Python言語を初心者が学習するためには?学習方法について解説!

AI開発やデータ分析に活用できるPython言語は、様々な分野で活躍が期待できる言語として需要が高まっています。実際、企業の多くはPython言語を習得している人材を確保しようという動きが、年々高まっているようです。

そんなPython言語を初心者が学習しようとしたら、どのように学習すれば良いのでしょうか。

今回はPython言語を初心者が学習するためには、どのような学習方法が有効なのか、詳しい内容を紹介していきます。

目次

 Python言語を初心者が学習するためのステップアップ

初心者がPython言語を学習する場合、どのような手順で学習を進めれば良いのでしょうか。Python言語を学習するためのステップアップを紹介していくので、参考にしてみてください。

Python言語の基礎から学習していく

Python言語を初心者が学習するためには、まず言語の基礎から学んでいく必要があります。どのようなコードでプログラミングするのか、基礎の部分を理解すれば、アプリ開発やデータ分析の手段も把握できるようになるでしょう。

Python言語の基礎を学習する手段は、独学なら本や学習サイトで学ぶ方法があります。講師に指導してもらいたいのであれば、プログラミングスクールを受講する方法もあるでしょう。

自分に合っていると思う手段で、Python言語の基礎を学習してください。

またWebアプリやスクレイピングを学習したいのであれば、HTML・CSSについて学習していくことをおすすめします。

まずHTMLとは、Webページの文章やリンクを設定するために使われる言語です。HTMLを理解していれば、テキストをユーザーが読みやすいように加工できます。

CSSはHTMLを装飾するために使われる言語で、テキストの色を加工する時などに必要になるでしょう。

 Python言語でデータ収集したいならWebスクレイピングについて学ぶ

初心者の方がPython言語を覚える目的が、データ収集を行い、データ分析できるスキルを身に付けるということなら、Webスクレイピングについて学習することをおすすめします。

Webスクレイピングとは、Webからデータを取得することを指しており、データ分析を行うために使用されることが多いです。

Webスクレイピングを身に付けるためには、様々な言語を学習する必要があります。ただ言語を学習しなくても、Python言語のライブラリを使用すれば、一からプログラミングしなくてもデータ収集の機能を利用することが可能です。

Python言語を活用してデータ分析する方法

Python言語を活用してデータ分析するなら、ライブラリを利用すれば収集したデータを分析することが可能です。その際におすすめしたいのが「Pandas」と「Matplotlib」になります。

Pandasは収集したデータを加工して、統計を行うことが可能です。どのようなデータなのか、情報を見やすくできます。

MatplotlibはPython言語データをグラフに変換するツールで、折れ線グラフやヒストグラム円グラフなどを作ることが可能です。データをより見やすく加工できるので、情報をまとめたい時におすすめになります。

 Python言語でWebアプリを作成してみる

Python言語の基礎を学習したのであれば、次はWebアプリを製作してみましょう。Webアプリでは、ユーザーが入力したデータを保存し、適切なページを表示するといったことがPython言語を使えば実現できます。

便利なWebアプリを製作できるので、機能性を持たせたい時におすすめです。

Web APIアプリを製作する

Python言語を使用すれば、Web APIアプリを製作することができます。Web APIアプリは、Twitterなどの外部サービスと連携するアプリのことで、必要なデータを外部サービスから収集することが可能です。

Web APIアプリを製作すれば、Twitterにアクセスしなくても、必要な情報だけが表示できるようになります。

Python言語を学習する時に初心者が失敗してしまいがちなこと

Python言語を学習するにあたって、初心者が失敗してしまうことがあります。どのような失敗が多いのか、詳しく解説していきましょう。

基礎だけを何度も学習する

独学でPython言語を学習しようとしている初心者の方にありがちな失敗ですが、基礎的な部分だけを何度も学習しても、プログラミングスキルを上げることは難しいです。

プログラミングの基本は、何度もプログラミングを行い、実践的なスキルを磨くということが重要になります。

同じところを何度も読み返したとしても、知識はついてもスキルが磨かれないので、注意が必要です。

わからないことが増えて挫折してしまう

こちらも独学でPython言語を学習している初心者の方にありがちな失敗です。学習を進める上で、難易度が上がればわからないことも増えます。その時の問題解決ができないと、挫折してしまう可能性が高いです。

コードの書き方など基礎的なことは理解できても、開発作業に入ると応用になるので、理解できないことが増えていきます。

独学で学習が難しいと感じた時には、プログラミングスクールで学習することも視野に入れておきましょう。

AI開発などの知識は難しくなる

Python言語はシンプルな文法で、コードが読みやすいといっても、AI開発などの専門性の高い分野になると、理解することが難しくなります。

そのため、途中で理解できずに学習を辞めてしまう初心者の方も多いです。難しいと判断した時には、誰か講師と呼べる方に相談した方が良いでしょう。

 Python言語を初心者が独学で学習することはできる?

Python言語を初心者が学習する場合、独学でも問題ないのでしょうか。結論からいうと、基礎的な部分であれば、独学でも学習できます。

独学で学習する場合、どのような方法で学習できるのか詳しい内容を解説していきましょう。

学習サイトを使って学習する

初心者の方がPython言語を学習するなら、学習サイトを利用した基礎的な内容を学ぶ方法があります。学習サイトはいくつかあり、中にはゲームや動画を使って楽しみながら学習できるサイトもあるのでおすすめです。

ただ初級的な課題しか用意されていないことが多いので、スキルアップを図るなら、他の方法を模索する必要があります。

本を使って学習する

独学でPython言語を学習するなら、本を使って学ぶ方法があります。本ならプログラミングの初級編などが販売されているので、基礎から学習することができるでしょう。

その時に注意しておきたいのが、初心者の方は無理して難しい本で学習を進めないことです。プログラミングは開発などの話になると、かなり難易度が高くなるので、独学で進むのは難しくなります。

途中で挫折してしまう可能性があるので、まずは簡単な内容で学習を進めるようにしましょう。

YouTubeの動画を参考にして学習する

YouTubeの中には、Python言語について基礎的な内容を紹介している動画があります。その動画を視聴して、学習を進める方法もあるでしょう。

ただ動画の内容は様々あるため、独学ではどの動画から視聴すれば良いのか判断できない可能性があります。

初心者の方が参考にするなら、基礎的な部分だけにして、アプリ開発などは慣れてから視聴した方が良いでしょう。

Python言語を初心者が学習して挫折しないためには?

初心者がPython言語を学習する際に、難しい課題にあたってしまうと、疑問が増えてしまい挫折してしまう可能性があります。途中で挫折してしまわないためにも、どのような対応が必要になるのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

Python言語を学習する目的を決める

Python言語の学習を途中で辞めてしまわないためにも、学習をする目的を決めていきましょう。エンジニアとして活躍したい、独立してAI開発をしたいなど、人によってPython言語を学習する目的は違うはずです。

より明確な目的があれば、難しい場面に直面しても挫折することなく、継続して学習を進められます。

わからないことは放置しない

Python言語を学習する上でわからないことは、すぐに問題解決に努めましょう。わからないことを放置していると、徐々に理解できないことが増えてしまい、心が折れてしまいます。

途中で挫折してしまうことを防ぐためにも、わからないことは放置せずに、すぐに解決するようにしましょう。

独学で問題解決が難しい場合には、プログラミングスクールを受講して、プロの講師に指導してもらうことも視野に入れる必要があります。

継続的に学習を行う

Python言語の学習は、1日でも休んでしまうと、課題が進まずに何度も同じことを学習しないといけない羽目になります。できるだけ毎日学習を続けて、Python言語を理解していく努力をしましょう。

学習時間は15分など少しの時間でも良いので、今日は休むといったようにサボる考えは排除する必要があります。

コードを書く時間は長く設ける

Python言語を短時間で学習しようと考えるなら、コードを書く時間は長く設けることが大切です。コードを書くことは、プログラミングスキルを向上させるために必要なことなので、集中的に行うことをおすすめします。

ただコードを書いて機能を試すためには、環境構築が必要になるでしょう。事前に環境構築を実施しておき、コードが正しいのか試せるようにしておく必要があります。

 Python言語を学習するメリットはあるのか?

近年、Python言語は注目されているプログラミング言語の一つですが、学習するメリットとはどのようなことが考えられるでしょうか。

Python言語を学習するメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

エンジニアの中でも平均年収が高い

Python言語を学習するメリットとして考えられるのは、エンジニアの中でも平均年収が高いということです。エンジニア自体が、会社員の中でも平均年収が高い職種ですが、Pythonエンジニアの場合は平均年収が500万円~600万円程度と高い傾向にあります。

実際、AI開発などでPython言語は活用されているので、企業側も高待遇で人材確保を目指していることが多いのでしょう。

 Python言語の需要が高まっている

AI開発や機械学習の分野で、Python言語は需要が高くなっています。そのため、就職や転職がしやすい状況となっているのが特徴です。

Python言語を学習しておけば、IT業界で重宝される人材となる可能性があるので、初心者の方は学習しておいて損はありません。

他にもWebアプリの開発などにもPython言語は利用されているので、様々な分野で活躍が期待できます。

将来性が高いプログラミング言語

AIはこれからさらに身近な存在となることが想定されているので、AI開発に関係するPython言語は将来性も高いプログラミング言語です。

キャリアアップを図るきっかけにもなるので、Python言語は覚えておけば、エンジニアとして活躍できる場が増える可能性があります。

初心者が知っておきたいPython言語の活用事例

Python言語を学習するなら、事前に知っておきたいことがあります。それはPython言語を活用して、どのようなことができるのかということです。

初心者が前もって知っておきたい、Python言語の活用事例について解説していきます。

Webアプリが開発できる

Python言語を習得していれば、Webアプリの開発にも携われる可能性があります。実際に、YouTubeなどのWebアプリでは、Python言語が活用されており、便利な機能性が注目されているのです。

Python言語のライブラリでも、Webアプリの開発を手助けしてくれるものが多いので、自分でWebアプリの開発を行う時に助かります。

Webアプリに特別な機能性を与えて、自動化を図ることができるので、Python言語を覚えておけば人気のWebアプリを構築できる可能性があるでしょう。

人工知能が開発できる

Python言語が注目されている理由の一つが、人工知能の開発に利用できる言語ということです。日本でもAI開発にPython言語が使用されており、日常の中でも身近な存在になりつつあります。

今は海外の方が人工知能の開発でPython言語が使用されていることが多いですが、現在は日本国内でも利用されるケースが増えているのです。

これからも活躍が期待できるので、Python言語を学習するメリットは大きいでしょう。

データ分析の効率化が図れる

Python言語を使用すれば、膨大なデータを抽出し、データ分析まで行うことができます。Python言語を使ってデータ収集すれば、テキストだけでなく画像データまで収集することができるなど、柔軟な対応が可能です。

またデータ収集や分析に関するライブラリも豊富に用意されているので、Python言語の基礎知識があれば、気軽に利用することができます。

データ分析の分野は、企業でも必要とされているので、データ分析の実績があれば企業から採用される可能性も高くなるでしょう。

データ収集の自動化の仕組みが作れる

Python言語を使用すれば、データ分析だけでなく、データ収集の自動化の仕組みを作ることができます。毎日データを収集するとPython言語でコードをかけば、手作業でデータを集めなくても、自動でデータ収集を行ってもらうことが可能です。

手作業でデータ検索する手間が省けるので、業務効率化を図ることができます。

ブロックチェーン技術を開発できる

Python言語はブロックチェーン技術でも活躍しています。実際に、ビットコインなどでも活用されており、便利な機能性を与えているプログラミング言語です。

様々な分野でPython言語は活用されているので、習得していればエンジニアとして活躍できる場所を与えてもらえるでしょう。

初心者が知っておきたいPython言語が注目される理由

Python言語は多方面で注目されている言語で、日本国内でもPython言語を習得していれば、活躍の場はたくさんあります。

実際に、Python言語が注目されているのはなぜなのか、理由を解説していきましょう。

様々な分野で活躍している実績がある

Python言語は、人工知能や機械学習だけでなく、データ分析などの分野でも活躍を見せています。そのことから、多くの企業やエンジニアはPython言語の可能性を見出して、開発業務にPython言語を取り入れるケースが増えたのです。

また実績があるため、Python言語を活用して開発を行えば、安定した成果を残せるということがわかります。そのため、Python言語が使用される機会は増えているのです。

便利なライブラリが豊富に用意されている

ライブラリは、すでにプログラムが構築されているため、少しPython言語でコードを書き加えることで、アレンジして開発が行えます。一からプログラミングを行う手間が省けるので、効率よく開発できるのがPython言語のメリットと言えるでしょう。

またライブラリは、AI開発・Webスクレイピング・データ収集など、様々な分野のものが用意されているので、開発作業も捗ります。

動作確認が用意に行える

Python言語は、プログラムを実行する時にソースコードをそのまま読み込むことができます。そのため、すぐに動作確認が行えてエラーが発生するかチェックが可能です。

もしエラーが発生しても、読みやすいコードの構造となっているので、修正も用意に行えます。修正がすぐにできる言語というのは、初心者が途中で挫折してしまう可能性が低くなるので、最初に学習する言語としては優秀と言えるでしょう。

フレームワークが充実していて開発の効率が良い

Python言語では、Webアプリやサービスを効率よく開発できるフレームワークが用意されています。フレームワークはログイン処理やセキュリティなど、必要なプログラムを簡単に構築できるようになっているので、初心者の方でも利用しやすいです。

比較的短期間で開発作業が行えるので、Python言語が開発の際に活用されることは多い傾向にあります。

初心者が知っておきたいPython言語を学習すれば就ける職業

初心者の方は、事前にPython言語を学習すれば、どのような職業に就けるのか理解しておく必要があります。就ける職業を理解しておけば、目標として設定しやすくなるでしょう。

Python言語を学習すれば、どのような職業に就けるのか紹介していきます。

AI開発を行う「AIエンジニア」

Python言語を学習すれば、AI開発に携わる「AIエンジニア」の職業に就くことができます。AIエンジニアは平均年収も高く、これからも需要が高まる可能性が高い職業です。

初心者の方がエンジニアを目指すなら、AIエンジニアを目指して学習を進めるのは選択と言えるでしょう。

様々な企業で必要とされている人材なので、Python言語を習得すれば就職・転職がしやすくなります。

データ分析を行う「データサイエンティスト」

膨大なデータを分析して、企業にとって有益な情報を与えるのが「データサイエンティスト」です。データサイエンティストは、エンジニアとしてキャリアアップを図ることができるので、職業に就ければ年収は高くなるでしょう。

ただデータサイエンティストになるためには、データ分析だけでなく人工知能や数学的な知識など、様々な知識を有している必要があります。

簡単にはなれませんが、将来キャリアアップを図りたいのであれば、目指した方が良い職業です。

実際、プログラミングスクールなどで、データサイエンティストになりたいと相談すれば、専用のカリキュラムを組んでもらえる可能性があります。

Webアプリを開発する「Webエンジニア」

Web関連のサービスを開発するのが「Webエンジニア」です。Webアプリを開発している企業は多く、Webアプリ開発ができれば就職に有利になります。

ユーザー認証や管理画面などは、Webエンジニアが構築することで動作するので、活躍の場は広いです。

初心者がプログラミングスクールでPython言語を学習するメリット

初心者がPython言語を学習するなら、プログラミングスクールを受講した方が効率よく学ぶことができます。具体的に、初心者がプログラミングスクールを受講するメリットについて解説していきましょう。

実務的なプログラミングスキルが磨ける

初心者がプログラミングスクールを受講するメリットとして、まず実務的なプログラミングスキルを効率よく磨けるという点が挙げられます。

独学で学習するよりも、プログラミングスクールならプロの講師が指導してくれるので、エンジニアになるためにはどのようなスキルが必要なのか、的確に指導してもらうことが可能です。

またPython言語を使って、どのような開発・製作したいのか話をすれば、目的に合ったカリキュラムを組んでもらえるプログラミングスクールもあります。

途中で挫折する心配がない

独学なら問題が発生した時に、解決するための知識がないため、どのように対応すれば良いのか迷ってしまうことが多いでしょう。しかしプログラミングスクールなら、講師が問題解決に向けて尽力してくれるので、挫折する心配がありません。

わかりやすく解説もしてくれるため、わからない部分があれば、すぐに講師に質問する習慣を付けていきましょう。

プログラミングを学ぶ習慣が自然と身に付く

プログラミングスクールでPython言語を学習するためのカリキュラムを組んでもらえば、どのように言語を学習すれば良いのか、流れを理解することができます。

またその学習を継続して行っていけば、今後もプログラミング学習を進める時に、どのように学習すれば良いのか、学習の習慣を身に付けることが可能です。

エンジニアになれば、新しい技術を取り入れることもあるので、常に学習の習慣を身に付けておくことは重要な能力になります。

就職や転職しやすい

プログラミングスクールで受講すれば、初心者の方でもエンジニアになるためのスキルや知識が身に付けられるので、カリキュラムが修了した後にはIT業界への就職や転職がしやすくなります。

特に転職サポートが充実しているプログラミングスクールであれば、初心者の方でも転職しやすくなるでしょう。

初心者がプログラミングスクールでPython言語を学習するデメリット

プログラミングスクールでは、Python言語を基礎的な部分から学習できるので、初心者の方でも効率よく学ぶことができます。しかし中にはデメリットに感じる部分もあるため、事前に把握しておくことが大切です。

具体的に、プログラミングスクールを受講するデメリットは、どのようなことが考えられるのか解説していきます。

受講するためには費用がかかる

独学でPython言語を学習する場合とは違い、プログラミングスクールに通う場合は、受講費用がかかります。受講費用はプログラミングスクールによって異なりますが、毎月発生するので予算に十分余裕を持って受講することが大切です。

具体的に、自分が受講したいと思うコースはどれくらいの費用がかかるのか、無料カウンセリングを受けて確認しておきましょう。

受講すれば想定していたレベルのスキルが身に付くとは限らない

プログラミングスクールに通ったからといって、自分が想定していたスキルが身に付く訳ではありません。特に初心者の方は、どこで課題にぶつかるかわからないので、進捗状況は人によって異なります。

ただプログラミングスクールの講師に頼れば、エンジニアになるために必要なことは指導してもらえるので、学習を継続して行えば、ある程度のスキルを身に付けることはできるでしょう。

カリキュラム修了後は転職できるとは限らない

カリキュラムが修了した後に、プログラミングスクールから転職先を紹介してもらえることがあります。しかし紹介してもらったからといって、転職に成功するとは限りません。

企業によって希望していた人材ではなかった場合、採用されない可能性もあります。

あくまでもプログラミングスクールは、転職のサポートをしてくれるだけなので、サポートを過信しすぎないように注意しましょう。

初心者が受講するプログラミングスクールの選び方

初心者がPython言語を習得するために、プログラミングスクールを受講する場合、何を基準にして選べば良いのでしょうか。プログラミングスクールを選ぶ基準について解説していきます。

Python言語が習得できるコースが用意されているか?

Python言語を習得する目的でプログラミングスクールを受講する場合、Python言語が学習できるコースが用意されているプログラミングスクールなのか、事前に確認しておきましょう。

またできれば、Python言語を習得する目的に合った、カリキュラムを組んでもらえるプログラミングスクールかどうかも確認しておく必要があります。

データ分析のスキルを磨きたいと思っても、Python言語を学習するカリキュラムでは、AI開発のための学習を行うように組まれている可能性があるでしょう。

カウンセリングの時点で、自分の目的に合ったカリキュラムを組んでもらえるのか確認しておく必要があります

講師のレベルが高いのか見極める

Python言語を習得する上で、指導してもらえる講師のレベルは高い方が効率の良い学習ができます。見極める方法としては、プロのエンジニアとして活躍していた方かどうかで判断することができるでしょう。

実際にエンジニアとして働いていた実績があれば、現場で必要なスキルや技術を教えてもらえるので、実践的な力を身に付けることができます。

プログラミングスクールを選ぶ時は、講師のレベルにも着目して選んでいきましょう。

予算に合う受講費用なのか?

プログラミングスクールを受講する場合、どれくらいの費用なのか確認して、予算に合うのか検討しておく必要があります。

生活費を圧迫するほどの費用がかかるなら、受講は避けた方が良いでしょう。

十分に余裕がある時にプログラミングスクールを受講した方が良いので、ちゃんと計算した上で受講するのか検討してください。

受講期間が無理のないレベルかどうか?

仕事終わりにプログラミングスクールを受講するという方は、受講期間が無理のないレベルなのか確認しておく必要があります。

短期間であれば、無理せず受講できるケースも多いので、自分のライフスタイルに合わせてしっかり検討しておきましょう。

また受講できる時間帯も、プログラミングスクールによって異なります。仕事終わりの遅い時間でも受講できるのか、確認しておくことが大切です。

転職を希望するなら転職サポートが付いているか確認する

Python言語を習得した後に、IT業界への転職を希望しているなら、転職サポートが付いているプログラミングスクールなのか、事前に確認しておきましょう。

転職サポートは履歴書の書き方や面接相談などのサポートが受けられるので、安心して転職の準備を進めることができます。

また中には、転職できない場合には全額返金保証などが付いているプログラミングスクールもあるので、サポート内容をよく確認した上でプログラミングスクールを選択しましょう。

まとめ

初心者がPython言語を習得するためには、基礎的な部分から学習を進めていき、徐々に難易度を上げていくことが大切です。

Python言語はAI開発やデータ分析など、様々な分野で活躍が期待できるプログラミング言語なので、将来性を考えて習得しておいた方が良いでしょう。

またシンプルな文法なので、初心者の方にもおすすめです。

独学でPython言語を学習するのは、難易度が難しくなると挫折してしまう恐れがあるので、プログラミングスクールを受講することも視野に入れておきましょう。

今回紹介したプログラミングスクールの選び方を参考に、自分に合ったプログラミングスクールを探してみてください。