デジプロの評判・口コミ・料金 他のプログラミングスクールと比較

デジプロは、Webマーケティングスキルを学習できるスクールです。プロのWebマーケターが考案したカリキュラムを、動画を視聴して学ぶことができます。Webマーケティングの基本的な知識から、実践的な運用方法まで習得可能です。受講者に合わせた学習スタイルを選べる点も特徴です。

本記事では、デジプロの評判・口コミ・料金をはじめとして、特徴・コース・受講の流れ・ほかのスクールとの比較など、デジプロについて徹底解説します。

デジプロとはWebマーケティングスキルが習得できるスクール

デジプロの運営会社は株式会社Hagakureで、Web広告スクールの運営や広告運用サポートの事業を展開しています。

デジプロには、3つのコースがあります。「通学プラン」「オンラインプラン」「月額動画プラン(※)」の3種類の学習スタイルから選択可能です。デジプロでは通学プランが人気で、Webマーケティングスクールの受講者数はNo.1を誇っています。

※2022年1月現在、月額動画プランは受付停止中です。

デジプロの良い口コミ評判

普段は独学が多いけれど WEB広告について #デジプロ で学んでる。   体型的に学べて 先生も面倒見よく指導してもらえる。   全体像知って広告運用するには 最短で学べるんじゃないかって毎回関心してばかり。
学び直しのためにWebマーケティング(広告運用)が学べるデジプロ始めてみたけど、動画で体系的に知識を理解できるのでおすすめ。   独学で学んでいたときは「分からないことをググる」、「本読む」という流れで非効率な面も多かったのでそこを効率化できるのは魅力的。

デジプロの良い口コミを見てみると、「体系的に学べる」「短期間で効率よく学習できる」「講師のサポートが手厚い」といったことがよく言われています。

プロのWebマーケターによって考案されたカリキュラムなので、基礎から応用まで、動画で効率よく知識を習得できる点がデジプロの強みといえます。また現役のWebマーケターから直接講義が受けられたり、受講期間中はいつでも講師に質問できたりと、学習における疑問や不安がすぐに解消できることも魅力のひとつです。

デジプロの悪い口コミ評判

手取り早く、スクールで学ぶことに。 デジプロに決めました。 ちょっとお値段で悩んだけれど、説明会でそれだけの有料情報が手に入ると思えたので。 あとは、マンツーマンの授業というのが自分に合ってるから。 かな。
デジプロ受講2回目たった今終わりました!Google広告とYahoo広告を入稿する際の、キーワード、広告文の作成してみましたが少し難しかったです😅 なので復習を入念に行っていきます!


デジプロについて明らかに悪い口コミは見られませんでしたが、「受講料金の面で検討していた」「講義の内容が難しく感じる」といった感想がありました。

たとえば通学プランでは、330,000円(税込)の受講料が必要です。また別途、入会金33,000円(税込)がかかります。確かにまとまった金額ではありますが、分割による支払いも可能です。さらに学生の場合は、学割価格として275,000円(税込)で、通学プランかオンラインプランが受講できます。

講義の難しさに関しては、どのスクールを利用する際にも言えることですが、予習・復習は必須だと考えましょう。ただしデジプロでは、講師への質問しやすさやメンターの存在など、学習をサポートする環境が整っています。

デジプロの特徴

動画によってWebマーケティングスキルが習得できるデジプロには、どのような特徴があるのか、ここでは5つのポイントを紹介します。主にカリキュラムや学習環境の充実が、デジプロの特徴であり魅力でもあります。

実務レベルの実践内容

「実務で使えるWebマーケティングスクール」である点が最大の特徴といえます。デジプロでは、通学プランでもオンラインプランでも受講期間は2か月に設定されています。短期間でも、仕事に直結するスキルが身に付くことがデジプロの強みです。なぜなら、自身のスキルアップにつながる実践的な講義が受けられるからです。

また、Web広告の現場で最も使われているプロダクトを網羅して学べることも理由として挙げられます。以下のように、実践で使われるプロダクトに幅広く対応しています。

  • リスティング広告
  • Google広告
  • Yahoo広告
  • Facebook広告
  • Twitter広告
  • ディスプレイ広告
  • Excel

講師は現役Webマーケター

現役Webマーケターによる直接講義が受けられる点も、デジプロならではの特徴といえます。第一線で活躍中の講師とともに学べる環境はとても貴重です。対面で話す機会があるというだけでも価値ある時間となるはずです。

また、そのような実力ある講師が、受講者に合わせた講義を進めてくれます。生徒一人ひとりに対して現役のWebマーケターがパーソナルトレーナーとしてサポートしてくれるため、途中でつまずくことなく、継続的な学習が可能です。

チャットで質問可能

受講期間中、いつでもチャットを利用して質問できる点も特徴です。講義時間外でも講師に質問し放題なので、講義に関する疑問や、学習を進めるなかで感じた不安をすぐに解消できます。講師はフランクに対応してくれるため、質問や相談がしやすい環境です。

「分からない」をそのままにせず解決することが、学習を継続するためのコツです。そういった面でもデジプロは学習環境が整ったスクールだと考えられます。ほかのスクールでは複数人で受講するケースが多いなか、デジプロではマンツーマンでも受講可能なので、講義中も質問しやすい環境です。

転職サポートも受けられる

デジプロでは転職サポートが受けられる点も魅力の一つです。2021年7月より、転職エージェント「マスメディアン」との提携が開始されました。マスメディアンは、マーケティング・クリエイティブ関連の求人数・転職支援実績がNo.1クラスというほどで、広告業界で広いネットワークを持っています。

そのような企業との提携により、現在デジプロでは、手厚い転職サポートが行われています。たとえば、転職活動に必要な書類の添削から面接対策、求人の紹介まで、転職について全面的なサポートが受けられます。受講が修了したあとも安心です。

動画を見て繰り返し復習できる

動画教材については、受講期間中は見放題です。そのため、必要に応じて繰り返し復習することが可能です。いつでも動画が視聴できるため、知識の定着がしやすく学習効果の向上につながります。

また、「受講が修了したあとも相談したい」「Webマーケティングについて質問したい」といった方向けに、卒業後のサポートプランも提供されています。月々55,000円(税込)で 動画コンテンツが見放題なのに加えて、オンライン相談が60分利用できます。

デジプロのコースを紹介

ここでは、「通学プラン」、「オンラインプラン」の2種類の受講コースについて紹介します。講座内容と料金を比較しながら、自分の学習スタイルに適しているコースはどちらか検討する際の参考にしてください。

通学プラン

通学プランで利用できる教室は、渋谷・大阪・福岡・千葉・神戸・大宮・横浜・広島・名古屋・北海道・仙台にあります。受講期間は2か月間で、最大5名の少人数制で講師による講義を受講できます。動画学習コンテンツも見放題・オンライン質問も利用可能で、転職サポート付きです。また一人ひとりにメンターがつき、サポートが受けられます。

料金は、入会金33,000円(税込)プラス330,000円(税込)の受講料となります。支払いは分割が可能で、学生の場合は学割価格275,000円(税込)で受講可能です。

オンラインプラン

オンラインプランの内容については、通学プランとほぼ同様といえます。受講期間は2か月間で、動画学習コンテンツが見放題、オンライン質問も利用可能で、転職サポート付きです。一人ひとりにメンターがつき、サポートが受けられる点も同じです。

相違点としては、受講がオンラインのみであること、学習スタイルがマンツーマンであることが挙げられます。

また受講料については、オンラインプランの場合は385,000円(税込)となっています。入会金や学割価格、分割可能な点については通学プランと同様です。

デジプロの注意点

現役の優秀なWebマーケターによる実務レベルの講義内容であり、受講者をサポートするための学習環境が整っているなどメリットが多いデジプロですが、注意点もいくつかあります。それらについても理解したうえで、申し込みの判断を行いましょう。

SEOなどの領域特化型ではない

デジプロでは、あくまでもWebマーケティングの学習に特化しています。だからこそWebマーケティング業界で使える実践的な知識やスキルが習得できますが、SEOなどの領域特化型のスクールではない点には注意が必要です。

「SEO対策の知識を突き詰めて学習したい」といった方にデジプロは向いていません。同じWebマーケティングを学ぶスクールであっても、学習領域や特化しているスクールとは習得できる内容が異なるため、自分が学びたいことを明確にしたうえでスクールを比較検討する必要があります。

転職サポートはあるが転職保証ではない

転職エージェント「マスメディアン」との提携により手厚い転職サポートが行われていますが、デジプロには「転職保証」がない点を知っておきましょう。転職保証とは一般的に、サポートを受けても転職できなかったときに、受講料が返ってくるという返金制度を指します。

デジプロではそのような保証制度がないため、他のスクールと比較してデメリットと感じる方もいるかと思います。ただし実際には「デジプロで得た知識を活かして転職活動が成功した」という方も多いため、転職サポートに関しては信頼できると考えて問題ないでしょう。

デジプロと他のプログラミングスクールを比較

 デジプロマケキャン
コース①通学プラン
②オンラインプラン
①転職コース
②学習コース
価格帯 (税込)入会金:33,000円
①330,000円
②385,000円
入会金:33,000円
①657,800円
②385,000円
時間帯11:00~17:00 ※校舎によって異なる(チャットサポート) 10時〜22時
講師教育専門の現役マーケター元大手出身などの現役マーケター
 WANNABE Academyテックアカデミー
コースオンライン授業
通学授業
Webマーケティングコース
価格帯入会金:66,000円
受講料:264,000円
4週間プラン:
社会人174,900円
学生163,900円 ~

16週間プラン:
社会人339,900円
学生262,900円  
時間帯平日13:30〜21:00スタート
土曜11:00〜16:00スタート
(チャットサポート) 19〜23時
講師Webマーケターとしての実績がある講師通過率10%の選考を通過した現役Webマーケター

デジプロは通学プランとオンラインプランからコースの選択が可能なこと、また通学を希望する場合も全国8か所に校舎があることが強みです。さらに、第一線で活躍中のWebマーケターが講師でマンツーマンの講義が受けられる点も、デジプロならではの魅力です。

デジプロはこんな人におすすめ

ここまでデジプロの特徴などをまとめてきましたが、実際どのような人におすすめかということも紹介します。次の条件に当てはまる方は、デジプロの受講を検討されてはいかがでしょうか。デジプロでは、無料オンライン説明会が随時開催されています。

Webマーケティング業界に転職したい人

デジプロではWeb広告のスキルが効率よく習得できるため、未経験でもWebマーケティング業界への転職が目指せます。未経験からとなると難しい道のりにはなりますが、転職サポートを受けられる点もデジプロで学習するメリットです。また現役で活躍するプロのWebマーケターから学べるため、転職について相談することもできます。

実際、デジプロを受講したことで、未経験からWebマーケティング業界へ転職した人も少なくありません。

自社の広告運用を任されている人

デジプロでは、自社の広告を運用するためのスキルを身に付けることにも適しています。そのため、企業のマーケティング担当者や広告代理店勤務の方にもおすすめです。

Web広告運用の現場で役立つ実務的なスキルが習得できるため、「Web広告によって、自社サービスの認知度・売上アップを図りたい」「クライアントに対して、より効果的なWeb広告の改善提案をしたい」といった場合にも役立ちます。インハウス運用のためのスキルや、代理店とのやり取りについても相談可能です。

フリーランスとして働きたい人

フリーランスとして独立したい人にも役立つ専門的な知識が習得できる点も、デジプロの良さです。短期間でも効果的に、自分の武器として使える知識やスキルが身に付きます。独立して軌道に乗せることは、未経験からの転職と同様に容易ではありませんが、案件の取り方やクライアントとのやり取りについて、受講中に講師からアドバイスを受けておくとよいでしょう。

デジプロの学習はすべてオンラインで完結することもできるため、会社員として働きながらフリーランスを目指すことも可能です。

受講までの流れ

デジプロ受講までの流れは、大きく分けて3ステップです。すべてオンラインで完結できるため、受講開始までの時間や手間が最小限に抑えられます。

<ステップ1>

受講を希望する方は、まずはデジプロの無料説明会に参加しましょう。11:00〜22:00の時間帯で随時開催されていて、オンラインなので場所を選ばず参加できます。そこで、Webマーケティングを学習するメリットや、学習カリキュラムについての説明を聞くことが可能です。

<ステップ2>

受講を決めたら、Webの専用フォームから必要事項を記入して申し込みを行います。

<ステップ3>

サービスの利用開始です。講義や動画コンテンツを通して、Webマーケティングの学習ができます。

Webマーケティングスキルが活かせる就職先

インターネット広告費が増えているとされる今の時代、Webマーケティングスキルが活かせる働き方も増えています。Webマーケターとして活躍できる場は、制作会社や広告代理店、マーケティング会社などです。また社内の広報やマーケティング部門の担当者としてそのスキルを活かすことも可能です。製造業や流通、商社、金融、医療、サービスなど活躍できる業界はさまざまです。

そのほか、Webマーケターの関連職に就く方法もあります。関連職種として挙げられるのは、たとえばWebアナリストやWebコンサルタントなどです。Webマーケティングスキルを、WebデザイナーやWebディレクターの仕事で活かす人もいます。

デジプロで効果の出る広告運用スキルを身に付けよう!

デジプロは、売上に直結するWeb広告のスキルが習得できるスクールです。現役の優秀なWebマーケターが考案したカリキュラムや講義で、効率よくWebマーケティングについて学ぶことが可能です。いつもでも講師に質問できたり、動画で復習できたりと、基礎知識から実践的な運用方法まできちんと学習できる環境が整っています。「Webマーケティング業界に転職したい・独立したい」「自社のWeb広告運用をブラッシュアップしたい」とお考えの方は、デジプロでの学習を検討されてはいかがでしょうか。