プログラミング初心者を目指すなら?基礎知識について解説!

プログラミング初心者を目指すなら?基礎知識について解説!

リード文

今ではIT技術のニーズが高まっていることから、プログラマーの採用率も高まっています。そんな中、IT業界への転職を希望しているプログラミング初心者は、どうすればプログラマーになることができるでしょう。

今回はプログラミング初心者がプログラマーになる前に知っておきたい、基礎知識について解説していきます。またプログラミング学習をするために、おすすめのプログラミングスクールについても紹介していくので、参考にしてみてください。

目次

プログラミング技術を身に付けることで就ける職業

プログラミング技術を身に付ければ、様々な職業に就くことができます。主にプログラミング言語を利用して、システムを作り上げるプログラマーになるのが一般的です。

具体的に、プログラミング技術を身に付ければ、どのような職業に就けるのか詳しい内容を解説していきます。

Web系プログラマー

プログラミング技術があればWebサイトのプログラミングを行う、「Web系プログラマー」になれる可能性があります。Web系プログラマーは、主にWebサイトのビジュアルや機能性を与えるためにプログラミング技術を駆使するのが特徴です。

Web系プログラマーになるために必要な資格はありませんが、「情報処理技術者試験」を持っておけば、キャリアアップや転職に役立ちます。

Web系プログラマーになるためには、「HTML」・「CSS」・「JavaScript」などの言語が必要です。応用として活用できる言語として、「PHP」・「Java」・「Python」などの言語もあります。

Web系プログラマーはWebサイトの運用に不可欠の存在であるため、需要は高いです。

アプリケーションプログラマー

パソコンやスマートフォンのアプリを開発する「アプリケーションプログラマー」という職業があります。プログラミング技術を持っていれば、企業に勤めていない方でもアプリを製作することは可能です。

ITの普及により、アプリの必要性は向上してきています。開発したアプリが人気になれば、不労収入として大きな利益が得られるかもしれません。

アプリケーションプログラマーになるためには、様々な言語を習得する必要があります。Webアプリの開発を手掛けたいのであれば、「Java」・「JavaScript」・「Python」などの言語が必要です。

Androidアプリの開発を手掛けるなら「Java」・「Kotlin」などの言語、iPhoneアプリの開発を手掛けるなら「Swift」の習得が必要になります。

実用性の高いアプリなら、継続的に利用されることが期待できるので、将来性の高い職業と言えるでしょう。

オープン系プログラマー

オープン系システムと呼ばれるシステムを開発するのが「オープン系プログラマー」です。オープン系プログラマーとは、オープンソース系のOSやルーターといった周辺機器・ソフトウェアを組み合わせて構築されるシステムのことを指しています。

企業向けのアプリケーションを指しているので、アプリケーションプログラマーと同一に考えられる職業です。

資格の取得は必須ではありませんが、オープン系プログラマーになるためには「システムアーキテクト試験」などの取得を目指した方が、キャリアアップが図りやすいでしょう。

オープン系プログラマーになるためには、「Java」・「JavaScript」・「PHP」などの言語を習得する必要があります。

インフラ系プログラマー

サーバーやデータベースなどの運用を行うのが「インフラ系プログラマー」です。インフラ系プログラマーは、企業のサーバーを保守・管理する上で必要な職業となります。

インフラ系プログラマーになるために必要な資格はありませんが、「MCP」・「CCNA」・「CCNP」といったネットワーク関係の資格を取得しておいた方がキャリアアップに繋がるでしょう。

ある程度の経験を積まないと、企業からインフラ系プログラマーに採用されることは難しいので、初心者の方はまずプログラマーとして実績を重ねることが先決です。

ネットワーク系プログラマー

ネットワークの構築や保守管理などを行うのが「ネットワーク系プログラマー」です。システムのセキュリティに関係する職業であるため、企業からの信用性が高い人材である必要があります。

サイバー攻撃などを受けた場合には、速やかにトラブル対応できる技術力が必要です。

資格としては、「シスコ技術者認定」や「CompTIA Security+」などを取得した方がキャリアアップに繋がるでしょう。

プログラミング初心者におすすめしたいプログラミング言語は?

プログラミング言語によって、IT業界で就ける職業は異なります。プログラミング初心者の方は言語でどのような職業に就けるのかなど、言語の特徴を理解しておくことが大切です。

プログラミング初心者におすすめのプログラミング言語を紹介していくので、参考にしてみてください。

HTML&CSS・JavaScript

HTML&CSSはWeb系プログラマーになるためには、必要なプログラミング言語となっています。Webサイトを構築するために必要なスキルになるため、取得しておいて損はありません。

またWebサイトで動的なサイトに仕上げるためには、「JavaScript」の取得が求められます。JavaScriptは、Webサイトをカスタマイズし、オリジナル性を持たせることができるのでWeb系プログラマーとして取得しておいた方が良いです。

またHTML&CSS・JavaScriptは、プログラミング言語の中でもシンプルな構造となっているので、初心者でも覚えやすい言語となっています。

C言語

市場の中でも需要が高いプログラミング言語が「C言語」です。初心者の方が習得するためには、少し時間がかかってしまう言語ですが、汎用性が高いため取得しておいた損はありません。

C言語を習得すれば、次に「C++」・「Python」・「Ruby」といった言語が習得しやすくなるでしょう。

C言語は、主にシステム開発や教育現場などで使用されることが多いプログラミング言語です。

Java

世界的にも有名なプログラミング言語が「Java」です。アプリケーションの開発や業務システムなどに利用される言語であるため、様々な職業で利用されるプログラミング言語となっています。

他にも、将来性の高いAI開発にも使用されるので、覚えておいて損はないプログラミング言語です。

PHP

Webアプリケーションに必要なプログラミング言語が「PHP」です。PHPは動的なコンテンツを作る時に活用されるプログラミング言語で、Web関連のプログラマーになるなら覚えておきたい言語になります。

HTMLと構造が似ているので、一緒に覚えておくとプログラマーとして活動の幅を広げることができるでしょう。

シンプルな構造となっているため、プログラミング初心者の方でも覚えやすい言語です。

Python

機会学習やAI開発に使用されるプログラミング言語が「Python」です。シンプルな構造となっているので、プログラミング初心者でも学習が進めやすくなっています。

AIの普及が進んでいるので、覚えておけばこれからの活躍が期待できるプログラミング言語です。AI開発などに進みたい場合には、覚えておくことをおすすめします。

プログラミングを学習する方法について

プログラミング初心者の方が、プログラミングを覚えるならどのような方法で学習を進めることができるのでしょうか。プログラミング初心者が学習する方法について解説していくので、参考にしてみてください。

プログラミングスクールに通う

効率よくプログラミングを覚えるなら、プログラミングスクールに通う方法がおすすめです。プログラミングスクールはいくつかありますが、多くは講師の方が現役エンジニアのケースが多いので、IT業界で活躍するためのスキルについて効率よく指導してくれます。

基礎的な部分から指導してもらえるので、初心者の方でも気軽にプログラミングスクールで学習を進めることができるでしょう。

プログラミングスクールの中には、カリキュラムが修了した後に、IT業界に就職・転職するまでサポートしてくれるサービスを提供していることがあります。

IT業界への就職・転職を目指しているなら、サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選びましょう。

独学でプログラミング

プログラミングを書籍などから、独学で学ぶ方法もあります。初心者用の基礎的な内容が記載されている書籍も多いので、継続的に学習を進めれば独学でも十分なプログラミングスキルを磨くことは可能です。

ただ独学でプログラミング学習を進めるのは時間がかかるため、効率よく学習を進めるならプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

独学のメリットとしては、比較的に費用をかけずにプログラミング学習が進められる点です。プログラミングスクールに通う場合は、毎月費用がかかるので、ある程度は予算に余裕を持っておく必要があります。

時間をかけても、費用をかけずにプログラミング学習を進めたいという方には、独学での学習もおすすめです。

プログラミング初心者は何か始めれば良い?

プログラミング初心者がIT業界でも通用するスキルを身に付けるためには、どうすれば良いのでしょうか。初心者がプログラミングスキルを身に付けるために、必要なことを紹介していきます。

プログラミングに慣れるために練習

初心者がプログラミングスキルを身に付けるためには、プログラミングに慣れる必要があります。そのためにも、簡単なプログラミングで良いので、毎日継続的に取り組むことが大切です。

初心者の方がプログラミング学習を進めるためには、毎日プログラミングに触れることが重要になります。

いきなり難しい構造のプログラミング言語を学ぶ必要はないので、できる範囲でプログラミングの文法を学ぶことが始めていきましょう。

アプリを開発する

プログラミング言語を習得してからですが、ポートフォリオとしてアプリを開発してみましょう。簡単なアプリでも、自分が作ったものがあれば学習の自信にもなるので、継続的に学ぶ意思が強くなります。

よくできたアプリなどは、IT業界に就職・転職する際に実績として提示できるので、採用される可能性が高くなるでしょう。

アプリを公開して利用者が多ければ、不労収入にもなるので、副収入として期待できます。

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)を利用する

カードサイズのコンピューターである「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」は、IoT開発に利用できるツールです。このツールがあれば、システム開発が気軽に体験できるので、初心者でも開発の実績を作ることができます。

簡単なシステムであれば開発も容易なので、プログラミングの練習として利用してみると良いでしょう。

Unity(ユニティ)でオリジナルゲームを作る

ゲームエンジンである「Unity(ユニティ)」を活用すれば、オリジナルゲームを製作することができます。自分好みにゲームが作れるので、楽しみながらプログラミング学習を進めることが可能です。

JavaScriptをベースにしたUnityScriptが使用されているので、JavaScript言語を習得している方であれば、スムーズにゲーム製作ができるでしょう。

気軽にゲーム製作ができるので、プログラミングの練習として活用してみてください。

Arduino(アルデュイーノ)でプログラミング練習ができる

AVRマイコン・入出力ポートが付いた基板などで構成されている「Arduino(アルデュイーノ)」は、シンプルな構造となっており、初心者がプログラミング学習を練習する時に活用できます。

ロボット開発やWebサーバーの製作ができるので、プログラミングに慣れるためにも利用してみてください。

プログラミングスクールの選び方について

効率よくプログラミング学習を進めるためには、自分に合ったプログラミングスクールを選択する必要があります。どのようにしてプログラミングスクールを選択すれば良いのか、選び方について解説していくので参考にしてみてください。

まずはプログラミング学習を行う目的をハッキリさせる

プログラミングスクールを選ぶ前に、自分がプログラミング学習を行う目的は何なのか、目的をハッキリさせておく必要があります。理由としては、プログラミングスクールによってサポート内容が異なるので、どのようなキャリアアップを図りたいのか決めておくことが大切です。

例えばIT業界に転職したいのであれば、カリキュラム修了後に転職サポートしてくれるプログラミングスクールを選ぶといった方法があります。

プログラミングスキルを身に付けて、その後に何をしたのか明確にしてから、適切なサポートをしてくれるプログラミングスクールを選択しましょう。

学習したいプログラミング言語を検討しておく

プログラミング言語の数は多く、言語によってはIT業界で活躍できる職業が異なります。プログラミングスクールによっては、指導してもらえるプログラミング言語は違うので、事前に何を教えてもらいたいのか決めておき、対応しているプログラミングスクールに入りましょう。

どのようなプログラミング言語を教えてくれるのかは、プログラミングスクールのコース内容に記載されているので、事前にホームページを確認しておくことが肝心です。

通学かオンラインのどちらの学習形式を選ぶのか決めておく

プログラミングスクールによっては学習形式が異なります。主に通学・オンラインでの学習形式が用意されているので、どちらの学習形式が良いのか検討しておくことが大切です。

中にはオンラインでの学習に対応していないプログラミングスクールもあるので、事前に確認しておく必要があります。

通学での学習は、他にもプログラミング学習をしていると学生がいるので、学習を続けるモチベーションを維持しやすいのが特徴です。ただレッスンの度に、教室に足を運ぶ必要があるため、面倒に感じることがあります。

オンラインでの学習は、自宅でプログラミング学習が進められるので、仕事終わりでもレッスンが受けやすいのが特徴です。ただ講師とマンツーマンで指導されるケースが多いため、モチベーションを維持するのが難しい場合があります。

どちらの学習形式が自分に合っているのか、よく検討した上で選択しましょう。

いつまでレッスンが受けられるのか回数を確認しておく

プログラミングスクールによっては、レッスンの回数や期間は異なります。そのため、どれくらいの学習時間でプログラミングスキルが身に付くのか、スクールを比較して選択することが大切です。

ただレッスンの期間が短いということは、それまでに十分なプログラミングスキルを身に付けないといけなくなります。レッスン期間が短いからといって安易にプログラミングスクールを決めてしまうと、中途半端なプログラミングスキルになってしまう恐れがあるので注意しましょう。

自分がどれくらいの期間までプログラミング学習に時間が費やさせるのか、よく検討してプログラミングスクールを選んでください。

受講できる時間帯を確認しておく

プログラミングスクールによって、受講できる時間帯は異なります。基本的には、社会人の方も学べるように、休日や夜でも受講できるケースが多いです。

自分がどの時間帯であればプログラミング学習ができるのか、事前に確認してからプログラミングスクールを選びましょう。

特に通学でプログラミング学習を行う場合は、教室が空いている時間帯は限られています。少し時間が過ぎてしまうと、次の受講時間まで待たないといけないケースもあるので、計画的にレッスンを受ける時間は決めていく必要があるでしょう。

前もって無料体験やカウンセリングを受けておく

プログラミングスクールを選ぶ際には、無料体験やカウンセリングを事前に受けましょう。プログラミングスクールでは、どのような学習方法が実践されているのか把握できるので、自分に合っているのか判断することができます。

またコースなどもカウンセリングの時点で確認できるので、どれくらいの予算が必要なのか検討しやすくなるでしょう。

情報だけでプログラミングスクールを選ぶのではなく、まずは無料体験やカウンセリングを実施して、プログラミングスクールの実態を把握してから検討してみてください。

プログラミングスクールに入って継続して学習するためには?

プログラミングスクールに入っても、初心者の場合はわからないことも多く、途中で挫折してしまう方もいるかもしれません。そんな方がプログラミングスクールを継続して学習するためにはどうすれば良いのか、モチベーションを高める方法を紹介していきます。

いくつかのプログラミング言語を学習する

学習するプログラミング言語が一つだけであれば、すぐにカリキュラムが修了してしまい、学習のモチベーションが下がってしまう可能性があります。

レッスン期間が残っているのに、モチベーションが下がってしまうと、これからプログラミング学習をするにあたってやる気が無くなってしまう恐れがあるでしょう。

そんな時は、カリキュラムの中で複数のプログラミング言語を学習できるように組み込んでもらう方法がおすすめです。複数言語を学習するつもりでレッスンを受ければ、プログラミング学習を継続的に学習できるので、モチベーションを維持することができます。

IT業界で活躍することを考えているのであれば、一つのプログラミング言語を学ぶのではなく、複数言語習得しておいた方が役に立つでしょう。

プログラミングスクールの同期を見つける

自分一人で学習をしていると、途中で挫折してしまうなど、継続して学習を続けることが難しいことがあります。そんな時は、プログラミングスクールの同期を見つけて、一緒にモチベーションを高めていく方法がおすすめです。

プログラミングスクールを教室で学ぶ場合は、同期と会話をしながらプログラミング学習が進められるので、継続して学習を進めやすいでしょう。

オンラインで学習する場合は、一緒に学習を進めることができなくても、SNSなどを活用して繋がりを持つことができます。どこまで学習を進めたのか、話し合いながらプログラミング学習を行えば、モチベーションが下がる心配も少ないでしょう。

学習する環境に変化を加えてみる

オンラインでプログラミング学習を行う場合、自宅で行うことが多いため、モチベーションを維持することが難しいケースがあります。どうしても目移りしてしまうこともあるため、学習に力を入れられないということもあるでしょう。

そんな時は、集中できる環境づくりを行い、モチベーションを維持する努力が肝心です。自宅で学習環境を整えることができない場合は、カフェなどに足を運び、いつもと違う環境でプログラミング学習を行ってみてください。

オンラインでプログラミング学習する場合は、パソコンとネット環境が整っていればどこでも学習することができます。

初心者におすすめのプログラミングスクールとは?

プログラミング学習をしたいと思っても、プログラミングスクールは複数あるため、どこで学べば良いのかわからないという方もいるでしょう。そんな方に、おすすめのプログラミングスクールを紹介していきます。

初心者にはどのプログラミングスクールがおすすめなのか、参考にしてみてください。

TECH::CAMP

全国8ヶ所で教室を開催しているだけでなく、オンラインで受講できるのが「TECH::CAMP」です。指導してくれる講師は、プロのエンジニアであるため、効率よくプログラミング学習を進めることができます。

初心者の方でも基礎からプログラミング学習を進めてくれるので、安心して学習を行うことが可能です。

またオンラインでの受講なら、13時~22時の間であれば、いつでもビデオ通話やチャットで質問できます。そのため、わからないことがあれば、気軽に相談できるので、モチベーションが下がる心配もないでしょう。

他にもパーソナルメンターも在籍しており、個別相談することもできます。手厚いサポート体制が魅力的なプログラミングスクールです。

 TechAcademy

オンライン受講のみ選択できるプログラミングスクールです。学習できる言語やコースが豊富なので、自分が学びたいプログラミング学習を選択できます。

Webサイトの構築やAI開発などに必要な技術が学べるので、将来性の高いプログラミング学習が行えるでしょう。また受講した方には、個別に専属メンターが付いてくれるので、わからないことがあれば、気軽に質問することができます。週2回はマンツーマンで相談・面談を行ってくれるので、モチベーションを下げずに学習が続けられるでしょう。

コースは複数同時に選択できるので、効率よく学びたいプログラミング言語を学習できます。IT業界で活躍したいという方には、おすすめのプログラミングスクールと言えるでしょう。

DMM WEBCAMP

受講を希望する方の95%以上は、プログラミング初心者と言われているのが「DMM WEBCAMP」です。転職成功率も高いため、IT業界への転職を希望している方におすすめのプログラミングスクールと言えるでしょう。

教室だけでなくオンラインでの学習も対応しています。教室で受講する方は、教室が開講している時間帯であれば、いつでもメンターへの質問が可能です。

初心者でも安心できるように、プログラミングの基礎から学習を進めてくれるので、気軽に入会することができるでしょう。

一緒に受講している生徒と、チームで開発を行ったりオリジナルサービスを開発したりできるので、実践的なスキルを身に付けられます。

転職志望コースに入会している方で、万が一転職ができなかった場合には、受講料を全額返金してくれる保証もあるので安心です。

侍エンジニア塾

オンラインで講師とマンツーマンでプログラミング学習が行えるプログラミングスクールです。コースが豊富に用意されているので、自分のイメージに合ったプログラミング学習を行うことができます。

侍エンジニア塾はオリジナルの学習教材を使用しているので、効率よく学習を進めることが可能です。カリキュラムもオーダーメイドで組んでもらえるので、初心者の方でも安心してプログラミング学習を進めることができます。

生徒の希望に合わせてカリキュラムを組んでもらえるので、難しくて挫折してしまうといったことが少ないでしょう。IT業界で活躍できるように、実践的なプログラミング学習を行ってくれるので、カリキュラムが修了する頃にはエンジニアとして必要なスキルが身に付いているはずです。

KENスクール

個別指導を行っているプログラミングスクールで、教室で受講する形式となっています。プログラミングスクールの生徒であれば、KENスクールのどこの校舎でも受講することが可能です。

講座については、フリータイム制となっているので、気軽に教室でプログラミング学習を進められます。

プログラミング学習だけでなく、WebデザインやCADなどの学習もできるので、幅広く知識を蓄えることが可能です。

CodeCampGATE

オンラインで学習できるプログラミングスクールとなっています。講師がマンツーマンで指導してくれるので、効率よくプログラミング学習を続けることが可能です。

顧客満足度が高く、実績が豊富なため安心してプログラミング学習を行うことができます。365日、いつでも受講できるので、自分の都合に合わせてレッスンを受けることが可能です。

指導してくれる講師は現役のエンジニアであるため、エンジニアとして必要な実践的な知識やスキルを教えてくれます。

また指導してもらいたい講師は予約で選ぶことができるので、自分と相性の良い講師が選択できるでしょう。

初心者がプログラミングスクールを選ぶ時の注意点について

初心者の方がプログラミングスクールを選ぶ時、いくつか注意しておいた方が良い点があります。どのようなことに注意しないといけないのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

無料スクールはサポートが少ない

プログラミングスクールの中には、無料で受講できるものがあります。費用を抑えてプログラミング学習が進められますが、有料のプログラミングスクールと比較すると、サポートが十分ではないため実践的なプログラミングスキルが身に付かない恐れがあるでしょう。

また就職先も、プログラミングスクールが紹介してくれた企業だけで、自分で選ぶことができないケースもあります。

しっかりプログラミングスキルを身に付けて、IT業界に転職するなら有料のプログラミングスクールを選んだ方が良いでしょう。

学習だけではなく実践的なプログラミングを行う

プログラミングの知識だけを身に付けても、実践的な技術は身に付かない恐れがあります。そのため、プログラミングスクールで学ぶなら、実践的なプログラミングを中心に行っていくことが大切です。

何度もプログラミングを行うことで、徐々に慣れてくるので、エンジニアとして活躍するためにもコツコツと積み重ねていきましょう。

まとめ

プログラミング初心者の方がプログラミングを学ぶためには、どのような言語を学び、何を開発したいのか目的を明確しておく必要があります。

プログラミング言語によっては、就ける職業も異なるので、どのようなキャリアアップを図るのかしっかりイメージしておきましょう。

効率よくプログラミングを学習するなら、プログラミングスクールに通う選択肢も重要なので、今回紹介したおすすめのプログラミングスクールを参考にしてみてください。