プログラマーで年収1000万円は可能?収入を上げるためのコツを解説!

IT化が進むことでプログラマーの需要は高まってきています。その中で年収1000万円を目指すことはできるのでしょうか。

年収1000万円となると、かなりのスキルや能力が求められるので、簡単に達成することは難しいはずです。

今回はプログラマーで年収1000万円を達成することはできるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

プログラマーの年収は雇用形態によって異なる

プログラマーといっても、年収は雇用形態によって大きく変わります。雇用形態別に、どの程度プログラマーの年収は異なるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

正社員なら平均400万円~500万円

正社員プログラマーとしてIT企業に雇用されている場合は、平均的に400万円~500万円程度の年収は得られるでしょう。他の業種と比較しても、少し高い平均年収となっています。

また地域によっては多少年収の変動はあり、関西圏は年収が高く、次に東海・関東と年収が高くなっているのが特徴です。

安定した収入が得られるので、今後もプログラマーの需要は高まっていくでしょう。

アルバイトなら時給1,100円程度はもらえる

アルバイトのプログラマーとして活動する場合は、年収ではなく時給計算になります。プログラマーのアルバイトであれば、平均的に1,100円程度の時給はもらえるでしょう。

またプログラマーのアルバイトは、関西・東海・関東に集中している傾向にあるので、アルバイトとして活動したいなら、集中している地方が狙い目です。

また派遣社員の場合はアルバイトよりも高待遇であるケースが多く、2,000円程度の時給がもらえるでしょう。

フリーランスなら実力によって上下する

フリーランスのプログラマーとして活動する場合、年収の幅は実力によって大きく変化します。プログラマーとして実績が少ない方であれば、はじめは100万円前後しか稼げないケースがあるでしょう。

しかし人気のあるプログラマーとして活躍すれば、年収1000万円を実現することはあります。特にクライアントから信頼されているプログラマーであれば、かなり高待遇の年収が期待できるでしょう。

アメリカのプログラマーは平均1000万円以上

日本のプログラマーの平均年収は400万円~500万円程度ですが、アメリカのプログラマーであれば、平均年収は1000万円以上と言われています。

全体的にアメリカの平均年収が高いことから、日本と比べてもあまり参考にならない可能性もあるでしょう。

プログラマーで年収1000万円を目指すなら知っておきたい要素

プログラマーとして年収1000万円という高年収を期待するなら、様々な要素が求められます。年収1000万円を目指すために必要な要素について解説していくので、参考にしてみてください。

プログラミングスキル

プログラマーとして高待遇を求めるなら、十分なプログラミングスキルが必要になってきます。プログラマーの実力を証明するために必要な要素となっているので、持っているほど高待遇が期待できるでしょう。

プログラミングスキルとして認められるのは、資格や習得しているプログラミング言語の多さなどが関係してきます。

様々なスキルを持っているほど、現場では重宝される人物として認められるので、年収が上がる要素となるでしょう。

就業している会社の規模

年収を決める要素として、就業している会社の規模も影響してくるでしょう。大企業であればボーナス金額も高い傾向にあるので、年収に大きく関わってきます。中小企業の場合は、その年の業績によって金額が変動する恐れがあるので、年収の増減が激しいでしょう。

またクライアントから信頼されている大手企業の方が、依頼数も多いので年収は高くなりやすいです。

就業している会社の規模によっても年収の高さは影響してくるので、就業する会社は慎重に検討しましょう。

一つの会社に勤めている勤続年数

同じ会社に勤めているほど、年収は上がっていく傾向にあります。ただ年功序列で年収が上がる形式は、プログラマーの業界では少なくなっており、持っている資格や実績の方が評価に大きく影響するようです。

年齢が若い方でも、プログラミングスキルが十分であれば、高収入が期待できるでしょう。

プログラマーが年収1000万円を確保するためのコツとは?

プログラマーが年収1000万円を確保することは簡単ではありません。年収を上げるためにはコツを理解し、意識しながら業務を行うことが大切です。

年収1000万円を確保するためにはどうすれば良いのか、詳しい内容を解説していきます。

上流工程に積極的に関わっていく

プログラマーが行う仕事の多くは、プログラムの運用や保守などが多いでしょう。しかしキャリアアップを果たすためには、基本設計や要件定義などの「上流工程」が必要になってきます。

上流工程に積極的に関わっていくことで、年収を上げるきっかけになっていくでしょう。

またフリーランスとして活躍するためにも、上流工程の実務経験があるということは重要な要素になってきます。クライアントから信頼されるだけでなく、どのような設計をクライアントに提出すれば良いのか、理解も深まってくるでしょう。

常にIT技術を吸収する意識を持つ

プログラミング業界では毎日IT技術の進歩は目覚ましく、常に最新の技術が取り扱われています。そういった変化についていけるように、最新技術を取り入れて吸収できる柔軟性がプログラマーには必要になってくるでしょう。

最新技術を利用できるプログラマーは重宝されるので、徐々にプログラミングスキルを向上させて年収アップも期待できるようになるはずです。

コミュニケーションを密に取る

プログラマーとして重要なポジションを獲得することは年収アップに期待が持てます。そのためには、スタッフやクライアントと密な関係になれるようコミュニケーションを重視することが大切です。

基本設計などをクライアントに提出する際も、コミュニケーションがあれば、自分の意見が通りやすく、信頼性も増してきます。プログラマーとして年収を上げるためにも、コミュニケーション能力を発揮することが重要です。

プログラマーとして年収1000万円を実現するために必要な経験は?

プログラマーとして、年収1000万円を実現するためには、いくつかの経験を積む必要があります。どのような経験が重要になってくるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

IT企業で5年以上は働く

プログラマーとして年収を上げるためには、実務経験が必要になってきます。フリーランスとして活動するとしても、実績がないとクライアントから依頼が入ってくることはないでしょう。

またIT企業でプログラマーとして働けば、プログラミングスキルも磨くことができます。5年程度も働けば、十分プログラマーとして実務経験があると言えるようになるでしょう。

またIT企業によっては、5年も働けばプログラミングスキル次第では、かなりの高待遇を用意してくれる可能性があります。

プログラマーとして年収を上げたいなら、十分な実務経験を積むことが重要です。

チームを牽引するマネージャーになる

プログラマーとして年収1000万円を目指したいなら、チームを管理するマネージャー経験が必要になってきます。マネージャーにも種類があり、自分のなりたいプログラマー像によっては道が変わってくるでしょう。

まずプロジェクトの管理を行うのがプロジェクトマネージャーです。プロジェクトマネージャーはチームに指示を出す立場の人間で、部下の進捗を把握してプロジェクトを正しく管理するのが仕事になります。

またプログラムマネージャーというものもあり、プログラム全体を管理するマネージャーになることもあるでしょう。プログラムマネージャーは、プログラム全体の目的を定めて、どのようにプログラムを遂行していけば良いのか考えるのが役割となっています。

マネージャーとして活躍すれば、今後のキャリアアップに期待できるだけでなく、年収1000万円を超える可能性もあるでしょう。

プログラマーとして年収アップを期待するなら、マネージャーとしての道を経験した方が効率が良いです。

フリーランスとして様々な案件を請け負う

プログラマーとして活躍できるのは、IT企業に勤めている正社員だけではありません。フリーランスとして活動すれば、年収1000万円を得る可能性はあります。

まずいきなり高単価の案件を請け負うことは難しいので、いくつか単価が安いものでも良いので案件を請け負いましょう。そうすれば、徐々にクライアントから信頼されていき、大きな案件も任せてもらえるようになります。

またいきなりフリーランスとして活躍することは難しいので、IT企業に何年か働いてからプログラミングスキルを磨くことが大切です。クライアントもIT企業に勤めた経験がある人の方が安心して依頼できるでしょう。

フリーランスになれば、自分が請け負う案件の数が多いほど収入が増えていきます。案件の単価によっては、正社員と変わらない年収をもらうことも可能でしょう。

有名な事業者として名前が知られていけば、年収1000万円も実現できる可能性があります。大切なのはクライアントの信用を得ることなので、納期などは遵守することが重要です。

プログラマーが年収1000万円目指してフリーランスになるメリット

IT企業に何年か勤めた後に、フリーランスとして活動したいと考える方もいるでしょう。フリーランスとして活動することで、どのようなメリットがあるのか、詳しい内容を解説していきます。

案件によっては高収入が期待できる

プログラマーがフリーランスになるメリットとしては、案件によっては正社員の時よりも高収入が期待できるという点です。フリーランスとして高単価な案件を請け負っていけば、自然と年収が高くなります。

ただ簡単に高単価な案件を請け負うことは難しいので、ある程度は実績がないと高年収を実現するのは難しいでしょう。

自分で対応する仕事を決められる

IT企業に勤めている場合は、どのような案件でも対応しないといけませんが、フリーランスの場合は自分で対応する仕事を決めることができます。やってみたかった案件や得意な案件を選ぶことができるので、自分のスキルを存分に活用することができるでしょう。

自分のやりたい仕事ばかりができる訳ではありませんが、それでも選択肢は増えるはずです。

自由な働き方が実現できる

フリーランスとして活動すれば、会社に出勤しなくても良いので、自宅やカフェなどで働くことができます。自由な働き方で、自分の好きな時間に働けるので、負担も少なくなる可能性があるでしょう。

ただスケジュール管理などは自分で全て行わないといけなくなり、納期の遅延は信用問題に関わるので注意が必要です。

プログラマーが年収1000万円目指してフリーランスになるデメリット

プログラマーとして年収1000万円を目指してフリーランスになるのは良いのですが、いくつかデメリットがあります。フリーランスになるデメリットとは、どのようなことが考えられるのか解説していきましょう。

収入が安定しない

フリーランスは自分が請け負った案件によって収入が決められるので、正社員のように毎月安定した給料がもらえる訳ではありません。収入が少ない時期もあるので、生活が苦しくなる恐れがあるでしょう。

ただクライアントから毎月安定して仕事をもらえるような信頼関係を築けていけば、収入も安定してくるはずです。

個人で仕事をするためモチベーションが下がりやすい

正社員で活動している時は、他の社員と一緒に励まし合いながら働けるのでモチベーションが下がることは少ないでしょう。しかし個人で仕事をしていると孤独を感じて、徐々にモチベーションが下がる可能性があります。

自分で仕事をする場合には、モチベーションを高い状態に維持する方法を模索することが大切です。

まとめ

プログラマーとして年収1000万円を稼ぐことは不可能ではありません。しかし十分な実績やスキルを持っていないと、キャリアアップを図ることは難しいので注意が必要です。

フリーランスとして活躍すれば、年収アップも期待できますが、変動も大きいのでクライアントから定期的に仕事をもらえるまで生活が苦しくなる恐れがあります。

プログラマーとして収入を増やしたいなら、マネージャーとして活躍したりIT企業で実践経験を積んだりすることが大切です。

プログラマーとして年収1000万円を目指して、自分にできることを実践してみてください。