40代でプログラミングを覚えるのは遅い?将来性のために学習は必要!

家庭でもIT技術が利用された家電が普及されているなど、IT技術の進歩は目覚ましいものがあります。そのため40代からでも、プログラミング学習を行いたいという人は増えているのが現状です。

プログラミングスキルを身に付けることは大切ですが、40代でプログラミングを覚えるのは遅いことなのでしょうか。

40代でプログラミングを覚えるのは遅いのか、詳しい内容について解説していきます。

40代でプログラミング学習を行うのが遅いと言われる理由

40代でプログラミング学習を行うのは遅いと言われるのは、様々な理由があります。どのような理由があるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

新しい知識や技術を覚えるのが難しい年齢

20代の方と比べると、40代の方がプログラミング学習を一から学ぶのは体力的にも難しいと言われています。新しい知識や技術は、若い世代の方でも簡単なものではありません。

40代の方であれば、他に仕事をしながらプログラミング学習する方も多いので、難易度はさらに高くなります。

時間を見つけて、コツコツとプログラミング学習をしないといけないため、40代でプログラミング学習を始めるのは遅いと言われることが多いのです。

現役エンジニアのレベルに追いつくことが難しい

40代でプログラミング学習を行い、エンジニアとして活躍するためには、企業に必要な人材として認められる必要があります。しかし現役エンジニアと比べれば、実績もない人材がエンジニアとして採用されるのは難しいでしょう。

それならば、実績や経験が少ない20代の方を指導した方が良いと考えるIT企業は多いです。

エンジニアとして採用されるかどうかという面でも、40代でプログラミング学習を行うのは遅いと言われる理由の一つになります。

働きながら十分なプログラミングスキルを身に付けるのが困難

40代で仕事をしながらプログラミング学習をするのは、時間的にも困難なケースが多いです。基礎的な学習なら働きながらでも学べますが、エンジニアレベルまでプログラミングスキルを磨くのは難しいでしょう。

短時間でプログラミングスキルを磨くためには、プログラミングスクールに通う方法もありますが、それでも学習する時間は十分に確保しないといけません。

学習時間を確保するという点でも、40代になると十分にプログラミングスキルを身に受けることが難しくなります。

プログラミング学習を途中で挫折する人も多い

プログラミング学習は最初こそ目的があるため、一生懸命学習しようとする方は多いです。しかし徐々に難易度が上がってくると、モチベーションが下がってしまい、最後まで学習が続けられない人もいるでしょう。

特に忙しい40代になると、エンジニアレベルまで学習を行うのは大変です。そのことからも、40代でプログラミング学習を行うのは遅いと言われている理由となっています。

40代からプログラミングを学ぶのは遅い訳ではない

40代からプログラミングを学ぶのは遅いと言われていますが、実際に40代から学習を始めてエンジニアとして活躍している方はいます。そのため40代だからといって、プログラミング学習を諦める必要はありません。

40代からプログラミング学習を行うのは遅い訳ではない理由について、詳しく解説していきます。

プログラミングを学習するのに年齢は関係ない

40代ではプログラミング学習を行うのは遅いと考える方もいますが、実際には学習するために必要なのは根気や意欲なので、40代で学習するのは遅い訳ではありません。

学習したいと考えているなら、40代からでもプログラミングスキルは十分に身に付けることができます。ただプログラミング学習は、簡単に習得できるものではありません。

途中で挫折してしまう可能性があるので、40代でプログラミング学習を行うなら諦めない強い気持ちが大切になってくるでしょう。

プログラミング学習を行う環境は広がっている

40代であっても、プログラミング学習ができる環境は広がっているため、十分なプログラミングスキルを身に付けられる可能性はあります。本などでも、プログラミング学習の基本から記述されているものもたくさんあるので安心してください。

他にも無料でプログラミングのコードが書き込める、学習サイトもあります。学習サイトでは、ステップアップして学習を進めるための手段も記載されているので、独学でも学ぶことが可能です。

また効率よく学習を進めるなら、プログラミングスクールに通う方法もあります。プログラミングスクールなら、専門的な知識を持っている講師が指導してくれるので、一人で学習を進めるよりも素早くプログラミングスキルを身に付けることができるでしょう。

このように、現在では未経験の方でもプログラミングスキルを身に付けられる環境が整えられているので、40代からでも十分プログラミング学習は行えるはずです。

プログラミングスキルを持っていれば自由な働き方が実現できる

十分なプログラミングスキルを持っていれば、企業でエンジニアとして活躍しなくてもフリーランスで活躍する方法もあります。多様な働き方が実現できるような環境になっているので、40代からプログラミング学習を行っていれば、独立できるきっかけにもなるでしょう。

クラウドソーシングを利用すれば、フリーのエンジニアでも受けられる案件がたくさん用意されています。自分のレベルに合った案件を請け負って、フリーのエンジニアとして活躍できるように実績を増やしていきましょう。

プログラミングは将来性のあるスキル

IT化が進む中でプログラミングスキルは、これからも必要とされるスキルになります。そのため今の内にプログラミングスキルを磨いておけば、万が一、今の会社が倒産しても働き手が見つかる可能性があるでしょう。

エンジニアは今後も必要とされる人材なので、40代でプログラミングスキルを磨いていても損はありません。

40代がプログラミング学習する方法には何がある?

40代がプログラミング学習する手段としては、主に「独学」と「プログラミングスクール」に通う方法があります。それぞれどのような学習方法になるのか、詳しい内容を解説していくので参考にしてみてください。

40代が独学でプログラミング学習をする方法

40代が独学でプログラミング学習する場合、本や学習サイトを利用して学ぶ方法があります。現在では、プログラミングに関する書籍はたくさん販売されており、未経験の方でも基礎的な部分から学ぶことが可能です。

ただ中には難しい内容の本も多いので、自分のレベルに合った本を選んで学習する必要があります。

学習サイトの場合は、自分が学習したいプログラミング言語に合わせて、学習を進めることが大切です。学習サイトでは、基礎から応用まで学習できるサイトが用意されているので、順序よく学習を進めることができます。

独学の場合は、費用もあまりかからず、自分のペースで学習が進められるでしょう。しかしエンジニアレベルまでプログラミングスキルを伸ばすのは難しく、学習時間もかかるのが難点です。

40代がプログラミングスクールで学習する方法

40代が効率よくプログラミング学習を行うためには、プログラミングスクールに通った方が良いでしょう。プログラミングスクールでは、基礎から応用まで現役エンジニアが指導してくれるので、わかりやすく学習を進めることができます。

未経験の方でも理解しやすいようにカリキュラムを組んでもらえるので、独学で学ぶよりもプログラミング学習の時間は短くて済むでしょう。

仕事で忙しい40代の方でも、短時間でプログラミングスキルが身に付けられるので、おすすめです。カリキュラムの最後には、ポートフォリオとしてWebサイトやアプリ製作が行えるので、自分のプログラミングスキルがどの程度上がったのか判断できるでしょう。

40代未経験がプログラミングで稼ぐための方法は?

40代未経験の方がプログラミング学習を行い、十分なスキルを身に付けた場合、どのよう方法で稼ぐことができるのでしょうか。

40代未経験の方がプログラミングで稼ぐ方法について解説していくので、参考にしてみてください。

副業として対応できる案件で稼ぐ

本業の仕事はそのままに、プログラミングを副業として稼ぐ方法があります。クラウドソーシングなどを利用すれば、年齢は関係なく業務が請け負えるので、どんな方でも稼ぐことができるでしょう。

副業として対応できるので、自分が稼ぎたい範囲で業務を請け負うことが可能です。無理なく稼げるので、エンジニアになれなくてもプログラミングスキルを使って、何らかの業務を請け負いたい方におすすめの働き方になります。

ただ自分のレベルに合った案件を請け負わないと、顧客からの信用を失ってしまう恐れがあるので、自分が対応できる内容の案件だけを請け負うようにしましょう。

個人事業として案件を請け負う

個人事業としてプログラミング案件を請け負うことで、稼ぐ方法があります。ただ個人事業として収入を得るためには、ある程度のプログラミングスキルと顧客からの信頼がないと成立しないので注意しましょう。

40代未経験の方が個人事業として案件を受注するのは難しい可能性があるので、事前に副業などで実績を持ってから個人事業として活動した方が良いかもしれません。

十分なプログラミングスキルと実績を持っていれば、個人事業なら60万円以上稼ぐこともできるので、独立するエンジニアも多いのが特徴です。

40代未経験の方でも、コツコツと実績を増やしていけば個人事業として活躍できる可能性はあるでしょう。

エンジニア転職してIT企業で稼ぐ

40代未経験の方でも、プログラミングスキルを十分磨けばIT企業に転職できる可能性はあります。実際に未経験からでも就職した実績があるので、どんな方でも転職できるチャンスはあるので安心してください。

一度IT企業に就職して、エンジニアとして実績を持てば個人事業として活動する時も自信になります。また顧客からの信頼性も高くなるので、請け負える案件も多くなるでしょう。

ただIT企業のエンジニアは、若い世代が多いので、40代の方が一から転職するのは肩身が狭い思いをする可能性があります。それでも良いという方は、一度エンジニアとして転職する道もおすすめです。

40代の方にはプログラミングスクールがおすすめの理由

40代の方がエンジニアとして活躍することを希望するなら、プログラミングスクールがおすすめです。プログラミングスクールなら効率よく学習できるので、未経験の方でも安心して利用できます。

具体的に、40代の方にプログラミングスクールをおすすめする理由について解説していきましょう。

転職サポートが付いていれば転職しやすい

プログラミングスクールの中には、転職サポートが付いていることがあります。転職サポートは、面接練習や履歴書添削などを行ってくれるので、IT企業への転職を全力サポートしてくれるのが特徴です。

また紹介してくれるIT企業も提携している企業が多いので、比較的転職しやすくなっています。自分が希望する待遇などを相談すれば、目当ての企業に転職できる可能性もあるでしょう。

転職サポートがあれば、40代の方でもエンジニアとして転職しやすいのでおすすめです。

短期間で効率よくプログラミング学習ができる

プログラミングスクールではカリキュラムが組まれるため、独学で学習を進めるより効率よく学ぶことができます。また専門的な知識を持っている講師が指導してくれるので、わからないことは気軽に相談できるでしょう。

自分でプログラミング学習を進める場合は、わからない部分は時間をかけて調べるしかありません。しかしプログラミングスクールなら、講師が教えてくれるので、すぐに問題解決できます。

仕事で忙しい40代だからこそ、プログラミング学習を行うならプログラミングスクールに通って、効率よく学習を進めるのがおすすめです。

まとめ

プログラミング学習を40代で始めても、遅いということはありません。エンジニアの人材不足は加速しているので、IT企業もプログラミングスキルを持っている人材の確保を精力的に行っています。

ただエンジニアとして活躍している方は、若い世代の方が多いので、そういった環境でも働ける方はIT企業に転職しても問題ないでしょう。

副業や個人事業として活躍できる方法はあるので、40代がプログラミング学習を始めて遅いということはないので安心してください。