CHATYの評判・口コミを紹介!なぜ無料か、カリキュラム等

現在、プログラミング学習が小学校のカリキュラムに導入されています。それほどプログラミングは将来の社会にとって必要な技術になりました。社会人にとってもキャリアアップに有利となるため、プログラミング学習に取り組む人が増えています。プログラミングを学ぶ上で、プログラミングスクールの活用は有効な選択肢の一つです。今回は、プログラミングスクールのCHATYについてご紹介します。

CHATYはスマホアプリ開発者を目指せるオンライン特化型のプログラミングスクール

CHATYは、合同会社Qritarea Chaty運営事業部が運営しているプログラミングスクールです。大阪府大東市に拠点を構えています。スマートフォンアプリ開発に特化したプログラミングスクールであるため、企業の需要が高い知識を学ぶことが可能です。また、CHATYのカリキュラムは、大手のプログラミングスクールにてカリキュラムを制作した経験のあるエンジニアが作成しているため、短期間でも効率よくプログラミングを学ぶことができます。

CHATYの良い口コミ評判

プログラミングスクールCHATYは、1番高くても毎月3万くらいで制作実績作れるの本当にすごい レス早いし、私立文系でも勉強しやすい。。。
スマホアプリに特化したプログラミングスクールってかなり珍しい存在です。Chatyがまさにそのスクールです。

プログラマーとして転職、または独立する時、最も重要になる要素が実績です。CHATYでは、その実績を詰むことができます。プログラマーとして働くならば、技術や知識は当然必要です。しかし、他人からすれば本当に実力がある人物か分からないため、その実力を証明する必要があります。CHATYではオリジナルアプリの開発サポートも行っているため、就職に有利となる実績を作ることができます。

CHATYの悪い口コミ評判 

ツイッターの埋め込み プログラミングスクールchatyの受講にはMacパソコンが必要だなんて・・・windows愛好家の自分にとっては馴染めないような気がします。

口コミに記載されているように、CHATYではMacのパソコンが必要です。プログラマーの多くがMacのパソコンを使用しています。それは、アプリ開発のプログラマーも例外ではありません。スマートフォンアプリは主に、iPhoneにおける使用を想定します。iPhoneはapple社製品であり、iPhone向けアプリの開発環境も同じapple社製のMacで動作します。Windowsのパソコンを使用している方にとっては、CHATYのカリキュラムを受講できないという問題があります。

CHATYの特徴

CHATYは、後発のプログラミングスクールだからこそ、受講者にとって本当に必要なことの提供を目指しています。ここからは、他のプログラミングスクールとは異なるCHATYの特徴をご紹介します。

スマホアプリの開発に特化したスクールは少ない

スマートフォンアプリは、初心者にとって最も身近でイメージのしやすいプログラミングです。しかし、プログラムといっても、何をしたいかによって使用する知識も技術も異なります。これまでのプログラミングスクールの多くは、プログラミングについて何も知らない初心者にとって、何か一つの分野に絞り込むことは難しい状態でした。CHATYは、スマートフォンアプリの開発に特化しているプログラミングスクールです。目的がはっきりしているため、学びたい知識と技術を確実に学ぶことができます。

フロントとサーバーサイドの両方を習得できる

フロントとは、フロントエンドと呼ばれる直接ユーザーの目に入る部分です。ユーザーがクリックや入力する目に見える部分の動きであるため、フロントと呼ばれています。反対に、ユーザーの目に見えない部分をバックエンドと呼びます。これは、データの処理や保存といったサーバー部分です。目に見える部分と見えない部分の知識を両方とも習得することで、オリジナルのアプリをイチから作成ができます

学習から就職まで一貫したサポート

CHATYでは、学習のサポートだけではなく、転職や独立といった就職までサポートします。分かりやすいカリキュラムが組まれているため、文系出身の人でも理解しやすい内容です。分からない時は質疑応答を行い、疑問の解消ができます。また、キャリア相談も行っているため、転職や独立で不安なことも質問が可能です。さらに、条件はありますが、転職または独立ができない場合は、全額返金の保証があります。

プロフェッショナルエンジニアに質問できる

CHATYの質疑応答では、プロフェッショナルエンジニアに質問ができます。チャットだけでなく、通話や画面共有も可能です。また、質疑応答は土日も対応しているため、休日にしか学ぶ時間を取れない人でも、日時を気にせず質問ができます。現役のエンジニアであるため、実際に使用する最新の知識を学ぶことが可能です。

就職・独立アドバイスがもらえる

学習の最終段階に入ると、キャリアカウンセリングを受けることができます。他のプログラミングスクールでは、受講後のサポートに力を入れているところは、残念ながら少ないことが現状です。しかし、CHATYでは、それぞれの受講生に合わせたキャリアカウンセリングが実施されます。そのため、キャリアカウンセリングにて就職や独立のアドバイスを頼むことで、不安や悩みを解消できます。

CHATYのコースを紹介

CHATYには、大きく分けて2つのコースがあります。短期間のReactライトニングコースと、ReactNativeパーソナルコースです。それぞれのコースの違いを詳しくご紹介します。

短期間で技術を習得するReactライトニング

Reactライトニングコースは、短期間で学習できるお試しコースです。学習時間は約50時間、受講期間は2週間です。Webアプリケーション開発の流れを最短で学習できます。また、インフラ構築についても学ぶことができます。このコースはお試しであるため、学習内容は基本となる部分のみです。しかし、簡単なアプリに関するスキルを学ぶことができます。エンジニアになろうか迷っている人におすすめのコースです。

スマホアプリ開発に必要なすべてが詰まったReactNativeパーソナル

ReactNativeパーソナルコースは、スマートフォンアプリの開発に必要な知識をすべて学ぶことができるコースです。カリキュラムを終えた後は、オリジナルアプリの開発に着手します。学習時間は約400時間、受講期間は3か月または5か月です。この受講期間は、3か月はフルタイムプラン、5か月は夜間休日プランと、プランが異なっています。フルタイムプランは、平日や休日問わず学習をする時間がある人向けです。夜間休日プランは、仕事や学校と両立しながら学習したい人向けのコースです。

CHATYの学習の流れ

1、学習カリキュラムに取り組む

受講者は、CHATY専用のオンライン学習ページでログインし、カリキュラムに沿った学習に取り組みます。

2、分からないことは質問する

学習を進めている途中で、分からないことやエラーが発生してしまった時は、プロフェッショナルエンジニアに質問をして解決します。

3、コミュニケーションをとる

希望する人は、学習した終わりに進捗報告をします。受講生自身の学習状況を客観視できるため、学習のモチベーションを保つことが可能です。また、他の受講生と雑談したり、プログラミングに関する最新知識に触れたりすることができます。

4、1から3を繰り返す

1から3を繰り返し、カリキュラムの修了を目指します。フロントとサーバーサイドの知識と技術を習得し、一貫してオリジナルアプリの開発ができる素養を身に着けます。

5、就職や独立のアドバイス

受講後には、受講生の合わせたキャリアカウンセリングをします。

CHATYの注意点

CHATYでアプリ開発のエンジニアを目指す前に、気を付けるとよいポイントをご紹介します。以下の内容に納得した上で申し込むようにしましょう。

あくまでもスマホアプリがメイン

CHATYは、スマートフォンアプリの開発ができるエンジニアを育成する、プログラミングスクールです。そのため、スマートフォンアプリ以外に必要な知識を学ぶことはできません。ただし、ホームページ作成に必要なプログラミング言語も学ぶことは可能です。アプリ開発に特化したプログラミングスクールであるため、ホームページ作成の方法を学ぶ場所ではないことを理解しておきましょう。

WindowsPCが非対応

CHATYは、Macのパソコンでのみ受講可能です。そのため、Windowsのパソコンを使用している人は、新しくMacのパソコンを買い揃える必要があります。しかし、月額15,000円でレンタルもしているため、Macのパソコンを購入せずにレンタルする方法もあります。受講料以外に環境を整えるために必要な費用がかかることを念頭に置きましょう。

受講料がかなり高い

CHATYは、他のプログラミングスクールに比べて、高額な受講料が必要です。プログラミングスクールの多くは、40万円から50万円とされています。しかし、CHATYの受講料は、入学金を含めると60万円を超えます。クレジットカードの分割払いもできますが、2回、5回、10回と決められています。また、入会金は一括で銀行に振込まなければいけません。

CHATYと人気プログラミングスクールを比較 

 CHATYTechAcademy
コース2種類30種類以上
価格帯49,800円~657,800円163,900円~547,800円
時間帯9時~23時15時~23時
講師現役エンジニア現役エンジニア
 TECH CAMP侍エンジニア塾
コース4種類6種類
価格帯657,800円~877,800円495,000円~1,128,600円(エキスパートコース)
時間帯11時~22時8時~22時
講師現役エンジニアとは限らない現役エンジニア

大手のプログラミングスクールは、CHATYよりもコースの種類が豊富にあります。そのため、さまざまな分野のエンジニアを目指すことが可能です。また、国からの助成金を得ることができるプログラミングスクールもあるため、受講料が安くなることもあります。

しかし、受講料が安くとも、質問する相手が現役エンジニアではない場合、疑問を解決できない可能性があります。質問の答えが曖昧では意味がありません。また、現役エンジニアに質問ができても、対応している時間帯が短いと、質問したい時にできない可能性があります。そのため、プログラミングスクールに通うならば、質疑応答に対応している講師が現役エンジニアであり、対応時間が長いプログラミングスクールを選ぶ方がよいでしょう。CHATYでは、大手のプログラミングスクールと比べてよい環境であることが分かります。

CHATYはこんな人におすすめ

では、CHATYはどのような人に向いているプログラミングスクールなのでしょうか?以下の内容に当てはまる人は、CHATYを選ぶことがおすすめです。

スマホアプリ開発現場で必要となる知識を身に付けたい人

スマートフォンアプリを開発したい人は、スマートフォンアプリの開発に特化したCHATYがピッタリです。必要な知識がすべて手に入るため、取りこぼしがなく、情報を網羅できます。また、CHATYは、スマートフォンのアプリ開発に特化している、唯一のプログラミングスクールです。他のプログラミングスクールでも、コース次第ではスマートフォンアプリの開発を学ぶことができます。しかし、スマートフォンアプリの開発に必要な知識や情報は、CHATYの方が手に入れやすいでしょう。

働きながら学びたい人

CHATYは、オンラインのプログラミングスクールであるため、働きながら学ぶことができます。質疑応答の時間も23時までと夜遅くまで対応しているため、夜しか時間が取れない人でも、疑問の解決が可能です。朝しか時間が取れない人でも、9時から対応しているため、質問しやすい環境が整っています。また、自分に合った時間帯のプランを選択できるため、仕事や学校との両立を目指すことができます。

過去にプログラミングスクールで挫折した経験がある人

過去に、他のプログラミングスクールに通って挫折を経験した人にもおすすめです。CHATYでは、その日の学習後に進捗を報告することで、メンターが進捗状況を確認してもらえます。そして、メンターよりアドバイスを受けることができます。進捗を客観視することで、モチベーションを保つことが可能です。他のスクールでは自己管理をしなければならず、挫折に至ってしまった人でもCHATYなら続けることができるでしょう。

CHATYで身に付けることができるスキル

Javascript

Javascriptとは、Webブラウザ上で動くプログラムです。Javascriptを使用することで、入力フォームの設置や、ポップアップウィンドウを表示させるといったことができます。TwitterやFacebookでもJavascriptが使用されています。

MySQL

MySQLとは、データの保存や管理をするためのシステムです。MySQLは、世界で最も使用されており、膨大なデータの管理が簡単に行うことができます。また、初心者でも利用しやすく、実用性が高いため、非常に人気のシステムです。

React.js

React.jsとは、Reactとも呼ばれるJavascriptのライブラリです。ライブラリとは、あらかじめ決められたプログラムを内包しているファイルのようなコード群です。React.jsを使用すると、アプリの開発で必要なプログラムを簡素化できます。

GitHub

GitHubとは、エンジニアのためのコード管理サービスです。世界中のエンジニアが、自身の作成したプログラムやデザインのデータを保存、公開ができます。無料で使用ができるため、誰かが作ったコードをコピーできます。

CHATYで最短でスキルを身に付けよう!

スマートフォンアプリが開発できるエンジニアの需要は高まっていますが、実際に開発できる人の数は足りていません。CHATYは、高レベルのスマートフォンアプリ開発のエンジニアを目指すことができるプログラミングスクールです。フリーランスとして独立することも、就職や転職で給与の増加を図ることができます。CHATYでは、現役のエンジニアに質問が可能です。CHATYでプログラミングを学び、転職や独立に必要なスキルを最短で身に付けましょう。