フリーランスエンジニアになるためには?メリットやデメリットを解説!

エンジニアとして活躍する方法は、IT企業へ入社する方法以外にもフリーランスとして活動する方法があります。フリーランスエンジニアは、十分なプログラミングスキルがあれば、正社員よりも収入を上げることが可能です。

フリーランスになれば、自分で案件を選択できるなどのメリットがありますが、デメリットに感じる部分もあります。

今回はフリーランスエンジニアになるためにはどうすれば良いのか、メリット・デメリットについても解説していくので、参考にしてみてください。

目次

フリーランスエンジニアになるためにはどうすれば良い?

フリーランスエンジニアになれば、企業に勤めるよりも収入が上げられる可能性があります。しかしそのためには、十分なプログラミングスキルを磨くことが肝心です。

具体的に、フリーランスエンジニアになるためにどうすれば良いのか、詳しい内容を解説していきます。

実務経験を十分に積む

エンジニア経験がない方がフリーランスエンジニアになることはほとんどありません。実務経験がなければ、企業も信用して案件を出してくれないためです。

少なくてもフリーランスエンジニアとして認められるためには、1年以上の実務経験がないと難しいでしょう。

ただ経験が浅いほど、案件の単価が安い可能性もあるので、できるだけ信用性の高い実績をクライアントに提示して、実力を認めてもらう必要があります。

プログラミングスクールに通いポートフォリオを作る

プログラミングスクールでは、様々なプログラミング言語を教えてくれるため、フリーランスエンジニアとして必要なプログラミングスキルを指導してくれます。

そのまま企業で経験を積んだ方が良いケースもありますが、カリキュラムの段階でアプリ開発など十分なポートフォリオを作成していれば、フリーランスとしての実力が身に付けられる可能性があるでしょう。

ポートフォリオがあれば、企業からもプログラミングスキルがあると認識してもらえるので、相応の案件を紹介してもらえるかもしれません。

まずはフリーランスエンジニアとして十分なスキルを身に付けることが先決です。

フリーランスエンジニアになるメリットとは?

フリーランスエンジニアになるためには、しっかり実力を身に付ける必要があります。十分なプログラミングスキルがあれば、フリーランスとして活躍できる可能性はありますが、実際にメリットとはどのようなことが考えられるでしょうか。

フリーランスエンジニアになるメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

企業から直接案件を紹介してもらえる

企業に勤めているエンジニアの場合は、下請けの依頼が入ってくることがありますが、フリーランスエンジニアの場合は企業から直接案件を紹介してもらえるケースが多いです。

下請けの依頼ではないため、他の企業と連携を取って業務調整する手間もかかりません。また案件自体の単価も高い傾向があるので、個人の収益が大きいのが魅力になります。

一つの企業から案件をもらい、信用されれば、今後も継続的に案件を紹介してもらえる可能性があるでしょう。

実力があれば年収は上がる

会社員としてエンジニアを続けるよりも、フリーランスエンジニアの方が年収は高くなる傾向にあります。案件を多くこなしているフリーランスエンジニアであれば、会社員の2倍以上の年収になる方もいるでしょう。

ただフリーランスエンジニアとして年収を上げるためには、エンジニアとしての実力がないといけません。

またフリーランスエンジニアは、会社員とは違い、安定した収入が得られない可能性があるので、毎月の収入にはバラツキがあります。年収を上がられる可能性はありますが、安定性がないので注意が必要です。

案件を自分で選ぶことができる

フリーランスエンジニアとして活動すれば、会社員の時とは違い、対応する案件は自分で選択できます。単価が高い案件だったり得意な案件だったりと、自分の理想的な働き方を実現することが可能です。

また難しい案件にも自分でチャレンジすることもできるので、キャリアアップを図るきっかけにもなります。

会社員の場合は、企業の指示に従わないといけませんが、フリーランスエンジニアであれば、ある程度は自分の自由に仕事を調整できるでしょう。

自由な働き方が実現できる

フリーランスエンジニアになれば、どれくらいの業務時間にするのか、自分で調整できます。そのため、会社員のように拘束時間が定められている訳ではありません。

自宅にいながら仕事ができるので、育児などを理由に会社で働けないという方でも働きやすくなるでしょう。

フリーランスエンジニアになるデメリットとは?

年収が上がる可能性のあるフリーランスエンジニアですが、デメリットに感じる部分もあります。どのようなことがフリーランスエンジニアのデメリットなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

毎月の収入が不安定になる

会社員として雇用されているエンジニアであれば、毎月の収入は一定であるため、安定した生活を送ることができます。しかしフリーランスエンジニアの場合は、仕事を受注した分が収入になるため、毎月の収入は一定ではありません。

そのため、月によっては収入が少ないなど、不安定な稼ぎ方になるのがデメリットです。またエンジニアとしての実力があったとしても、IT業界のトレンドなどによっては、案件が回ってこない可能性もあります。

フリーランスエンジニアになる際には、十分な蓄えがある状態で始めた方が賢明です。

自分で営業を行う必要がある

会社員に雇用されているエンジニアであれば、仕事は営業が担当するため任された案件に集中することができます。しかしフリーランスエンジニアの場合は、案件を獲得するためには自分を企業に売り出すなど、営業を自分で行う必要があるのです。

またフリーランスエンジニアは、ポートフォリオがしっかりしていないと案件を任せてもらえない可能性もあります。

営業に時間を割く必要があるので、思うように稼げない恐れもあるでしょう。

企業によっては無茶ぶりされる可能性がある

フリーランスエンジニアとして、案件を任せてくれる企業は大切にしないといけません。しかし中には、短納期で依頼するなど無茶ぶりをしてくる企業もあります。

その場合はうまく交渉する必要があり、不利益な契約にならないように注意が必要です。単価を安くして欲しいという企業もあるので、自分がフリーランスエンジニアとして活動する際には、単価の交渉も重要になってきます。

税金の支払いなど面倒な手続きが増える

フリーランスエンジニアになると、税金の支払いや確定申告などの手続きを自分で行う必要があります。会社員の場合は、企業が代わりに面倒な手続きを引き受けてくれますが、フリーランスになれば全て自分で対応しないといけません。

特に年末の確定申告の時期になると、急いで申告のための書類を集めないといけないので、時間が取られてしまいます。そうなると、うまく案件をこなすことが出来なくなる可能性があるため注意が必要です。

また会社員には福利厚生がしっかりしていますが、フリーランスエンジニアにはありません。会社員として雇用されるメリットもあるので、どちらの働き方が良いのかしっかり検討することが大切です。

フリーランスエンジニアはどれくらいまでは働ける?

会社員の定年は60歳~65歳程度ですが、フリーランスエンジニアの場合はどれくらいまで働くことができるのでしょうか。実力や体力があれば、フリーランスエンジニアはいつまででも働くことができます。

ただプログラミング言語や必要なスキルは、常に変動するため、常に新しい技術を学習する能力が必要です。一つの言語や昔のスキルだけでは、フリーランスエンジニアとして案件を獲得し続けることは難しいでしょう。

フリーランスエンジニアはどのような契約を結ぶのか?

基本的にフリーランスエンジニアの場合は、企業から業務委託を受けて案件を獲得することが多いです。その中でも、契約方法としては「準委任契約」・「請負契約」があります。

それぞれどのような契約方法となっているのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

準委任契約

準委任契約とは、事前に依頼された業務内容をミス・遅れがないようにやり遂げることが求められる契約方法となります。何らかのトラブルが発生した時には、責任が問われる可能性があるので、任された依頼はしっかりこなすことが大切です。

納品した内容がよければ、企業からの評価も高くなり、今度とも継続して契約を結んでもらえる可能性が高くなります。

請負契約

依頼された内容で納品が完了した際に、報酬が支払われる契約方法が「請負契約」です。請負契約は、ミスや品質が不十分であった場合には報酬の支払いが行われない可能性があります。

正しく企業の求める品質で納品を行い、業務を遂行することが重要な契約方法となっているのが特徴です。

フリーランスエンジニアで契約を結ぶ時の注意点について

フリーランスエンジニアとして活動する際には、企業と契約を結んで案件を獲得する必要があります。その中で契約を結ぶ前に知っておきたい注意点がいくつかあるので、紹介していきましょう。

労働基準法に当てはまらないため働き方には注意

フリーランスエンジニアは会社員とは異なり、労働基準法が当てはまらない働き方です。そのため、残業や休日などの手当てはなく、どれくらい働くのかは自分次第となります。

また確定申告などの手続きも自分で行わないといけないため、面倒な作業も増えるでしょう。

エンジニアとしての活動だけでなく、書類整理などの面倒な作業も出てくるので、思うように働けない可能性があるため注意が必要です。

交通費の取り決めは正確に行っておく

フリーランスエンジニアとして企業と契約する場合、交通費が発生するならどのタイミングで請求する必要があるのか事前に確認しておく必要があります。

契約する際の料金に交通費が含まれていたり別途交通費を請求したりと、対応が企業によって異なるので注意しましょう。

依頼で交通費が発生するなら、自分が損をしないためにも交通費の扱いは事前に確認しておく必要があります。

契約する前に契約内容は要確認

フリーランスエンジニアとして企業と契約を結ぶ時には、契約書にサインを行うことになります。その時に、自分に不利益な契約を結ばされていないか、契約内容は細かく確認しておくことが大切です。

口頭での指示や約束では、後々確認した時にトラブルに発展する恐れがあるので注意が必要になります。納得いかない契約内容であれば、契約書にサインする前に確認しておくことが大切です。

法律違反にならないように注意が必要

案件を紹介してくれる企業の紹介だからといっても、法律違反になるような契約や業務は行わないことが大切です。例えば2重派遣などは法律で禁止されていますが、知らずに行われていることもあります。

少しでも不審に思った時は、企業側に確認して法律違反とならないように、適切な対応で依頼を請け負いましょう。

ネットでのやり取りは綿密にコミュニケーションを取っておく

ネットだけで直接やり取りをしない企業との契約については、コミュニケーション不足でトラブルに発展しないためにも、細かく業務内容などを確認しておく必要があります。

意思疎通がしっかり出来ていないと、無駄な作業やミスが発生する恐れがあるので、顔が見えない相手だからこそ慎重に行動しましょう。

報酬はいつ支払われるのか確認しておく

案件を獲得した時に、納品した物に対する報酬はいつ支払われるのか、事前に確認しておく必要があります。確認していないと、想定していた時期に報酬が入らず、トラブルに発展する恐れがあるでしょう。

契約書にサインをする時に、報酬のタイミングなどは記載されていることが多いので、しっかり確認してから契約を結んでください。

また案件を紹介された時に、クライアント側に確認できるタイミングがあれば、直接確認しても良いでしょう。

業務の責任はどちらにあるのか明確にしておく

フリーランスエンジニアとして活動するなら、依頼された業務の責任はどちらにあるのか明確にしておくことは大切です。後から個人の責任にされてしまい、賠償金が発生したなどのトラブルもあるので、契約する前に確認しておきましょう。

基本的に責任が生じないように、慎重に業務を行うことは大切ですが、何が原因でトラブルになるかわかりません。万が一に備えて、責任の所在はしっかり決めておく必要があります。

フリーランスエンジニアで発生する可能性のあるトラブル

フリーランスエンジニアとして活動する場合、トラブルに発展する事態になることもあります。どのようなトラブルが発生する可能性があるのか、トラブル事例を紹介していきましょう。

自分に不利な契約で不利益を被った

事前に案件を紹介してもらう時に提示された契約書の内容が、自分に不利益になる内容であったため、不利益が生じたといったトラブルはフリーランスでは良くある問題と言えるでしょう。

事前に契約書はしっかり確認した上で契約することが大切なので、フリーランスになった時には十分注意してください。

また依頼内容が知らずに法律に反していたというトラブルもあるため、しっかり契約書の内容は確認しましょう。

自分にできないレベルの契約を結んでしまった

せっかくの案件紹介のため、自分には難しい案件を受けてしまい、納品できずにトラブルが発生したというケースもフリーランスでは良くあるトラブルです。

状況によっては賠償金の支払いを命じられる可能性のあるトラブルなので、自分には対応が難しいと感じる時には、依頼を断る選択肢を選ぶことも重要になります。

納期が厳しい依頼を受けてしまった

急な依頼として、短納期の依頼を受けてしまった結果、期日までに対応できないといったトラブルもあります。短納期の相談は単価が良いケースもありますが、その分負担が大きい依頼も多いです。

簡単に受けてしまうのではなく、実際に可能な納期なのか確認してから対応する必要があります。

納期に遅れてしまうと、賠償金の支払いを命じられる恐れがあるので、無理な時は正直に断ることも大切です。

まとめ

フリーランスエンジニアは会社員として雇用されているエンジニアよりも、年収が高くなるといったメリットがあります。ただ案件を安定して獲得するためには、エンジニアとしての実力を持っていることが大切です。

まずは実績を積み重ねてから、フリーランスエンジニアを目指すことが重要になるでしょう。

またフリーランスエンジニアになっても、契約書をよく確認する必要があるなど注意点もあります。

メリット・デメリットを理解した上で、フリーランスエンジニアを目指すのか検討していきましょう。