プログラミングの勉強はどうすれば良い?効率の良い学習方法について!

未経験の方がプログラミングを勉強する場合、どのような学習方法であれば、効率よく学ぶことができるのでしょうか。近年、IT化が進むにつれてプログラミングを学びたいという方は増加傾向にあります。

今回はプログラミングを勉強する方法について解説していくので、参考にしてみてください。

目次

プログラミングを勉強する時にはどのような流れで学習する?

プログラミング初心者の方の場合、どのように勉強すれば良いのか、流れ自体を理解していない方も多いでしょう。そんな方のために、プログラミングを勉強する時の流れについて解説していくので、参考にしてみてください。

プログラミングを勉強する理由についてハッキリとさせておく

プログラミングを勉強する前に、なぜプログラミングを習得したいのか、理由をハッキリさせておくことは重要です。明確な理由がないと、勉強を始めたとしても長続きせずに、挫折してしまう恐れがあります。

モチベーションを高く維持するためにも、プログラミングを勉強して独自のアプリを作りたい、エンジニアとしてIT業界に転職したいなど、できるだけ明確な理由を考えておきましょう。

現在の状態と最終目標の距離を理解しておく

プログラミングの勉強を始める前に、今のプログラミングに対する知識やスキルと、最終目標のイメージとは、どれくらいの距離があるのか把握しておくことが大切です。

事前に距離を理解しておけば、何を行えば良いのか課題を明確にすることができます。

例えばエンジニアになるのが最終目的で、現状が未経験の状態なら、まずはプログラミングの基礎から学び、それから学習したい言語を選択することが重要です。

最終目標を理解しておけば、どのような言語を勉強すれば良いのか、自然とわかるようになります。

目標に向けてどのようなスキルが必要になるのか理解しておく

次に目標に向けて、どのようなスキルを習得しないといけないのか、必要な行動を理解しておくことが重要です。例えばAI開発に携わりたいのであれば、Python言語を習得する必要があるなど、必要なスキルを特定することができます。

明確に必要なスキルが判断できれば、目標に到達するために効率の良い学習を実現することが可能です。

どのように勉強するのか計画を立てる

目標や必要なスキルを理解したなら、プログラミングが十分なレベルに達するまで、どのように勉強するのか計画を立てていきます。独学で学習する方法もありますが、効率よく勉強するならプログラミングスクールに入った方が良いでしょう。

自分の目標を達成するためには、どのような勉強方法が良いのか、正しく判断して計画を立てることを意識してください。

挫折せずに継続的に勉強を行う

目標に向けた計画を立てたのであれば、プログラミングの勉強を開始していきます。様々な問題が出てくるので、途中で挫折することなく学習できるように継続的に勉強を行うことが大切です。

できるなら毎日プログラミング学習を続けた方が、覚えたことを忘れずに実践することができます。

勉強の時間は無理せず適度な時間で問題ありませんが、少しの時間でも毎日勉強する意識を付けた方が良いでしょう。

プログラミングを勉強する方法について

プログラミングを勉強する方法としては、主に独学とプログラミングスクールに通う方法があります。どちらの方が良いのか、それぞれの特徴を紹介していくので、参考にしてみてください。

費用がかからない独学での勉強

独学でプログラミングを勉強するメリットとしては、プログラミングスクールに通うための費用がかからないという点です。低コストで勉強を始めることができます。

また自分のペースで勉強を行えるので、ゆっくりと無理なく学習を進めることが可能です。プログラミングスクールの場合は、ある程度の拘束時間があるので、仕事帰りなどで時間が取れない方は独学で学ぶ方が良いかもしれません。

ただ独学での勉強は、一人で学習を進める必要があるため、わからない課題が出た時に途中で挫折してしまう恐れがあります。モチベーションを維持することが難しいので、一人で勉強できないという方は独学での勉強は辞めた方が良いかもしれません。

効率よく勉強できるプログラミングスクール

プログラミングスクールの場合、プロのエンジニアがカリキュラムを組んでくれるので、効率よく勉強することができます。未経験の方でも、基礎的な部分から指導してもらえるため、順を追って学習を進めることが可能です。

独学では自分一人で学習をしないといけないため、時間がかかってしまう課題でも、講師がいれば短時間で学習できます。

ただプログラミングスクールは費用が高いため、毎月の支払いは余裕を持っておくことが大切です。プログラミングスクールによって費用は違うので、予算を検討してから受講するのか判断していきましょう。

またカリキュラムによっては、仕事帰りに疲れている状態でプログラミングの勉強をしないといけないケースがあります。時間調整が難しいので、計画的に勉強を進めておくことが大切です。

独学でプログラミングを勉強する方法について

独学でプログラミングを勉強するためには、どのような方法があるのでしょうか。独学で勉強する方法について解説していくので、参考にしてみてください。

書籍を参考にプログラミングを勉強する

プログラミングに関する書籍を利用して、プログラミングを独学で勉強する方法があります。プログラミングの基礎から書かれている本も多いので、自分のレベルに合わせて、適切な本を選択することができるでしょう。

ただプログラミングに関する書籍はたくさんあります。どの本なら勉強しやすいのか、見極めることは難しいです。無理して難易度の高い本を購入してしまうと、途中で挫折する原因にもなります。

未経験の方なら、まずは入門編の本から勉強を始めてみると良いでしょう。

YouTubeなどの動画から勉強する

YouTubeでは、プログラミングについてわかりやすく説明してくれる動画がいくつかあります。その動画を参考にしながら、プログラミングを勉強することができるでしょう。

本とは違い、動画で解説しているので、動きもついて理解しやすい傾向にあります。ただ動画の内容はそれぞれ異なるので、自分に合っているプログラミングの動画を見つけるのは大変です。

また動画でコードの書き方などを参考にしても、開発環境などが整っていないと、実践してプログラミングを書き込めないこともあるので注意しましょう。

学習サイトを利用して勉強する

ネットでは、無料で利用できる学習サイトがあります。言語に合わせて、適切な学習サイトが用意されているので、自分が勉強したい言語に対応している学習サイトを見つけてみましょう。

学習サイトはPCからだけではなく、スマートフォンなどでも学習を進めることができます。無料なので、お得にプログラミングの勉強を進めることができるでしょう。

ただ学習サイトは基本的な部分しか書かれていないことも多いので、本格的にアプリ開発などを行う時には、独学の勉強だけでは達成できないケースもあります。

効率よくプログラミングを勉強するコツについて

プログラミングの勉強は、ただ適当に学習するだけでは意味がありません。しっかりコツを押さえて、効率的に勉強すれば、言語の習得も早くなるでしょう。

効率よくプログラミングを勉強するコツについて、詳しく解説していきます。

教材をそのまま覚えても意味がない

プログラミングを勉強する時に、教材を見て言語などを学ぶことがあります。この時に、教材をそのまま覚えても、実践では意味ないということを理解しておくことが大切です。

実際には基礎的な部分を覚えるために教材は必要ですが、同じところを何回も読んで覚えたとしても、基本的なことしか勉強することができません。

教材を理解した後は、プログラミングを行って実践的なスキルを身に付ける必要があるので、ただ教材を読んでいるだけで勉強している気持ちにならないように注意しましょう。

アウトプットを行うことが大切

勉強としてインプットを意識する方が多いですが、プログラミングを効率よく学ぶならアウトプットを意識する必要があります。アウトプットとは、勉強したことを実際にプログラミングとして書き込んでみて、どのような機能があるのかなど、実践してみることです。

アウトプットを繰り返さないと、実践的なスキルを身に付けることができないので、エンジニアとして活躍することは難しくなります。

短期で集中的に勉強した方が良い

自分のペースで勉強することも大切ですが、実践的なスキルを身に付けて、自分の力を付けるためには短期間で集中的に勉強を進めた方が良いです。

プログラミング言語をゆっくりのペースで勉強しても、身に付くことは少なく、断続的な学習になってしまいがちになります。断続的な学習では、せっかく覚えたことも次の日には忘れてしまっていることも多いので、また同じことを繰り返して覚える結果になるでしょう。

効率よく勉強するなら、短期で集中的に学ぶことを意識してください。

プログラミングスキルを磨くためのステップアップ

プログラミングを勉強して、スキルを磨くためには効率よく学習を進めることが大切です。スキルを磨くためにはどうすれば良いのか、ステップアップの方法を紹介していきます。

まず何を開発したいのか検討する

プログラミングスキルを磨くためには、まず何を作りたいのか、開発したいものを強くイメージしましょう。そうすればアプリを作る時に、どのような機能性を持たせたいのか、明確な意思を持って開発を進めることができます。

開発は企画力も重要になってくるので、プログラミング作業に入る前に、どのように開発していくのかしっかり意識していきましょう。

開発に必要な言語や技術を把握しておく

開発のイメージができたら、次は開発するためにはどのような言語や技術が必要なのか、調べておきましょう。例えばWebページの構造を製作するなら「HTML/CSS」言語が必要になってきます。

開発したいものによって、必要な言語は異なるので、明確に開発するものをイメージしておくことは大切です。プログラミングスクールに通っているなら、開発したいものを講師に説明して、そのために必要な言語をカリキュラムに組み込んでもらいましょう。

実際に開発を進めていく

プログラミングの基礎や必要な言語を習得した後は、実際に開発を進めていきましょう。個人で開発していると、わからないことなど壁に当たってしまうことがあります。

そんな時は諦めずに、継続的に問題解決のために努力しましょう。プログラミングでは、壁に当たることはよくあります。その段階でどのように改善すれば良いのか理解できれば、エンジニアに必要な問題解決力が身に付けられるでしょう。

またプログラミングスクールに通っているなら、講師に尋ねてみてください。わかりやすく解説してくれるので、一人で悩んでいるよりも素早く問題解決できます。

開発したものを納得できるまでアレンジしていく

開発が完了した後は、さらに便利な機能性を持たせるなど、納得いくまでアレンジしていきましょう。完成したものを改良していけば、今後案件が回ってきた時に経験として蓄積されていきます。

もしミスが出てしまった時には、なぜミスが出たのかなど、ミスを発見する力を身に付けるきっかけにもなるでしょう。

うまくできたアプリなどは、公開して他の人に使ってもらうこともできます。不労収入として収益に上げられる可能性もあるでしょう。

プログラミングの勉強でプログラミングスクールを利用するメリット

プログラミングを勉強する際に、プログラミングスクールを利用する場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。プログラミングスクールを利用するメリットについて解説していきます。

自分の勉強したい言語を効率よく学べる

プログラミングスクールに通えば、自分が開発したいものに合わせて、適切な言語を勉強することができます。

未経験の方はどのような言語を学べば良いのかわからない方も多いでしょう。そんな時は、プログラミングスクールの無料体験で尋ねてみれば、自分が勉強したいコースがどれなのか判断できます。

独学で勉強する場合は、何から学べば良いのかわからず、効率悪く学習を始める可能性があるでしょう。その点、プログラミングスクールなら、講師が必要な言語だけを教えてくれるので、効率よく必要な言語が勉強できます。

独学のように挫折する心配が少ない

独学の場合、課題にぶつかった時、自分で解決できずに途中で挫折してしまうことがあります。しかしプログラミングスクールなら、講師がわからないことに対して回答してくれるので、挫折することなく勉強を続けることが可能です。

またわからないことをそのまま放置していると、モチベーションの低下に繋がりますが、プログラミングスクールならすぐに回答してくれるので、モチベーションが下がることも少ないでしょう。

プログラミングスクールによっては転職サポートが受けられる

プログラミングスクールによっては、IT業界への転職サポートを行ってくれることがあります。未経験の方でも、履歴書の作成から面接の対策まで一緒に行ってくれるため、安心してサポートを受けることができるでしょう。

またプログラミングスクールによっては、他のところにはない求人情報も提示してくれるので、好待遇の求人を見つけることができるかもしれません。

プログラミングの勉強でプログラミングスクールを利用する注意点

効率よくプログラミングを勉強できるプログラミングスクールですが、入会する前に注意しておきたいことがいくつかあります。どのようなことに注意しておくべきなのか、詳しい内容を解説していきましょう。

毎月の受講費用が高い

プログラミングスクールは、受講費用が毎月かかるため支払いが大変になることがあります。事前にどれくらいの費用がかかるのか、調べてから予算に合った学習方法を選択することが大切です。

プログラミングスクールによって費用は異なるので、事前に確認しておきましょう。

エンジニアになることが約束されている訳ではない

プログラミングスクールで勉強したからといって、エンジニアになれることが約束されている訳ではありません。状況によっては、十分なスキルに到達していなかったり希望の求人に通らなかったりする可能性があります。

あくまでもプログラミングを効率よく勉強できるのが、プログラミングスクールなので、転職サポートも過信しないようにしましょう。

まとめ

プログラミングを勉強するためには、独学とプログラミングスクールで学ぶ方法があります。どちらも特徴が異なるので、自分に合った勉強方法を選択しましょう。

基本的にはプログラミングスクールの方が効率よく勉強できますが、費用がかかります。予算と相談した上で、プログラミングスクールに通うのか判断していきましょう。