プログラミングスクール選びで失敗?原因や失敗しない選び方を解説!

数あるプログラミングスクールの中で、自分の目的に合わせて慎重に検討しないと、プログラミングスクール選びを失敗してしまう可能性があります。受講費用を支払ったのに、プログラミングスクール選びを失敗してしまうと、損をしてしまうでしょう。

今回はプログラミングスクール選びで失敗する原因や失敗しないための選び方について解説していくので、参考にしてみてください。

プログラミングスクールを選んだ時の失敗談

プログラミングスクールを選んだものの、自分の想定していた学習ができなかったなど、様々な失敗談があります。具体的に、どのような失敗談があるのか、実際の意見を含めて紹介していくので参考にしてみてください。

講師の質が悪かった

プログラミングスクールに通ったものの、講師の質が悪くてやめてしまったという失敗談がありました。プログラミングスクールによって講師の質は様々なので、事前に講師についてはどのような人が指導してくれるのか、確認しておくことが大切です。

講師の質で選ぶなら、現役エンジニアが常駐しているプログラミングスクールがおすすめになります。事前にチェックしておき、信用できるスクールで受講しましょう。

実際に、下記のようなコメントがあったので参考にしてみてください。

学習内容が難しくてついていけない

プログラミングスクールに通ったものの、難易度が高くてついていけないという意見もありました。プログラミング学習は覚えることがたくさんあるため、基礎的な知識を持っていないとついていくのが難しい可能性があります。

また課題も出されるので、自己学習もしっかりしていかないと、カリキュラム通りに学習が進められないのでうまく学習できない恐れもあるでしょう。

プログラミング学習は簡単なものではないので、集中して難しい問題にも取り組むことが重要になってきます。

実際に下記のようなコメントもあったので、参考にしてみてください。

講師に頼りきりになってしまう

プログラミングスクールは専門の講師がついてくれるので、わからないことも気軽に質問できます。しかし何でも質問していると、自分で考える力を養うことができなくなってしまうでしょう。

プログラミングスクールはあくまでも、生徒が効率よくプログラミングを学習するためにカリキュラムを組んでくれる場です。そのためできるだけ問題点も自分で解決して、どうしてもわからない時には、講師に尋ねるようにしましょう。

何でも聞いてばかりでは成長できないので、エンジニアとして活躍するなら臨機応変に対応できる力を身に付けることが大切です。

実際に、下記のような意見もあったので参考にしてみてください。

プログラミングスクール選びで失敗しないためのポイント

プログラミングスクールに失敗しないためにも、いくつか意識しておきたいポイントがあります。どのようなことを意識した上でプログラミングスクールを選ぶべきなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

プログラミングの基礎は把握しておく

プログラミングスクールを選ぶ前に、自分がどのような学習を行えばエンジニアになれるのか、事前に基礎だけでも学習しておくことをおすすめします。

基礎学習ができていないと、専門用語も理解できずプログラミングスクールの学習についていけず、失敗してしまう恐れがあるでしょう。

またどのようなプログラミング言語を習得したいのか、なりたいエンジニア像によって異なります。プログラミングの基礎知識を把握しておけば、学習すべきプログラミング言語が理解でき、選ぶコースも自然と選択できるようになるでしょう。

前もって学習の目的を決めておく

プログラミングスクールに通う前に、自分がなぜプログラミング学習を行いたいのか、目的をハッキリさせておく必要があります。目的がないと、人は学習を疎かにしてしまい、途中で挫折してしまう恐れがあるでしょう。

受講費用が高いプログラミングスクールを途中で辞めてしまうので勿体ないので、学習の目的を明確にしておき、継続して学習できるようモチベーションを高い状態に維持させる必要があります。

目的を持っておけば、十分なプログラミングスキルを身に付けようとする意思が芽生えるので、簡単に挫折する心配がなくなるでしょう。

無料カウンセリングを受けてスクールの雰囲気を感じる

プログラミングスクール選びで失敗しないためにも、受講するプログラミングスクールは慎重に検討する必要があります。そのためにも無料カウンセリングを受けて、どのような学習内容、講師が指導しているのか確かめておくことが大切です。

事前に無料カウンセリングを受けておけば、ミスマッチを防ぐきっかけになります。自分が想定しているような学習ができるのか、よく確認した上で受講するか検討しましょう。

プログラミングスクール選びで失敗しないための方法について

プログラミングスクール選びで失敗してしまうと、せっかくの受講費用が無駄になってしまう恐れがあります。失敗しないためにも、慎重にプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

プログラミングスクール選びで失敗しないためには、どのような方法があるのか詳しい内容を紹介していきます。

実績や知名度を参考にして決める

プログラミングスクールを選ぶ際に、実績や知名度があるスクールを選べば失敗するリスクは低減できるでしょう。特にエンジニアに転職したい方は、転職率が高いプログラミングスクールを選べば、ある程度は失敗しないはずです。

また運営歴が長いプログラミングスクールも、確かなサービスが人気で運営が継続されている可能性が高いでしょう。信頼できるプログラミングスクールを選ぶなら、実績や知名度を参考にして決めてみてください。

実際に利用した方のSNSや口コミを参考にする

プログラミングスクールが実際にどんなサービスを提供しているのか、体験してみないとわからないことは多いでしょう。そんな方は実際にプログラミングスクールを利用した方のSNSや口コミをチェックしてみてください。

どのようなサービス内容なのか、講師の方は丁寧に指導してくれたのか、雰囲気を感じとることができます。

経験者のリアルなコメントが参考にできるので、プログラミングスクールを選ぶ時の基準にできるでしょう。

自分が希望する学習スタイルで決める

プログラミングスクールの学習スタイルは、教室型とオンライン型の2種類が用意されています。教室型の場合は、実際に教室まで足を運ぶ必要があるでしょう。しかし複数人の生徒と一緒に学習できるので、モチベーションを維持させることが可能です。

オンライン型の場合は、自宅で受講できるので服装もラフな格好で受けることができます。ただ基本的には個人で学習を進める必要があるので、学習のモチベーションが低下しやすいのが難点です。

2つの学習スタイルから、自分に合っていると感じるスタイルを選べば、プログラミングスクール選びは失敗せず、継続的に学習を進めることができるでしょう。

どれくらいの学習期間が必要なのか期間で決める

プログラミングスクールによっては、どれくらいの期間をかけてプログラミング学習を行うのか必要な受講期間が異なります。短期間で学習するなら、その分1日のプログラミング学習時間も多くなるでしょう。

また長期的な受講期間にすると、受講費用が高くなる可能性もあります。バランスを考えて、自分に合う受講期間が設けられているプログラミングスクールを選んで失敗しないようにしましょう。

エンジニアとして就職希望なら就職・転職サポートの有無で決める

プログラミングスクールに通った後に、エンジニアとして就職を希望するなら就職・転職サポートがあるスクールを選びましょう。就職・転職サポートがないプログラミングスクールの場合は、カリキュラムが修了したら自分で求人を探す必要があります。

しかし就職・転職サポートがあるプログラミングスクールの場合は、カリキュラムが修了してから数ヶ月はエンジニアとして就職・転職できるまでサポートしてくれるケースがあるでしょう。

また就職・転職サポートでは、面接練習や履歴書添削までサポートしてくれることもあるので、個人で就活するよりも楽に内定をもらうことができるはずです。

プログラミングスクールと提携しているIT企業の求人を紹介してもらえるケースもあるので、エンジニアとして就職・転職しやすい方はサポート付の方が失敗しないでしょう。

プログラミングスクールで失敗せずに学習する方法

プログラミングスクールに通ったものの、学習がうまくいかず失敗してしまう方もいるかもしれません。そうならないためにも、効率よく学習する方法があります。

プログラミングスクールで失敗せずに学習する方法について解説していくので、参考にしてみてください。

暗記よりもアウトプットで実践経験を培う

プログラミングスクールの学習で失敗しないためのポイントとしては、教材を暗記するのではなく、アウトプットを繰り返し行い、コードの書き方を体感で覚えるということです。

プログラミングのコードはアプリやWebサイトによって異なるため、暗記したとしてもあまり意味がありません。

それよりもコードを何度も繰り返して書き込むことで、コードを書くスピードを向上させる方がエンジニアとして優秀な人材に成長できます。

またコードを書き込むことで、実践的な経験が積めるので、自分にも自信が出てくるでしょう。自分でわからない部分は調べてコードを書くスキルもエンジニアにとって大切な能力なので、アウトプットによって自然と身に付けることができるようになります。

どうしてもわからない部分は講師に質問する

プログラミングスクールにおいて大きなメリットになるのは、専門的な知識を持っている講師に質問できるという点です。ただ全て講師の力に頼って質問ばかりしていては、自分で考える力が培われていかないので、質問する時はどうしてもわからない時に限定しましょう。

また質問する時は、漠然とわからないところを示すのではなく、なぜ問題が発生しているのか想定を踏まえて話をすると良いかもしれません。

エンジニアとして発想力と論理的思考力は重要なので、考える力を養うきっかけになります。

同じように学んでいる生徒と交流する

プログラミングスクールで失敗しやすい人の特徴として、個人でプログラミング学習を行っているという点が挙げられます。個人でプログラミング学習を行うのは、自分のペースで学習できますが、モチベーションが低下してしまう恐れがあるので注意が必要です。

同じようにプログラミングスクールで学んでいる方と交流すれば、一緒に頑張っている気持ちになり、モチベーションの低下を防ぐことができます。

プログラミングスクールの中には、チーム開発を行うカリキュラムを組んでいるスクールもあるので、積極的に交流してモチベーションを高めていきましょう。

プログラミングスクールの学習で失敗しがちな人の特徴

プログラミングスクールに通って学習を行っていても、途中で挫折してしまい失敗してしまう人はいます。どのような人がプログラミングスクールの学習で失敗しがちなのか、詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

普段から調べるのが得意ではない人

プログラミングにおいて重要なのは、問題点を調べてコードミスを改善する能力です。実際、現場のエンジニアでもわからないことは自力で調べるケースも多いので、エンジニアとして活躍するなら必要不可欠な力になります。

しかし普段から調べるのが苦手で、面倒くさいと感じる方はプログラミングに向いていない可能性が高いでしょう。

反対に、普段からわからないことがあれば、インターネットを利用して調べる力が付いている人は、プログラミングに何らかの問題が発生した時には、素早く対応できる力が身に付けられるはずです。

プログラミングを楽しめない人

プログラミングは常に同じようなコードを書き込む作業が多いため、プログラミングが楽しいと感じない人はプログラミングスクールに通っても、途中で挫折して失敗してしまう恐れがあります。

ゲーム感覚でコードを書き込み、楽しくプログラミングを行える人はエンジニアとして働いても長続きする可能性があるでしょう。

プログラミングが楽しいと感じる人は、どんどんゲーム感覚で成長していくので、エンジニアとして成功できる可能性が高くなります。

理由を付けて継続して学習できない人

プログラミングスクールで学び、エンジニアレベルまで成長するには時間がかかります。そのため何かにつけて、仕事が忙しかったからなど理由を付けて自己学習を怠る人は、プログラミングスキルを向上させることができないでしょう。

プログラミングは時間をかけるほど、スキルが培われていくので、1日だけでもプログラミング学習を怠ると取り戻すのに時間がかかります。

継続してプログラミング学習を行わないと、プログラミングスクールに通っていても失敗してしまう恐れがあるので注意が必要です。

プログラミングスクールの成功談を紹介

プログラミングスクールを受講して失敗した方もいれば、成功した方もいます。プログラミングスクールの成功談について紹介していくので、参考にしてみてください。

今の仕事からIT関係に転職できた

今の仕事から抜け出して、IT関係の仕事に就きたという気持ちからプログラミングスクールに通ったというコメントがいくつかありました。

実際、未経験からプログラミングスクールに通って転職が実現できた方は多いようです。就職・転職サポートを利用すれば、カリキュラム修了後も手厚くサポートしてくれるのでおすすめになります。

個人で就活するよりも就職・転職サポートが付いている方が、安心して就活できるでしょう。

実際に就職・転職に関しては、下記のようなコメントがありました。

無料相談を通じて自分に合っているプログラミングスクールに出会えた

プログラミングスクールをどこにしようか悩んでいる時に、無料相談や無料カウンセリングを通じて、理想的なプログラミングスクールに出会えたと口コミがありました。

実際、無料相談なしにプログラミングスクールに通うと、想定と違った環境や学習内容にガッカリする方はいるでしょう。

どのようなプログラミングスクールなのか見極めるためにも、1度は無料相談や無料カウンセリングを利用することが大切です。

無料相談や無料カウンセリングでは、どのような学習内容で講師が指導してくれるのか理解できるので、プログラミングスクールを決める時の指針になります。

実際に下記のようなコメントがあったので、参考にしてみてください。

うまくプログラミングスクールを利用すれば効率よく学べる

プログラミングスクールをうまく利用すれば、効率よくプログラミング学習できると口コミではありました。

実際、プログラミングスクールはカリキュラムを組んで、効率よくエンジニアになるための指導を行ってくれます。わからないことは講師に尋ねることができるので、独学で学ぶよりも効果が期待できるでしょう。

ただ受け身になりすぎると、自分で問題解決する能力が失われてしまうので、あくまでも講師に尋ねるのは、問題点が全くわからなくなった時に質問することが大切です。

実際に、下記のようなコメントがあったので、参考にしてみてください。

プログラミングスクール選びで失敗しないための比較方法

プログラミングスクール選びで失敗しないためにも、いくつかのプログラミングスクールを比較した上で、自分の目的に合ったプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

プログラミングスクールの比較ポイントを解説していくので、参考にしてみてください。

学習スタイルは教室型・オンライン型どちらなのか

プログラミングスクールでは、教室で受講する教室型と、インターネットを介してマンツーマンで指導を受けるオンライン型の2つの学習スタイルがあります。

どちらのスタイルを採用しているプログラミングスクールなのか、比較した上で自分に合った学習スタイルのスクールを選ぶことが大切です。

教室型は教室に通う手間はありますが、他の生徒と一緒に学習できるのでモチベーションが下がりにくいのが特徴になります。オンライン型の場合は、自宅で受講できるので気楽に受講可能です。しかし基本的には個人で勉強しないといけないので、モチベーションが下がってしまう恐れがあります。

どちらもメリット・デメリットがあるので、自分に合った学習スタイルを選びましょう。

マンツーマンかグループレッスンどちらなのか

プログラミングスクールの受講方法として、講師から個別で指導を受けるマンツーマンタイプか、複数人で受講するグループレッスンタイプの2つがあります。

マンツーマンレッスンは基本的にオンラインで対応しているケースがあり、効率よくプログラミング学習を行うことができるでしょう。ただチーム開発といった、エンジニアで経験するような実践的な業務が行えないので、モチベーションが下がる傾向にあります。

グループレッスンの場合は、他の生徒と一緒に学習するためモチベーションが下がる心配がありません。ただマンツーマンと比較して、疑問点が質問しづらいのが難点です。

どちらの受講方法が自分に合っているのか検討した上で、自分に合った受講方法を採用しているプログラミングスクールを比較して受講しましょう。

受講期間は長いのか短いのか

プログラミングスクールの中には、短期間で集中してプログラミング学習を行う「短期間タイプ」とゆっくりと時間をかけてプログラミング学習を行う「長期間タイプ」があります。

短期間タイプと長期間タイプ、どちらの方が良いのか慎重に決めて、自分に向いているタイプを採用しているプログラミングスクールを選びましょう。

短期間は集中してプログラミング学習が行えますが、1日の学習時間が長くなるので、一気に詰め込む必要があります。長期間はじっくりと学習に取り組めますが、長期的に学習するのはモチベーションを維持するのが大変です。

自分に合っているのはどっちのタイプなのか、よく検討しましょう。

就職・転職サポート内容について

プログラミングスクールによっては、就職・転職サポートの内容が異なります。そのため自分が想定しているサポートを行ってもらえるのか、事前にサポート内容をチェックしておくことが大切です。

例えば就職・転職支援を行っているプログラミングスクールは、キャリアアドバイザーなどから求人案件の紹介などを受けることができます。しかし紹介してもらえる求人は限定されているなどのデメリットもあるでしょう。

次に就職・転職保障があるプログラミングスクールがあります。こちらは、就職・転職できなかった場合は受講料が戻ってくるといった保障があるのが特徴です。

どのような就職・転職サポートを希望するのか、プログラミングスクールのサポートを比較して決めましょう。

まとめ

プログラミングスクール選びは慎重に行わないと、失敗して受講費用が無駄になってしまう恐れがあります。自分の目的に合わせて、適切なサポートを行っているプログラミングスクールを選ぶようにしましょう。

また失敗する原因としては、自分で問題解決せずに講師に頼りっきりになっている可能性もあります。問題が発生した時には、自分で解決できる分は解決して、わからない内容の時は講師に相談するようにしましょう。

プログラミングスクールによって学習内容やサポートは異なります。プログラミングスクール選びで失敗しないためにも、よくサービス内容を比較してから決めるようにしましょう。