大学生はプログラミングを学んだ方が良い?メリットやスクールの選び方を解説!

大学生になると、将来のために何か資格やスキルを身に付けた方が良いのではないかと悩む方も増えてくるでしょう。その中でおすすめしたいのが「プログラミング」です。

プログラミングを学習すれば、IT業界への就職やフリーランスとして活動する可能性も出てくるので、将来性があります。

今回は大学生がプログラミングを学ぶメリットや、プログラミングスクールの選び方について解説していくので参考にしてみてください。

目次

大学生がプログラミングを学習するメリットについて

大学生が将来のためにプログラミング学習を行うことは、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的にプログラミング学習のメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

将来性が広がる

大学生がプログラミングを学ぶメリットとしては、これからの人生において将来性が広がるといった点が考えられます。プログラミングスキルが十分であれば、大学生卒業後にはIT業界でエンジニアとして活躍できる可能性があるでしょう。

またプログラミングスキルを活かして、フリーランスや起業を目指すこともできます。本業は違う仕事に就いたとしても、副業としてプログラミングスキルを活用するといったことも考えられるでしょう。

プログラミングスキルを学ぶだけで、色々な選択肢が生まれます。社会人になってプログラミングスクールに通い、プログラミングスキルを磨く方法もありますが、十分に時間が確保できる大学生のうちにプログラミングスキルを身に付けておいた方が良いでしょう。

将来性を考えるなら、プログラミングスキルを磨いておいて損はありません。

就職活動で有利になる

IT化が進む中で、企業もエンジニアを求める動きが活発化されています。実際に、どこの企業もエンジニア不足が懸念されており、人材確保のために積極的に動いている企業も多いです。

そのため大学生のうちにプログラミングスキルを身に付けておけば、就職活動では有利に働きます。様々な企業への就職が期待できるので、プログラミングを学んでおけば他の就活生と差をつけられるでしょう。

バイトでエンジニア経験が身に付く

大学生として在学中でも、プログラミングスキルがあれば、IT業界でバイトとして雇ってもらうことができます。通常のバイトでは、時給1,000円程度が多いですが、IT業界でバイトするなら時給2,000円は出してもらえることがあるでしょう。

高時給が期待できるだけでなく、在学中にIT業界で働けるためスキルアップにも繋がります。また運が良ければ、そのままエンジニアとして雇用される可能性があるので、就活で苦労する心配がなくなるでしょう。

プログラミングスキルは需要が高い

これからはAIの時代と言われている通り、多くの企業でエンジニアの需要が高まりつつあります。大学生の時にプログラミングスキルを身に付けておけば、AI関連の仕事が増えても仕事が奪われることなく、AIを稼働・管理する側として働ける可能性があるでしょう。

プログラミングスキルを身に付けておくだけで、将来の選択肢が広がっていくので、大学生の時に覚えておくことをおすすめします。

大学生がプログラミングスキルを身に付ける際のポイント

大学生が将来のためにプログラミングスキルを身に付ける場合、押さえておきたいポイントがあります。どのようなポイントを押さえておくべきなのか、詳しい内容を解説していきましょう。

どの言語を覚えたいのか決めておく

プログラミングといっても、様々な言語があります。その中から、自分が作りたい物やなりたい職に合わせて、適切な言語を決めることが大切です。

言語によって作れるアプリなどが異なるので、事前に言語について最低限理解しておく必要があります。

例えば「Ruby」や「PHP」のプログラミング言語は、Web系の製作に大きく関わってくる言語です。AI関連の仕事に就きたいのであれば、「Python」などがおすすめになります。

自分がなりたいエンジニア像に合わせて、学びたいプログラミング言語を選択していきましょう。

大学生がプログラミングを覚えるための方法は?

大学生がプログラミング言語を覚えるために、どうやって学習を進めていけば良いのでしょうか。プログラミング学習を覚えるための方法について解説していきます。

本や学習サイトで独学によって学ぶ

大学生がプログラミングを覚える方法として、独学で学習を進める方法があります。独学で学習すれば、スクールに通う費用もかからないので、予算がないという方におすすめです。

独学でプログラミングを学習する場合は、本や学習サイトで学ぶと良いでしょう。

本で学習する場合は、基礎的な内容が書かれているものを選んだ方が良いです。難しい内容の本を選んでしまうと、理解が進まずに挫折してしまう恐れがあります。

また学習サイトでプログラミング学習を進める時は、自分が学びたい言語の基礎から学習を進めるようにしましょう。ただ学習サイトで学べる内容は、基礎的な部分までなので、エンジニアレベルまで学習を進めたいのであれば、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

プログラミングスクールで学ぶ

プログラミングスクールであれば、プログラミングの専門家が指導してくれるので、効率よく学習を進めることができます。わからないことも講師に尋ねることができるので、挫折することなくプログラミング学習が進められるでしょう。

ただ大学生がプログラミングスクールに通うのは、費用の観点から難しい可能性があります。どれくらいの費用がかかるのか、事前に確認した上で予算を検討することが大切です。

短期間でプログラミングスキルを身に付けたいのであれば、プログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

プログラミングスクールを選ぶ時のポイントについて

大学生がプログラミングを学ぶためにプログラミングスクールに通う場合、何を基準にスクールを選べば良いのでしょうか。プログラミングスクールの数は多いため、どこにすれば良いのかわからない方もいるはずです。

プログラミングスクールを選ぶ時のポイントを解説していくので、参考にしてみてください。

アウトプット重視のカリキュラムが組まれているのか?

プログラミングスクールを選ぶポイントとして、アウトプットを中心としたカリキュラムが組まれているのか確認しておくことが重要です。

プログラミングは知識だけインプットしても、コードを書かないとプログラミングスキルを向上させることができません。アウトプット重視のカリキュラムが組まれていれば、それだけ実践的なプログラミングスキルを身に付けることができます。

またアウトプットに対して、適切なフィードバックを出してくれるプログラミングスクールを選ぶことも重要です。コードが間違っている箇所などを的確に指導してもらうことで、上達が早くなります。

プログラミングスクールを選ぶ時には、アウトプット重視のカリキュラムなのか、フィードバックは正しく行ってくれるのか、口コミを参考にしてから検討してみてください。

自分が想像するエンジニア像に合った言語学習ができる

プログラミング言語はいくつか種類があり、それぞれの言語によってできることが異なります。Web系の言語やAI関連の構築に必要な言語など様々な種類があるので、自分がなりたいエンジニア像に合わせて、適切なプログラミング言語を選ぶことが大切です。

プログラミングスクールでは、コースによって習得できる言語が違います。そのため、プログラミングスクールを選ぶ時には、自分が学習したいプログラミング言語が学べるのか、事前に確認する必要があるでしょう。

IT業界に就職したいなら就職・転職サポートの有無

大学生が卒業してからIT業界に就職を希望するなら、就職・転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選びましょう。

就職・転職サポートの内容はプログラミングスクールによって異なります。多くは、面接練習や履歴書作成のサポートなどが受けられるでしょう。

他にも、プログラミングスクールだけが抱えている求人情報から、自分が希望する企業への就職が叶う可能性もあります。

IT業界への就職を希望しているなら、就職・転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選びましょう。

予算がないなら無料のプログラミングスクールに通う選択肢

プログラミングスクールの中には、無料で受講できるスクールがあります。予算がない方でもプログラミングスキルが身に付けられますが、有料のプログラミングスクールよりも融通が利かない点があるので注意しましょう。

手軽にプログラミング学習を進めたい方は、一度無料のプログラミングスクールに通うことも検討してみてください。

無料のプログラミングスクールの注意点

費用がかからず、手軽にプログラミングスキルが身に付けられる無料のプログラミングスクールですが、いくつか注意点があります。

無料のプログラミングスクールに通う注意点について解説していくので、参考にしてみてください。

年齢制限が設けられているケースが多い

無料で受講できるプログラミングスクールの多くは、30歳以下を対象とするなど、年齢制限が設けられていることが多いです。大学生であれば、年齢的に問題ないかと思いますが、事前に受講できる条件は確認しておくことをおすすめします。

受講した後はスクールが提携している企業への就職が求められる

有料のプログラミングスクールであれば、受講した後にIT業界への就職を希望するかどうかは任意で決められます。しかし無料のプログラミングスクールの場合は、受講する条件として、受講した後はスクールが提携している企業への就職が求められるケースが多いです。

そのため、プログラミングスキルを身に付けた後に、フリーランスや起業を使用と考えている方は、無料のプログラミングスクールの受講はおすすめできません。

プログラミングスクールを受講した後に、IT業界へ就職しても良いという方は、無料のプログラミングスクールを受講してみてください。ただ希望の企業への就職が叶うかどうかはわからないので注意しましょう。

学習するプログラミング言語が指定できないケースがある

無料のプログラミングスクールの多くは、自分が学習したいプログラミング言語を選択できないことがほとんどです。そのため、事前に無料のプログラミングスクールでは、どのようなプログラミング言語を教えてもらえるのか、事前に確認しておく必要があります。

無料のプログラミングスクールによって、指導してもらえる言語は異なりますが、主にJava言語を教えているケースが多いです。

大学生が独学でプログラミングを学習するメリット

大学生の多くは費用を抑えて、プログラミングを学習したいと考えている方が多いでしょう。そういった方なら、独学でプログラミング学習を進めた方が良いケースもあります。

具体的に、大学生が独学でプログラミング学習を進めるメリットについて解説していきましょう。

経済的な負担が少ない

プログラミングスクールに通ってプログラミング学習を進める場合、毎月の受講費用が高くついてしまうことがあります。大学生の場合、経済的な負担が大きくなるので、プログラミングスクールへの受講は避けたいという方も多いでしょう。

そんな方は独学でのプログラミング学習を検討してみてください。独学なら、費用がかかるとしても本の購入代金程度なので、それほど経済的な負担になる心配はないでしょう。

プログラミングの基礎的な部分を学習したい程度なら、独学での学習だけでも問題ありません。ただエンジニアとして、IT業界への就職を希望しているなら、実践的な技術を身に付けるためにプログラミングスクールに通った方が良いでしょう。

自分の好きなように学習できる

プログラミングスクールに通う場合、カリキュラムが組まれているので、講師が定めた通りにプログラミング学習を進める必要があります。また指導を受けるために、ある程度の拘束時間は発生するのが難点です。

しかし独学でプログラミング学習を進めていけば、自分の好きな時間でプログラミング学習が進められます。他の学習にも時間を費やさないといけない方は、プログラミングスクールで学習するよりも独学で学んだ方が良いケースもあるでしょう。

大学生が独学でプログラミングを学習するデメリット

プログラミングを独学で学んだ場合、プログラミングスクールに通う費用が必要ないなど、メリットがあります。しかし中には、デメリットに感じる部分もあるでしょう。

大学生が独学でプログラミング学習を行うデメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

何か学習を進めれば良いのかわからない

プログラミングの基礎を理解していない大学生の場合、独学でプログラミングを覚えようと思っても、何から学習を進めれば良いのかわからないケースが多いでしょう。

そもそもプログラミング言語の種類についても理解しておかないと、自分が目指しているエンジニアの方向性と違う学習を進めてしまう可能性があります。

基礎的な知識を身に付ける意味では、独学でプログラミング学習を進めることは大切です。しかし応用やコードの書き方などを学ぶためには、プログラミングスクールで学習した方が効率は良いでしょう。

途中で挫折してしまう

独学の場合、基礎的な学習に向いていますが、応用的な学習になると個人の力では解決することが難しい傾向にあります。少しでも難しい問題に直面してしまうと、問題を解決することができず、途中で挫折してしまう恐れがあるでしょう。

独学でプログラミング学習を進める時は、難しい問題にも根気強く対応することが求められます。

自分で継続して学習を続けるのが難しいと感じた時には、素直にプログラミングスクールに通った方が効率よくプログラミング学習を進めることができるでしょう。

大学生がプログラミングスクールに通うメリット

プログラミングを学習するなら、プログラミングスクールに通った方が効率は良いです。しかし大学生の場合は、予算の捻出が難しく、スクールに通った方が良いのか迷ってしまう方も多いでしょう。

費用はかかりますが、大学生がプログラミングスクールに通った方が良いメリットについて解説していくので、参考にしてみてください。

エンジニアとして必要な力が身に付けられる

大学生のうちにプログラミングスクールに通えば、エンジニアとして必要なプログラミングスキルを身に付けられる可能性があります。プログラミングスクールで指導してくれる方は、専門家の講師ばかりなので、独学ではわからない部分も的確に指導してくれるでしょう。

またエンジニアとして必要な実践的なスキルをプログラミングスクールなら指導してもらえるので、初心者の方でも即戦力の人材に成長できるかもしれません。

実際、指導してくれる講師は、エンジニアとして活躍されている方が多いので、プログラミングのコツや早くコードを書く手段など、独学では理解できない内容も指導してくれるでしょう。

プログラミングを学習する習慣が自然と身に付く

プログラミングスクールでは、カリキュラムに沿ってプログラミング学習を進めていきます。何ヶ月も続けて、プログラミング学習を行っていくので、自然と学習する習慣を身に付けることができるでしょう。

エンジニアになっても、進歩が早いIT業界では常に新しいことを学ぶスキルが求められます。プログラミングスクールに通えば、自然と学習の習慣が身に付くので、エンジニアになっても継続して学ぶ姿勢を維持することができるでしょう。

ポートフォリオが作成できる

IT業界での実績がない大学生がエンジニアとして就職するためには、一定のプログラミングスキルを保有していると証明する必要があります。その手段として有効なのが、ポートフォリオです。

ポートフォリオは、自分のプログラミングスキルでアプリなどを製作し、どれくらいの実力があるのか証明することができます。

エンジニアとして実績がなくても、ポートフォリオの内容が良ければ評価されて、就職に有利になるのです。

プログラミングスクールでは、カリキュラムの中にポートフォリオの製作が含まれていることが多いので、学習を続ければ課題としてポートフォリオの製作ができます。

個人でポートフォリオを製作するのは難しいですが、講師のアドバイスの元で製作すれば、品質の高いポートフォリオを挫折することなく製作できるでしょう。

大学生がプログラミングスクールに通うデメリット

大学生が効率よくプログラミングスキルを磨くのであれば、プログラミングスクールはおすすめです。しかしメリットだけでなく、中にはデメリットに感じる部分もあります。

大学生がプログラミングスクールに通うデメリットとは、どのようなことが考えられるのか、詳しい内容を解説していきましょう。

受講費用が高くて支払いが困難

大学生の場合、プログラミングスクールに通う障害となるのが、毎月の受講費用です。プログラミングスクールは、他のスクールなどと比較しても費用が高く、大学生は支払いを続けるのが困難になってしまう可能性があります。

プログラミングスクールによって受講費用は異なるので、いくつか比較してみて予算に合うスクールを選ぶ必要があるでしょう。

後から支払いに困ってしまわないためにも、ある程度は貯蓄してからプログラミングスクールに通うのか判断する必要があります。

プログラミングスクールに通ってもIT業界に進めるとは限らない

プログラミングスクールでは、効率よくエンジニアになるためのカリキュラムを組んでもらえます。しかしプログラミングスクールで学習したからといって、IT業界への就職が確定的という訳ではありません。

プログラミングスクールはあくまでも、プログラミングの方法を指導するのが目的で、習得レベルは個人のスキルに依存します。

そのためプログラミングスクールで学習を進めたけど、IT業界に就職できない可能性もあるでしょう。IT業界に進みたいという目標があるなら、少しでも就職できるように、就職・転職サポートがしっかりしているプログラミングスクールを選択してください。

大学生におすすめのプログラミングスクール

大学生がプログラミングスクールに通う場合、どのようなスクールが良いのでしょうか。おすすめのプログラミングスクールを紹介していくので、参考にしてみてください。

TechAcademy

大学生におすすめのプログラミングスクールとして、「TechAcademy」が挙げられます。TechAcademyの講師は、現役エンジニアであるため、効率よくプログラミングを学ぶことができるでしょう。

また講師は専属でついてくれるので、自分の習熟度に合わせて適切なカリキュラムを組んでもらえます。マンツーマン指導であるため、わからないことは都度確認して学習を進めることが可能です。

カリキュラムを進めていくと、オリジナルのWebアプリ開発も行えるので、ポートフォリオとして活用できます。

1週間無料体験が設けられているので、まずはどのようなプログラミング学習できるのか、試しに受けてみてください。

侍エンジニア塾

完全オンラインでプログラミング学習を進められるのが「侍エンジニア塾」です。講師がマンツーマンで指導してくれるので、効率よくプログラミング学習が行えます。

自分の目的に合わせて6つのコースから選択できるので、無理なく継続して学習を進めることが可能です。その中でも「転職コース」は、IT業界への転職に成功すれば、受講料が無料になるといったサービスが用意されています。

ただ転職成功以外にも、受講料が無料になるための条件があるので、事前に確認しておく必要があるでしょう。

侍エンジニア塾では、無料カウンセリングが実施されているので、どのようなコース・カリキュラムでプログラミング学習できるのか、尋ねてみてください。

テックキャンプ

専属トレーナーがプログラミング学習のサポートを行ってくれるのが「テックキャンプ」の特徴です。未経験の方でもIT業界に転職された実績があるので、大学生で初めてプログラミング学習するという方でも安心して受講できます。

プログラミング学習を進める中でわからないことがあれば、講師に質問できる環境が整えられているので、途中で挫折する心配が少ないです。

テックキャンプでは、無料カウンセリングが実施されています。どのような環境でプログラミング学習できるのか気になる方は、一度無料カウンセリングを受けてみてください。

ポテパンキャンプ

学割が用意されているのが「ポテパンキャンプ」の特徴です。受講料が20%も安くなるので、大学生がプログラミング学習するにはおすすめのプログラミングスクールと言えるでしょう。

転職サポートサービスがしっかりしているため、受講者のIT業界への転職率が高いプログラミングスクールです。実践的なカリキュラムで学習が進められるので、効率よくプログラミング学習を進めることができます。

チャットサポートがしっかりしているので、わからないことがあれば、気軽に相談することが可能です。

無料カウンセリングが実施されているので、どのようなプログラミングスクールなのか気になる方は試しにカウンセリングを受けてみてください。

まとめ

大学生のうちにプログラミングを学んでおけば、将来的に就職先を探しやすくなります。IT業界に進まないとしても、フリーランスや起業のきっかけにもなるため、プログラミング学習を行っていて損はありません。

ただプログラミングを独学で学ぶのは、途中でわからないところが出てくると挫折してしまう恐れがあるのでおすすめできません。おすすめはプログラミングスクールで学ぶ方法です。

プログラミングスクールなら、効率よくカリキュラムを組んでもらえるので、短期間でプログラミングスキルを磨くことができるでしょう。

ただプログラミングスクールを選ぶ時は、どのようなプログラミング言語を習得できるのか事前に確認してから検討する必要があります。

プログラミングスクールで学習を進めたい方は、今回紹介したおすすめのプログラミングスクールを参考にしてみてください。