Python言語で自動化する方法とは?事例をいくつか紹介!

Python言語をうまく使用すれば、自動化の仕組みを作ることができ、業務効率化を図ることができます。自動化ツールを一度作成すれば、その後の業務を楽にできるので、大きなメリットになるでしょう。

具体的に、Python言語を使って自動化の仕組みを作るためには、どのような方法で実践すれば良いのでしょうか。

今回はPython言語で自動化を作る方法や事例をいくつか紹介していくので、参考にしてみてください。

目次

自動化の仕組みを作る時にPython言語が選ばれる理由

業務効率化を図ることができる自動化ですが、その仕組みを作るためにPython言語が選ばれるのはなぜでしょうか。Python言語が選ばれる理由について、詳しく解説していきます。

比較的覚えやすく読み取りやすいコード

プログラミング言語の中でも、Python言語はシンプルな文法であるため、比較的初心者の方でも覚えやすい言語なのが特徴です。

また少ないコード量でもプログラミングできるので、コードも読み取りやすく、ミスが少ないので保守性が高いというメリットがあります。

他にも字下げを行うことで、コードが読みやすいのも使いやすい言語と言われている要因です。

Python言語のライブラリは豊富に用意されている

Python言語のライブラリは豊富に用意されており、一からプログミングしなくても自動化の仕組みが作れることが、Python言語が選ばれる要因の一つとなっています。

他にもPython言語は、データ分析やAI開発のライブラリなども豊富に用意されているので、開発しやすい環境が整えられているのが特徴です。

ライブラリがあれば、プログラミングの手間を省くことができるので、自動化を行う負担も少なくて済みます。

Python言語で自動化の仕組みを作ったら何ができる?

Python言語はライブラリが豊富で、自動化の仕組みを作りやすい言語となっています。そんなPython言語を使用すれば、どのような自動化の仕組みが作れるのでしょうか。

Python言語の自動化で出来る仕組みについて、詳しい内容を解説していきます。

自動的にWebサイトからデータを集める

Python言語を使用すれば、Webサイトから自動的に必要な情報を集めることができます。これをスクレイピングといい、データ分析の際に利用できるデータを効率よく収集することが可能です。

手作業でデータを集める時には、キーワード検索を毎回行う必要がありますが、自動化の仕組みを作れば作業の手間を省くことができます。

またPython言語ならデータ収集できるライブラリも豊富に用意されているので、導入すれば簡単にデータ収集することが可能です。

Python言語でプログラミングを書き加えれば、自分が集めたいデータを効率よく収集することができます。

自動でブラウザを操作する

データ収集だけでなく、ブラウザの操作を自動で行うように仕組みを作ることができます。またブラウザ操作に関するライブラリも用意されているので、Python言語で一部のコードを書き加えることで、自分好みの操作を行うように機能を与えることが可能です。

自動化できる操作としては、クリックやテキストフィールドへの文字入力などを自動で行わせるなどができます。

Excelへのデータ入力などを自動化

Excelへのデータ入力やコピーアンドペーストなどは、手作業で行うと時間がかかります。そういった操作についてPython言語を利用すれば、自動化させることが可能です。

またExcelデータをアプリに転記したい時など、Excelと他のアプリを連携させたい時にもPython言語を利用します。

画像をトリミングするなど一括処理

Python言語のライブラリである「Pillow」を使用すれば、画像のトリミングなどを行うなど一括処理を任せることができます。

画像を使用したいけど、加工やモザイクの処理が必要になる時はあるでしょう。そんな時に手作業で対応していると、画像データが多いほど手間になってしまいます。

そんな時にPython言語で自動化すれば、画像を加工する手間を省くことができるでしょう。

API連携を自動で行う

API連携とは、Webサービスと連携を取ることで、Webサービスの機能を一部利用する方法のことを指しています。例えばTwitterなどの機能をAPI連携することで、Twitterを開くことなく、Twitterの機能を利用することができるようになるのです。

Python言語を使用すれば、API連携を行うことで、様々な業務を自動化させることができます。最近ではSNSを利用している方は増えているので、API連携の需要は高まりつつあるのが特徴です。

Python言語を使って自動化の仕組みを作った事例

Python言語を使用すれば、自動化の仕組みを作ることができます。実際に、Python使用して製作された自動化の仕組みの事例を紹介していくので、参考にしてみてください。

人気のある動画のデータを収集して分析

SNSなどで人気のある動画は、どのようなものなのか、分析するためにSNSのデータを収集して分析するといった一連の流れを自動化する仕組みを作ったという事例があります。

このデータを元に、何年前はどのような動画が流行っていたのかなど、トレンドの分析を行うことができるようになるでしょう。

また最近のデータを分析すれば、流行りに乗って自分でも人気の動画を製作してSNSなどで公開するといったこともできます。

自社の在庫データから足りなくなる場合は自動で発注

自社のECサイトで人気のある商品の在庫が少なくなると、自動で発注する仕組みを作ったという事例があります。特にECサイトは、全国でユーザーがいるため、人気の商品の在庫管理は大変です。

そんな時に、在庫の状況から自動で発注する仕組みを作れば、在庫がなくてユーザーが購入できないといったトラブルを回避することができます。

また発注ミスで、違う商品を発注して、在庫を増やしてしまうといったことも回避できるでしょう。

WebサイトのSEO対策としてキーワードを検索

人気のあるWebサイトにするためには、SEO対策する必要があります。そのためにも、キーワード検索を手動で行い、自社サイトにキーワードを盛り込むといった対応が必要になるでしょう。

そんな時に、必要なキーワードの検索を自動化し、何をWebサイトに盛り込めば良いのかデータを取ります。そうすれば、手動で検索して必要なキーワードは何なのか検索する手間を省くことができるでしょう。

パソコンを立ち上げたら出勤の打刻を行う

出社したことを記録する打刻は、つい忘れてしまい、記録を見返して遅刻と判断されてしまうことがあります。そんな状況を回避するために、Python言語を使用して、パソコンを立ち上げれば打刻するといった自動化の仕組みを作ったという事例がありました。

パソコンを立ち上げた時に打刻されるのであれば、わざわざ自分で打刻する必要もないので、手間を省くことができます。

Python言語で自動化の仕組みを学習する時のポイント

Python言語を使用して自動化の仕組みを作るためには、どのように学習すれば良いのでしょうか。学習のポイントをいくつか紹介していくので、参考にしてみてください。

自動化させたいことは何なのか目標を決める

まずPython言語を使用して、どのようなことを自動化させたいのか、目標を決めることは大切です。自動化させたいことによって、選択するライブラリは変わってくれるので、明確に目標は決めていきましょう。

また自動化させたい内容によっては、必要なスキルも違うので、学習する内容も変わってきます。

行動を決めるためにも、どのようなことを自動化させるのか明確にしておきましょう。

Python言語の基礎学習は済ませておく

ライブラリなどを有効に使用すれば、プログラミングの必要がないといっても、完全にプログラミングスキルが必要ない訳ではありません。

どのようなデータを収集したいかなどによっても、一部Python言語でコードを書き加える必要があります。どのようなコードを書くのか判断できるようにするため、Python言語の基礎学習は済ませておきましょう。

独学でも問題ありませんが、自動化の仕組みを正しく行いたいのであれば、プログラミングスクールに通ってノウハウを指導してもらった方が効率は良いです。

独学では難易度が高くなるほど時間がかかる

Python言語の学習を行うポイントとして、独学で自動化の仕組みを作ると、徐々に難易度が高くなり、最終的には問題解決できずに挫折してしまうことがあります。

うまくデータ収集などが出来たとしても、時間がかかってしまい、効率が悪いケースが多いでしょう。

そのため、独学で自動化の仕組みを作ることが難しいと判断した時には、プログラミングスクールに通って、Python言語を習得することをおすすめします。

Python言語で自動化の仕組みを作るならプログラミングスクールで学習

Python言語で、自動化の仕組みを作れば、様々なデータを収集する時に便利です。しかし独学では十分な成果を出すことが難しいでしょう。

そのため、プログラミングスクールを受講して、自動化の仕組みについてノウハウを指導してもらうことをおすすめします。

Python言語で、自動化の仕組みを作るならプログラミングスクールで学習した方が良い理由を解説していきましょう。

基礎から自動化の仕組みを作るまで順を追って学べる

独学でPython言語を学習する場合、何から学習を始めれば良いのか迷ってしまい、不要なことまで覚えて時間をロスしてしまうことがあります。

プログラミングスクールでPython言語を学習すれば、基礎の学習から自動化の仕組みまで、順を追って学べるように適切なカリキュラムを組んでもらうことができるでしょう。

効率よく学習を進めることができるので、短期間で自動化の仕組みを学びたいなら、プログラミングスクールを受講した方が賢明です。

途中で挫折する心配がない

Python言語で自動化の仕組みを作るためには、ライブラリを使って必要な時は一部コードを書き加える必要が出てきます。しかし、コードの難易度が高くなったり自動化の仕組みが難しかったりすると、疑問が解消できずに途中で挫折してしまう恐れがあるでしょう。

プログラミングスクールで学習を進めれば、プロの講師が的確なアドバイスをしてくれるので、挫折せずにモチベーションを高く維持することができます。

継続して学習を行うためにも、独学よりもプログラミングスクールを受講した方が良いでしょう。

自動化の仕組みをポートフォリオとして使える

プログラミングスクールで指導してもらいながら自動化の仕組みを作れば、完成度の高いものが作れるでしょう。そうすれば、ポートフォリオとして企業に提示できるので、IT業界への転職がしやすくなります。

実績のない未経験者は、Python言語を習得しただけでは、IT業界へ転職することは難しいでしょう。しかし自動化の仕組みを講師に指導してもらいながら製作すれば、ポートフォリオとして評価される可能性があります。

Python言語をプログラミングスクールで学ぶ時の注意点

Python言語を使用して自動化の仕組みを作るなら、プログラミングスクールを受講した方が効率よく製作できます。しかしプログラミングスクールで学ぶ際には、いくつか注意点があるので事前に把握しておきましょう。

受講費用が毎月かかる

プログラミングスクールで学習するには、受講費用が毎月かかるので、予算を検討した上で受講するのか判断する必要があります。プログラミングスクールによって費用は違い、選択したコースによっても金額は変わってくるでしょう。

まずは無料体験を受けて、自分に合った学習環境なのか確認してから、受講するのか判断してみてください。

事前に自動化の仕組みを作りたいと説明しておく

Python言語をプログラミングスクールで学ぶ場合、事前にカウンセリングで自動化の仕組みを作りたいと説明しておく必要があります。

事前に説明しておかないと、目的に合った学習ではなく、AI学習などのカリキュラムが組まれてしまう可能性があるでしょう。

前もって自動化の仕組みが作りたいと相談しておけば、適切なコースを紹介してくれるので、順を追ってPython言語の学習を進めることができます。

受講期間中に目的のレベルまで到達できるとは限らない

Python言語を習得するために、効率よくカリキュラムを組んでもらうことができます。しかしプログラミングスクールを受講したからといって、目的のレベルまで到達できるとは限りません。

個人の習熟度によっても、カリキュラムの進行具合は変わるので、目的のレベルまで達成するためには本人の努力が必要になってきます。

わからないことは講師に尋ねて、短期間で自動化の仕組みを作れるまで継続して学習を続けていきましょう。

Python言語で実現できるのは自動化だけではない

Python言語は自動化の仕組みを作ることができますが、他にも様々な分野で活躍が期待できます。どのような分野で活躍が期待できるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

ゲーム開発

Python言語を利用すれば、2Dや3Dゲームなど、様々なゲームを開発することができます。またゲームエンジンを利用すれば、一からプログラミングを行うことなく、本格的なゲームを加発することが可能です。

他にも、Python言語のライブラリを使用すれば、効率よくゲーム開発することができます。自分好みのゲームが作れるので、趣味として作ってみるのも良いでしょう。

Webアプリ

Python言語を使用すれば、Webアプリを製作することができます。実際にYouTubeなどは、Python言語を使用して製作されているので、今後も成長が期待できる分野です。

Webアプリを製作できれば、IT業界でも必要とされる人材になれる可能性があるので、Python言語を利用して作り方を学んでおいて損はありません。

AI開発や機械学習

Python言語を使用すれば、将来性が期待できるAI開発や機械学習にも携わることができます。特にAI開発については、多くの企業が導入を検討している分野なので、企業から採用される可能性が高くなるでしょう。

またPython言語は、人工知能といったライブラリも用意されているので、一からプログラミングを行わなくても、効率よくAI開発を進めることができます。

便利なPython言語だけどデメリットもある?

様々な分野で活躍が期待できるPython言語ですが、いくつかデメリットに感じる部分もあります。どのような部分がデメリットなのか、詳しく解説していきましょう。

実行スピードが他の言語よりも遅い

Python言語は他の言語と比較すると、システムを実行するスピードが遅い傾向にあります。そのため、基幹システムなどのシステムに組み込むことはできず、使い勝手が悪いケースもあるのです。

ただデータ分析などの分野では、膨大なデータ収集にも便利に活用できるので、使う分野が変われば使い勝手が良いケースもあります。

日本語に対応しているサイトが少ない

Python言語は海外での需要が高く、日本ではこれから成長が期待されているプログラミング言語です。そのため、ライブラリなどは日本語に対応していないサイトも多い傾向にあります。

ただ中には、日本語に対応しているライブラリもあるので、自分が使いたいライブラリは日本語対応なのか、事前に確認しておくことが大切です。

インデントが必要になる

Python言語は字下げを行うルールとなっているので、誤ってブロックを1つの処理と判断してしまい、エラーが発生することがあります。

そのため、インデントは必ずつける必要があるので注意が必要です。インデントがずれるだけでもトラブルの原因になるので、少し手間に感じることがあるでしょう。

自動化の仕組みを作るためにプログラミングスクールを選ぶ場合

Python言語を使用して自動化の仕組みを作りたいと目的を持ってプログラミングスクールを選ぶ場合、何を基準に選択すれば良いのでしょうか。

プログラミングスクールの選び方について解説していきます。

自動化の仕組みについて学習できるコースがある

Python言語を使用して自動化の仕組みを作りたいのであれば、専用のコースが用意されているプログラミングスクールを選択する必要があります。プログラミングスクールによっては、選べるコースは異なるので、自分が学習したいコースがあるのか確認しておきましょう。

またコースに書かれていなくても、Python言語を学習する段階で自動化の仕組みを指導してもらえることがあります。そのため、事前にカウンセリングなどで、自動化の仕組みが学習できるのか相談しておきましょう。

IT業界への転職を希望するなら転職サポートがあるスクールを選ぶ

自動化の仕組みを学習しながら、IT業界への転職を希望しているなら、転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選びましょう。

転職サポートがあれば、履歴書の書き方や面接相談のサポートが受けられるので、企業への採用を後押ししてもらうことができます。

また普通の求人情報にはない企業を紹介してもらえる可能性もあるので、未経験でも高待遇の企業と出会える可能性があるでしょう。

まとめ

Python言語はシンプルな文法ながらも、自動化する仕組みを作れるので、データ収集など様々な使い方が期待できます。

またPython言語は、AI開発などの様々な分野での活躍も期待できる言語なので、覚えておいて損はありません。

ライブラリなどを使用すれば、独学で自動化の仕組みを作ることもできますが、コードなど細かい部分はプログラミングスクールで学んだ方が効率よく学習できます。

プログラミングスクールで学習したいのであれば、自動化の仕組みについて学習できるのか、事前にカウンセリングの時点で確認しておきましょう。

Exit mobile version