rbenvを使ったrubyインストール方法(Mac・linux)

rbenvは、rubyのバージョン切り替えが簡単になる非常に便利なツールです。rubyを使って実務に就きたい方はインストールして使い方を把握しておきましょう。この記事ではMacやLinuxで簡単にインストールする方法を紹介します。

rbenvとは

rbenvとはrubyの複数のバージョンを管理し、切り替えるツールです。「アールビー・エンブ、アールベンブ」と読みます。rbenvはインストール必須のツールではありません。しかし、rbenvを使用するとプロジェクトごとにrubyのバージョンを使い分けることができます。rubyがバージョンアップされると、過去のバージョンのrubyで制作したアプリが使えなくなることもあり、そのような時はrbenvを使ってrubyの過去のバージョン環境を構築すれば問題なく動作するようになります。

使っている環境全体のバージョンを書き換える訳ではないため、ディレクトリごとにバージョンを設定することも可能です。仕事上複数のバージョンを使い分ける事が多いプログラマーにとってメリットが多いため、rbenvの活用が広まっています。

一緒にインストールするruby-buildとは

ruby-buildとはrbenvのプラグインの1つです。ruby-buildはrbenvと一緒にインストールして使用します。そしてrbenvを使用するときは基本的にruby-buildも一緒に使用します。ruby-buildが提供する機能は「rbenv install」コマンドです。このコマンドはバージョンをインストールするために必要です。

似た機能を持つRVMとは

RVMはrbenvと同様に、rubyの複数のバージョンを切り替えるツールです。正式名称はruby Version Managerです。機能はrbenvと似ていますが、別物のツールです。大きく異なる点としてrbenvはruby-buildを使ってrubyのバージョンをインストールしますが、RVMにはあらかじめインストール機能が備わっています。またrbenvの方が軽量でコンパクトなツールです。

これらの違いを考慮しながら、ご自身に合ったツールを選択する必要があります。ただしrbenvはRVMと相性が悪いため、RVMが既にインストールされている場合は、rbenv導入前にRVMをアンインストールしましょう。

rbenvの仕組み

rbenvではPATH環境変数とシンボリックリンクを用いて、バージョンを切り替えています。バージョンの切り替えに用いられるコマンドは「rbenv global」「rbenv local」「rbenv shell」です。どのコマンドもどこかにバージョン情報をセットしています。インストールしたrubyのバージョンは、コマンド実行時にversionsディレクトリに格納されます。そしてバージョンに対応した名前で、ディレクトリが作成されます(「2.5.1」など)。バージョンの切り替えは、このようにセットされたバージョン情報を優先順位に従って探索し、最初に見つかったバージョンから利用する仕組みです。優先順位は「RBENV_VERSION 」「.ruby-version」「 ~/.rbenv/version」の順で高くなっています。

【Mac】Homebrewを使ったrbenvのインストール方法

Homebrewを用いたrbenvのインストール方法を紹介します。Macをお使いの方はHomebrewを使うと簡単にインストールができるため、ぜひ以下の方法を試してください。

事前準備 Homebrewをインストール

Homebrewとはパッケージのインストールを一元管理するシステムです。Macでrbenvをインストールする場合は、一般的にHomebrewを使います。rbenvをインストールするための事前準備として、Homebrewをダウンロードしましょう。インストール方法は非常に簡単です。Homebrewのホームページに記載されているスクリプトを、ターミナルに貼り付けるだけで完了します。

$ brew --version   Homebrew 1.3.0

コマンドを実行し、上記のように表示されればインストールが完了している証拠です。既にインストール済みの方は、rbenvをインストールする前にHomebrewバージョンを確認しましょう。Homebrewが古いバージョンであれば事前にアップデートする必要があります。

rbenvのインストールコマンド

まずHomeBrew のパッケージツリーを更新し、rbenv とruby-build をインストールします。下記がrbenvインストールコマンドです。

$ brew install rbenv ruby-build

次にrbenv の初期化スクリプトを .bash_profile へ追加するコマンドを入力します。

$ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

最後に.bash_profile を実行後、動作を確認します。この確認作業で用いるコマンドは以下の通りです。

$ source ~/.bash_profile $ rbenv --version

【Linux】Gitを使ったrdenvのインストール方法

続いてLinuxを使っている人に向けて、rbenvのインストール方法を紹介します。この場合はGitを使用するため、Gitのインストール方法から紹介します。

事前準備 Gitをインストール

Gitとは、分散型バージョン管理システムです。Gitで管理しているファイルは、編集履歴を残すことができます。

Gitのインストールは非常に簡単です。以下のコマンドを使います。

$ sudo yum install -y git

インストールが完了したら初期設定を済ませましょう。具体的にはユーザー名とメールアドレスの設定が必要です。以下のコマンドを使います。

$ git config --global user.name "ここにユーザー名を入力" 
$ git config --global user.email "ここにメールアドレスを入力"

設定できているか確認するためには以下のコマンドを使用してください。

$ git config --list
         :
         : 
user.name=user_name 
user.email=example@example.com

user.nameとuser.emailに入力した情報が表示されていれば設定完了です。

rdenvのインストールコマンド

準備が整えば、rbenvをインストールします。インストールコマンドは以下の通りです。

・rbenvのインストールコマンド

$ git clone https://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

・ruby-buildのインストールコマンド

$ git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

次にrbenv の初期化スクリプトを .bash_profile へ追加するコマンドを入力します。

$ echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile $ echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

bash_profile を実行後、以下のコマンドで動作を確認します。

$ source ~/.bash_profile $ rbenv --version

rubyの各バージョンインストール方法

各バージョンのインストール方法を紹介します。

$ rbenv install --list

上記コマンドを使用すると、インストール可能なrubyのバージョンが一覧で表示されます。

$ rbenv install 2.1.1

例えばバージョン2.1.1をインストールしたい場合は上記のように入力すれば完了です。

コラム:Windowsがrubyに不向きな理由

WindowsはMacOSやLinuxとはプログラムの作り方が異なり、rubyで制作されたプログラムをインストールするとエラーが多発します。環境を構築すればWindowsでもrubyを扱うことはできますが、操作性が悪く相性も悪いとされています。仮にWindowsでrubyを使ってWebアプリケーションを作成できたとしても、MacOSやLinuxで正常に動作する保証はありません。品質が追及されるプログラマーの業界では、特別な事情がない限りrubyを扱う時にWindowsを使用することはありません。

また、MacOSはrubyが既にインストールされています。プログラミングを始めるときに、多くの人が最初につまずくポイントが環境設定です。このような点からもrubyを使いたい場合は、Macをおすすめします。

グローバルバージョン指定方法

「global」とは、実行したユーザーが「$ ruby」を実行するときのバージョンです。ログインした人すべてが、そのバージョンになるわけではありません。グローバルバージョンを指定するためには「$ rbenv global」 コマンドを使用します。ユーザーが「$ ruby」を実行する際の ruby バージョンを指定できます。

ローカルバージョン指定方法

グローバルバージョンに対してローカルバージョンは、特定のディレクトリ配下で特定のバージョンのrubyを使いたい場合に指定します。使用するコマンドは「$ rbenv local」 です。たとえばグローバルバージョンで「1.9.3」とバージョンを指定していても、ローカルバージョンで「2.1.2」を指定すれば上書きされます。

rbenvのコマンド

上記で紹介した以外の便利なrbenvコマンドを紹介します。

まずは「$ rbenv version」です。このコマンドを入力すれば、現在の環境で動いているバージョンが確認できます。

次に「$ rbenv versions」です。このコマンドを入力すると、既にインストールされているバージョンが表示されます。

最後に「$ rbenv uninstall」です。コマンドとバージョンを入力すれば、指定したバージョンをアンインストールできます。たとえば以下のコマンドを入力しましょう。

$ rbenv uninstall 2.1.2 

この場合、バージョン2.1.2がアンインストールされます。通常は削除するか確認されますが、下記のように-fオプションを付けた場合は確認なしで削除されます。

$ rbenv uninstall -f 2.1.2

rbenvを使ってrubyのバージョンを使い分けよう

rbenvの概要とインストール方法を紹介しました。rbenvを利用すると、複数のバージョンを管理することができるため、非常に便利です。特にMacやLinuxでプログラミングを始めたい方は、インストールすることをおすすめします。インストール方法は簡単なので、誰でも始めることができるでしょう。今回の記事を確認しながら試してください。