Python言語を学習する方法とは?おすすめの勉強方法を解説!

世界的に人気のあるPython言語は、機械学習やAI開発などに使用されるプログラミング言語です。日本では使用率は少ないものの、これからAIの需要が高まる可能性が高いことから、将来性のある言語となっています。

そんなPython言語を学習するためには、どのような勉強方法があるのでしょうか。

今回はPython言語を学習する方法などについて解説していくので、参考にしてみてください。

目次

 Python言語はどういったプログラミング言語なのか?

将来性が高いとして人気が高まっているPython言語ですが、具体的にはどのような特徴を持っているのでしょうか。Python言語は、データ解析や機械学習など、様々な分野で活躍が期待できるプログラミング言語です。

またWebアプリの開発にも活用でき、ユーザーが使いやすいWebサイトの構築に役立ちます。

初心者でも学習しやすいほど、シンプルな文法となっているので、最初に学ぶプログラミング言語としてもおすすめです。

 Python言語を学習する方法について

機械学習などの分野の活躍が期待できるPython言語は、覚えておいて損はないプログラミング言語です。そんなPython言語を習得するためには、どのような勉強方法が有効なのか詳しい内容を紹介していきます。

プログラミングスクールで基礎的な部分から指導してもらう

Python言語はシンプルな文法ですが、独学で学習を進めるのは教材が少なく、IT業界で活躍できるレベルまでプログラミングスキルを高めるためには、時間がかかり過ぎてしまいます。

そのため、プロのエンジニアであるプログラミングスクールの講師から指導してもらい、Python言語の基礎を教えてもらった方が効率よく学習を進めることが可能です。

またプログラミングスクールであれば、WebアプリやAI開発のノウハウまで教えてくれるので、実務的な経験を積むことができます。

Web学習サービスを利用して独学で学ぶ

Python言語の基礎を学ぶのであれば、独学で学習を進めることはできます。例えば「キカガク」の無料講座なら、合計20時間以上の動画講座が視聴できるので、気軽に学ぶことが可能です。

基礎的な部分の学習であれば、動画講座である程度は学習できるため、初心者の方は予備知識を付ける意味でもサービスを利用してみてください。

他にも、Python言語に特化している「PyQ」という、学習サービスがあります。Python言語の基礎や簡単なコードの書き方について学習できるので、知識を蓄えるきっかけになるでしょう。

また初心者向けのプログラミング学習サイトである「Progate」なら、Python言語の基礎的な部分が学べるので、独学でもプログラミングスキルを身に付けるきっかけになります。

 Python言語で学習しておきたい内容について

Python言語を学習する上で、押さえておきたい内容があります。IT業界で活躍するためにも必要な要素になるので、事前に把握しておきましょう。学習しておきたい基礎的な部分と応用部分を解説していくので、参考にしてみてください。

 Python言語で学習しておきたい基礎的な内容

初心者の方なら把握しておきたいのが、Python言語の文法についてです。どのようにしてコードを書き込むのか、理解しておかないと学習を進める時にわからないことが増えてしまいます。

またPython言語のコードによって、データ分析を行う方法や開発できるのか理解しておくことも大切です。

他にも、Python言語を利用して関数やクラスを製作できるという点も理解しておきましょう。Python言語で何ができるのか把握しておけば、今後の役に立ちます。

 Python言語で学習しておきたい応用部分

Python言語の基礎的な内容を理解した後は、どのようなことに活用できるのか構造を理解する必要があります。Python言語を活用すれば何ができるのか、詳しく解説していきましょう。

<h4>データ解析で情報を整理できる</h4>

Python言語を習得すれば、Webサイトで集まったデータなどを自動で解析してくれる機能を付けることができます。またデータ解析のライブラリが用意されているので、様々なWebアプリに活用できるでしょう。

データ分析の機能は、様々な企業で必要とされています。そのため、データ分析のためのコードを学習すれば、就職・転職に有利になるでしょう。

Python言語を学習すれば、どのようにデータ解析が行えるのか、プログラミングスクールなどでノウハウを学習しておくことをおすすめします。

<h4>スクレイピングで必要な情報を集める</h4>

Python言語を習得すれば、スクレイピングができるようになります。スクレイピングとは、Web上のデータを抽出することを指しており、AI開発の分野でも応用して使用されることが多い機能です。

インターネットの情報を素早く集めることができるので、自分で情報を吸い上げる手間を省くことができます。

<h4>APIを利用することができる</h4>

一からPython言語のコードを書きこまなくても、Python言語のAPIは複数用意されています。うまく利用すれば、部分的なコードの書き込みだけで、オリジナル性のあるアプリ開発を行うこともできます。

短期間でアプリを開発できるので、初心者の方でも気軽に実践しやすいサービスと言えるでしょう。複雑なアプリを開発ことは難しいですが、アプリ開発の練習としてはおすすめできる内容となっています。

<h4>Webアプリの開発が行える</h4>

Python言語は、Webアプリ開発にも必要なプログラミング言語です。初心者の方はコードを構築することは難しいので、独学でアプリ開発を行うことはできないでしょう。

またアプリ開発を行うためには、他にもHTML・CSS・Javascriptといったプログラミング言語を理解する必要があります。

効率よく学習するためには、プログラミングスクールに通って講師から指導してもらった方が良いでしょう。

プログラミング初心者がPython言語を学習する方法

プログラミング初心者がPython言語を学習するためには、どのような方法があるのでしょうか。学習する方法はいくつかあるので、それぞれの特徴などを紹介していきます。

無料の学習サイトで学ぶ

初心者がPython言語を学習する方法として、学習サイトを利用する方法があります。学習サイトは無料で提供されているものもあるので、費用をかけずにPython言語の基礎を学ぶことが可能です。

ただ独学で学ぶ必要があるので、わからない部分が出てしまうと、途中で挫折してしまう恐れがあります。また無料の学習サイトでは、基礎的な部分しか学習できないので、AI開発などの学習を行うことは難しいでしょう。

基本的にPython言語の初歩的な知識を取得するために、学習サイトを使うといった認識で活用してみてください。

 Python言語の本を読んで学習する

Python言語に関する書籍はいくつか販売されており、その中でも入門編などの本を選べば、初心者の方でも内容を理解しやすいでしょう。どのような文法なのか、初歩的な内容を理解することができます。

ただプログラミングを行う訳ではないので、実践的な学習を進めることはできません。あくまでも基本的な内容を理解するだけになるでしょう。

本格的にプログラミング学習を進めるなら、PCや開発環境などを整える必要があります。

YouTubeで投稿されている動画を視聴する

誰でも気軽に視聴できるYouTubeでは、Python言語について解説してくれる動画が投稿されています。気軽に視聴できるので、興味がある方は参考にしてみると良いでしょう。

ただ解説している方によって、動画の内容は異なるので、初心者にもわかりやすいかどうかは内容を確認しないとわかりません。YouTubeで参考にする際には、自分に合った動画を視聴することが大切です。

プログラミングスクールに通う

初心者の方が効率よくPython言語を学習する方法としては、プログラミングスクールに通うという手段があります。独学ではわからない部分があった時に、理解するまでに時間がかかり過ぎて挫折してしまう恐れがあるでしょう。

プログラミングスクールなら、プロのエンジニアがしっかり指導してくれるので理解するまで質問することができます。

また就職・転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールであれば、初心者の方でもIT業界への転職ができる可能性もあるので、手厚いサポートまで期待できるでしょう。

 Python言語の学習に挫折しないためのポイント

初心者の方がPython言語を学習する場合、わからない部分が出てきてしまい、途中で挫折してしまう方もいるでしょう。そんな方のために、学習で挫折しないためのポイントを解説していくので、参考にしてみてください。

 Python言語を学習する目的を最初に決める

Python言語を学習する理由は人それぞれですが、言語を習得することでどのような働き方をしたいのか、目的を明確に決めておけば、挫折することなく続けられることがあります。

例えば、フリーランスになりたい・AI開発に携わるエンジニアになりたいなどが考えられるでしょう。

目的をより明確に設定することで、目標達成のために行動しやすくなるため、継続して学習を進めることができます。

ただ実現が難しい目的や適当な目的では、反対にモチベーションが続かない可能性があるので注意が必要です。

わからないことは放置せずにすぐ解決する

プログラミング初心者であれば、わからないことはたくさんあります。その中でわからないことを放置していると、いつまでもわからずモチベーション低下に繋がることがあるでしょう。

そのため、継続して学習を進めるためにも、わからないことは放置せずに、すぐ解決する努力が必要になってきます。

独学ではわからないことを解決するのも時間がかかってしまうので、プログラミングスクールに通い、講師に質問して問題を解決した方が効率よく学習できるでしょう。

毎日継続的に学習を進める

Python言語を習得するためには、毎日継続的に学習を進める必要があります。少しでも時間を空けてしまうと、以前に悩んでいた内容がわからなくなってしまうこともあるので、日々積み重ねが大事になってくるでしょう。

ただ仕事帰りなどに学習を行うという方は、疲れている状態で学習を行うのは苦労が伴います。そのため、毎日学習は続けるものの、学習時間は15分など、日によって学習時間を短くすることも大切です。

重要なのは毎日継続して学習を進め、以前学習した内容を忘れないようにするということなので、少しでも無理して続けるのがポイントになります。

できるだけコードを書いて慣れていく

Python言語を学習する上で大切なのが、できるだけコードは書いておくことです。コードの書き込みは数をこなさないと慣れないので、書き込みの時間は作っておいた方が良いでしょう。

また自分でコードを書いて後から見直すと、自分がコードを書いた達成感が得られるので、学習意欲を向上させる効果が期待できます。

 Python言語を学習するメリットとは?

Python言語は機械学習やWebアプリなどで使用されることが多いプログラミング言語ですが、学習すればどのようなメリットがあるのでしょうか。Python言語を学習するメリットについて解説していきます。

エンジニアの中でも年収が高い

Python言語は海外でも需要が高く、AI開発に使用する言語としても利用されるなど幅広い分野での活躍が期待されています。そのため、Python言語を取得しているエンジニアの年収は高く、他のエンジニアよりも優遇される可能性が高いです。

企業や待遇によっても異なりますが、平均年収は600万円程度と言われています。またAI開発の分野での活躍も期待されているので、将来性も高いです。年収もさらに上がることが想定されるでしょう

企業に優遇されやすい

Python言語はAI開発に必要な言語であるため、これから企業からの需要が高まる傾向があります。そのため、Python言語を習得していれば企業に就職しやすく、待遇も良いケースが多いです。

ただより好待遇の求人に採用されるためには、十分な実績とプログラミングスキルが求められます。

最先端のAI開発に携われる

Python言語を習得していれば、最先端のAI開発に携われる可能性があります。やりがいのある仕事に就ける可能性があり、エンジニアとしての実績も高く評価される可能性があるでしょう。

ただ最先端のAI開発に携わるためには、新しい技術や知識を吸収するなど、努力が必要になってきます。

 Pythonエンジニアになるなら取得しておきたい資格

Python言語を習得して、Pythonエンジニアになるなら、取っておきたい資格がいくつかあります。ただ資格を取得しなくても、Pythonエンジニアになることは可能です。

資格を持っていた方がキャリアアップを図ることができるので、可能であれば取得しておいた方が良いでしょう。

具体的に、Pythonエンジニアになるなら取得しておきたい資格について紹介していくので、参考にしてみてください。

Python 3エンジニア認定基礎試験

Python 3エンジニア認定基礎試験とは、「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」が開催している資格となっており、取得しておけばPython言語の知識を十分有していることが証明されます。

Pythonの文法などを理解しておけば取得できる試験なので、基礎的なスキルはしっかりと磨いておくことが求められるでしょう。

基礎的な知識を持っているか判断するための試験であるため、就職・転職に大きく影響する訳ではありませんが、取得しておいて損はありません。

初心者の方なら、自分が持っているPython言語の知識がどの程度なのか、確認するために受けてみても良いでしょう。

 Python 3エンジニア認定データ分析試験

数学の基礎やPythonライブラリのデータ分析の実践などが出題される試験で、取得すればデータ分析の基礎を理解していることが証明されます。

実際にPython言語でデータ収集などを行うといった、実践的なスキルが求められるので、エンジニアとしてのスキルをある程度は持っておかないと理解することは難しいでしょう。

資格として取得していれば、採用に影響されることもあるので、取得しておいた損はありません。

 Python Certifications

ポーランドを拠点とするNPOの「OpenEDG Python Institute」が開催している試験で、難易度は4段階用意されています。難易度のレベルは「エントリー」・「アソシエイト」・「プロフェッショナル」・「プロフェッショナル2」に分類され、プロフェッショナル2はPython言語の知識を十分に有していることが証明されるでしょう。

エントリー程度であれば、Python言語の基礎知識を持っていれば取得することができます。自分のレベルに合った難易度を選択して、自分の実力を確かめてみましょう。

プロフェッショナルまでのレベルの知識を有していれば、十分にエンジニアとしての活躍が期待できます。Pythonエンジニアとしてキャリアアップを図りたいなら、取得しておきたい資格です。

 Pythonエンジニアのキャリアパスについて

Pythonエンジニアとしてのキャリアパスは、いくつかの職種が考えられます。どのような職種に就ければ、Pythonエンジニアとしてキャリアアップを図れるのか、詳しく解説していきましょう。

サーバーサイドエンジニア

システムのインフラ設計を行ったりサーバーサイドの処置を行ったりするのが、「サーバーサイドエンジニア」です。Python言語の知識やプログラミングスキルを十分に持っていないと就けない職種で、任せられればキャリアアップを図ることができるでしょう。

プログラミングスキルだけでなく、顧客の要望に応えて柔軟にデータベース処理の設計を行う対応力も求められます。

データサイエンティスト

データ分析を行う専門家が「データサイエンティスト」です。収集したデータをうまく活用して、結果を元に今後の対応を検討するなど、アドバイザーとしての役割を担う職種となっています。

Python言語を使用したデータ分析だけでなく、統計学や数学といった知識も必要となってくるため、データサイエンティストになるには高度な知識やスキルが求められるでしょう。

ただキャリアアップとしてデータサイエンティストに就くことができれば、年収アップが期待できます。

 フリーランスのPythonエンジニアになるためにはどのような学習が必要?

会社員としてPythonエンジニアを勤めていれば、安定した収入を得ることができます。しかし十分な知識やスキルを持っていれば、フリーランスとして活動する方法もあるでしょう。

案件にもよりますが、フリーランスのPythonエンジニアであれば、会社員として勤めるよりも年収が高い傾向にあります。

そんなフリーランスのPythonエンジニアになるためには、どのような学習や実績が必要になるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

 Pythonエンジニアとして実務経験を積む

フリーランスのPythonエンジニアになるためには、IT業界で何年か働いたなど、実務経験を積む必要があります。フリーランスの場合は、案件を一人で対応しないといけないため、プログラミングスキルを十分に持ち合わせている必要があるでしょう。

プログラミングスキルを身に付けるためにも、Pythonエンジニアとして活動しておく必要があります。

Pythonエンジニアとして働いた時に、ポートフォリオとして開発したWebアプリなどを顧客に提示できれば、エンジニアとしての信用性も高くなるでしょう。

まずはデータ分析に関する案件を獲得する

Python言語を使用した案件はいくつかあります。その中でも、内容によっては簡単なのがデータ分析計の案件です。難易度は依頼内容によるので、どのような依頼なのかよく確認してから受ける必要があります。

案件をコツコツとこなしていけば、フリーランスエンジニアとしての実績が積み重ねられていき、顧客の信用性が高まるでしょう。またプログラミングスキルも自然と身に付くので、フリーランスのPythonエンジニアとして、どのような方向性で活躍したいのかイメージしやすくなります。

 Python言語の基礎を学習した後にスキルを磨くコツ

Python言語の基礎を学習した後、エンジニアとして活躍するためにはどのようにしてスキルを磨けば良いのでしょうか。エンジニアとしてスキルを磨くコツについて解説していきます。

コードを書く量を徐々に増やしていく

初心者の場合は、毎日ゆっくりと正確にコードを書く練習を行うことが大切です。しかしそれ以上にスキルを磨きたいのであれば、素早く正確にコードを書くように意識する必要があります。

より多くのコードを書くことができれば、エンジニアとしての実力が認められることに繋がるので、キャリアアップを図るきっかけになるでしょう。

また一人でかなりのコードを書くことができれば、フリーランスとしての活動も視野に入れることができます。

知識を付けたらアウトプットをしていく

Python言語の基礎を学習し、プログラミングスキルが身に付いたのであれば、次はアウトプットを行っていきます。アウトプットはエンジニアの同期同士で勉強会などの名目で集まり、成果を話し合うといった方法でも十分です。

できるならプログラミング初心者の方の質問に対して、エンジニアとして正しい回答をしてあげれば、自分がどれくらいの内容を理解しているのかアウトプットで確認できます。

自分の言葉でエンジニアの知識やスキルを説明できれば、十分にインプットしたことが身に付いていると判断できるでしょう。

個人でアプリなどの開発を行っていく

エンジニアとしてチームで開発を行うことはあるでしょう。しかし個人のスキルを伸ばすなら、個人でアプリなど何らかの開発を行うことも重要です。

一度開発した経験があれば、最初から最後まで一人で開発業務を行うことができるので、スキルを伸ばすためにも個人で開発作業を実施してみてください。

アプリの設計や運用など、計画性の重要性を理解できるので、今後チームリーダーやフリーランスになった時に、必要な管理スキルを磨くことができます。

また個人で開発したアプリが有用なのであれば、副業として不労収入を得るきっかけになるかもしれません。

キャリアアップのために難易度の高い資格にチャレンジする

基礎を学習した後に、スキルを伸ばしてキャリアアップを図るためには難易度の高い資格にチャレンジして、資格取得を目指す方法があります。

実務ではそれほど資格は重視されませんが、難易度の高い資格やチームの管理者として必要な資格であれば、エンジニアとしてキャリアアップを図り、上位の職種に就ける可能性があるでしょう。

難易度が高い資格は、エンジニアとして十分な知識やスキルを持っていないと合格できないので、実務などで経験を積んでおくことが大切です。

 Pythonエンジニアとしてスキルを向上させないといけない理由とは?

Pythonエンジニアにとってスキルを向上させることは重要ですが、具体的にはなぜスキル向上が必要になるのでしょうか。Pythonエンジニアがスキルを向上させないといけない理由について、詳しい内容を紹介していきます。

開発にかかる時間を短縮できる

開発作業を行う際には、エンジニアがコードを書く速度によって大きく影響します。そのため、プログラミングスキルを向上させれば、開発速度を早めて完成までの時間を短縮することが可能です。

開発にかかる時間が短いほど、顧客からの信用性を高めるだけでなく、次の開発業務に移行できるなど、収益向上にも大きく貢献できます。

一人でもコードを書く速度が早ければ、開発にかかる時間は大幅に短縮することが可能です。

スキルが上がれば品質も高くなる

エンジニアとしてのスキルが上がれば、納品物の品質を高くすることができ、顧客からの評価が良くなります。特に作成するアルゴリズムが良ければ、メモリ効率や処理速度の向上が期待できるので、高品質な物が仕上がるでしょう。

反対に品質の悪い物を納品してしまうと、信用性を失ってしまうだけでなく、責任問題に発展する恐れがあります。

スキルを上げることで、納品物の品質を高めて、案件を継続的に獲得することができるようになるでしょう。

保守性を高めてメンテナンスのコストを低減できる

プログラミングのスキルが高くなれば、評価が高いソースコードを作ることができます。評価の高いソースコードは保守性が高い特徴を持っており、長期的にメンテナンスすることを考えると、コスト低減に繋がるのが特徴です。

プログラミングスキルが高くないと、保守性のことまで意識しながらプログラミングするのは難しいでしょう。保守性を高めてメンテナンスコストを低減させるためにも、スキルを向上させる必要があります。

 Pythonエンジニアとしてのスキルを向上させる方法について

Pythonエンジニアとして、プログラミングスキルを向上させるためには、様々な手段があります。具体的には、どのような方法でスキルを向上させれば良いのでしょうか。エンジニアとしてスキルを向上させる方法について解説していきます。

講師から指導してもらう

プログラミング学習を進める中で、どこかでわからない部分が出てしまうなど、壁に当たってしまうことがあります。そんな時は自分で解決することは難しく、時間がかかってしまうことが多いでしょう。

自分で問題解決するのが難しい場合には、プロのエンジニアから指導してもらって、素早く学習を進めることが大切です。わからない状態を放置してしまうと、徐々に心が折れてしまい、向上心やモチベーションが下がってしまう恐れがあります。

講師がいれば、わからない部分を指導してもらえるだけでなく、エンジニアとして活躍するためのノウハウも教えてもらうことができるでしょう。

また講師から指導してもらえば、自分のスキルが向上していることがわかるので、モチベーションを維持しやすくなります。

他の人にコードや開発した物を見てもらう

個人でプログラミングを行い、サービスを開発したりコードを書いたりしたとしても、客観的な意見がないと、何が間違っているのか、どうすれば修正できるのかわからないことがあります。

自分のプログラミングスキルを伸ばすなら、開発したものやコードを見てもらい、どこを改善すれば良いのか感想をもらうと良いでしょう。

人から見てもらうことで、新しい発見や発想を得ることができるので、今の自分に足りない物を見つけることができます。

またネットを通じて、ソースコードを公開すれば、他の方から意見をもらえるだけでなく、修正コードを提供してもらえる可能性もあるでしょう。

専門的な意見をもらうことで、自分の成長に繋げることができます。

ペアプログラミングを行って参考にする

1台のPCを使って、一緒にプログラミングを行うことを「ペアプログラミング」と呼びます。ペアプログラミングは「ドライバー」と「ナビゲーター」の役に分かれて行うのが特徴です。

ドライバーがコーディング作業を実施して、ナビゲーターは指示するといったように役割分担します。経験が浅い方がドライバーを担当するので、ナビゲーターの方から細かく間違っているところなどを指示してもらうことができるでしょう。

熟練のエンジニアの方にナビゲーターしてもらうことで、自分のスキルを伸ばすきっかけになるので、ペアプログラミングは参考になることが多いです。

 Python 言語をプログラミングスクールで指導してもらうメリット

Python言語を独学で習得し、エンジニアになるためには経験が浅くて採用されないことが多いでしょう。そんな時におすすめなのが、プログラミングスクールで学習を進めることです。

具体的に、プログラミングスクールのメリットとは、どのようなことが考えられるのか解説していきます。

講師から手厚いサポートが受けられる

プログラミングスクールで学習を進めるメリットとしては、プロの講師から細かい指導を受けることが出来ると言う点です。わからない部分が出てきたとしても、一人で悩むことなく、素早く問題解決できます。

また中には、24時間チャットなどで質問を受け付けているプログラミングスクールもあるので、いつでも疑問を解消することが可能です。

効率よくプログラミング学習ができる

独学で学習を進めるよりも、効率よくプログラミング学習ができるのがプログラミングスクールのメリットです。プログラミングスクールなら、どのように学べば良いのかカリキュラムを立ててもらえるので、順序よく学習を進めることができます。

特に初心者の方であれば、基礎的な部分から指導してもらえるので、途中でわからなくなって挫折するといったことを回避することができるでしょう。

独学の場合は十分なプログラミングスキルを身に付けるまで時間がかかりますが、プログラミングスクールなら比較的短期間で学習を進めることができます。

プログラミング学習の習慣を身に付けることができる

プログラミングスクールに通えば、プログラミング学習を行う習慣を身に付けることができるので、エンジニアとして就職した後も、効率の良い学習方法が自然と実践できるようになります。

特にエンジニアの世界では、技術は常に進歩しているので、新しい情報を取り入れる姿勢を保つことはキャリアアップのためにも重要です。

転職サポートが受けられる

プログラミングスクールによっても異なりますが、未経験でもIT業界に入れるように転職サポートが受けられるケースがあります。面接相談や履歴書の書き方など、細かい部分まで指導してもらうことが可能です。

そのため、転職を希望している方は、転職サポートを実施しているプログラミングスクールなのかどうか調べておく必要があります。

エンジニアとして働くためのノウハウが学べる

プログラミングスキルが学べるだけでなく、講師の方からエンジニアとして活動するためには、どのような姿勢が重要なのか、働く上でのノウハウも教えてもらうことができます。

プログラミングスクールの講師の多くは、エンジニア経験が豊富な方であるため、エンジニアとして働くために必要なことを指導してもらえるでしょう。

 Python 言語をプログラミングスクールで指導してもらうデメリット

Python 言語をプログラミングスクールで学習するメリットは様々あります。しかし中にはデメリットに感じる部分もあるので、事前に把握しておくことが大切です。

Python 言語をプログラミングスクールで学習するメリットについて、詳しい内容を紹介していきます。

費用がかかる

プログラミングスクールで指導してもらう場合、受講費用がかかります。受講費用はプログラミングスクールによって異なるので、事前に予算から検討しておきましょう。

毎月かなりの金額になるケースもあるので、十分に余裕がある状態で受講するか検討することが大切です。

必ず転職できる訳ではない

プログラミングスクールで学習したからといって、必ずIT業界への転職が叶う訳ではありません。カリキュラムはエンジニアになるために組まれていますが、スキルの習得は個人の能力に左右されます。

また習得したプログラミング言語と、転職先の企業が望む人材がミスマッチとなるケースもあるので、事前にどのような人材になりたいのかイメージしてからプログラミングスクールで学習を進めていきましょう。

拘束時間がある

プログラミングスクールでは、教室とオンライン受講のどちらかを選択することができます。ただどちらも講師と面談する時間などが設けられるため、ある程度の拘束時間は発生するでしょう。

仕事終わりにプログラミング学習を行うという方は、どれくらいの拘束時間になるのか理解しておき、負担にならないか判断する必要があります。

また受講できる時間帯もプログラミングスクールによって異なるので、自分が受講できる時間帯を選択するようにしましょう。

まとめ

Python 言語を学習するためには、独学かプログラミングスクールで学ぶのか、人によって選択は違うでしょう。ただ効率よく学習を進めるなら、プログラミングスクールの方が良いので費用を確認した上で自分に合っているのか検討してみてください。

Python 言語は将来性の高いプログラミング言語なので、しっかり学んでエンジニアとして役立てられるように学習を進めていきましょう。