SESってどんなもの?働く上でのメリット・デメリットについて解説!

エンジニアとして働く上で、「SES」について理解しておくことは重要です。SESは働き方の一つとして、注目されているサービスとなっています。

今回はSESとは、具体的にどのようなものなのか、メリット・デメリットについて詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

目次

SESとはどんなもの?

SESとは、「System Engineering Service(システムエンジニアリングサービス)」の略称で、委託契約の一つとして注目されています。ソフトウェアの開発など、エンジニアを派遣するための技術支援サービスとして活用されており、様々な現場で活躍が期待されているのです。

SESとしての働き方について

SES企業に在籍しているエンジニアは、勤務地などの条件は派遣される現場によって異なります。待遇が良い現場もあれば、経験が少ないエンジニアについては簡単な内容の業務が任せられたり、実績豊富なエンジニアと一緒に現場に入ったりすることが多いでしょう。

給与についても、派遣される現場によっても変動しますが、経験豊富なエンジニアほど高額な給与が与えられる傾向にあります。

SESとSIのサービス内容の違いについて

SESと同様に、業務を請け負うSI(システムインテグレーション)というサービスがあります。SESの場合は、エンジニアが派遣され開発などの業務を請け負うのですが、SIを行うSIerはシステムの導入から運用の保守までの業務を請けので、業務内容が異なるのが特徴です。

SESと派遣契約とは違うのか?

SESは「準委任契約」と呼ばれる契約を行い、労働力に対して報酬が支払われるのが特徴です。そのため、システムの品質などの責任を負うことはほとんどありません。

またSESの派遣先は、エンジニアに残業を命令する権利がないことから、細かい作業の指示を行うことができないのもSES契約の特徴です。

派遣契約の場合は、派遣先が残業などの命令をする権利を有するため、細かい作業の指示まで出せます。

このように、企業に派遣される点は同じですが、SESと派遣契約では契約形態が異なるのです。

SESで働くメリットとは?

企業に派遣され、エンジニアとしてのスキルを活用できるSESですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。SESで働くメリットについて、詳しい内容を解説していきます。

IT業界未経験でも採用される可能性が高い

SESとして派遣される場合、エンジニアとしてのスキルが求められるため、IT業界未経験でもエンジニアとしての知識や技術があれば、採用される可能性があります。

ただ入社してから知識や技術を身に付け、ステップアップすることは求められるでしょう。

プロジェクトを請け負うことでスキルが磨ける

SESとして様々な企業に派遣されれば、多くのプロジェクトに携わることができます。実績が増えるほど、エンジニアとしてのスキルが磨けるので、より大きなプロジェクトに携わるきっかけになるでしょう。

また専門性の高いスキルを磨いていけば、自分で起業し、新たなサービスを提供するといった道も開けるかもしれません。

契約で決められた以上の労働はしなくても良い

SESの場合は、雇用されているエンジニアとは異なり、派遣先の指示で残業を行うことはありません。事前に定められているSES契約に基づいて労働することになるので、比較的残業は少ない傾向にあります。

またSESが派遣先に提供するのは労働力だけであるため、プロジェクトが遅れそうという理由で残業して作業を行うといった責任を負うことはありません。

様々な企業と繋がりが持てる

SESとして様々な企業に派遣されれば、企業と繋がりが持てるようになります。結果、正社員としての雇用や起業のきっかけになる話ができるようになるかもしれません。

エンジニアとしての知識や技術が十分であれば、待遇に関しても優遇される可能性があります。

 SESで働くデメリットとは?

SESとして働く場合は、残業が少ないといったメリットがあります。しかし中にはデメリットに感じる部分もあるでしょう。具体的に、SESとして働く場合は、どのようなデメリットがあるのか詳しい内容を解説していきます。

比較的エンジニアとしての収入が低い

企業に雇用されているエンジニアと比較するとSESは、収入が少し低い傾向にあります。エンジニアとしてのスキルや技術力によって報酬は異なりますが、残業も少なく企業で出世する見込みも少ないでしょう。

またSESは労働力として契約されることが多いので、依頼されるプロジェクトの難易度は低い可能性があります。難しくないプロジェクトは若いエンジニアに案件が回されるので、年齢が高くなるとSESとして働ける案件は少なくなってしまうのもデメリットの一つです。

納品したら完了する業務が多いためプロジェクトの全容がわかりにくい

SESに割り当てられる業務は、プロジェクトで細分化された業務であるため、プロジェクトの全容がわかりにくい傾向にあります。求められた作業を実施し、納品すれば完了となるので、最後までどのようなプロジェクトだったのか、理解せずに契約が終了することも多いでしょう。

そのため、作業のモチベーションを高めることが難しく、長期的なやりがいを感じることが難しい可能性があります。

チームとしての仲間意識が芽生えにくい

SESとして働く場合、一つのプロジェクトが完了すれば、他の現場に回されることがあります。毎回、違うチームで作業を行う形になるので、一緒に仕事をしていても仲間意識が芽生えにくいのが難点です。

また同じSES企業に勤めている社員であっても、違う現場に回されることがほとんどなので、一度も顔を見たことがない社員もいるでしょう。

様々な現場に回されるため環境が都度変化する

SESとして派遣された企業でのプロジェクトが完了すれば、すぐに他の現場に回されることがあります。そのため、環境が都度変化し、せっかく慣れた職場を離れないといけなくなるので、身体的・精神的に負担となる恐れがあるでしょう。

一つの職場で働きたいのであれば、SESよりも正社員の雇用形態の方がおすすめです。

SESの働き方が向いている人

正社員としての雇用ではなく、SESという働き方に向いている人はどのような環境でも、すぐに順応できる方です。SESはプロジェクトが完了すれば、次の現場に向かう必要があります。そのため、一つの現場に留まることはほとんどありません。

現場が変わるごとに、新規メンバーとコミュニケーションを取る必要があるので、新しい環境でも苦に感じない方にはSESという働き方はおすすめです。

またSESとして働くのであれば、企業ごとのルールに沿って行動できる能力も求められます。プロジェクトによって対応力が問われるので、どのような環境でも順応に対応できる方はSESとして活躍が期待できるでしょう。

SESとして働く上での注意点について

SES契約を結んで、様々な現場に足を運ぶSESですが、働く上でいくつか注意しないといけない点があります。どのような点に気を付けないといけないのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

SES契約の労働時間は明確に決めておく

通常のSES契約であれば、SESエンジニアは企業の指示で残業や休日出勤を行う必要はありません。しかし契約の労働条件を曖昧に設定することで、企業の指示で残業や休日出勤を行ってもらえるように契約する企業もあります。

SESは残業や休日出勤がないと思っていても、SES契約の条件によっては企業の指示に従わないといけない可能性もあるので注意しましょう。現場に入る前に、SES契約の内容は明確に決めておくことが肝心です。

下請けになるほど給与が安くなる

プロジェクトに必要なエンジニアが集まらない時は、下請けとして別企業に応援を依頼することがあります。さらに集まらない場合には、また下請けといった具合に、どんどん下請けのエンジニア企業に依頼されることがIT業界ではあるのです。

その時に、最後に依頼された下請けほど、支払われる報酬は少なくなるので、労働に見合わない給与になってしまう恐れがあります。SESは下請けとして、依頼を受けるケースが多いので、給与が安くなってしまうことがあるため注意しましょう。

現場によって状況が違う

SESとして派遣される現場によっては、プロジェクトに必要な作業量や納期が異なります。状況によっては納期が迫っており、急いで対応しないと間に合わないといったこともあるでしょう。

また要件がまとまっていないと、どのような作業が必要なのかわからず、戸惑ってしまうケースもあるので、現場によっては対応に苦労します。

SESとして働く際には、そういったプロジェクトに配属されないように、しっかり対象プロジェクトの全容を把握してから派遣先に赴くようにしましょう。

自分のスキルに合った現場を紹介してもらえない

SESとして派遣される現場は様々あり、エンジニアに求められるスキルや能力も異なります。そのため、現場に派遣されたのは良いものの、自分の持っているスキルや能力では対応できない現場に派遣されてしまうという可能性もあるので注意しましょう。

基本的に、面談を行ってエンジニアの得意分野のプロジェクトに派遣されることが多いです。しかしエンジニア側が、自分のスキルや能力を正しく伝えていないと、ミスマッチが起こる恐れがあります。

具体的に、どのようなスキルがあり、どういったプロジェクトを希望するのかSES企業に伝えておくことが大切です。

待遇の良いSES企業を見つけるためのポイント

SES企業に入れば、様々な現場でエンジニアとしてのスキルが磨けるので、大きなメリットがあります。しかし待遇については、SES企業それぞれで異なるため、入社する企業はしっかり見極めることが大切です。

具体的に、待遇の良いSES企業を見つけるためには、どうすれば良いのか詳しいポイントを紹介していきます。

求人情報の給料やボーナス面をチェックする

待遇が良いSES企業を見極めるポイントとしては、まず給料やボーナスが良いのかチェックすることが大切です。求人情報で、どれくらいの給与・ボーナスなのか提示されているので、待遇が良いのか確認する要素になるでしょう。

また給与やボーナス以外にも、福利厚生がしっかりしているSES企業を選ぶことも大切です。どれだけエンジニアを大切している企業なのか、見極めるポイントになります。

エンジニア経験が豊富な社長や上司がいる

待遇が良いSES企業の特徴として、実際にエンジニアとして活躍していた社長や上司がいるという点が挙げられます。現場でエンジニアの大変さを理解している方であれば、現場で活躍しているエンジニアのフォローもしっかり行ってくれるでしょう。

またエンジニアとしての経験がある社長がいれば、定期的にエンジニアとしての案件が回ってきやすいので、信頼性の高いSES企業として評価が高い可能性があります。

安定して案件を回してもらうなら、エンジニアの社長がいる企業で経験を積んだ方が良いでしょう。

自社開発もしているSES企業

基本的にSES企業は、現場にエンジニアを派遣し、労働力を提供する代わりに報酬を得るという流れになっています。しかし自社開発も行っていれば、製品が売れている限り、企業としての実力があることがわかるでしょう。

安定した収益が上げられているので、エンジニアの給与が高く、企業としての経営もうまくいっている証明になります。

SES事業だけでなく、自社開発も行っているSES企業なら、エンジニアの待遇も良い傾向にあるでしょう。

エンドユーザーと繋がりを持っている

SES企業が安定してエンジニアを派遣するためには、企業としての実力を売り込む営業力が必要になってきます。しっかり営業を行っていれば、エンドユーザーとの繋がりを持ち、下請けとしての受注を減らし、大きな利益を上げるきっかけになるでしょう。

下請けの案件は多いですが、その分企業が得られる利益は小さくなります。しかしエンドユーザーとの繋がりを持ち、案件を受注しているなら得られる収益は大きくなるでしょう。

待遇の良いSES企業か面接で見極めるポイント

SESとして活躍するなら、待遇の良いSES企業に入った方が良いでしょう。ただ求人情報だけでは、SES企業の実態を見極めることは難しいです。

そんな時に役立つ、面接で待遇の良いSES企業か見極めるポイントを解説していきます。

質問した内容に正しく回答してくれるか

面接の場は、面接官がエンジニアに対して質問だけをする場所ではありません。エンジニアが面接官に質問し、お互いが求めている内容がマッチしているのか見極める場所です。

そのため、面接官がエンジニアに対して今までの実績だけを質問するだけなら、あまり期待できない企業である可能性があります。

エンジニア側が質問した内容に関して、正直に回答し、どのような企業なのかハッキリと伝えてくれる企業は待遇が良いケースも多いでしょう。

質問した内容に関して、誤魔化すようなことがあれば、企業として隠したいことがあるのかもしれないので、注意した方が良いかもしれません。

どのようにして昇給されるのか確認する

エンジニアの待遇が良いSES企業は、エンジニアの仕事内容に応じて、しっかり昇給を検討してくれます。そのため、面接の場でどのような働きを見せれば、昇給されるのか明確な回答を求めることも大切です。

昇給について、しっかり回答してくれるSES企業は、エンジニアを正しく評価して待遇を決めてくれる可能性が高いので、信用性が高い傾向にあります。

昇給に関して、誤魔化すような回答をすれば、エンジニアに対してあまり良い評価をしてくれない恐れがあるので、面接で見極めるようにしましょう。

SES企業は自社開発企業とは違うのか?

エンジニアが活躍する場は、SES企業だけではありません。他にも自社開発企業などで働く方法もあります。

具体的に、自社開発企業とはどのような特徴を持っているのか、詳しい内容を解説していきましょう。

自社運営のため利益が大きい

自社開発企業は、自社で独自のサービスを開発しているため、SES企業よりも利益が大きい傾向にあります。ただ開発したサービスの人気にも左右されるので、どれくらいの利益を上げているのか企業次第です。

企業の利益が高いということは、エンジニアとして雇用されている人も給料が高いことがわかります。特に人気サービスの開発に携わっていた人であれば、給与やボーナス面で優遇されることは間違いないでしょう。

クライアントがいないため納期は自社で決める

SES企業はクライアントから支持を受けて、エンジニアの労働力を提供します。クライアントのプロジェクト期間によって納期が決められるため、いつまでに納品しないといけないのか、細かく設定されていることがほとんどです。

しかし自社開発企業の場合は、開発したサービスを提供するクライアントがいないため、いつまでに開発するのか納期は自社で決められます。

そのため、納期遅れによってトラブルに発展することがほとんどありません。ただ納期が遅れすぎると、企業としての利益が上げられないので、ある程度の納期は定められていることがあります。

自分のキャリアプランに沿って成長できる

自社開発企業では、求められるスキルや技術は一定であるため、どのようにして成長したいのかキャリアプランを想定しやすいのが特徴です。

そのため、どのような自社開発企業に入れば、自分が思う人材になれるのか想定した上で入社できます。

SES企業の場合は、ある程度は自分のスキルに合ったプロジェクトに参加できますが、状況に応じては苦手分野にも対応していないといけないこともあるでしょう。

自社開発企業であれば、長期的なキャリアを築きやすい傾向にあります。

 SES企業は受託開発企業とは違うのか?

SES企業の他にも、エンジニアが活躍できる企業として「受託開発企業」があります。クライアントから開発を受託されて、業務を行う企業が受託開発企業です。

具体的に、受託開発企業はどのような特徴を持っているのか紹介していきましょう。

クライアントから納期が決められる

受託開発企業は、クライアントから開発を受託されて作業を行うため、予め決められている納期を遵守することが求められます。

納期については、受託開発の契約を結ぶ際に定められるので、納期に沿って計画的に作業する必要があるでしょう。

万が一、納期に間に合わないことがあれば、クライアントから損害賠償を求められる可能性があるので注意が必要です。

そのため、SES企業とは異なり、残業や休日出勤などが多い傾向にあります。ただ企業によって受託開発をする内容が違うので、待遇などは企業次第です。

決まった分野の開発業務を行う

受託開発企業の多くは、どのような案件を扱うのか事前に決まっています。そのため、入社する前に、エンジニアが自分のスキルや能力に合った企業を選びやすいのが特徴です。

またキャリアプランを立てやすいので、どのように成長したいのかイメージして企業を選ぶことができます。

まとめ

SESは様々な現場でエンジニアとしての活躍が期待されているので、自分のスキルや能力向上に繋げられるでしょう。

ただプロジェクトが完了すれば次の現場に呼ばれるなど、仕事環境が変わりやすいので、ある程度は順応性が高くないと、活躍が難しいかもしれません。

SESとして活躍する上でのメリットやデメリットを理解した上で、自分に合っているのか検討してみてください。