JavaScriptを学習するなら?おすすめのプログラミングスクールを紹介!

Webサイトに動きをつける際に利用されるプログラミング言語「JavaScript言語」は、人気サイトを構築するためには必要な要素となります。

そんなJavaScript言語を習得するためには、どのような学習を行えば良いのでしょうか。

JavaScript言語を学習する方法としては様々なやり方があり、その中で効率が良い方法としてプログラミングスクールに通う方法があります。

今回はJavaScript言語を効率よく学習するためにはどうすれば良いのか詳しい内容と、おすすめのプログラミングスクールを紹介していくので、参考にしてみてください。

 JavaScript言語とは?特徴を解説!

Webサイトを構築する上で大切なJavaScript言語とは、そもそもどのようなプログラミング言語なのでしょうか。JavaScript言語について、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

Webサイトに動きを付けるプログラミング言語

JavaScript言語は、Webサイトに動的な表示を付けるために必要なプログラミング言語です。例えばポップアップウィンドウを出したり画像を拡大表示させたりすることができます。

Webアプリやスマホアプリ開発にも利用できるプログラミング言語なので、様々な方面で活躍が期待できる言語です。

JavaScript言語を習得しておけば、IT企業への就職や転職もしやすいので、覚えておいて損はないプログラミング言語になります。

ブラウザがあればコードが実行できる

JavaScript言語の特徴として、ブラウザがあればコードを書いた後に実行できるという点です。ブラウザにはJavaScript言語の実行環境が搭載されているので、誰でも簡単に実行させることができます。

基本的にプログラミング言語を実行させるためには、開発環境を整えてからコードを書き込む必要があるでしょう。しかしJavaScript言語の場合は、すでにブラウザに実行環境が搭載されているので、気軽に実行させることができます。

開発環境を整えるのは初心者では躊躇われる部分ですが、JavaScript言語なら環境を整える必要がないので、比較的学習しやすいプログラミング言語と言えるでしょう。

ライブラリやフレームワークが豊富に用意されている

JavaScript言語は「ライブラリ」や「フレームワーク」が豊富に用意されているので、短い時間で開発作業を行うことができます。一からコードを書き込む必要がないので、少ない労力でアプリなどの開発が実現可能です。

事前にどのライブラリ・フレームワークを利用すれば、開発作業がスムーズに行えるのかチェックしておきましょう。

ライブラリやフレームワークによっては、様々な機能性を持たせることができるので、どのような機能を付与するのか検討した上で利用するか検討してみてください。

JavaScript言語を学ぶためにおすすめの学習方法

Webサイトに動きを与えるために必要なJavaScript言語ですが、学ぶためにはどのような学習方法があるのでしょうか。JavaScript言語を学ぶために、おすすめの学習方法を紹介していくので参考にしてみてください。

プログラミングスクールで効率よく学ぶ

JavaScript言語を学びたいなら、プログラミングスクールがおすすめです。プログラミングスクールでは、専門家の講師からJavaScript言語について指導してもらえるので、効率よく学習が進められます。

遅い時間帯まで開講されているケースやオンラインで受講できるケースもあるので、自分に合った学習スタイルが選択できるでしょう。

費用やコース内容がプログラミングスクールによって異なるので、自分が希望する内容を選択して学習を進めていく必要があります。

JavaScript言語を効率よく、短期間で習得したいならプログラミングスクールがおすすめです。

本でじっくりと学習する方法

JavaScript言語はブラウザでも実行できるため、独学で学ぶ方法があります。独学で学習を進めるなら、本を利用して学習してみてください。

本の中には、JavaScript言語の基礎から学べる内容の書籍も多数販売されているので、初心者の方でも学習しやすいのが特徴です。

ただ本の中には、上級者向けの内容が記述されているものもあるので、自分に合っていると感じる本を購入するようにしましょう。

また独学では開発作業が困難になっても、自分で解決しないといけないデメリットがあるので、じっくりと学習を進めて行きたいという方におすすめの学習方法です。

JavaScript言語を学習する上でおすすめのプログラミングスクール

効率よくJavaScript言語を学習するなら、プログラミングスクールに通った方が良いでしょう。しかしプログラミングスクールの数は多いので、どのプログラミングスクールに通えば良いのか迷ってしまう方もいるはず。

そんな方のために、JavaScript言語を学習するならどこのプログラミングスクールがおすすめなのか紹介していきます。

TechAcademy

現役のエンジニアが講師として指導してくれるのが「TechAcademy」です。マンツーマンでレッスンが受けられるので、効率よくJavaScript言語が習得できるでしょう。

主に選択できるコースとしては、下記のようなコースが用意されています。

  • 4週間プラン:149,000円/4週間
  • 8週間プラン:199,000円/8週間

レッスンを受けた後は宿題を指定してもらえるので、自己学習を進めてJavaScript言語について深く理解できるようになります。

無料体験レッスンが提供されているので、どのようなカリキュラムでどんな講師がいるのか知りたい方はまず無料体験レッスンを受講してみてください。

Code Village

JavaScript言語に特化しているプログラミングスクールなので、必要な知識やスキルを磨くことができます。フロントエンジニアを目指している方には、おすすめのプログラミングスクールと言えるでしょう。

主に下記のようなコースが提供されているので、自分に合っているコースを選択してください。

  • オンラインコース:495,000円/6ヶ月

カリキュラムはフロントエンジニアを目指す方向けに、JavaScript言語を利用した開発作業を中心に組まれています。サービス内容に納得できなければ、8日以内であれば「全額返金保証」が利用できるので、安心して受講できるでしょう。

また無料カウンセリングが実施されているので、どのようなカリキュラムで学習できるのか気軽に相談してみてください。

ドットプロ

JavaScript言語以外にもWordpressなどの基礎も学べるのが、「ドットプロ」です。エンジニアとして活躍できるだけでなく、副業としてプログラミングスキルを磨きたい方にもおすすめのプログラミングスクールとなっています。

主に下記のようなコースが提供されているので、参考にしてみてください。

  • コース概要:547,800円/6ヶ月

JavaScript言語とWordpressなどの基礎が学べるので、クラウドソーシングで仕事を受注して副業やフリーランスとして活躍が期待できます。

個別相談会が開催されており、わからない方は気軽に質問できる環境が整えられているのが特徴です。個別相談会を受ける際には、公式サイトから予約しましょう。

CodeCamp

現役エンジニアからマンツーマンレッスンを受けられるのが「CodeCamp」です。CodeCampは、夜の24時まで受講しているので仕事終わりの方でも受講しやすいのが特徴となっています。

主に下記のようなコースが選択できるので、参考にしてみてください。

  • Webマスターコース(2ヶ月):165,000円/2ヶ月
  • Webマスターコース(4ヶ月):275,000円/4ヶ月

講師の質が高いと評判のプログラミングスクールなので、安心してプログラミング学習ができるでしょう。

Webマスターコースでは、JavaScript言語に加えてPHPなど、Webサイトを構築する上で重要なプログラミング言語が学習できます。

無料体験レッスンも開催されているので、どのような学習環境が整えられているのか気になる方は無料体験レッスンから受けてみてください。

KENスクール

講師のマンツーマンレッスンが受けられる「KENスクール」は、比較的受講費用が安いプログラミングスクールです。JavaScript言語の基礎が学べるので、初心者の方でも安心して受講できます。

主に下記のようなコースが受講できるので、参考にしてみてください。

  • デザイナーのためのJavaScript/jQuery講座:68,200円/15時間

短い時間での受講から選べるので、忙しい方でも受けやすいコースとなっているのが特徴です。

無料体験レッスンが提供されているので、どのようなカリキュラムで学習できるのか事前に確認することができます。まずは無料体験レッスンから受講してみて、本格的にプログラミング学習を始めるか検討してみてください。

JavaScript言語を本で学習する際のポイント

JavaScript言語を本で学ぶ場合、どのような学習を行えば良いのでしょうか。JavaScript言語を本で学習する際のポイントを紹介していくので、参考にしてみてください。

専門用語がわかりやすく解説されている本を選ぶ

JavaScript言語を本で学習する場合、様々な専門用語が出てくるでしょう。その時に専門用語について理解がないと、何が書かれているのか理解するのに時間がかかってしまいます。

そのため本で学習する場合は、専門用語について詳しく解説されている本を選ぶようにしましょう。

おすすめは初心者でもわかりやすい解説が行われている本を選び、基礎から学習することです。基本的な内容が書かれている本から、JavaScript言語を学習するようにしましょう。

図やコードの解説が書かれている本を選ぶ

JavaScript言語を一から学習する場合、コードだけ書かれていても難しくて、途中で挫折してしまう恐れがあります。しかし図やコードの解説が丁寧に書かれている本であれば、理解がしやすいので学習意欲もわいてくるでしょう。

初めてJavaScript言語を学習する際には、難しい内容が書かれている本よりもわかりやすい本の方が読み進めやすいです。できるだけ自分のレベルに合っている本を選択して、学習を進めていきましょう。

コードのお手本がたくさん載っている本を選ぶ

JavaScript言語を本で学習する場合、実際にどのようなコードから実行できるのか参考になるお手本が掲載されている方が勉強になります。

そのため本格的にJavaScript言語を学習したいなら、お手本になるサンプルコードがたくさん掲載されている本を選択して学習することをおすすめします。

サンプルコードを書き込んでいるうちに、自然とどのようなコードなら実行できるのか理解できるようになるでしょう。

JavaScript言語を効率よく本で学習するためには?

JavaScript言語を本で学習するためには、時間がかかってしまう可能性があります。そのため効率よく学習する方法を抑えておくことが大切です。

効率よく本で学習するためにはどうすれば良いのか、コツを紹介していきます。

複数の本を参考にして学習する

本で書かれている内容を学習すれば、JavaScript言語の基礎的な内容は学べるでしょう。しかし他の本では異なる内容が書かれていることもあるので、複数の本を読み進めて学習した方が視野が広くなります。

一つの本で学習すると、知識が偏ってしまう恐れがあるので、できるだけ多くの本を読んで必要な情報を吸収するようにしましょう。

何度も反復して覚える

本を一度読んだからといって、全ての内容が理解できる訳ではありません。そのため一度読んだ内容でも、反復して読み進めて学習していきましょう。

特にサンプルコードが書かれている本は、何度も読んで書き写すことで、どのようなコードで実行できるのか理解できるようになります。時間をかけてじっくりと本の内容を覚えていくようにしましょう。

本を参考にコードを書いてみる

JavaScript言語はブラウザでも実行できるので、本を参考にしてコードを実際に書いてみてください。コードを書き、実際に実行されるのか確認するだけでも、色々と参考になる部分はあります。

サンプルコードを書き込んで、どのようなコードで実行されるのか内容を把握しておきましょう。

本で学習する場合、実践的なプログラミングスキルを覚えるのは時間がかかるので、何度もコードを書き込んで必要なスキルを身に付けてください。

JavaScript言語がおすすめの理由

プログラミング言語の中でも、JavaScript言語の学習をおすすめする理由はいくつかあります。具体的に、JavaScript言語がおすすめの理由とは、どのようなことが考えられるのか詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

将来性が高いため覚えておいて損はない

IT技術の進歩は目覚ましく、JavaScript言語についても様々な活用方法が見出されています。今でも、新しいライブラリやフレームワークが誕生しているので、これからの成長が楽しみな言語でもあるでしょう。

Webサイトを構築する仕事に就きたいのであれば、JavaScript言語は覚えておいて損はないプログラミング言語なので積極的に習得を目指してください。

アプリ開発に活用できる汎用性

JavaScript言語はアプリ開発にも利用できるプログラミング言語であるため、活躍できる幅が広いのが特徴です。多くのアプリでJavaScript言語が利用されているので、習得していればオリジナル性溢れるアプリ製作ができるでしょう。

JavaScript言語はデバイスやOSといった環境に左右されることがないプログラミング言語なので、様々なアプリ開発に利用できます。

IT企業でもJavaScript言語を習得している人材を確保したい動きが高まっているので、習得しておけばエンジニアとして活躍が期待できるようになるでしょう。

受注できる案件が選べるようになる

JavaScript言語はWebサイトの構築やアプリ開発など、様々な案件に利用できるプログラミング言語です。クラウドソーシングなどでは、多数の案件が用意されているので、自分のスキルに合った案件が選べるようになるでしょう。

JavaScript言語を習得しておけば、副業としてWebサイトの構築やWebアプリの開発が行えるようになるので、収入を増やすきっかけにもなります。

自分の活躍の幅を広げるためにも、JavaScript言語を習得しておきましょう。

JavaScript言語を習得するメリットは?

JavaScript言語を習得するメリットは、様々なことが考えられます。具体的にどのようなメリットがあるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

初心者でも学習しやすいプログラミング言語

JavaScript言語はシンプルなコードであるため、初心者でも覚えやすく習得しやすいのが特徴です。またシンプルなコードであれば、コードミスをしていても発見しやすいので保守性が高いのもメリットとなっています。

基本的な部分は他のプログラミング言語と似たような構造をしているので、他のプログラミング言語を習得している方からすれば、覚えやすいプログラミング言語と言えるでしょう。

ブラウザでコードが実行できる

JavaScript言語は自分で開発環境を整える必要がなく、ブラウザでコードが実行できます。初心者にとって開発環境を整えるのはハードルが高いですが、ブラウザで実行できるなら気軽に実践することが可能です。

開発環境を整える手間や費用がかからないので、初めて学習するプログラミング言語としてはおすすめの言語と言えるでしょう。

学習できる教材が世界的に多い

JavaScript言語は多くの方が利用しているプログラミング言語であるため、教材が世界的に豊富なのが特徴です。そのため学習しやすく、独学でも習得しやすいのが魅力となっています。

しかしWebアプリ開発など、本格的なプログラミングスキルを習得する場合は、プログラミングスクールで指導してもらった方が効率よく学習が進められるでしょう。

またJavaScript言語はライブラリやフレームワークが豊富なので、開発作業も一から始めなくて良いというメリットもあります。

様々な業務に活用できる

JavaScript言語はWebサイト製作やアプリ開発など、幅広く活用できるプログラミング言語です。様々な業務に活用できるので、エンジニアとして活躍できる業務が多いのがメリットになります。

IT企業としても、求人条件にJavaScript言語を覚えている人材と定めている企業もあるので、エンジニアとして活躍したいなら覚えておいて損はありません。

JavaScript言語を活用した開発実績が豊富

JavaScript言語を利用して開発されたアプリや製作されたWebサイトは複数あります。開発実績が豊富ということは、それだけ有益な開発に利用できる証明になるので、覚えておけばエンジニアとしてキャリアアップを図れるきっかけになるでしょう。

また自分が開発する際に、JavaScript言語を利用してどのような開発したのか分析できるので、ノウハウを活かすきっかけにもなります。

JavaScript言語を習得するデメリットは?

初心者にもおすすめのJavaScript言語ですが、中にはデメリットに感じる部分もあります。どのような部分がJavaScript言語のデメリットなのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

実行するための処理速度が遅い

他のプログラミング言語と比較した時、JavaScript言語は処理速度が遅い傾向にあります。コンパイルが必要ないプログラミング言語なので、実行するサインは解析・翻訳が求められるでしょう。

そのため他のコンパイル型のプログラミング言語と比較すると、コードの実行にかかる時間がかかるので、自然と処理速度が遅くなるので注意が必要です。

ブラウザによっては実行した時の挙動が異なる

JavaScript言語はブラウザで実行できるプログラミング言語ですが、ブラウザによってはコードを実行する際の挙動が異なるので注意が必要です。

そのため異なるブラウザでコードを実行させる際には、様々なブラウザでテストする必要があるので、問題なく動作するのか確認する時間がかかります。

JavaScript言語で開発する時におすすめのライブラリ・フレームワーク

JavaScript言語で開発作業を行う場合、ライブラリ・フレームワークを利用した方が一からコードを書く手間が省けるのでおすすめです。

具体的に、どのようなライブラリ・フレームワークがおすすめなのか紹介していきます。

Vue.js

WebアプリのUIを構築するためのフレームワークとしておすすめなのが、「Vue.js」です。手軽に利用できる機能性を持っており、学習コストも少なくて済むのがおすすめポイントになります。

開発の時間や費用を削減したい方は、一度利用を検討してみてください。

jQuery

JavaScript言語のコードが簡単に記述できるライブラリが、「jQuery」です。少ないコードとHTMLとCSSで操作できます。

開発の手間を省いてくれるライブラリなので、短期間で開発作業を完了させたい方におすすめです。また多くの方が利用している実績のあるライブラリなので、信頼性が高いことが証明されています。

AngularJS

Googleが開発したWebアプリフレームワークが、「AngularJS」です。機能性が豊富なため利便性の高いフレームワークとなっています。

JavaScript言語でたくさんの機能性を与えたい時におすすめなので、ぜひ利用を検討してみてください。

JavaScript言語が学べるおすすめのプログラミングスクールの選び方

JavaScript言語をプログラミングスクールで学ぶ場合、自分に合っているプログラミングスクールなのか事前に確認しておく必要があります。

具体的に、JavaScript言語を学びたい場合、何を基準にプログラミングスクールを選べば良いのか紹介していきましょう。

JavaScript言語と相性の良い言語が学べるのか?

エンジニアとしてIT企業に就職・転職を希望するならJavaScript言語以外にも、相性の良いプログラミング言語を覚えておいた方が良いでしょう。

おすすめのプログラミング言語としては、「HTML」「CSS」といった言語なので、一緒に学習できるコースがあれば積極的に習得しておくことをおすすめします。

プログラミングスクールによって、学習できるプログラミング言語は異なるので、自分が想定しているプログラミング言語の学習ができるのか事前に確認しておきましょう。

最新のライブラリやフレームワークについて学べるのか?

JavaScript言語を習得するためには、ライブラリやフレームワークについて理解しておく必要があります。特にIT業界の進歩は目覚ましいため、最新のライブラリやフレームワークについては理解しておくべきです。

エンジニアとして就職・転職を希望しているなら、最新のライブラリやフレームワークの使い方を教えてくれるプログラミングスクールを選びましょう。

無料体験レッスンなどが開催されていれば、その時に尋ねてみれば回答してくれます。自分が望む学習が行えるのか、無料体験レッスンを通じて確認しましょう。

JavaScript言語を中心として学習ができるのか?

JavaScript言語を習得して、IT企業で活躍することを希望しているなら、JavaScript言語を中心として学習ができるプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

プログラミングスクールによっては学習できるプログラミング言語が異なるので、どのようなコースが提供されているのか調べてからプログラミングスクールを選びましょう。

プログラミングスクールの中には、JavaScript言語の学習に特化したスクールもあるので、よく調べてから検討してみてください。

JavaScript言語が学べるプログラミングスクールを選ぶ時の注意点

JavaScript言語は様々なプログラミングスクールで学べます。しかしプログラミングスクールを選ぶ際には、注意しないといけない点があるのです。

JavaScript言語が学べるプログラミングスクールを選ぶ時に、どのようなことに注意しないといけないのか詳しい内容を解説していきます。

JavaScript言語を習得した後のことも考えて受講する

JavaScript言語は、Webサイト製作やアプリ開発を行うことができます。様々な分野で活躍が期待できるため覚えておけば、IT企業への就職や転職も期待できるでしょう。

ただ専門的な知識やスキルを身に付けるためには、JavaScript言語を利用してどの道に進むのか決めてからコースを選ぶ必要があります。

例えばWebデザイナーになりたいなら、専用のコースを受講しないと全く違う内容のスキルを磨く結果に繋がる恐れがあるでしょう。

他にもアプリ開発に携わりたいなら、便利なライブラリやフレームワークを教えてもらう必要があるので、将来を見据えた上でコースを選択してください。

IT企業への転職を希望するなら転職サポートの有無を確認

JavaScript言語を習得した後、IT企業への転職を希望するなら転職サポートがあるプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

転職サポートは履歴書添削や面接練習を行ってくれるので、転職が不安な方でも安心してサポートしてくれるでしょう。

また提携しているIT企業への転職も希望できるので、他の求人情報に掲載されていない企業への転職もできる可能性があります。

まとめ

JavaScript言語はWebサイト製作やアプリ開発など、様々な分野に活用できます。そのため習得しておけば、様々なIT企業で活躍できるエンジニアに成長できるでしょう。

本格的に学習したい方は、今回紹介したおすすめのプログラミングスクールを参考に、受講するのか検討してみてください。

自分が望む学習ができるのか、慎重にプログラミングスクールを比較した上で受講するのか判断しましょう。