Webマーケティングに役立つ資格は?あると便利なおすすめ検定や資格を紹介

インターネットやスマートフォンの普及により、Webマーケティングが欠かせないものとなっています。そのため、Webマーケティングを習得したいと思っている人も多いでしょう。Webマーケティングとは企業がWebサイト上で集客や販売、ブランディング促進に繋げるプロモーション活動です。そこで今回は、Webマーケティングの仕事内容や必要とされるスキル、おすすめの資格などを詳しく解説します。

Webマーケティングの仕事内容とは

Webマーケティングの主な仕事内容はWeb上で集客し、資料請求や購入など顧客に起こして欲しいアクションを誘導することです。Webマーケティングの具体的な流れは次の通りです。まずは、集客するための施策を立案します。リスティング広告やディスプレイ広告といったWeb広告を配信する、SEO対策をするなどです。つぎに、指標を設定し、そのゴールを達成するためにどのような運用をしていくかを決めます。設定指標には、目的を要素分解するKGIや、KGIを実行するための指標であるKPIが用いられます。そして、さまざまな状況に合わせて全体のROASを見ながら分析し、集客・問い合わせ・購買・リピーター獲得・ブランディングなどの施策を推進します。ROASとは「Return On Advertising Spend」の略で、広告の費用対効果における指標です。

Webマーケティングは資格があったほうが有利

Webマーケティング関連の仕事に就くために資格は必須ではありません。しかし、Web上での広告やマーケティングは年々多様化しており、今やWebマーケティングの業務は多岐にわたります。Webマーケティングの知識は資格取得を通じてより深く身につけることができます。また、資格を保有していた方が顧客からの信頼度を獲得しやすいでしょう。有用な資格を取得していると専門的な知識やスキルを客観的にアピールできるため、転職活動においても有利に働きます。

Webマーケティングで必要とされるスキルを理解しておこう

上記のとおり、資格取得を目指しながらWebマーケティングで必要とされる知識を学ぶことができます。しかし、Webマーケティングの資格といっても目的に応じたさまざまな種類があります。自分にとってどのような知識やスキルが必要なのかを確認しておきましょう。

マーケティング全般に関する知識

Webマーケティング全般に関わるには競合や顧客を調査するフレームワーク作成や、戦略を立てるための幅広い知識が必要です。Webマーケティングに必要とされる知識について個別に解説します。まず、市場調査と分析を行うための知識。つぎに、その結果を元に市場のニーズを踏まえた商品やサービスを企画するための知識。そして、効果的にアプローチするマーケティング戦略の考案。企画や戦略の効果や実績を分析し、今後の改善案を考える知識。上記の通り、売上をアップさせるために様々な知識やマーケティングの基本理解などが求められます。

Web広告・SEMに関する知識

SEMは「検索エンジンマーケティング」の意味です。検索エンジンマーケティングとはGoogleなどの検索エンジン上で実施するマーケティング手法です。具体的にはSEO対策やリスティング広告が挙げられます。リスティング広告は、特定のキーワードを検索しているユーザーに広告を露出する広告のことで、ニーズの高いユーザーとの接触が期待できます。SEO対策は検索結果の上位表示を狙うための施策で、リスティング広告と同様ニーズの高いユーザーとの接点を持つことができます。リスティング広告ではキーワードを選定するための知識や、効果の良い広告文を考案するための知識が求められます。SEO対策では、上位表示するための施策内容に関する知識や、質の高いコンテンツを生み出すための知識が求められます。

データ分析・解析

アクセス解析とはWebサイトにアクセスしたユーザーの特徴や動向を分析することです。アクセス解析を行うためには「データを分析して正しく解釈すること」「アクセス解析ツールの使い方」という2つの知識が必要です。間違った分析をすると施策の方向性を誤ってしまうため、正しく分析して結論を導かなければなりません。アクセス解析でよく使うツールとしてGoogleアナリティクスやサーチコンソールが該当します。これらの解析ツールを使ってサイトを訪問してきたユーザーの特性や流入元、行動を分析し、CVRアップにつながる課題を発見します。CVRとは、コンバージョン率(Conversion Rate)の意味で、訪問したユーザーがどれだけ問い合わせや購買行動を行うかの割合です。

ロジカルシンキング・PDCAを回す

Webサイト上のパフォーマンスをよりよくするためには、「どうして売上が上がらないのか?」もしくは「どうして上がったのか?」を考える必要があります。その論理を組み立てるためには、ロジカルシンキングは重要なスキルです。ロジカルシンキングとは、ある事象を順序立てて論理的に考えて結論を出す思考法です。Webマーケティングでは成果を上げるために仮説を立てて計画し、企画を実行、結果を評価しなければなりません。ロジカルシンキングを用いてデータ解析で得た情報を元に改善を繰り返すことでユーザーの求めるものを提供し、売上や認知を拡大させることができます。

コミュニケーション力

Webマーケティングにはコミュニケーション力も必要です。Webマーケティングは1人で完結する業務よりも営業やデザイナー、ライターなどチーム全体でプロジェクトを回すことが多いため、情報共有は欠かせません。とくに、社外のクライアントに対するコミュニケーションは重要です。なぜなら、クライアントの要望を汲み取った上で改善や修正の提案などを行うためです。良好な関係性を構築するためにも細やかな情報の伝達や共有を心がけ、ミスやトラブルが起こらないようにしましょう。

あったら役に立つ!Webマーケティングにおすすめの資格

こちらではWebマーケティングに役立つおすすめの資格を紹介します。前述のとおり、Webマーケティングの業務は多岐にわたるので、自身の目的にあった資格を選びましょう。

ネットマーケティング検定

市場調査やSEOなどWebマーケティングの基礎知識を体系的に学ぶ検定です。インターネットを利用したビジネス展開において必要な考え方や企画立案、方法論についての理解度を測定します。インターネットを活用した新規顧客獲得の仕方や顧客満足度の向上など効果的なWebマーケティングを実施できる人材育成が目的です。ネットマーケティング検定は個人で受ける全国一斉試験と企業や教育機関で行う団体受験の2種類があります。試験内容は比較的簡単で前半は基礎知識、後半は実際に業務を行う際の事例問題です。試験は年1回、受験費用は6,000円(税込)です。

マーケティング・ビジネス実務検定

国際実務マーケティング協会が主催する検定です。マーケティングの広い知識と理論を学ぶことができるため、マーケティングに関して網羅的なスキルを身につけたい人におすすめです。難易度の高い順にA〜C級に分類されており、受講料は以下のとおりです。

・A級(戦略レベル)12,760円(税込)

・B級(応用レベル)7,480円(税込)

・C級(基礎レベル)6,270円(税込)

マーケティングの基礎知識から企画立案、意思決定、判断業務までのレベルが対象であるため、初心者から実務レベルの人まで幅広く学ぶことができます。

Internet Marketing Analyst(IMA)検定

IMAはInternet Maketing Analystの略で、ビジネスで実践的に使えるマーケティングのノウハウやスキルを習得できる資格です。IMAにはStandardコースとProfessyonalコースという2つのレベルがあります。Standardコースはマーケティング概要とアクセス解析・集客方法を学び、Professionalコースはターゲットに合わせた広告立案や運用スキルを学ぶカリキュラムです。Standardコース・Professionalコース受講・受験料はそれぞれ19,800円です。料金には試験と講義がセットで含まれており、どちらもオンラインで場所や時間を選びません。

Web検定

Webに関する標準的な知識の整理や構築、技術取得を網羅できる資格認定制度です。立場による認識の違いや知識のズレによる非効率さを排除し、生産的な商取引による国全体の産業発展に貢献することを目的にしています。Web検定は社団法人全日本能率登録資格として認定されています。取得することでビジネスに必要な知識を有していることの証明にもなります。Web検定はWebアシスタント、Webデザイナー、Webディレクター、Webプロデューサーという4つの認定試験に分類されているため、自分に合った資格を選びましょう。費用は4つの認定試験においてそれぞれ10,800円です。

統計検定

統計に関する知識や集計結果を活用する力を評価する全国統一試験です。データ分析から仮説を立てて行動に移していく能力はWebマーケティングにとどまらず、あらゆるビジネスの重要なスキルとして国際社会で求められています。また、Web解析に必要な統計に関する知識を学ぶことができるため、マーケティングの前提知識として習得する人が増加しています。等級は1〜4級まであり専門性に合わせたレベルを受けることができます。受験費用は3,000円から10,000円まで級によって変わるため、受験する際は公式サイトにて確認しましょう。

ウェブ解析士

一般社団法人ウェブ解析士協会が運営している資格です。学習し取得すればWebマーケティングの理解を深めるためのウェブ解析スキルが身についていると証明できます。アクセス解析をはじめとしたWeb解析に必要な知識を学び、データを正確に読み取り、活用できる人材育成が目的です。ウェブ解析士資格には「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析マスター」と3つのグレードがあり、初心者から上級者まで実務に役立つことを目指したカリキュラムです。試験は17,600円(税込)そのほか講座や公式テキストの費用がかかります。

Webアナリスト検定

データ分析方法を体系的に学ぶことができます。​​Googleアナリティクスをはじめとした解析ツールの使い方やWebマーケティングに必要な情報を解析し、その活用方法を習得する資格です。公式テキストに沿って1日5時間の講座を受講し、修了後に検定試験を受けるため、短期間でWeb解析の基本を身につけたい人におすすめです。受験方法や試験費用は主催者や会場によって異なるため、直接問い合わせしてみましょう。

Google Analytics Individual Qualification(GAIQ)

Webマーケティングに必要不可欠なGoogleアナリティクスの知識やスキルを学ぶことができます。Googleが公式に認定する資格でテストは世界共通です。アナリティクスの機能を理解しているか、プランニングや仕組み、データ収集、管理、コンバージョン、アトリビューションなど個々のスキル習熟度を測る検定です。資格の有効期限は合格後12ヶ月ですが、受講料が無料のため何度でも気軽に受けることができます。また、Googleスキルショップに登録し、無料で動画を視聴して学習できることも魅力です。

Google 広告の認定資格

「Google広告認定資格(Google Adwords認定資格)」とはGoogle広告に関して学ぶことができる公式認定資格です。検索広告、ディスプレイ広告、アプリ広告、動画広告、ショッピング広告、広告測定という6つの試験項目があります。受験するためにはGoogleのアカウントを取得すれば、無料で講座を受けることができます。前述の「GAIQ」と同様、資格の有効期限は合格後12ヶ月で、受験費用は無料です。

資格を取得してスキルアップやキャリアアップに役立てよう

多様化するSNSやインターネット広告の普及で急速に変化するIT業界ではWebマーケティングに詳しい人材の需要が徐々に高まっています。資格取得を目指すことによりマーケティングの深い知識を勉強できることはもちろん、転職活動時のアピールポイントにすることができます。Webマーケティングと一言でいってもスキルや知識はさまざまです。自身の目指したいキャリアに向けてどの資格を取得するのがいいかを目的に合わせて選びましょう。