プログラミングで月5万稼ぐためには?方法や学習の仕方について解説

プログラミング学習を始めて、月5万円は稼げるようになりたいと、目標を立てる人はいるでしょう。最初は顧客からの信用もないため、月に何十万と稼ぐことは難しいです。

そのため月5万円の目標を立てて、徐々に稼ぎを増やしたいという方が多い傾向にあります。

今回はプログラミングで月5万円稼ぐためには、どのような方法があるのか詳しい内容を解説していくので、参考にしてみてください。

プログラミングで月5万円稼ぐ方法とは?

プログラミングスキルを活用して月5万円稼ぎたい場合、どのような方法が考えられるでしょうか。プログラミングで月5万円稼ぐ方法について解説していくので、参考にしてみてください。

クラウドソーシングで案件を受注する

クラウドソーシングでは、様々な案件が受注できます。プログラミングの案件も多数用意されているため、自分に合ったレベルの案件を見つけることができるでしょう。

クラウドソーシングであれば、短期間で数万円は稼ぐことができるので、月5万円の目標も達成できる可能性があります。

クラウドソーシングは、インターネットを通じて仕事を探している人と、仕事を発注する企業をマッチングさせるためのサービスなので、自分と相手の目的が合えば仕事を紹介してもらえるのが特徴です。

クラウドソーシングの中には、プログラミング経験が浅い人でも受注できる案件が紹介されているので、気軽に案件を紹介してもらうことができます。ただ中に、専門的な知識がないと対応できない案件もあるので注意が必要です。

万が一対応できない場合は、責任問題に問われる可能性があるので、自分が対応できるレベルの案件を選びましょう。

クラウドソーシングで受注できる案件の金額は様々ですが、1万円~30万円程度の案件がたくさんあるので、興味があれば受注してみてください。

エージェントサービス経由で仕事を受注する

エージェントサービスとは、エージェント経由で様々な案件を労働者に紹介してくれるサービスを指していて、スムーズな交渉が実現できます。

エージェントサービスでは、自分が希望する案件を紹介してもらえるだけでなく、単価交渉まで任せることが可能です。専門的な知識を持っている方に案件を紹介してくれる傾向にあるので、単価が高い案件もたくさんあります。

単価が高い分、求められる知識や技術も高いレベルになるので、初心者の方が受けられるような案件ではないでしょう。ある程度、プログラミングスキルに自信がある方は受注してみてください。

友人や知人から仕事を斡旋してもらう

月5万円の案件を受注するなら、友人や知人から仕事をもらうという方法もあります。例えば経営している店舗や会社のHPを作成して欲しいという依頼を請け負えば、報酬がもらえることもあるでしょう。

インターネットでHPを作成したいと考えている方は多いので、声をかけてみれば、案外依頼したいと相談してくれる方はいます。

まだプログラミング歴が浅い方であれば、こういった案件で実績を作れば、今後の仕事を受注しやすくなる可能性があるでしょう。

知り合いに声をかけてみて、何らかの仕事を受注できないのか相談してみてください。

独自のアプリやWebサイトで稼ぐ

自分でオリジナルのアプリやWebサイトを製作して、広告収入を得るという方法があります。また課金制にして、ユーザーが課金してくれれば収益が得られるといった方法でも、月5万円は稼げるようになるかもしれません。

ただプログラミング歴が浅い方では、安定して収入を得ることは難しいので、ある程度は実績を重ねないといけないでしょう。

独自のスマホアプリを開発して販売する

ユーザーに必要とされるスマホアプリを開発して販売すれば、月5万円といわず、かなりの収入が得られる可能性があります。人気のあるアプリが開発できれば、一気に収入が増えるケースもあるでしょう。

ただ人気のあるアプリを開発するためには、労力もスキルもないと難しいので、ある程度は実績がないと大変です。

プログラミングで月5万円の収入を得るために大切なこと

プログラミングで月5万円の収入を得るためには、どのようなことを意識して活動しないといけないのでしょうか。

月5万円稼げるために大切なポイントを紹介していくので、参考にしてみてください。

プログラミング実績がないと信用されない

月5万円は稼ぎたいといっても、顧客から自分のプログラミングスキルが認められないと案件を紹介してもらうことができません。

安定して案件が受注できるようになるためにも、Webサイトの製作やアプリを開発した実績を持つことが重要になってきます。

自作のアプリでも良いので、ポートフォリオとなるものを製作して、顧客に自分が十分なプログラミングスキルを持っていると証明することが大切です。

自分のプログラミングスキルを見極めて対応可能な案件を見極める

クラウドソーシングなどでは、様々な案件が紹介されています。その中で自分に対応可能な案件かどうか見極めてから、案件を受注することが大切です。

自分のプログラミングスキルに合わない案件を受注してしまうと、納品できずトラブルに発展する恐れがあります。無理をせずに、自分に合った案件を選ぶことが、月5万円の収入を安定して得るために大切です。

プログラミングで月5万円稼ぐための案件を受注するためのコツ

プログラミングで月5万円を安定して稼ぐために、案件を受注するためのコツを紹介していきます。どのようなポイントを押さえておくべきなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

顧客に注目されるメッセージやプロフィールを作成する

プログラミング案件を獲得するためには、顧客に注目される人材ではないといけません。そのため顧客に送るメッセージやプロフィールは、顧客が依頼したい人物像を意識した内容にする必要があります。

丁寧なメッセージに、稼働時間や対応可能な業務、今までの実績などを記載して信頼できる人物であることをアピールしましょう。

うまくいけば、顧客に気に入られて案件が受注できるかもしれません。

初めては実績を作るために案件を受注する

プログラミングで稼ごうと考えていても、すぐに顧客から案件がもらえるとは限りません。そのためまずは実績を作るために、比較的安価な案件を受注して実績を作ることから始めましょう。

実績が増えるほど、様々な顧客を獲得できるチャンスになるので、月5万円といわず個人事業として活躍できるほどの収入が得られる可能性があります。

最初は高単価な案件を狙わずに、積極的に実績を増やすことを意識して仕事を受注していきましょう。

テンプレのメッセージは嫌煙される傾向にある

よくある定型文は、顧客が独自性がないとして嫌う傾向にあります。そのためテンプレ感のあるメッセージは極力避けて、顧客が希望する人材イメージに近いようなメッセージを送ることが大切です。

例えば対応可能時間や以前の実績と、今回の案件が近い内容であることを述べる内容なら、顧客も注目してくれるかもしれません。

オリジナル性のあるメッセージを送って、自分に注目してもらえるように発信していきましょう。

案件に応募する件数をできるだけ増やす

実績の少ない方がプログラミング案件を受注するためには、似たような案件にたくさん応募することが大切です。応募する件数が多いほど、自分が選ばれる可能性が高くなるので、仕事を受注できるチャンスが増えます。

クラウドソーシングなどのサイトは、応募者も多いので、自分が選ばれない可能性も高いです。そのため、できるだけ多く応募して案件獲得のために積極的に行動しましょう。

プログラミングで月5万円稼ぐ際の注意点

プログラミングで月5万円稼ぐことは大切ですが、いくつか注意しておきたい点があります。どのような点に注意すべきか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

スキルだけが全てではない

プログラミングで月5万円の稼ぎを得たいのであれば、大切なのはスキルだけではありません。プログラミングスキルは持っていた方が良いですが、それだけではなく、積極的な行動をとることが重要になってきます。

案件を獲得するために、一つでも多くの案件をチェックして、自分にマッチした案件に応募するようにしましょう。

できるだけ多くの案件を獲得することが、安定した収入を得るための近道になります。

クラウドソーシングを利用する人は増えている

同じように月5万円稼ぎたいと考えている人は増加傾向にあります。そのため実績がない人が案件に応募した時に選ばれるためには工夫が必要になってくるでしょう。

自分なら他の人とは違い、このようなサービスを提供できる、個人事業だから対応できる件数が多いなど、様々なアピールポイントを伝えることが大切です。

自分にしかない武器をアピールすれば、自然と受注できる案件は増えていくでしょう。

プログラミングで月5万円稼ぎたいという人によくある質問

プログラミングで月5万円程度は稼ぎたいという人は、年々増えています。その中でよくある質問について紹介していくので、参考にしてみてください。

40代・50代でも月5万円は稼げるようになるのか?

プログラミング案件に年齢制限は設けられていないので、40代・50代の方でも月5万円は稼ぐことができます。特にクラウドソーシングは、十分なプログラミングスキルがあれば、年齢関係なく案件を紹介してもらえるので、安心してください。

ただその分、実績やプログラミングスキルが求められるので、ある程度のレベルに達していないと案件を紹介してもらえない可能性があるので注意してください。

月5万円と言わず数十万円・100万円程度は稼げるようになるのか?

プログラミング案件で数十万円・100万円程度稼ごうと思うと、個人事業ではないと対応できないでしょう。個人事業であれば、顧客から信用してもらった方なら安定して案件を紹介してもらえるので、高収入が期待できます。

ただ収入を増やすためには、十分なプログラミングスキルがないと難しいでしょう。まずは実績を増やしていき、信頼されるエンジニアとして活躍することが大切です。

プログラミング言語の中には稼ぎにくいものがある?

プログラミング言語でいえば、PythonやC言語では収入が増えない可能性があります。まずPythonの場合は、需要が高まっているといっても、企業からの依頼ではないと必要とされない言語であるため、案件としては簡単に回ってこないでしょう。

次にC言語ですが、習得が少し難しいので月5万円稼ぎたいという方には、少し難易度が高いと言えます。月5万円稼ぐことを意識するなら、Web製作関連のPHPなどを学習することが大切です。

効率よくプログラミング学習を行うならどうしたら良い?

プログラミングを短時間で身に付けたいのであれば、プログラミングスクールに通うのは近道でしょう。プログラミングスクールでは、専門知識を持っている講師が指導してくれるので、効率よく学習を進めることができます。

カリキュラムの最後には、ポートフォリオを製作する課題もあるので、実績をつくる意味でもプログラミングスクールに通う価値はあるでしょう。

実践的なプログラミングスキルを身に付けることができるので、効率よく学習したいならプログラミングスクールはおすすめです。ただ費用がかかるので、ある程度は予算に余裕がある方ではないとスクールに通いにくいでしょう。

プログラミング案件なら在宅ワークとして働ける?

案件にもよりますが、基本的にプログラミング案件は在宅ワークとして紹介されているケースが多いです。自宅にいながら仕事ができるので、子育て中の方でも対応できる可能性があります。

ただ在宅ワークでの対応は、顔が見えない相手だからこそ信用を勝ち取ることが重要になってくるでしょう。少しのミスも受注減に繋がるので、対応は慎重に行うことが大切です。

まとめ

プログラミングで月5万円稼ぐためには、クラウドソーシングなどを活用すれば早いでしょう。ただ自分に合っている案件を選ばないと、トラブルの原因になるので注意が必要です。

また月5万円といっても、未経験の方が稼ぐためには十分な信頼を勝ち取ることが重要になります。まずは実績を重ねていき、最終的には高単価な案件を狙えるように努力することが大切です。