、積極的に音読して表現の違いを把握していきましょう。

オーバーラッピングで学習する

例文を見ながら音源で発音を確認する「オーバーラッピング」なら、英単語の意味と発音を同時に暗記することができます。発音方法がわからない時は、一度音源の発音を確認してから、2回目以降から発音できるようにしていきましょう。

何度も繰り返しオーバーラッピングしていけば、英文にも強くなるので、英検試験対策にも繋がります。

リピーティングを行う

単語集を見ることなく音源を聞き、後から声を出してリピートする方法が「リピーティング」です。この時に発音する英語の意味は意識して行う必要があります。

意味を理解せずに発音しても、どの英単語を発音しているのかわからなくなってしまうでしょう。リピーティングを行う時は、発音する英単語の意味を把握してから実践してください。

慣れたらシャドーイングを行う

単語集を見ることなく音源を再生して、2語程度遅れて声を出す方法が「シャドーイング」です。オーバーラッピング同様に、英単語の意味は理解した上で発音するようにしましょう。

スピードについていけなかったりシャドーイングが合わないと感じたりしたら、オーバーラッピングで学習を続けてください。シャドーイングは慣れてから実践するようにしましょう。

例文を書き写す

英単語のスペルや意味を理解するために、例文を書き写す方法があります。例文を書き起こすことで、英単語の使い方や意味を理解できるようになるでしょう。

スペルがわからない場合でも、途中で例文を見ることなく書き起こしてください。わからない箇所については、もう一度書き起こす時に修正できるように暗記していきましょう。

何度も例文を書き起こすことで、スペル間違いを修正して正しいスペルが学習できるので英語学習の効果が期待できます。

まとめ

英語では様々な表現があり、「どういたしまして」という意味がある言葉はたくさんあります。ただ同じどういたしましてという意味でも、使うシーンによっては適切ではないケースもあるので注意しましょう。

正しい表現や単語を理解するためにも、自分に合った学習方法を取り入れて、返答のバリエーションを増やしてみてください。

英語では「どういたしまして」のように、似たような表現の言葉はたくさんあります。間違って使用しないためにも、意味や使うべきシーンについて理解を深めていきましょう。