文系でもプログラミング学習は重要?メリットについて解説!

文系の方でもプログラミングスキルを持っていた方が活躍の場が広がるため、習得しておくことをおすすめします。実際に文系の方でも、プログラミングスキルを習得している方もおり、エンジニアとして活躍している方も多いです。

実際に、文系がプログラミング学習を行うメリットとはどのようなことが考えられるのか、詳しい内容を解説していきます。

目次

文系でもプログラミングスキルは身に付けられるのか?

実際に文系の方でもプログラミングスキルを身に付けることはできるのでしょうか。現在では様々な学習方法が実践されているので、文系でもプログラミングスキルを身に付けることは可能です。

実際に、文系でもプログラミングスキルが身に付けられる理由について解説していきます。

プログラミング言語は幅広く学習できる

文系の方は数学的な知識が苦手という方も多いでしょう。プログラミングも同じように数学的な知識が必要と考えている方はいますが、実際にはそうではありません。

プログラミング言語で数学的な知識が必要なのは一部で、基本的に数学的な知識が必要な分野の方が多いです。

プログラミングで数学的な知識が必要なのは、統計学や人工知能といった分野になります。そういった分野以外に活用できるプログラミング言語は多いので、文系の方でも学習しやすいのが特徴です。

未経験の方でも利用しやすいサイトやサービスが提供されている

今ではプログラミング学習ができる方法は様々あり、未経験の方でも利用しやすいサイトやサービスが提供されています。無料で質問できるサイトやコードが書き込めるサイトなどあるので、自由な学習方法が確立されているのが特徴です。

またわからないことが出た時には、掲示板を利用して質問に対して回答してくれるサイトもあります。独学で学ぶ時も気軽に質問できる方法として活用できるので、途中で挫折する心配も少なくなるでしょう。

比較的学びやすい環境が整えられているので、文系の方も一からプログラミング学習を始めたとしても、十分なスキルを身に付けることができます。

プログラミングスクールで効率よく学習できる

文系の方でも大学に通いながら、プログラミングスクールに通って学ぶことはできます。プログラミングスクールは、専門的な知識を持っている講師が指導してくれるので、効率よくプログラミング学習を行うことが可能です。

カリキュラムも組んでくれるので、短期間でプログラミングスキルを身に付けることができるでしょう。プログラミングスクールの中には転職・就職をサポートしてくれるスクールもあるので、エンジニアとして活躍することを希望する方にはおすすめです。

ただプログラミングスクールに通うためには、費用がかかるので事前に予算は検討しておく必要があるでしょう。

文系の方でプログラミングに向いている人はこんな人

文系の方でプログラミングに向いている人には、どんな特徴があるのでしょうか。文系の方でプログラミングに向いている人の特徴について紹介していくので、参考にしてみてください。

コードを書くのが楽しいと感じる方

プログラミングはWebサイトやアプリを構築するためには、コードを書く必要があります。そのコードを書くことが楽しいと感じる方は、プログラミングに向いていると言えるでしょう。

実際にコードは少しずつ書くことで、Webサイトやアプリが構築されていくので、ものづくりと同じような感覚で出来上がります。こだわりたい部分も自分で工夫しながら作り上げていけるので、楽しみながらコードを書いていくことができるでしょう。

継続して学習することが嫌いではない人

プログラミングに向いている人の特徴として、プログラミング学習を継続して学べる方です。プログラミング学習は内容が深くなるほど、難しい部分が増えてきます。そのため思い通りにいかないことが多く、途中で挫折してしまう方も多いでしょう。

そんな時に継続して学習できるかどうかが、プログラミングスキルを身に付けられるのか決まってきます。思ったように学習が進まなかったとしても、折れずにプログラミング学習を続けられる方がプログラミングに向いている人と言えるでしょう。

論理的思考力を持っている人

プログラミングを構築する上で、論理的思考力は重要な能力になってきます。コードを書く時に、どのような構造を組み立てていけば良いのか考えるためには、物事を順序よく考えられる論理的思考力が必要になってくるのです。

どのようなスケジュール・工程でコードを書いていけば良いのか、論理的思考力がある方はプログラミングスキルを身に付けやすいので、エンジニアとして活躍が期待できるでしょう。

文系がプログラミングを覚えるならどんな言語がおすすめ?

文系の人がプログラミング学習を行う場合、どのようなプログラミング言語を習得すべきなのでしょうか。文系の人におすすめのプログラミング言語を紹介していくので、参考にしてみてください。

プログラミングの基礎学習を行いたいなら「Java」

プログラミング未経験で、基礎部分から学習を進めたいというなら「Java」がおすすめです。プログラミング言語の中でも、Javaは汎用性が高い言語なので、覚えておけば他の言語を習得する時に理解しやすくなります。

Javaはプログラミング言語の基礎が含まれているので、プログラミング未経験の方ならJavaから覚えた方が頭に入りやすいでしょう。

Web製作に携わりたい方はPHP

文系の人がプログラミングを使ってWeb製作を行いたいなら、「PHP」がおすすめです。PHPはWordPressを開発したプログラミング言語なので、Web製作を行う時にホームページを構築しやすいのが特徴になります。

またPHPはプログラミング言語の中でも、比較的習得しやすいので未経験の方でも覚えやすいプログラミング言語です。比較的コードがシンプルなので、初めてプログラミング言語を習得するならおすすめになります。

Web開発関連の業務に携わりたいならRudy

プログラミング言語を使ってWeb開発に携わりたいのであれば、Rubyがおすすめです。Rubyは様々なWeb開発に利用できるプログラミング言語なので、自由度が高いWebサイトの構築に利用できます。

実際にTwitterやクックパッドといったWebサービスの開発にも利用されているので、幅広いWebサービスを開発に携わることができるでしょう。

自作のWebサービスを作りたいという方にもおすすめのプログラミング言語なので、ぜひ利用を検討してみてください。

将来性を考えて学習したいならPython

プログラミング言語を習得して、今後の転職や就職活動に活用したいなら、「Python」がおすすめです。PythonはAI開発や機械学習の分野で利用されるプログラミング言語なので、将来性が高いのが特徴になります。

実際にPythonを利用して構築されたWebサービスには、YouTubeやInstagramなどがあり、今後も活躍が期待されているプログラミング言語です。

他にゲーム開発やアプリ開発にも関連するプログラミング言語なので、覚えておけばエンジニアとして活躍できる場が広がるでしょう。

文系がプログラミング学習を行う方法は?

文系の人がプログラミング学習を行う方法としては、主に2つの手段があります。それは独学とプログラミングスクールに通う方法です。

どちらの方が自分に合っているのか、特徴を紹介していくので参考にしてみてください。

文系の人が独学でプログラミング学習を行う方法

文系の人がプログラミング学習を行う方法として、独学で学ぶやり方があります。独学のメリットは、それほどお金をかけずにプログラミング学習が行えるという点です。

主に独学でプログラミング学習を覚えるためには、本や学習サイトを利用して学びます。本の場合は基礎的な内容からプログラミング学習ができる内容のものが販売されているので、未経験の方でも学習しやすいでしょう。

しかしいきなり難しい本を読むと、内容が理解できず挫折してしまう恐れがあるので、自分のレベルに合った本を読むことが大切です。

学習サイトは自分が学習したいプログラミング言語に合わせてステップなどが紹介されているので、順序よく学習を進めることができます。

独学は自分のペースでじっくり学習を進めることができますが、わからない部分も自分一人で解決しないといけないので、途中で挫折してしまう恐れがあるでしょう。

自分で継続して学習するのが苦手という方は、プログラミングスクールで学習する方がおすすめです。

プログラミングスクールの方が効率よく学習が進められる

独学と比べれば、プログラミングスクールの方が効率よく学習が進められるので、短期間でプログラミングスキルを磨くことができます。

専門的な知識を持っている講師が指導してくれるので、一人でわからない部分も講師が丁寧に教えてくれるため、すぐに問題解決できるでしょう。

カリキュラムに沿ってプログラミング学習を進めるので、基礎的な部分から応用編までしっかり学ぶことができます。カリキュラムの最後には、ポートフォリオが製作できるので、転職や就職にも有利に働くでしょう。

ただプログラミングスクールは、通うために一定の費用がかかります。少し費用が高いので、予算に余裕を持った状態でプログラミング学習を行うようにしましょう。

文系の人がプログラミングスクールに通うなら選び方は?

文系の方が効率よくプログラミング学習を行うなら、プログラミングスクールに通った方が早いでしょう。しかしプログラミングスクールの数は多いため、どこを選べば良いのか迷ってしまう方も多いはず。

文系の人がプログラミングスクールに通うなら、どのような選び方をすれば良いのか、詳しい内容を解説していきます。

自分の生活スタイルに合わせて通学スタイルを決める

プログラミングスクールはオンライン型と教室型があるので、自分に合った学習スタイルが選べるスクールを選んだ方が良いでしょう。

オンライン型の場合は、自宅でプログラミング学習が受けられるので、教室に足を運ぶ手間を省くことができます。また服装なども意識しなくて良いので、比較的気楽に受講できるのが特徴です。

ただ基本的に一人で学習する必要があるため、講師に相談できるとはいえ、モチベーションを維持するのが難しいでしょう。

通学スタイルの場合は、プログラミングスクールが開講している時間帯に教室に入る必要がありますが、他の生徒もいるので切磋琢磨してプログラミングスキルを磨くことができます。

どちらの学習スタイルが自分に合っているのか、もう一度確認した上で決めましょう。

エンジニアになりたいなら就職・転職サポートの有無を確認

プログラミングスクールに通った後、エンジニアとして転職したいなら、就職・転職サポートが付いているスクールを選ぶ必要があります。就職・転職サポートは面接練習や履歴書添削を行ってくれるので、就職・転職率がかなり上がるのが特徴です。

またプログラミングスクールと提携しているIT企業を紹介してもらえるので、就職・転職できる可能性は高いでしょう。

エンジニアとしてIT企業に勤めたいのであれば、就職・転職サポートがしっかりしている企業を選択してみてください。

文系の大学生なら学生割引が適用されるプログラミングスクールがおすすめ

文系の大学生がプログラミングスクールに通うなら、学生割引が適用されるスクールに通った方がお得になります。できるだけ費用を抑えた上でプログラミングスクールに通うなら、学生割引のサービスを行っているスクールを探して受講しましょう。

プログラミングスクールの中には、学生専用のプランを紹介していることがあるので、費用を安く抑えたいならスクールを比較して慎重に選んでください。

まずは無料相談や無料体験を受けてみる

どのプログラミングスクールに通うのか迷っているなら、無料相談や無料体験を実施しているスクールに足を運んでみてください。無料相談や無料体験を利用すれば、プログラミングスクールでどのような学習を行っているか雰囲気を理解することができます。

また実際に気になることを訪ねてみれば、疑問に思っていることや不安に思っていることが解消されるので、入りたいプログラミングスクールを吟味することができるでしょう。

気になっているプログラミングスクールがあるなら、無料相談や無料体験を行って、自分に合っているスクールを選んでみてください。

文系がプログラミング学習を行う上での注意点

文系がプログラミング学習を行う上で、いくつか注意しておきたい点があります。どのような点に注意すべきなのか、詳しい内容を紹介していくので参考にしてみてください。

間違えたプログラミング学習を行わないこと

プログラミング学習を行う上で重要なのが、学び方を間違えないということです。簡単に説明すると、本ばかり読んでインプットするのは良いですが、コードを書くなどのアウトプットを意識しないと、エンジニアとしてプログラミングスキルを身に付けることができません。

エンジニアはコードを書くことで、Webサイトやアプリが構築できます。しかし教材だけ丸暗記しては、実践で必要なプログラミングスキルを身に付けることはできないでしょう。

またネットでプログラミング学習を進めたとしても、ネット情報がすでに古くなっている可能性があります。常にIT技術は進歩しているので、できるだけ最新情報を参考にしてプログラミング学習を進めるようにしましょう。

プログラミング学習の目的をハッキリさせておく

プログラミング学習を行う前に、プログラミングスキルを身に付けて何がしたいのか、学習の目的はハッキリさせておく必要があります。目的が明確になっていないと、プログラミング言語を覚えたものの、目指している職種では必要な言語を習得するなど失敗してしまう恐れがあります。

自分の目的に合ったプログラミング言語を習得する必要があるので、予め目的はハッキリさせておき、何を学習するのか明確にしておきましょう。

予算は十分に検討した上で適切なプログラミングスクールに通う

プログラミングスクールは、他の習い事と比較すると、かなり高額な費用がかかります。そのため予算は十分に検討した上で、自分に合っているプログラミングスクールに通うようにしましょう。

プログラミングスクールの中には、提携しているIT企業に就職すれば、受講費用を無料にするサービスを提供していることがあります。

よりお得にプログラミングスクールに通うなら、そういった無料サービスを利用してみるのも一つの手です。

まとめ

文系でもプログラミング学習を進めておけば、将来的に役立つ可能性があります。就職や転職に有利になるだけでなく、フリーランスとして活躍できる未来もあるでしょう。

コードを書くことで、論理的思考力を培うきっかけにもなるので、実力を身に付けるためにもプログラミングスキルは重要になります。

今の自分よりもできることを増やすためにも、プログラミング学習を行ってみてください。