社会人におすすめのプログラミングスクールは?選び方を解説!

社会人として働きながらも、将来のためにプログラミングスクールに通いたい人は増えています。実際、プログラミング技術の需要は増加傾向にあるため、プログラミングスキルを習得すれば、様々な企業に就職できる可能性はあるでしょう。

しかしプログラミングスクールといっても数は多いため、どこのプログラミングスクールに入れば良いのかわからないという方もいるはず。

今回は社会人におすすめのプログラミングスクールを紹介していくので、参考にしてみてください。またプログラミングスクールの選び方についても解説していきます。

目次

社会人がプログラミングスクールに入るなら何を基準に選ぶ?

毎日仕事で忙しい社会人がプログラミングスクールに通う場合、何を基準にプログラミングスクールを選べば良いのでしょうか。

おすすめのプログラミングスクールの選び方について解説していくので、参考にしてみてください。

自分の都合に合った時間に受講できるか?

社会人がプログラミングスクールで学習する場合、学習できる時間帯は限られています。そのためプログラミングスクールを選ぶ際には、どの時間帯に開講しているのか事前に確認しておく必要があるでしょう。

例えば平日に学習を進めたいなら、夜間に受講できるプログラミングスクールを選ぶ必要があります。また土日に学習を進めたいなら、土日に開講しているプログラミングスクールを選ばないといけません。

プログラミングスクールによって開講している時間帯は異なるので、自分の都合に合った時間帯に開講しているプログラミングスクールを探しましょう。

また自宅で学習している際にも、プログラミングでわからない部分は出てきます。その際に、気軽に質問できる環境が整えられているプログラミングスクールを選ぶことも重要です。

まずは無料体験に参加してみる

自分に合っているプログラミングスクールか確認するためにも、まずはカリキュラムやプログラミングスクールの雰囲気を知りたい方も多いでしょう。どのようなプログラミングスクールなのか事前に知りたいなら、無料体験を実施しているプログラミングスクールを選ぶことをおすすめします。

無料体験では実際にどのような学習を行うのか、どのような講師が指導してくれるのかプログラミングスクールの雰囲気を知ることができるでしょう。

無料体験を通じて、継続して学習できるのか判断できるので、まずは無料体験だけでも参加してみてください。

プログラミングスクールによっては学習方法やカリキュラム、講師のレベルが異なるので、無料体験を通じて慎重にプログラミングスクールを選びましょう。

就職・転職を希望するならサポートがついているか確認する

社会人からエンジニアを目指すなら、就職・転職のサポートを行ってくれるプログラミングスクールを選んだ方が将来的に助かります。

プログラミング技術を身に付けたとしても、未経験の方ではプログラミング業界に就職・転職することは難しいでしょう。

しかし全てのカリキュラムが修了した後に、プログラミングスクール側が就職・転職のサポートをしてくれるなら話は早いです。プログラミングスクールと提携しているプログラミング企業を紹介してもらえるケースがあるので、個人で就職・転職活動するよりも早く勤め先を見つけることができるでしょう。

またプログラミングスクールの中には、就職・転職サポートとして履歴書添削や面接練習を行ってくれるスクールもあります。

サポート内容を確認した上で、自分が入りたいプログラミングスクールを選んでいきましょう。

社会人におすすめのプログラミングスクール5つを紹介!

社会人におすすめのプログラミングスクールの選び方を紹介してきましたが、実際にどのようなプログラミングスクールが人気なのでしょうか。

具体的に、社会人におすすめのプログラミングスクールを紹介していくので、参考にしてみてください。

DMM WEBCAMP

オンライン学習ができる「DMM WEBCAMP」は、仕事終わりの時間帯でも講師が指導してくれるので、社会人でも安心してプログラミング学習を進めることができます。

DMM WEBCAMPでは、下記のようなコースが用意されているので、自分に合っていると感じコースを選択しましょう。

  • 通常コース:690,800円/3ヶ月
  • 専門技術講座コース:910,800円/4カ月

通常コースでは、実践に近いカリキュラムでプログラミング学習が進められます。しかしよりプログラミングに精通した知識や技術を身に付けたいのであれば、専門技術講座コースを選択しましょう。

特に専門技術講座コースではAIやクラウドに関するプログラミングスキルが身に付けられるので、エンジニアとして活躍できる技術や知識が磨けます。

DMM WEBCAMPは受講者同士チーム開発するカリキュラムなど、プログラミング企業で働く際の条件と同じような環境でプログラミング学習が進められるため、エンジニアとして活躍を希望する方にはおすすめです。

またオリジナルアプリなどの開発も行えるので、就職・転職に有利なポートフォリオの製作もできます。

テックキャンプ エンジニア転職

受講者の多くがプログラミング未経験と言われているのが「テックキャンプ エンジニア転職」です。オンライン学習にも対応しているので、仕事終わりの時間帯でもプログラミング学習を行うことができます。

テックキャンプで提供されているコースとしては、下記のようなコースが用意されています。

  • 短期集中スタイル:712,800円/10週間
  • 夜間や休日スタイル:6ヶ月/932,800円

短期集中スタイルは、短い期間で実践的なプログラミングスキルを身に付けたい方におすすめです。ただ10週間のうちにカリキュラムを修了させないといけないので、何らかの理由で休職中の社会人におすすめのコースになります。

夜間や休日スタイルは仕事を続けながら、プログラミングスキルを身に付けたい方におすすめです。エンジニアとして必要なスキルが身に付けられるので、開発に関する経験を十分に積むことができます。

侍エンジニア塾

専属講師がマンツーマンで指導してくれるのが「侍エンジニア塾」です。効率よく学習が進められるので、プログラミング学習しやすい環境が十分に整えられています。

侍エンジニア塾では、主に下記のようなコースが用意されているので、自分に合ったコースを選択しましょう。

  • デビューコース:219,450円/12週間
  • エキスパートコース:731,500円/24週間

未経験の方でもマンツーマンでプログラミング学習をサポートしてくれるので、プログラミングについて深く理解できるのが侍エンジニア塾の魅力です。

また希望すれば、オーダーメイドのカリキュラムを組んでもらえるので、自分が必要と感じているプログラミング学習を進めることができます。

プログラミング学習でわからない部分があれば、講師にチャット質問することが可能です。そのためわからないことがあれば、いつでも質問できます。

CodeCamp

オンライン学習に特化したプログラミングスクールが「CodeCamp」です。CodeCampでは、マンツーマンでレッスンが受けられるので効率よく学習できます。

主に下記のようなコースが提供されているので、自分に合ったコースを選択しましょう。

  • プレミアムコース:382,800円/4ヶ月
  • プレミアムプラス:547,800円/4ヶ月

プレミアムコースは必要な分野を選択して、効率よく学習が進められます。自分が学習したいと考えている分野を選んで、必要なプログラミングスキルが身に付けられるでしょう。

プレミアムプラスでは、レッスン回数の上限が増やせるので短期間で複数の言語を習得したり開発したりできます。

事前に無料体験も受けられるので、どのようなカリキュラムで学習するのか実際に体験することが可能です。どのような学習が行われるのか気になる方は、まず無料体験から受講してみてください。

TechAcademy

現役エンジニアが指導してくれるプログラミングスクールが「TechAcademy」です。経験豊富な講師がマンツーマンで指導してくれるので、効率よくプログラミング学習が行えます。

主に下記のコースが提供されているので、自分に合ったコースを選択しましょう。

  • Webアプリケーションコース:284,900円/12週間
  • Webアプリケーション+フロントエンド:404,000/16週間

Webアプリケーションコースでは、実践的なプログラミングスキルが習得できます。Webアプリの開発も行えるので、就職・転職する際に有利になるのが特徴です。

Webアプリケーション+フロントエンドでは、Webアプリ開発に必要な知識や技術を一貫して学習できます。本格的なプログラミングスキルが習得できるので、即戦力のエンジニアとして活躍が期待できるでしょう。

無料体験として1週間無料で学習できるため、TechAcademyを受講してみたい方は、一度無料体験から受けてみてください。

社会人におすすめのプログラミングスクールを選ぶ時の注意点

社会人におすすめのプログラミングスクールを紹介しましたが、実際に選ぶ際にはどのような点に注意すべきなのでしょうか。

社会人におすすめのプログラミングスクールを選ぶ時に注意しておきたい点について紹介していくので、参考にしてみてください。

自分が学習したい内容とコースが合っているか?

プログラミングスクールが提供している学習コースによっては、学習できる言語や内容が異なります。そのため自分が学習したい内容とプログラミングスクールのコースがマッチしているのか、事前に確認しておくことが大切です。

習得するプログラミング言語によっては、就職・転職できる企業が異なるので、将来のことも踏まえてコースは選ぶ必要があります。

またサービス内容もプログラミングスクールによって違いがあり、レッスン回数に制限が設けられているケースもあるでしょう。何度もレッスンを受けたい人なら無制限でレッスンが受けられるケースを選ぶことも視野に入れてみてください。

自分に合っているコースなのか確認する方法としては、無料体験を受ける方法が考えられます。無料体験を通じて、自分が希望するプログラミング学習が行えるプログラミングスクールなのか事前確認しておきましょう。

オンライン型や教室型か確認しておく

忙しい社会人にとって、プログラミングスクールの教室まで足を運ぶのは大変です。そのためオンライン型のプログラミング学習を提供しているプログラミングスクールの方がおすすめになります。

プログラミングスクールによっては、オンライン型か教室型か違いがあるので、自分が受けたいプログラミングスクールの形態はどちらなのか検討した上で受講するか判断しましょう。

オンライン型のプログラミングスクールであれば、仕事終わりにそのまま受講できるので服装を意識する心配がないなどのメリットがあります。

社会人が無料のプログラミングスクールに通うのはあり?

プログラミングスクールの中には、無料でプログラミング学習できるスクールがあります。教室に通う費用がない方にとっては、助かるサービスと言えるでしょう。

しかし無料のプログラミングスクールには、いくつか注意点があります。どのようなことに注意しないといけないのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

年齢制限が設けられているケースが多い

無料のプログラミングスクールの多くは、年齢制限を設けているケースがほとんどです。主に30歳以下の方を対象として運営されているので、自分の年齢で無料のプログラミングスクールが受講できるか事前確認が必要になります。

30歳以下を対象としている理由は、エンジニアとして活躍が期待できるのは若年層が多いためです。実際にIT企業でエンジニアとして働いている人の多くは、20代~30代になります。

それ以上の年齢になると、IT企業で就職・転職が厳しくなるので注意が必要です。ただ40代未経験の方がIT企業に就職・転職できた事例はあるので、不可能ではありません。

無料のプログラミングスクールを受講したいなら、年齢制限について調べた上で受講するか判断してみてください。

プログラミングスクールと提携している企業への就職が条件

無料のプログラミングスクールを受講する条件として、提携している企業への就職を希望する必要があります。それ以外のIT企業への就職・転職が制限されてしまうので、入社した企業がある場合には、無料のプログラミングスクールはおすすめできません。

ただ提携しているIT企業への入社でも問題ない方であれば、お得にプログラミングスキルが磨けるので、無料のプログラミングスクールに通った方が良いケースもあります。

どのような就職・転職を希望するのか、改めて考えてから無料のプログラミングスクールを受講するか検討してみてください。

学習できるコースや言語は固定

有料のプログラミングスクールであれば、自分が学習したいプログラミング言語やコースはある程度指定することができます。しかし無料のプログラミングスクールの場合は、プログラミング言語やコースが限定的で、固定となっているケースがほとんどです。

ただエンジニアとして必要な基礎や開発の学習は行えるので、即戦力として活躍できるほどのプログラミングスキルは磨けるでしょう。

自分が学習したいプログラミング言語やコースがあるなら、無料のプログラミングスクールはおすすめできませんが、よりお得にプログラミングスキルを磨きたい方は受講するか一度検討してみてください。

社会人がプログラミングスクールに通うメリット

社会人が今の仕事を続けながら、プログラミングスクールに通うメリットはどのようなことが考えられるでしょうか。近年では、プログラミングスキルは多方面で活躍が期待できるので、プログラミングスクールに通えば様々なメリットが期待できます。

具体的に、社会人がプログラミングスクールに通うメリットとは、どのようなことが考えられるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

仕事の効率化を図るきっかけになる

プログラミングスクールに通い、十分なプログラミングスキルを身に付けたのであれば、様々な場面で自動化を図るアプリなどの開発が行えます。自動化を図れば、どのような仕事でも効率よく仕事がこなせるので、作業の負担が減らせるでしょう。

例えばタスク管理やカレンダーなどのアプリを開発すれば、自分専用の効率化を図るアプリとして利用できます。

必要なプログラミング言語を習得すれば、今の仕事に活かすこともできるので、社会人がプログラミングスキルを覚えておいて損はありません。

一緒に仕事をするエンジニアの気持ちがわかる

社会人がプログラミングスクールに通い、プログラミングスキルを身に付ければ、一緒に仕事をするエンジニアの気持ちや話が理解できるようになります。

これから仕事をする上で、アプリ開発などの依頼をエンジニアに行うケースも増えてくるでしょう。その時にプログラミングの基礎や開発の基本を理解していれば、提案ややり取りがスムーズに行えるようになります。

期日の交渉なども、いつまでに完成できるのかエンジニアは何人必要なのか理解できるので、無理のない納品期日を指定できるでしょう。

自分がエンジニアとして活躍しなくても、プログラミングスキルを習得することで、仕事の幅が広くなります。

IT企業への就職・転職がしやすくなる

社会人がプログラミングスクールに通っていれば、IT企業への就職や転職がしやすくなるので、今の会社へこだわる必要がなくなります。また経営不振によって、会社がなくなってしまってもプログラミングスキルを持っていれば、再就職しやすくなるでしょう。

万が一に備えてプログラミングスキルを習得していれば、エンジニアとしての活躍が期待できます。プログラミングスクールなら、未経験の方でも基礎から開発まで学習できるので、エンジニアとして即戦力で活躍できる人材に成長できるでしょう。

副業としてプログラミングスキルが有効活用できる

プログラミングスキルを持っていれば、今の会社に勤めながらも副業として収入が得られる可能性があります。プログラミング関連の案件は豊富に用意されているので、自分のスキルに合った依頼をこなせれば、月に数万円~10万円程度の収入を得られるようになるでしょう。

副業として活躍するなら、クラウドソーシングサイトを利用して案件を獲得する方法もあるので、依頼を探すのはそれほど苦労しません。

ただ難しい案件も中にはあるので、自分の経験やスキルに合わせて妥当な案件を探すことが大切です。

働き方の幅が広がるようになる

プログラミングスクールに通い、自分で開発作業などができるようになれば、自宅にいながらエンジニアとして活躍するといった働き方も実現できるようになります。

PCとインターネット環境、開発環境が整っていれば、外出先のカフェなどで仕事を行うこともできるので、自分の理想的な働き方が選べるようになるでしょう。

ただ会社とは違い、自分の働き次第で収入が変動するので、十分な収入が見込めるまで時間はかかる可能性があります。

社会人がプログラミングスクールに通うデメリット

社会人がプログラミングスクールに通えば、就職・転職に有利になるなどのメリットがあります。しかしメリットだけでなく、忙しい社会人にとってデメリットに感じる部分もあるので注意しましょう。

具体的に、社会人がプログラミングスクールに通う上で考えられるデメリットとは、どのようなことが考えられるのか紹介していきます。

時間に余裕がなくなる

社会人が仕事終わりにプログラミングスクールに通うとなると、自分が休息にあてる時間がなくなり、忙しく学習を進めないといけなくなります。

自分の趣味の時間が十分に確保できなくなるので、どれくらい拘束時間がかかるのか事前に確認はとった上でプログラミングスクールに通う必要があるでしょう。

プログラミングスクールの中には、短期集中でプログラミングのカリキュラムを修了するスクールもあります。急いでプログラミングスキルを習得したい方は、そういったプログラミングスクールを選んで学習することも大切です。

目的に合った言語を学ばないと役立たないケースもある

プログラミング言語によっては、開発できる内容が異なります。そのため自分が開発したいと考えているアプリなどに必要なプログラミング言語を選択しないと、プログラミングスキルが役立たない可能性もあるので注意しましょう。

プログラミングスキルを使って、自分は何を開発したのか逆算して考えれば、自然と必要なプログラミング言語が見えてきます。

プログラミングスクールによっては、教えてもらえるプログラミング言語やコースが異なるので、自分が求めているプログラミングスキルが習得できるのか、よく検討した上で適切なコースを選択しましょう。

十分なプログラミングスキルが身に付くかは自分次第

プログラミングスクールでは、効率よくプログラミングスキルが習得できるように指導してくれます。しかしエンジニアとして十分なプログラミングスキルが身に付けられるかどうかは、自分次第です。

プログラミングスクールを受講した後も、課題などをこなした上でプログラミングスキルを磨く必要があります。自習を怠っていると、期間内に十分なプログラミングスキルが身に付かない恐れがあるので注意しましょう。

カリキュラム通りにプログラミング学習を行っていれば、十分なプログラミングスキルは身に付けられるので、わからないことがあれば、気軽に講師に尋ねてみてください。

社会人が効率よくプログラミングスクールで学ぶポイント

プログラミングスクールは社会人でも通いやすいように、夜遅くまで開講されているケースがあります。そんなプログラミングスクールで社会人が効率よくプログラミング学習するためには、どうすれば良いでしょうか。

社会人が効率よくプログラミングスクールで学ぶポイントを解説していくので、参考にしてみてください。

オンライン型のプログラミングスクールで学ぶ

プログラミングスクールでは、教室型とオンライン型の学習形態を提供しているスクールが大半です。社会人が仕事終わりにプログラミング学習を進めるなら、オンライン型の学習形態を選択した方が時間や手間がかかりません。

オンライン型のプログラミングスクールを受講するためには、PCやインターネット環境を用意する必要があります。設備が整っているなら、気軽に受講できるので忙しい社会人にはおすすめです。

少しでもプログラミング学習に時間を費やしたいなら、オンライン型の学習形態を選択してみてください。

講師への質問はこまめに行う

プログラミング学習では、カリキュラムが進むほどわからない部分が増えてきます。その時にわからないまま放置していると、いつまでも問題が解決せずに学習が停滞してしまう恐れがあるでしょう。

そうならないためにも、講師への質問はこまめに行い、学習で理解できない部分がないようにする必要があります。

プログラミングスクールの中には、講師への質問を24時間受け付けているチャット機能が搭載されたスクールもあるでしょう。プログラミングスクールを選ぶ際には、質問しやすい環境が整えられているかどうかもチェックしておいた方が賢明です。

IT企業に入りたいなら転職サポートを利用する

プログラミングスクールに通った後に、IT企業に転職を希望している方なら転職サポートが付いているプログラミングスクールを選びましょう。

転職サポートでは履歴書添削や面接練習など、準備しておくべき内容を指導してくれるので、IT企業への転職が叶いやすいです。

またプログラミングスクールと提携しているIT企業への転職も希望できるので、他の求人情報サイトにはない求人が見つかる可能性があります。

まとめ

社会人がプログラミングスクールに通うなら、選び方の基準を理解した上で適切なプログラミングスクールに通うようにしましょう。

今回紹介したおすすめのプログラミングスクールは、どれもオンライン型の学習形態を提供しているので、社会人でも受講しやすくなっています。

自分の希望に合っているプログラミングスクールを探した上で、納得できるサービスを提供しているプログラミングスクールを選びましょう。