未経験でもプログラマーになれる?30代でも目指すメリットがある!

30代でも新しいことにチャレンジすることは大切です。特にプログラミングは、どの世代でも習得しておいて損はないので、学習を進めておくことは重要になります。

しかし30代未経験でも、実際にプログラマーになれるのか疑問に思う方もいるでしょう。

今回は30代未経験でもプログラマーになれるのか、目指すメリットとはどんなことが考えられるのか、詳しい内容を解説していきます。

基本的に30代未経験がプログラマーは難しい

基本的には、30代でIT業界未経験ならプログラマーになるのは難しい傾向にあります。なぜ難しいのか、理由について解説していきましょう。

目次

IT業界は比較的年齢層が若い傾向にある

30代未経験の方がプログラマーになるのが難しい理由としては、IT業界にいる社員の年齢層は若い傾向にあるという点です。年齢層が若い場合、採用する人材も20代が多いので、30代では採用されないケースがあるでしょう。

また30代未経験の方が若い年齢層でプログラマーとして活動しても、引け目を感じてしまうこともあるので、プログラマーとして長く続かない可能性があります。

30代が採用されるのは即戦力として考えられるケースが多い

30代でIT業界に転職できる人材の多くは、即戦力として活躍してもらうために入社してもらいたいという企業が多い傾向にあります。そのため、未経験として入社することは難しいでしょう。

20代未経験なら、これからの成長を考えて採用されるケースはありますが、30代未経験の場合は嫌煙される可能性があります。

30代未経験でもプログラマーになった実績はある

基本的には30代未経験の方がプログラマーになるのは難しい傾向にあります。しかし実際に、プログラマーになれた実績はあるのでIT業界に入れない訳ではありません。

30代未経験がプログラマーになれる理由について解説していくので、参考にしてみてください。

30代未経験でも問題ないという求人もある

20代の方がプログラマーになれる可能性は高いですが、求人情報を見ると30代未経験でも問題ないという求人情報もあります。

ただ問題となるのは、未経験といっても全くプログラミングの知識がないと採用されない可能性が高いでしょう。ここでいう未経験というのは、IT業界で働いた実績はないが、プログラミングスクールなどに通ってポートフォリオを製作したことがある人材に限られます。

少なくても実務的なスキルは身に付けておくことが求められるので、独学でもプログラミングスクールに通うのでも良いですが、何らかの形でポートフォリオを製作することが大切です。

プログラマーが不足しているため採用されやすい

急激なIT化に伴い、IT業界ではプログラマーが不足しがちになっています。そのため、プログラミングの知識があれば、実務経験がなくても人材を確保したいという思惑があるのです。

実際、30代未経験の方でもプログラミングスキルを十分に持っていると判断された場合には、IT業界で活躍できる可能性はあります。

30代未経験がプログラマーになるために必要なことは?

30代未経験の方がプログラマーになるには、ある程度のプログラミングスキルは必要になります。具体的に、30代未経験の方がプログラマーになるためにはどのような対応が必要なのか、詳しい内容を解説していきましょう。

実務的なスキルを身に付ける

30代未経験の方でもプログラマーとして採用されるためには、ある程度のプログラミングスキルは身に付けておく必要があります。どれくらいのプログラミングスキルが必要なのかというと、現場に入ってもしっかりコードが書けるといったレベルが求められるでしょう。

未経験の方が実務的なスキルを身に付けることは、独学では難しいです。そのため、開発環境が整えられており、コードの書き方など実践的な学習を進められるプログラミングスクールで学ぶことも検討した方が良いでしょう。

自分でポートフォリオを製作する

未経験の方がIT業界に就職・転職しようと考えるなら、自分でポートフォリオを製作する必要があります。ポートフォリオの内容によっては、十分なプログラミングスキルを持っていることが証明できるので、IT業界でプログラマーとして採用される可能性が出てくるでしょう。

独学でポートフォリオを作成することは不可能ではありませんが、時間がかかり過ぎてしまいます。プログラミングスクールでは、カリキュラムでポートフォリオの製作が組み込まれているケースが多いので、成果物として証明することができるでしょう。

今までの職務経歴をアピールする

30代未経験の方がプログラマーになる場合、それまでどの業種でどのような業務を行っていたのかアピールすることが大切です。内容によっては、今までの職務経歴が評価される可能性があります。

特にプログラマーは、個人のプログラミングスキルが重要と思われがちですが、チームで開発業務を行うため、コミュニケーション能力も問われるでしょう。

しっかりした職務経歴であれば、コミュニケーション能力が高いと評価され、プログラマーになれるきっかけになるかもしれません。

30代未経験でもプログラマーは目指した方が良いのか?

30代未経験でもプログラマーを目指すのは、何かメリットがあるのでしょうか。実際、将来のことを考えるなら、プログラミングスキルは少なからず持っていた方が役立ちます。

30代未経験がプログラマーを目指すメリットについて、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

プログラマーの需要は年々高まっている

IT業界では慢性的な人材不足に悩まされています。そのため、年々プログラマーの需要は高まっており、活躍の場が増えているのが特徴です。

30代未経験でもプログラミングスキルを磨いていれば、将来的にプログラマーとしてIT業界への転職が叶う可能性があります。

今の仕事が何らかの理由で続けられなくなったとしても、プログラミングスキルがあればIT業界で人材として重宝されるかもしれません。

プログラミングスキルによって高年収が期待できる

IT業界はスキルが高ければ、企業からの待遇が良い傾向にあります。年齢よりも実力によって年収が左右されることもあるので、スキルが磨いていけば高年収が期待できるでしょう。

特にプログラミングチームを管理する側になれば、キャリアアップを図ることができます。スキルを磨くことで、IT業界での地位も安泰になるでしょう。

フリーランスとして活動する選択肢が増える

30代未経験からプログラミングを学んだ後、IT業界に入らなくてもフリーランスとして活動するという選択肢もあります。

特にフリーランスに依頼が来る場合は、簡単な作業を請け負って欲しいというものもあるので、経験がなくても対応できる可能性があるでしょう。

また一度クライアントに気にいってもらえれば、安定して仕事を与えてもらえるので、年収アップに期待できます。

30代未経験がプログラミング学習を始める方法とは?

30代未経験の方がプログラミング学習を始める場合、どのような方法があるのでしょうか。主に考えられる学習方法としては、「独学」と「プログラミングスクール」です。

それぞれどのような特徴があるのか、詳しい内容を解説していきます。

独学で学習する場合

未経験の方がプログラミングを独学で学ぶ場合、本や学習サイトで学習すると良いでしょう。基礎的な内容から始めていけば、ある程度のプログラミング知識を身に付けることができます。

しかし独学の場合は、基礎的な学習はできても応用の学習が難しいです。コードを書くなどの実践的なスキルも、開発環境を整えないと厳しいでしょう。

またわからない問題は自分で解決しないといけないので、途中で挫折してしまう恐れがあります。

継続して学習が難しいという方は、プログラミングスクールに通って学習した方が良いでしょう。

プログラミングスクールに通う場合

未経験の方でもプログラミングスクールなら、基礎的なことから学習して、徐々にステップアップできるカリキュラムを組んでもらえます。独学とは違い、何から学習すれば良いのか迷う心配がないので、順序よくプログラミングを理解できるでしょう。

また講師がわからない部分も指導してくれるので、途中で挫折することなく継続して学習を進めることができるはずです。

効率よく学習ができるので、独学でプログラミング学習するよりも短期間で実践的なスキルを磨くことが可能です。

30代未経験の方がプログラマーを目指すなら覚えておきたい言語

プログラミング言語にはいくつか種類がありますが、30代未経験の方が学習するなら、どのような言語が良いのでしょうか。おすすめのプログラミング言語を紹介していきます。

Ruby

Webサービスやアプリ開発で活用されるプログラミング言語で、比較的覚えやすい言語と言われています。そのため、未経験の方がプログラミングの基礎を学ぶにはおすすめしたいプログラミング言語です。

コードの書き方など、どのようにして記述していけば良いのか基本的なことから学んでいきましょう。

またプログラミングスクールでは、Rubyを教えてくれるプログラミングスクールも多いです。

Java

習得するまで少し時間がかかると言われているプログラミング言語ですが、オブジェクト指向型の言語として覚えておいて損はありません。

Java関連の資格を取得するために、支援してくれるプログラミングスクールなどもあるので、安心して受講してみましょう。

Python

シンプルな文法が使用されているため、覚えやすいプログラミング言語です。コードを書いた後も、コードミスに気付きやすいので間違いも簡単に修正できます。初心者の方でも覚えやすい言語と言えるでしょう。

日本では教えてくれるプログラミングスクールは限られていますが、AI開発などに利用できるので、将来性の高いプログラミング言語です。

海外ではPythonを使ったWebアプリ開発も盛んで、YouTubeのプログラム構築でも利用されています。

C#

汎用性が高く、Webアプリ開発や業務用システムの構築にも利用できるプログラミング言語です。習得しておけば、様々な分野で活躍できるプログラマーとして活動できる可能性があります。

ただ未経験の方には取得が難しい言語となっているので、根気強く学べるという方はチャレンジしてみてください。

HTML・CSS・JavaScript

Webサービスを構築する上で必要な言語です。それぞれ異なる言語なのですが、フロントエンドエンジニアになるために覚えておきたいプログラミング言語になります。

フロントエンドエンジニアとは、ユーザーが視認できる画面を構築するエンジニアで、プログラミング言語について深い知識を持つことが求められるのが特徴です。

フロントエンドエンジニアになりたいという方は、この3つの言語は押さえておきましょう。

30代未経験がプログラマーになるために取得しておきたい資格

30代未経験の方であれば、プログラマーになるために取得しておきたい資格がいくつかあります。どのような資格を取得しておいた方が良いのか、詳しい内容を解説していきましょう。

基本情報処理術者試験

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)が開催している資格で、取得すればプログラミングだけでなく、ITシステムの設計や開発に関する知識を持っていることが証明できます。

未経験の方でもこの資格を取得しておけば、ある程度のプログラミング知識を持っていることをアピールするきっかけになるでしょう。

Ruby技術者認定試験

Rubyエンジニアになりたい方におすすめの試験です。取得すれば、Rubyの文法や標準ライブラリといった基礎知識があることを証明できます。

Python試験

比較的新しい資格で、取得すればPythonの基礎知識を持っていることを証明できます。取得難易度は低いですが、未経験の方なら取得しておき、プログラミングの知識を持っているとアピールしましょう。

30代未経験ならプログラミングスクールに通った方が良い?

独学でプログラミングの基礎を学ぶことも大切ですが、プログラマーを目指すならプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

具体的に、プログラミングスクールに通うと、どのようなメリットがあるのか詳しく解説していきます。

目的に合ったプログラミング言語が効率よく学べる

プログラミングスクールに通えば、未経験の方でもプログラミング言語について学習を進めることができます。しかもコースによって学習できるプログラミング言語は異なるので、自分のなりたいプログラマー像に向けて、効率よくプログラミング言語が学べるでしょう。

プログラミングスクールでは、事前にカウンセリングを実施するので、その時にどのような学習をしたいのか伝えてください。そうすれば、適切なコースを紹介してもらえます。

独学の場合は、何から学習すれば良いのか迷ってしまいますが、プログラミングスクールならカリキュラムを組んでもらえるので、順序よく学習できるでしょう。

疑問点について講師が素早く回答してくれる

独学の場合は、プログラミングでわからないことがあれば、自分で問題解決しないといけません。時間がかかる上に、正しい答えがわからない可能性もあります。

そのため、徐々にプログラミングの熱が冷めてしまい、挫折してしまう恐れがあるでしょう。

しかしプログラミングスクールなら、疑問点などわからないことがあれば、講師の方に尋ねることができます。講師はプログラミングの専門家なので、素早く疑問点に対して回答してくれるでしょう。

プログラミングスクールなら、わからないことも講師がサポートしてくれるので、挫折せずに継続してプログラミングが学べるはずです。

30代未経験でもうまくいけばIT業界に転職できる

プログラミングスクールの中には、就職・転職サポートのサービスが付いていることがあります。このサービスを利用すれば、面接対策や履歴書添削を行ってもらえるので、就職・転職に対して全力で取り組むことが可能です。

また30代未経験の方でもIT業界に入れるように、プログラミングスクールと連携している企業の求人情報を提示してくれることがあります。自分で求人を探すよりも、比較的入社しやすいでしょう。

プログラミングスクールでは、カリキュラムの中にポートフォリオの製作を組み込んでいるケースが多いです。そのため、企業へのアピールとしてポートフォリオを活用して、未経験でも就職・転職できる可能性はあります。

30代未経験が受講するプログラミングスクールの選び方について

30代未経験の方がプログラマーを目指すためにプログラミングスクールを受講する場合、何を基準にしてプログラミングスクールを選べば良いのでしょうか。

プログラミングスクールの選び方について解説していくので、参考にしてみてください。

仕事終わりに受講できるプログラミングスクールなのか?

30代未経験の方がプログラミングスクールに通う場合、多くは今の仕事を続けながらスキルを磨きたいという方がほとんどです。

そのため、仕事終わりでも受講できるプログラミングスクールなのか、事前に確認しておく必要があります。探すポイントとしては、夜間や休日でも受講できるプログラミングスクールなのかチェックしておきましょう。

開講している時間帯によっては、受講を諦めた方が良いケースもあるので、無料カウンセリングなどに参加して尋ねてみてください。

自宅で学習したいならオンライン形式のプログラミングスクール

プログラミングスクールの中には、教室に通ってプログラミング学習を行う教室形式以外に、オンライン形式のプログラミングスクールもあります。

仕事終わりに教室に通うのが難しかったり教室が遠かったりする方は、このオンライン形式で受講すると良いでしょう。

オンライン形式なら、仕事終わりの状態でそのまま受講したりラフな格好で受講したりできるので、気軽にプログラミング学習ができます。

ただ一人で学習する形になるので、多くの人と一緒に勉強した方が刺激になるという方は、教室形式のプログラミング形式を選択しましょう。

就職・転職サポートがあるプログラミングスクール

プログラミングスクールが修了した後に、IT業界に入ってプログラマーになりたいのであれば、就職・転職サポートが付いているプログラミングスクールを選びましょう。

就職・転職サポートがあれば、IT業界に転職するために、カウンセラーが尽力してくれます。

またプログラミングスクールの求人情報は、他の求人情報にはない企業からのオファーもあるので、希望に合った求人が見つかる可能性があるでしょう。

30代未経験が独学でプログラマーになるのは難しい?

プログラミングスクールは効率よく学習できますが、受講費用がかかります。そのため、独学で学びたいという方もいますが、実際に30代未経験が独学でプログラミングを学ぶことは難しいのでしょうか。

30代未経験が独学でプログラマーになるのは難しいのか、詳しい内容を解説していきます。

独学の場合は誰にも相談できない

プログラミングスクールなら、疑問点やわからないことがあれば、講師に尋ねて問題解決できます。しかし独学の場合は、誰にも相談できず自分一人の力で学習を進める必要があるでしょう。

基礎的な学習なら本などで覚えられますが、実践的なスキルを磨くためには開発環境を整えるなど手間がかかります。

学習サイトではコードを書くことで実践的なスキルを磨けますが、応用までは難しくて学習できないケースが多いです。

集中が続かず挫折してしまう

独学でプログラミング学習を進める場合、個人で学習を行うので、集中が続かないという方も多いでしょう。プログラミングスクールであれば、教室なら同じように学習している受講者、オンラインなら講師と一緒に学習が進められます。

しかし独学の場合は、一人で学習しないといけないので、途中で挫折してしまうケースが多いです。一人でも継続して学習できるという方は問題ありませんが、集中できないという方はプログラミングスクールで学んだ方が良いでしょう。

十分なプログラミングスキルを磨くまで時間がかかる

独学の場合、わからないことは自分で調べて解決する必要があるため、十分なプログラミングスキルを磨くまで時間がかかりすぎてしまいます。

プログラミングスクールなら、疑問点に対して講師が答えてくれますが、自分一人で学習を進める場合は自分で解決しないといけないのが難点です。

プログラマーレベルのスキルを磨くためには、かなりの時間がかかると想定されるので、短期間でプログラミングスキルを磨きたいなら、プログラミングスクールに通いましょう。

30代未経験でもプログラマーは目指せるがスキルが磨く必要がある

30代未経験の方でも、プログラマーになることはできます。しかし未経験はあくまでも、実務経験がないということなので、プログラミングスキルは十分に備わっているのが前提です。

またIT業界は若手が多く、20代に囲まれて業務を行う可能性についても想定しておく必要があります。

プログラミングスクールで学習すれば、未経験でもプログラマーレベルのポートフォリオは作れるので受講するか検討してみましょう。

まとめ

30代未経験でもプログラマーになることはできます。ただ20代の方が採用される可能性は高いので、求人情報などをよく確認して30代でも受け入れてくれるIT企業を探しましょう。

プログラミングスクールなら効率よくプログラミングスキルが学べるので、プログラマーレベルの技術を磨くことができます。また就職・転職サポートがあるプログラミングスクールを選べば、IT業界への就職・転職もしやすいでしょう。

短期間でプログラミングスキルを磨きたいという方は、プログラミングスクールに通うことを検討してみてください。