アプリはどうやって作る?作り方や作成に必要なものを紹介!

今では一般の方でも便利なアプリを作って、たくさんの方に使ってもらっているケースが増えています。そんなアプリは、どうやって作れば良いのでしょうか。

アプリを作るためには、専門的な知識が必要ですが、プログラミング言語の基礎を理解していれば、作成することはできるでしょう。

今回はアプリをどうやって作るのか、作り方や作成に必要なものを紹介していくので参考にしてみてください。

目次

アプリはどうやって作るのか?

実際に、アプリとはどのようにして作られているのでしょうか。主に3つの方法でアプリを作られることがあるので、詳しい内容を解説していきます。

java・phpなどのプログラミング言語を使う

アプリを作る方法として、まず挙げられる方法としてプログラミング言語で作るやり方です。アプリ開発で使用されるプログラミング言語としては、java・phpなどが主流となっています。

アプリといっても、iPhoneやPCなど様々な媒体で使用できるので、どの媒体向けに作成するかによって使用するプログラミング言語も異なるでしょう。

プログラミング言語でアプリを作るには、多少時間がかかるので、時間に余裕を持って作成することが重要です。

ゲームアプリなら「ゲームエンジン」を活用する

ゲームアプリを作成するなら、「ゲームエンジン」を使うという選択肢もあります。ゲームエンジンはキャラクターの移動や音楽など、基本機能が搭載されているので、一からプログラムを構築するよりも簡単です。

有名なゲームエンジンとしては「Unity」が挙げられ、プロのゲーム会社も使っているものです。本格的なゲームが作れるので、ゲームアプリを作るならゲームエンジンを使ってみると良いでしょう。

アプリ作成ツールを活用する

すでにフォーマットが用意されている「アプリ作成ツール」を活用して、アプリを作成する方法もあります。ツールを活用すれば、プログラミングスキルがなくても、簡単にアプリが作成できるでしょう。

アプリ作成ツールで出来るアプリは、飲食店の予約やショッピングサイトなどです。ある程度のデザインは選択できるので、自分のオリジナルコンテンツを作ることができるでしょう。

アプリを作成するために必要なものは何?

自分でアプリを作るなら、事前に準備しておかないといけないものがいくつかあります。どのようなものが必要なのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

パソコン

ツールやゲームエンジン、プログラミング言語など、どれを活用するにしてもパソコンがなければアプリを作ることはできません。スマホでもアプリ作成はできますが、効率よくアプリ作成を行うなら、パソコンは一台持っていた方が便利です。

スペックはそれほど左右されませんが、円滑にアプリを作るなら、高スペックのパソコンを用意しておいた方が良いでしょう。

アプリの仕様書

アプリを開発する上で、事前に用意しておきたいのがアプリの仕様書です。仕様書がなければ、どのようにアプリを開発していけば良いのか基本がわからなくなってしまう恐れがあります。

例えば、どのボタンを押せば移動して攻撃するのかなど、アプリを正しく作動させるために細かい仕様を記載しておくことは重要です。

アプリを作成する前に準備しておきたいものなので、事前に仕様書は用意しておきましょう。

稼働を確認する端末

アプリを作成した後は、しっかり作動するのか稼働を確認するための端末を用意する必要があります。何らかの不備がある場合には、すぐに修正を行う必要があるため、稼働を確認するための端末は必要になるでしょう。

確認のためだけなので、アプリ開発用に使っているパソコンがあれば、そのパソコンで稼働を確認しても問題ありません。

完成度の高いアプリを求めるならプログラミングスキル

アプリを作るためには、ツールやアプリ作成ツールを利用する方法はあります。しかしより完成度の高いアプリを作成したいなら、自分で開発するためのプログラミングスキルが求められるでしょう。

ただ独学でプログラミングスキルを身に付けることは難しいので、プログラミングスクールに通うといった選択肢を検討することも重要です。

アプリ開発に関する言語が覚えられるコースを選択し、自分が作りたいアプリに必要なプログラミングスキルを身に付けていきましょう。

オリジナルアプリを作るための企画力

自分だけのアプリを作るなら、他にはないオリジナル性を出す企画力も必要になってきます。同じようなアプリでは、注目されない可能性もあるので、どのような機能を付ければ喜ばれるのか、色々と検討する必要があるでしょう。

必要とされるアプリを作るなら、どのようなことに困っているユーザーの助けになるものなのか、ターゲットを決めておくことが大切です。

おすすめのアプリ作成ツールについて

アプリの作り方として、作成ツールを利用する方法が考えられます。その中でも、簡単にアプリが作れるおすすめのツールを紹介していくので、参考にしてみてください。

GameSalad

プログラミング未経験の方でも、ゲームを簡単に作れるアプリ作成ツールが「GameSalad」です。直感的にゲームが作れるので、気軽に実践できるのが特徴となっています。

ただ日本語ではなく、英語環境での開発にしか対応していないため、注意が必要です。利用するためには、2つのプランから選択する必要があります。

プランは「ベーシック」・「プロ」のどちらかを選択する必要があるので、必要な機能性などを検討してからプランを選ぶようにしましょう。この時に、プロを選択しないと開発したアプリは公開できません。

 Buildy

店舗向けのアプリとして、情報の発信やクーポンを配布できるのが「Buildy」です。最短3分でアプリができるので、誰でも気軽に利用することができます。

プログラミングスキルがない方でも出来るほど簡単で、ある程度はレイアウトや色を選択することが可能です。

アプリを開発するだけなら、無料で実施できます。ただ公開するためには、月額9,800円かかります。

 SmartApps mobile

6種類のレイアウトから、好きなものを選択すれば簡単にアプリが作れるツールです。レストランの予約やネットショップなどの機能性のアプリが作れるので、利便性は高いでしょう。

プランは4つ用意されており、「トライアルプラン無料」・「LITE(機能制限プラン)初期費用15,000円・月額8,000円」・「STANDARD初期費用28,000円・月額12,000円」・「CUSTOMIZE(独自カスタマイズ)」があります。

自分に合ったプランを選択して、自由にアプリを開発してみてください。

アプリ開発の手順を詳しく解説

アプリを開発したいけど、どのような流れで作れば良いのか作り方がわからない方も多いでしょう。そんな方のために、アプリ開発の手順を解説していくので参考にしてみてください。

アプリの仕様書を作成する

最初に実施する工程としては、どのようにアプリを作りたいのか仕様書を作成します。アプリのジャンルや音楽など、詳しく記載するほどスムーズにアプリ開発が進められるでしょう。

仕様書は実際に紙に書いても問題ありませんが、管理しやすい方法としてWordなどでまとめておいた方が失くす心配がありません。また複数人で開発する際には、情報共有できるようにデータ上にまとめておいた方が便利です。

仕様書がしっかりしていれば、アプリ開発でミスが起こる可能性も少なくなるので、精密な仕様書を作成するようにしておきましょう。

開発環境を整える

仕様書が完成したのであれば、開発するための環境を整えておきましょう。適切な開発環境は、使う言語によっても異なるので、事前に調べた上で選ぶことが大切です。

人気のある開発ツールは、サポートが充実しているので、できるだけ有名な開発ツールを選択するようにしましょう。

また何を媒体にしたアプリを開発するのかによっても、おすすめの開発ツールは異なります。よく調べてから開発環境を整えていきましょう。

アプリに合わせて適切な画像や音声データを準備する

どのようなアプリを作るのかによって、適切な画像や音声データは異なります。そのため、よく吟味した上で、画像や音声データを準備しておきましょう。

音声については、開発途中でも差し替えることはできるので、アプリ開発中に音楽を入れ込むこともできます。

いくつか候補を用意しておけば、比較しながらアプリの雰囲気に合った画像や音声データを用意することができるでしょう。

プログラミングを行ってアプリを構築していく

アプリ開発で重要なプログラミングを実施していきます。一から作成するのは大変なので、ツールを使ったりゲームエンジンを使ったりして、簡略化させることもできるでしょう。

プログラミングを行う時には、しっかり仕様書に沿ってアプリを作っていくことが大切です。

稼働を確認してアプリを公開する

プログラムが完成し、仕様書通りにアプリが出来たら、実際に稼働するのか確認してみてください。確認した際に、何らかのバグが発生していたら原因を特定して修正を行う必要があります。

アプリ開発でプログラミングミスは発生する可能性が高いので、しっかりバグ取りは行う必要があるでしょう。

最終的に確認して、問題なくアプリが稼働するなら公開手続きを行って、たくさんの方に活用してもらいます。

将来性の高いAIアプリは作れるのか?

これから普及が進んでいくと考えられているAIアプリは、自分で作ることはできるのでしょうか。基本的にAIを活用してアプリを作成する場合、プログラミングがしっかりしていれば、作成することはできます。

具体的に、どのようなAIアプリが作れるのか紹介していきましょう。

自動で文字起こしするアプリ

画像を送ると、文字起こしを自動で行ってくれる文字認識アプリも自分で作ることができます。LINEで文字が入っている画像を送付し、Google App ScriptでVision APIに画像のデータを投げましょう。

次にVision APIで画像からテキストを抽出するので、Google App Scriptを経由してLINEに返す流れになります。これで簡単に、自動で文字起こしすることが可能です。

顔を認識してアプリ

他にも、俳優や女優の顔が映っている画像を送り、どのような名前なのか自動で情報を検索してくれる顔認識アプリも自作できます。

Python言語を覚えておけば、顔認識アプリが開発できるでしょう。

AIアプリを作るためには何が必要?

AIアプリを自分で作るためには、ある程度知識を蓄えておく必要があります。どのような知識が必要なのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

AI学習のためのデータを集める

AIアプリを稼働させるためには、AIにデータを集める必要があります。データを集める手段としては、WebスクレイピングやAPIを利用する方法があるので実践してみてください。

AIアプリが正常に働くためには、集めるデータに大きく影響されます。そのため、どのようなアプリを作成するかによって、どのようなデータが必要なのか分析することが肝心です。

集めたデータを整理する

AIアプリに学習させるデータを集めた後は、不具合が発生しないように関係ないデータは排除するなど、データを整理する必要があります。

この時にしっかり処理していないと、AIアプリが正しく稼働しないので、きちんとデータは整理することが重要です。

データを機械学習させる精度を上げる

AIアプリに学習させるデータが集まったら、機械学習させましょう。この時に実際のデータがしっかり入っているのか確認して精度を高めることが肝心です。

この時に、入ってはいけないデータが含まれていたら、再度機械学習させるようにしましょう。

自分でアプリ開発を行うメリットとは?

個人でアプリ開発を行うのは、時間がかかり面倒に感じることが多いでしょう。しかしオリジナル性の高いアプリ開発を行うと、いくつかメリットに感じることがあります。

自分でアプリ開発した場合、どのようなメリットがあるのか詳しい内容を解説していきましょう。

不労収入が獲得できる

自分でアプリ開発を行い、それが世に浸透すれば、利用者が多いほど不労収入を獲得することができます。そのためにも、価値のあるアプリを開発し、有料販売することが求められるでしょう。

また無料でアプリを公開したとしても、広告収入が入るタイプもあるので、自分の開発したアプリの特徴に合わせて収益が上げられる方法を模索してみてください。

不労収入があれば、他のアプリ開発に挑んでいても、その間の生活費などの心配をしなくて済みます。

実務経験の一つとして実績になる

IT業界に就職・転職する場合、未経験では採用されない可能性があります。しかしすでにアプリを開発しているのであれば、実績として数えられるため、即戦力として認識してもらえる可能性があるでしょう。

独学だったとしても自分でアプリを開発していれば、十分なプログラミングスキルがあると認識されるので、未経験でもIT業界に入れる可能性はあります。

ポートフォリオとして提示できる

企業に入社する時やフリーランスでクライアントに実績を証明する方法として、ポートフォリオを提示することがあります。その時に開発したアプリを提示すれば、プログラミングスキルがあることを証明でき、信頼性が向上する可能性があるでしょう。

IT業界で働いた実績がなくても、ポートフォリオの質によっては採用される可能性は十分にあります。

アプリ開発のプログラミングスキルを独学で学ぶメリット

オリジナル性の高いアプリを開発するためには、プログラミングスキルは必要不可欠です。しかしプログラミングスクールで学ぶのはお金がかかります。そんな時は、独学でプログラミング学習を進めることは可能です。

アプリ開発の知識を独学で学ぶ場合のメリットについて解説していきます。

学習費用をかけずに学べる

独学でプログラミング学習を進めるメリットとしては、費用をかけずにプログラミングが学べるという点です。しっかりプログラミングをスクールに通って学習すると、時間をかけるほど高額な費用がかかってしまいます。

資金に余裕がない人に関しては、独学で学ぶという選択肢も良いでしょう。

自分のペースで学習が進められる

プログラミングスクールでプログラミングを学ぶと、進行スピードが早く、ついていけないという方もいるでしょう。独学であれば、学習ペースは自分で決められるので、焦って学習を進める必要がありません。

自分で目標を決めてやりきる意思があるなら、独学でプログラミング学習を進めるのも良いでしょう。

問題解決力を身に付けることができる

独学でプログラミング学習を進めれば、いつかわからない部分が出てくるでしょう。そんな時は自分で調べて問題を解決する力が求められます。

独学なら問題解決力を自然に身に付けることができるので、自分の成長を促すことができます。

アプリ開発のプログラミングスキルを独学で学ぶデメリット

独学でプログラミング学習を進めれば、費用をかけずにプログラミングを学ぶことができます。しかし独学では、デメリットに感じる部分もあるのです。

アプリ開発のプログラミングスキルを独学で学ぶ場合、どのようなデメリットがあるのか詳しい内容を解説していきましょう。

何から始めれば良いのかわからない

独学でプログラミング学習を進める場合、何から学習を始めれば良いのかわからないという方も多いでしょう。アプリ開発に必要なプログラミング言語といっても、様々あるためIT業界未経験の方では、必要な情報を見極めることは難しいです。

またプログラミングの基礎的な部分を学習したとしても、次に何の知識を蓄えれば良いのか迷ってしまうので、指導者の存在が必要になってくるでしょう。

途中で挫折してしまう

アプリ開発に必要なスキルや知識は様々あるため、アプリ開発に必要なプログラミングスキルを身に付ける前に、途中で挫折してしまう方は多いでしょう。

誰かに教えてもらえば、わからないこともすぐに解決して、前に進むことができます。しかし独学では、全て自分で回答を見つけないといけなくなるので、気持ちが折れてしまう可能性の方が高いでしょう。

時間がかかってしまう

独学でアプリ開発の知識を蓄える方法はありますが、時間がかかりすぎてしまい、途中で挫折してしまう可能性が高いでしょう。特に初心者の方では、問題が出た時に解決するまでの時間が長くなってしまうので、理解するまで苦労します。

時間にゆとりがあれば問題ありませんが、社会人で忙しい方などは十分に時間を確保することは難しいでしょう。

アプリ開発をプログラミングスクールで学ぶメリット

アプリ開発で必要なプログラミングスキルを独学で学ぶことはできますが、時間がかかり過ぎてしまいます。効率よく学ぶなら、プログラミングスクールに通う方が良いでしょう。

プログラミングスクールで、アプリ開発のスキルを磨くメリットとはどのようなことが考えられるのか、詳しい内容を解説していきます。

効率よくプログラミング学習が進められる

独学では問題が発生した場合、全て自分で問題解決しないといけません。最悪の場合はわからず挫折してしまうこともあるでしょう。

しかしプログラミングスクールであれば、指導者がいるのでわからないことは質問できる環境が整えられています。問題を先延ばしにせずに回答がもらえるので、効率よくプログラミング学習を進めることができるでしょう。

アプリ開発における仕様書の作成方法が把握できる

アプリ開発を行う際には、まず仕様書を作成して、どのようなプログラミングを組み立てていくのか精査する必要があります。しかし独学では、仕様書には何を書けば良いのか順序がわからないという方も多いでしょう。

プログラミングスクールに通えば、アプリ開発におけるノウハウが理解できるので、仕様書の作成方法を理解した上で、アプリ開発に臨むことができます。

カリキュラムの最後にはポートフォリオとしてアプリ開発できる

プログラミングスクールの多くは、カリキュラムの最後にはポートフォリオを作る傾向にあります。その時にアプリ開発を行えば、どのようにして作成するのか流れを理解することが可能です。

自分でアプリ開発を行うためには、未経験では難しい面があります。しかし専門的な知識を持っている講師の方から指導を受けながらアプリ開発を行えば、わからないことを確認しながら開発できるので、効率の良いやり方が理解できるでしょう。

アプリ開発をプログラミングスクールで学ぶデメリット

アプリ開発のノウハウが理解できるなど、メリットが多いプログラミングスクールでの学習ですが、デメリットに感じる部分もあります。

どのようなことがプログラミングスクールのデメリットなのか、詳しい内容を解説していきましょう。

毎月の受講費用が高い

プログラミングスクールの受講費用は、他のスクールと比較しても少し高い傾向にあります。毎月の支払いが大変になってしまうこともあるので、受講する場合は予算に余裕をもって検討することが大切です。

アプリ開発ができるとは限らない

プログラミングスクールでは、受講できる期間が定められています。そのため、受講期間中にプログラミングスキルが身に付かなければ、希望しているアプリ開発まで進まない可能性もあるでしょう。

習熟度によって、プログラミングスクールのカリキュラムは変わってくるので、計画的に学習を進めていくことが大切です。

アプリ開発をプログラミングスクールで行った方の口コミ

アプリ開発の作り方を学ぶためには、プログラミングスクールに通った方が効率よく学ぶことができます。実際にプログラミングスクールで、アプリ開発の作り方を指導してもらった方の口コミを紹介していくので、参考にしてみてください。

自分でアプリ開発できて感動した(30代:男性)

将来のことを考えて、今の仕事には関係のないスキルを伸ばしたいと思っていました。そこでプログラミングスクールに通い、自分でアプリ開発をしてみたいと考えました。

未経験なので、プログラミングの基礎から学ぶことになったのですが、カリキュラムはわかりやすく、初心者の私でも理解できるほどです。

講師の方は現役エンジニアということもあり、アプリ開発のノウハウも細かく指導頂けて感謝しています。

最終的に、自分でアプリ開発まで進むことができたので、これからも副業としてアプリ開発を続けたいです。

オリジナルのアプリを作りたい(30代:女性)

誰かのために役立つアプリを作りたいと思い、プログラミングスクールに通うことにしました。アプリ開発をしたいと相談したら、専用のカリキュラムを作ってもらえたので、とても良い対応してもらえたと思います。

指導もとてもわかりやすく、未経験の私でも理解できるように説明してくれたのは嬉しかったです。カリキュラムの最後には、アプリ開発にも携わることができ、感動しました。

これをポートフォリオとして、IT業界への転職も検討してみたいと思っています。

アプリ開発のノウハウを教えてもらえる(20代:男性)

自分でもアプリが作れると聞いたので、興味を持ってプログラミングスクールに通いました。アプリ開発コースで講師の方から、プログラミング言語からアプリの作り方など、様々なことを教えてもらえたので、充実した学習時間でした。

プログラミング経験のない私でも、環境が整っていれば、アプリ開発を行うことができたので、誰でもエンジニアになれるチャンスはあると感じました。

転職サポートも利用させて頂き、IT業界でアプリ開発の部門に転職することができました。以前の仕事よりも年収も上がっているので、プログラミングスクールに通ってよかったです。

まとめ

自分でアプリ開発を行うなら、作り方について正しく理解しておきましょう。開発するアプリによっては、ツールなどを活用すれば、簡単に作ることもできます。

ただオリジナル性の高いアプリを開発しようと思うなら、プログラミングスキルは必須です。そのためにも、独学ではなくプログラミングスクールに通った方が効率よく学ぶことができるでしょう。

アプリ開発を行いたいという方は、プログラミングスクールのアプリ開発コースを受講してみてください。