40代エンジニアになる方法とは?未経験でも転職を成功させるコツを解説!

将来のことを考えて40代から、エンジニアになりたい場合、未経験でも転職を成功させることはできるのでしょうか。

IT企業では、エンジニアが不足しがちとなっている傾向にあるため、タイミングや状況によっては未経験でも入社できる可能性はあります。

今回は40代未経験でもエンジニアになれるのか、転職を成功させるためのコツについて紹介していくので参考にしてみてください。

目次

40代未経験がエンジニアになるのは難しい?

未経験でも歓迎してくれるIT企業はいくつかあります。しかし40代未経験となると、入社が難しい可能性があるでしょう。

40代未経験の方がエンジニアになるのが難しい理由を解説していくので、参考にしてみてください。

IT企業のエンジニアは若手社員が多い

エンジニアを雇用しているIT企業では、社員の大半が20代から30代で構成されている傾向があります。実際、若手を育成する目的で若い社員を雇用するIT企業は多いので、その中に40代未経験の方が入社するのはハードルが高いでしょう。

実際に、若手社員の中には一人だけ40代で入社しても、雰囲気についていけず退社してしまう恐れがあるため、企業側も採用を見送る可能性があります。

エンジニア未経験の方でも歓迎してくれるIT企業の多くは、20代から30代の社員の雇用を検討しているケースが多いので、40代未経験ではエンジニアとして採用されるのは難しいです。

多くの場合40代は即戦力として採用する

IT企業に限らず、中途採用で40代を雇用する場合、即戦力として活躍してもらうことを期待されている傾向にあります。そのため、エンジニア未経験の40代を採用するのは企業としてもリスクになると判断される可能性があるでしょう。

20代と40代のエンジニア未経験者を比較すると、どうしても覚えが早い20代の採用を優先にする企業は多いです。

ただ40代未経験でも採用してくれるIT企業は実際にあるので、年齢を理由に転職を諦める必要はありません。

40代未経験であってもエンジニアとして採用してもらえる可能性はある

40代未経験の方が、エンジニアとしてIT企業に転職することは難しい傾向にあります。しかし転職できない訳ではありません。

採用してもらえる企業は限られる可能性はありますが、人材が不足しているIT業界では未経験でも重宝されます。

なぜ40代未経験でもエンジニアとして採用される可能性があるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

実践的なスキルを持っていれば未経験でも歓迎してもらえる

IT業界では人材が不足しているため、実践的なスキルを持っていれば、未経験でも採用するという方針の企業はあります。実際、40代未経験でも採用された実績のあるIT企業も多いので、諦めずに転職活動を続けていきましょう。

ただ未経験といっても、プログラミングスキルはある程度は保有していないと採用されません。簡単なコードの書き込みができるレベルのスキルは必要になるので、事前にプログラミング学習は進めておく必要があります。

実際に40代未経験でも採用されている人はいる

40代未経験でエンジニアに転職できるのか不安という方に朗報なのが、意外と40代未経験でも採用されている人はいます。

慢性的な人手不足ということも関係していますが、実務的なプログラミングスキルを持っていれば、簡単な作業は行えるため未経験でも採用したいというIT企業は多いです。

年齢の観点から採用されるか不安と考えている方も、一度試しに転職活動を行ってみてください。

40代以降はエンジニアが少ない?

IT企業では若手社員が多いように、実際に40代以降のエンジニアは数が少ない傾向にあります。なぜ40代以降のエンジニアは少ないのか、詳しい理由を解説していきましょう。

過酷な労働環境に耐えられない

エンジニアの業務は納期が迫ると残業が増える傾向にあります。そのため、ある程度の体力がある20代から30代の人材ではないと、労働環境に耐えるのが難しいことがあるようです。

特に40代以降になると、徹夜で作業を行うといった行為ができなくなるので、IT企業は採用しないことがあります。しかし最近では働き方改革が実施され、労働環境も改善されつつあるようです。

40代でも働きやすい労働環境が整えられているIT企業も増えているので、これからは40代未経験のエンジニアが増える可能性があります。

常に進歩する技術に追いつけなくなる

プログラミング技術は、常に進化し続けているため、常に学習を続けないとスキルが追いつけなくなります。20代などであれば、新しい技術の変化にも対応しやすいですが、40代になると急な変化に対応できない可能性があるでしょう。

そのため、40代のエンジニアは数が減り、20代からの若手が台頭する傾向がIT業界にはあります。

40代は管理職として起用される

40代のエンジニアが少ない理由としては、キャリアアップとして管理職に抜擢される人材が多いためです。エンジニアとして作業が必要な業務は体力のある20代から30代が行い、40代以降の世代は今までの経験からチームを管理する立場にキャリアアップすることがあります。

年収も管理職の方が優遇される傾向があるので、40代以降は管理職としてIT企業に貢献することが多いです。

40代からエンジニアなるために必要なステップ

40代未経験の方がエンジニアとして活躍できるようになるためには、どのようにステップアップしていけば良いのでしょうか。具体的な例を紹介していくので、参考にしてみてください。

プログラミングスキルを磨く

40代未経験からIT企業に転職し、エンジニアとして活躍するためには十分なプログラミングスキルを磨く必要があります。

未経験の方がプログラミング学習を行う方法としては、「独学」と「プログラミングスクールに通う」の2つがあるでしょう。

独学で学ぶ場合は、費用はかかりませんが、プログラミングスキルを磨くために開発環境を整えるなどの手間やエンジニアレベルになるまで時間がかかるというのが難点です。

プログラミングスクールの場合は、受講費用はかかりますが、講師が指導してくれるので効率よくプログラミングスキルを磨くことができます。短期間でエンジニアになりたい方には、プログラミングスクールで学ぶ方法がおすすめです。

企業にアピールするためのポートフォリオを作成する

40代未経験の方がIT企業に転職するためには、どの程度のプログラミングスキルを持っているのか証明する必要があります。その方法として、自分の力でポートフォリオを作成することが大切です。

ポートフォリオは、自分のプログラミングスキルを駆使してアプリなどの成果物を作ることで、企業に有用な人材であることを証明することができます。

クラウドソーシングなどで実務経験を積む

ポートフォリオを作成するほどのプログラミングスキルがあれば、クラウドソーシングで簡単な案件であれば対応できる可能性があります。

クラウドソーシングではWebアプリに機能を追加するなど、比較的難易度が低い案件を受注できることがあるでしょう。最初は単価が低い案件を請け負い、実務経験を積んでみてください。

どの程度のレベルまで案件対応できるのか理解できるので、自分の実力を理解することができます。

転職活動を行って自分に合った企業に転職する

プログラミング言語を習得し、ある程度のプログラミングスキルを身に付けたのであれば、転職活動を行っていきます。

ポートフォリオを提示すれば、自分のプログラミングスキルを証明できるので、企業へのアピールにも繋がるでしょう。

プログラミングスクールに通っていれば、ポートフォリオを製作した後に、提携しているIT企業を紹介してもらえるなど、転職のサポートまで行ってもらえることがあります。

より素早くエンジニアとして転職したいのであれば、転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選びましょう。

40代でエンジニア転職を成功させるためのコツについて

40代未経験の方がエンジニア転職を成功させることは不可能ではありません。しかし20代と比べると、転職しにくいのは事実です。

そのため、エンジニア転職を成功させるコツを押さえておき、自分をアピールすることが重要になります。40代未経験の方がエンジニア転職を成功させるコツを紹介していくので、参考にしてみてください。

自分が持っているスキルや経験を明確にする

40代の方であれば、IT業界以外で培ったスキルや経験があるはずです。プログラミングスキルに関係なくても、仕事をする上でコミュニケーション能力などはアピールポイントになります。

そのため、自分がどのようなスキルを持っており、実績はどんなものなのか明確にしておきましょう。その中から、エンジニアとして必要なスキルを洗い出し、面接の際にアピールすることをおすすめします。

エンジニアとして必要なスキルや経験として、マネジメント能力などが考えられるでしょう。転職する前に自分を見つめ直してみてください。

マネジメント経験はエンジニアでも役立つ

40代未経験の方がエンジニアの業界に入っても、マネジメント能力があれば、チームの管理者として採用される可能性があります。一定のプログラミングスキルは必要ですが、チームを管理する能力がある人材は、どの業界でも重宝されるでしょう。

以前にプロジェクトを管理する立場にあったなど、管理職として働いた経験があるなら積極的にアピールすることが大切です。

未経験でもプログラミングスキルは保有していることをアピールする

40代でIT業界未経験の方であっても、十分なプログラミングスキルを持っている方はいます。実践的なスキルは少ないかもしれませんが、実際に自分でアプリ開発をしたなどポートフォリオがあれば、積極的にアピールしていきましょう。

未経験であったとしても、プログラミングスキルを持っていれば、即戦力としてプロジェクトへの加入が叶う可能性があります。

どのようなプログラミング言語を習得し、何を開発した実績があるのか、明確に伝えていきましょう。

AI関連の技術を持っていれば重宝される

プログラミングスキルの中でも、AI関連の技術は将来性が高いため、習得していれば未経験で歓迎される可能性が高くなります。

AI開発に関連するプログラミング言語などは、Python言語の需要が高まっているようです。Python言語はシンプルなコードであるため、初心者の方でも覚えやすくなっています。

40代未経験の方が、エンジニアとして採用される可能性を高めたいなら、積極的にPython言語などのAI関連の言語やスキルを習得していきましょう。

自分の実績を証明するものは提示する

自分のプログラミングスキルをアピールするために、実績を証明できるものは提示しておく必要があります。例えば自力でアプリ開発を行ったなどのポートフォリオは、出来の良さによっては評価されることがあるでしょう。

他にもクラウドソーシングで案件を受注して経験があるなら、その案件の詳細を紹介したり提示したりすれば、アピールするきっかけになります。

未経験の場合は、何ができるのか証明するためにも、実績を証明できるポートフォリオは準備しておく必要があるでしょう。

面接に向けて備えておく

40代の方であれば、面接などの応対に関しては問題ないかと思いますが、未経験の業界に転職する場合は専門用語が出た時に理解できないと、うまく回答できない可能性があります。

そのため、面接対策としてエンジニア関連の専門用語については、しっかり理解しておくことが大切です。

事前にプログラミングの基礎知識について本で学んでおくなど、事前準備は怠らないようにしましょう。

40代未経験がエンジニアになるための企業選びは慎重に

40代未経験の方がエンジニアになる場合、どのような企業に入るのか慎重に検討することが大切です。どのように企業選びをすれば良いのか、詳しい内容を解説していきます。

有名企業だけを狙わないようにする

知名度が高いIT企業だけを狙って応募するのは、40代未経験の方では採用される可能性が低いのでやめておきましょう。知名度が低い企業でも、待遇が良い企業はたくさんあるので、自分の希望に近い求人情報を狙って応募するのがおすすめです。

有名企業だからといってこだわっていると、優良企業の求人を見逃してしまう恐れがあります。細かく求人情報をチェックして、理想の職場を見つけていきましょう。

目当ての企業を見つけたら出来るだけ情報を集める

気になるIT企業を見つけたのであれば、その企業の情報を出来るだけ集めておきましょう。集める企業情報としては、企業理念や事業内容などです。

企業のことを知るほど、自分が働きたいと思える職場なのか判断する材料となります。また面接の時に、企業情報を頭に入れておいた方が素早く回答できるので、面接官の評価も高くなるでしょう。

インターネットで簡単に企業情報を集めることはできるので、企業HPをチェックして情報を取得してください。

転職エージェントに相談して条件に合う企業を紹介してもらう

自分で目当ての求人情報を探せないなら、転職エージェントに相談しながら条件に合う企業を探す方法があります。転職エージェントなら、利用者の希望に応じて条件に近い企業を紹介してくれるので、転職活動が捗るでしょう。

また転職エージェントでは、面接対策や履歴書添削など転職サポートが付いているので、転職しやすい環境が整えられています。

転職エージェントでは、様々な企業の情報が集まっているので、自分で求人情報を集めるよりも素早く条件に合う企業を見つけてもらえるでしょう。

40代未経験がプログラミングスキルを習得するためには?

40代未経験の方が、エンジニアとして活躍できるほどのプログラミングスキルを習得するためにはどうすれば良いのでしょうか。

主に学習方法としては、独学とプログラミングスクールに通う手段があります。どちらの方が自分に合っている学習方法なのか、特徴を紹介していくので参考にしてみてください。

独学で学習する方法

40代未経験の方がプログラミングスキルを習得するために独学で学習する場合、本や学習サイトを利用して学ぶ方法があります。基礎的な部分から学習できるので、自分のペースでプログラミングスキルを身に付けることができるでしょう。

またプログラミングスクールに通う費用も浮くので、お得に学習を進めることができます。

ただエンジニアになるためのプログラミングスキルを身に付ける場合、開発環境を自分で整えないといけなくなるでしょう。準備に手間がかかるだけでなく、コードの書き方や開発など応用的な話になると、自分一人では解決しにくいのが難点です。

わからないことが増えてくると、徐々に学習意欲が失われてしまい、挫折してしまう恐れがあります。

自分で継続して学習するのが苦手という方や短期間で効率よく学習したい方は、プログラミングスクールに通う方がおすすめです。

プログラミングスクールに通う方法

40代未経験の方がプログラミングスキルを身に付けたい場合、プログラミングスクールに通った方が効率よく学習を進めることができます。

プログラミングスクールは、専門知識を持った講師が指導してくれるので、わからない部分も質問しながら効率よく学ぶことが可能です。開発環境も整えられているので、自分で色々と準備する手間もかかりません。

ただプログラミングスクールに通うためには。受講費用がかかります。プログラミングスクールによって金額は異なりますが、受講費用は比較的高いので予算内に収められるか検討してから受講するか判断していきましょう。

40代エンジニアになるためのプログラミングスクールの選び方

40代エンジニアを目指してプログラミングスクールに通う場合、何を基準に選べば良いのでしょうか。プログラミングスクールの選び方について解説していくので、参考にしてみてください。

自分がやりたい仕事に合ったプログラミング言語が学べるか?

アプリ開発やWebサイト製作など、エンジニアとしてやりたい仕事内容によって、習得すべきプログラミング言語が異なります。

そのため、プログラミングスクールを選ぶ場合、自分が学びたいプログラミング言語が習得できるコースがあるのか事前に確認しておきましょう。

どのコースを選べば良いのかわからない時は、無料カウンセリングを受けてみて希望のコースがあるのか尋ねてみてください。

指導してくれる講師のレベルは高いのか?

プログラミングスクールによって、指導してくれる講師のレベルは異なります。短期間で効率よく学習するためにも、指導してくれる講師のレベルが高いプログラミングスクールを選ぶのは重要です。

講師のレベルを見極めるポイントとしては、現役エンジニアの方が指導してくれるプログラミングスクールなら実践的なスキルを教えてもらえる可能性があります。

他にもカリキュラムがしっかりしているプログラミングスクールの方が、学習を進めやすいので、どのようなカリキュラムが組まれているのか、無料カウンセリングの時に質問してみると良いでしょう。

受講費用は予算内に収められるか?

プログラミングスクールの受講費用は数十万円することもあります。そのため、自分が出せる予算内に収められるのか、よく検討してから受講するか検討しましょう。

また支払い方法についても、一括以外に分割払いを選択できることがあります。一括の方がトータルの支払い金額は少ないですが、負担が大きくなるので無理せず分割を選んだ方が良いケースもあるでしょう。

仕事終わりにも受講できるか?

プログラミングスクールに通う方の多くは、今の仕事を続けながら通うというケースがほとんどです。継続的に受講するためにも、プログラミングスクールが開講される時間は自分の都合に合わせられるのか、事前に確認しておきましょう。

教室に通うのが難しいなら、オンライン形式で受講できるプログラミングスクールを選択するのもおすすめです。

自分が求めるサポート体制が整っているのか?

プログラミングスクールによって、サポート体制は異なります。専属講師がマンツーマンでサポートしてくれるスクールもあれば、転職サポートが充実しているスクールもあるでしょう。

効率よく学習を進めたいという方には、マンツーマン指導のサポートを受けた方が短期間で学習を進められるのでおすすめです。

転職サポートでは、面接対策や履歴書添削などのサポートが受けられるので、個人で転職活動を行うのは不安という方は転職サポートが付いているプログラミングスクールを選択しましょう。

40代エンジニアを目指す方がプログラミングスクールを利用する注意点

40代エンジニアを目指す方がプログラミングスクールを利用する際には、いくつか注意点があります。それは受講条件が設定されている可能性があるということです。

プログラミングスクールによっては、年齢制限が定められていることもあるので、40代でも受講できるのか事前に確認しておきましょう。

またIT企業への転職を希望しているなら、転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選んだ方が良いです。

プログラミングスクールによっては、カリキュラムが修了した後は転職サポートなどを行ってくれないことがあります。

まとめ

40代未経験の方がエンジニアになることは不可能ではありません。しかし20代と比較すると、簡単にはIT企業に入社できないでしょう。

また未経験といっても、最低限のプログラミングスキルは持っておかないといけないので、プログラミングスクールを受講してスキルを伸ばすことも検討してください。

今回紹介したプログラミングスクールの選び方を参考に、自分に合ったプログラミングスクールを見つけてみてください。