プログラミングに向き不向きは関係なかった!習得方法とレベルアップに必要な能力をご紹介!

2020年に小学校でプログラミングが必修化されました。必修化されていなかった世代にとって今からプログラミングを学習することは、ハードルが高いと感じるかもしれません。しかし、プログラミングは不向きだったとしても心配ありません。特別な才能やスキルではなく、コツコツと継続して努力する根気があれば習得できます。プログラミングは初心者でもチャレンジしやすく、キャリアチェンジのために習得する人も多い分野です。この記事ではプログラミングの適性と習得方法、レベルアップに役立つ能力をご紹介します。

プログラミングとは

プログラミングとはコンピュータが理解できるように作られた専用言語を使って、コンピュータに実行してほしい作業を指示するプロセスです。

どんなに高性能なコンピュータでも指示を与えない限り動作しません。コンピュータは「Aを実行したい時は、Bの動作を実行する」のようなパターンを認識させることで機能します。日常的に活用しているWebサイト・スマートフォン・アプリは、プログラミング技術のおかげで動いています。AIが進化した影響により、機械的な作業はコンピュータに任せることができる時代になりました。

プログラミングに向いている人の特徴

論理的思考能力がある

予期せぬ事態が発生しても解決するために論理立てて思考できる力が必要です。なぜなら、プログラミングは指示に対応する記号を構造的に組み合わせて目的とする一連の動作に近づける必要があるためです。加えて、エラーやミスが発生した場合は、構成する記号を要素分解し一つひとつ洗い出して対処する能力が求められます。どんなに優秀なプログラマーでも人間である以上、ミスをなくすことはできません。しかし、論理的思考があればミスやエラーが起きないように改善策の仮説と検証を繰り返すことで、限りなくミスを予防することもできるのです。

集中力がある

ひとつの作業に集中して成果を生み出すこと。これは誰にでもできることではありません。プログラミングはコンピュータを使ってコードを書き続ける作業です。長時間デスクで黙々と作業します。プログラムは少しでもミスがあると指示に対して正確に動作しません。よって、常に高い集中力を保って作業にあたる必要があります。たとえば、何かに集中して結果を出した経験がある人はプログラミングの素質を持っているでしょう。

想像力がある

プログラミングは「イメージする力」と「イメージを形にする力」が大切です。

「入力したコードによってどんな結果を得ることができるか」といった想像をする能力が高いほどプログラミングの適性があるでしょう。優秀なプログラマーは「このコードの書き方でエラーは発生しないか」「どれだけ簡潔にプログラムできるか」など常に想像力を働かせています。

長時間作業できる体力がある

プログラミングは座って作業をしていても、脳を動かし続けているため体力の消耗が激しい作業です。大規模なプログラムを長期間かけて開発する作業に携われば、長時間作業できる体力が求められます。また、プログラマーをはじめとするIT業界の実務は、納期が迫ると他の業種と比べて忙しくなる仕事です。納期を守るために作業が深夜まで及ぶこともあります。プログラマーは大きなプロジェクトのチームメンバーとして業務にあたることが多く、ミスや遅れがあれば多大な損害を与えてしまう可能性もあります。

長時間作業を続ける体力だけでなく、いかに作業を効率化するか思考できる能力を養うことも重要です。

学習意欲が高い・好奇心旺盛

自発的に学習する意欲がある人はプログラミングに向いているでしょう。プログラミング技術は日々進化しているため、時代の流れを追いかけ続けなければなりません。新しいプログラミング言語に対応するための学習や、より効率のいいコードを書く方法がないか探す意欲が求められます。

最近は、農業や日常生活、医療や教育分野、あらゆる分野でプログラミングが浸透しています。そのため、コードを書くときはどんな製品やサービスを作るためにコードを書くか正しく理解していなくてはなりません。常に好奇心を持ち、あらゆる知識を蓄えることが大切です。

協調性がある

プログラマーとして会社に勤める場合は協調性が求められます。大きな開発プロジェクトのメンバーとして業務にあたる場合は、他部署や社外の人と協力しなければなりません。実際、プログラマーを募集している企業はプログラミングスキルだけでなく、協調性も併せもつ人材を求めています。さらに、協調性はスキルアップ・ポジションアップのために必要な適性です。よって、リーダーを務めた経験や、集団で何か成し遂げた経験がある人はプログラマーの領域でも力を発揮するでしょう。

妥協しない

プログラミングしたシステムにエラーが起きないか確認するためのテストを繰り返します。そこで、システムが完成してもそこで満足せず、コードを調べてミスを洗い出す根気が必要です。プログラミングにはエラーやバグが当たり前に発生するため、あらゆる知識やパターンを屈指して解決に導く必要があります。また、自分だけで解決できない時は根気だけで解決するのではなく他のプログラマーに助けを求めることも重要です。よって、問題を解決するために他人にサポートを呼びかけることができる柔軟性も求められます。

ものづくりが好き

プログラミングはアプリやシステムを開発するものづくりです。信号機や電化製品、人と人がつながるSNSもプログラミングのおかげで成り立っています。プログラミングは使う人の役に立ち、社会をより便利にします。人や社会に役立つ仕組みをつくることが好きな人はプログラミングに向いているでしょう。

プログラミングに不向きな人の特徴

前述した通り、プログラミングはコツコツ勉強を続ければ誰でも実務レベルのスキルは習得できると言われています。プログラミングに向いていない点がある人は、改善することで適性が身に付けていきましょう。不向きな人の特徴は以下の通りです。

パソコンが苦手

プログラミングにパソコンスキルは必須です。コードを書くことができるだけではなく、ある程度パソコン操作を身に付けている必要があります。しかし、はじめから高度なスキルが必要なわけではありません。初心者はパソコンの基本的な操作や扱い方を知っていれば問題ないでしょう。プログラミングを学ぶうちにパソコンの操作や扱い方も身に付きます。

黙々とひとりで作業できない

プログラミングはデスクに向かって黙々とおこなう作業です。基本的にプログラマーは黙々とひとりで作業ができ、物事を突き詰める精神力が問われます。プログラムを構成する以外にも、プログラマーは常に学習を続ける必要もあります。業務後でも学習時間を作ってデスクに向かい続けて一日を終えることも多いでしょう。黙々と作業できない人はまずは10分から時間を区切って作業し、少しずつ作業時間を延ばしましょう。人の集中力は45分が限界とされているため、何時間も休みなく作業する必要はありません。休みながらでも作業し続ける集中力を養いましょう。

ストレス耐性が低い

プログラミングの仕事は納期が存在します。納期に追われながら仕事をするため、どうしても精神的な負担を感じるでしょう。またプログラミングは、エラーや思い通りに行かない場面に出くわすことが日常茶飯事です。些細なことで落ち込まずポジティブに取り組むことができる人はプログラミングに向いているでしょう。納期に追われる仕事をしたことがない人やプレッシャーに強くない人は、自分自身でストレスを制御できるようになる努力が必要です。

自ら学習する意欲が低い

学習意欲の低い人はプログラミングには向いていません。技術革新が急速に進むプログラミングの世界において、習得した技術はすぐに古くなってしまいます。プログラマーとして活躍するには、日々変化するITに関する知識やプログラミング言語を常に学び続けなければなりません。なお、プログラミング界隈は技術をシェアする文化もあるため、積極的に学ぶ姿勢があれば情報を見つけることがでるでしょう。自主的な学習以外にも、優れたプログラマーから学ぼうとする姿勢がスキルアップにつながります。プログラミングの習得に終わりはありません。そのため、学習のモチベーションが続く環境や習慣を整える必要があります。

プログラミングに向き不向きは関係ない

実は、初心者がプログラミング学習を始めることに関して、向き不向きはあまり関係ありません。プログラミングに向き不向きが関係ない理由を3つ紹介します。

プログラミング言語には種類と難易度がある

プログラミング言語は、開発するプログラムの目的によって最適なプログラミング言語が多岐にわたりおおよそ250種類以上存在します。そして、それぞれの言語には難易度があり、自分のレベルや開発したいプログラムに合わせて習得する言語を選ぶことができます。向き不向きが影響しない習得しやすい言語も存在します。初心者が習得しやすい代表的なプログラミング言語を3つ紹介します。

PHP  

世界中で需要が高く、プログラミングを学ぶなら必ず習得したい言語です。PHPを習得することで、Webアプリケーションの開発が比較的容易にできるようになります。

Ruby 

プログラミングを楽しむことができるように日本人プログラマーが開発しました。文法がわかりやすく、直感的にプログラムできる初心者向けの言語です。便利さから多くの企業が利用しており、求人数も多い特徴があります。

JavaScript 

Webサイトを作る場合は避けて通れない言語です。動きのある表現を作り出すことができるため、視覚的に楽しんで学習できる言語です。

コツコツ学習することで業務レベルのスキルは習得できる

日本は2030年に約59万人のIT人材が不足すると予測されています。しかし、それほど国内において需要がある市場でもあります。自分で目標を設定し、ロジックと正しい手順を習得するために、学びながら実践することで確実にプログラミングのスキルを身に付けることができるでしょう。プログラミングにセンスや素質はほとんど関係ありません。継続力を持って取り組むことで成果につながる分野であるため、初心者やキャリアチェンジのために何かスキルを身に付けたい人はプログラミング学習に挑戦しましょう。

学んでみないとわからない

プログラミングは学習することに楽しさを見出すことができる分野です。前述したようにプログラミング言語は難易度があり、自分の得意な言語に出会うことができれば極めることもできます。後述するプログラミングの習得方法から、自分に合いそうな方法でチャレンジしてはいかがでしょうか。

プログラミングの習得方法

前述したように、プログラミングはあらゆる分野と結びついています。技術やアイデアが先行し、どの業界からもプログラミング知識をもつ人材が求められている時代です。以前に比べてプログラミングが身近になったことで学習方法の幅が広がりました。ここからは、プログラミング学習方法を4つご紹介します。

本やテキストを購入して独学で学ぶ

プログラミングに関する本はたくさん出版されています。自分の目的にあった一冊を見つけることができるでしょう。本は1度購入してしまえば何度も読み返すことができるため、反復学習が可能です。独学は自分のペースで学習を進めることができます。しかし、モチベーションの維持が難しく挫折しやすい勉強法です。独学は自分で物事を進めて解決する能力が養われます。短期間でプログラミングを習得する必要がなければ、独学で学習してプログラミングに必要な適性を養いましょう。

インターネット上の学習サイトを活用する

インターネット上にはプログラミングを学習できる学習サイトが存在しています。学習サイトのほとんどは基本的に無料で利用できるサービスです。「チャレンジしてみたけど自分には合わない」と感じてもすぐにやめることができるため、気軽に学習を開始できます。さらに、自分のパソコンでプログラミングの環境構築をしなくても、サイト内でプログラミングを実践できる学習サイトもあります。プログラミングスクールや本を使った独学よりコストを抑えて学習できるため、実践しながら学びたい人にはおすすめの学習法です。

プログラミングアプリやゲームで学ぶ

コードを使用せずにゲーム感覚でプログラミングを学ぶ方法がプログラミングアプリやゲームです。小学校でプログラミングが必修化されたことにより、初心者や子ども向けのプログラミングゲーム・アプリ・教材が数多く市場に流通しています。プログラミングに触れて楽しむことが目的で開発されているため、感覚的な操作で学ぶことができます。一方で、これらは学習を終えても実務レベルまで習得することは難しく、プログラミング学習サイトと比較すると初歩的な内容です。プログラミングをゲーム感覚で気軽に学びたい人にはおすすめの学習法でしょう。

プログラミングスクールに通う

独学で学ぶよりも効率が良く、プロの指導を受けながら学習できる方法です。

モチベーションが維持しやすく、勉強法の指導やメンタル面のサポートも充実しています。転職や就職ができなければ学費をキャッシュバックする制度のあるスクールもあります。本気でプログラミングを学びたい人、キャリアチェンジを考えている人に最も効果的な学習方法でしょう。コストが高いイメージですが、助成金や給付金を利用して学費の負担を抑えることが可能です。また、プログラミングスクールには夜間や週末、オンライン講習など多様な学び方から選ぶことができ、自分に合った方法でプログラミングを習得できます。

 

プログラマーとしてワンランクレベルアップ

プログラマーの主な仕事は、ひたすらデスクに向かってコードを書く業務です。しかし、ひたすらコードを書くだけではキャリアアップできません。キャリアアップにはコーディングの知識やスキル以外の能力も求められます。必要な適性を身に付けて、ワンランク上のプログラマーを目指しましょう。

コミュニケーション能力

スムーズなコミュニケーションを取ることができるかどうかがプロジェクトの成功を左右するでしょう。前述したように、プログラマーは一人でプログラムを構築するだけが仕事ではありません。チームや社外のクライアントと連携してプロジェクトを進行させる必要もあります。そこで、コミュニケーション能力を高めることによって、クライアントから要望の実現可否を見極めることができるようになったり、クライアント自身が気づかなかった潜在的なニーズを引き出すことができるようになったりしています。たとえば、相手に関心を寄せ、質問できる力は向上心や積極性を相手に感じさせます。コミュニケーション能力は一緒にプロジェクトに取り組む仲間の信頼を得るうえで必要な能力です。

マネジメント能力

部下やチームをもつプロジェクトマネージャーになるためには重要な能力です。マネージャーとは組織の成果に責任をもつ存在です。マネージャーは自分だけでなくメンバーの能力を引き出し、計画・実践・指導する必要があります。また、仕事に行き詰まった部下やチームメンバーのメンタルのケアも求められます。加えて、プロジェクトの進捗管理や人事評価、社外と事務的なやりとりなど細かな作業を管理する統括能力も必要不可欠です。コードを書く以外で仕事に必要な管理能力を高めることができれば、マネージャー職にキャリアアップできるでしょう。

プログラミングはあくまでも手段

前述したプログラミングの向き不向きは、凄腕のプログラマーを目指す人にとって大きく関係する要因です。しかし、どんな凄腕プログラマーでも初心者からスタートしています。また、プログラミングは目的ではなく、目標を実現するための手段であることを忘れないようにしましょう。どのような分野でも自分にとって新しい分野の学習は楽しいことだけではありません。プログラミングの学習をはじめる前に、自分はなぜプログラミングを習得したいか目標を明確にしておきましょう。

プログラミングの勉強を継続する才能が重要

プログラミングに必要な適性は、学習を継続する才能です。プログラミングを習得すれば、起業・独立などさまざまなキャリアを選択できる時代になりました。プログラマーの需要は伸びて行く一方です。そして、プログラミングはあらゆる分野と結びついています。少し学習しただけでも思わぬところで知識を活かすことができ、人生が変わるチャンスをつかむことができるでしょう。また、プログラミングは学習量が実力にあらわれます。努力すればするほど力になるプログラミングを楽しいと思うことができる人は、凄腕プログラマーになる素質があるでしょう。